西岡剛 福留孝介に関するニュース

【プロ野球】守乱・阪神! 傷口をふさげ!! このままのペースだと年間失策は約380個!?

デイリーニュースオンライン / 2017年04月10日16時05分

■昨季の開幕スタメン 1(左翼):高山俊 2(中堅):横田慎太郎 3(三塁):ヘイグ 4(右翼):福留孝介 5(一塁):ゴメス 6(遊撃):鳥谷敬 7(二塁):西岡剛 8(捕手):岡﨑太一 9(投手):メッセンジャー ■今季の開幕スタメン 1(左翼):高山俊 2(二塁):上本博紀 3(中堅):糸井嘉男 4(右翼):福留孝介 5(一塁):原口文仁 6(遊撃 [全文を読む]

【プロ野球】開幕スタメンは後半戦開幕に生き残れた? 開幕戦→後半開幕戦の各球団スタメン比較《セ・リーグ編》

デイリーニュースオンライン / 2016年08月02日17時05分

■阪神】 ≪開幕オーダー≫ 1 左 高山俊 2 中 横田慎太郎 3 三 ヘイグ 4 右 福留孝介 5 一 ゴメス 6 遊 鳥谷敬 7 二 西岡剛 8 捕 岡崎太一 ≪後半戦開幕オーダー≫ 1 二 西岡剛 ○ 2 遊 鳥谷敬 ○ 3 中 江越大賀 4 右 福留孝介 ◎ 5 捕 原口文仁 6 一 ゴメス ○ 7 左 高山俊 ○ 8 三 北條史也 ◎=打順一致 [全文を読む]

【プロ野球】左投手がいない!? 選ばれし28名の侍戦士たちの特徴とは? 歴代WBCメンバーと徹底比較!

デイリーニュースオンライン / 2017年02月06日17時05分

■2017WBC:4人 田中広輔(広島)/筒香嘉智(DeNA)/秋山翔吾(西武)/青木宣親(アストロズ)(※大谷翔平を含めれば5人) ■2013WBC:7人 阿部慎之助(巨人)/鳥谷敬(阪神)/松井稼頭央(楽天)/稲葉篤紀(日本ハム)/本多雄一(ソフトバンク)/糸井嘉男(オリックス)/角中勝也(ロッテ) ■2009WBC:9人 阿部慎之助(巨人)/岩村明 [全文を読む]

【プロ野球】阪神・福留&西岡…復活にかける男たちのキャンプ事情

デイリーニュースオンライン / 2015年02月11日08時50分

その選手は、西岡剛だ。 西岡は、2013年シーズンに2年4億+出来高の契約でタイガースに入団。メジャーでは2年間で、71試合の出場、通算.215と、結果を残せなかったが、メジャー移籍前の千葉ロッテマリーンズでは、看板選手として活躍。首位打者1回、盗塁王2回という、輝かしい記録を打ち立てる。とくに2010年は、.346で首位打者に輝いただけでなく、内野手とし [全文を読む]

阪神にマジック143が点灯!「今年は優勝」と思うファンの割合は…

しらべぇ / 2017年03月29日21時00分

それから現在まで、城島健司氏や福留孝介、新井貴浩両選手や、西岡剛内野手などFAや元メジャーリーガーを高額年俸で次々と獲得しているものの、結果を出すことができていない状況。かろうじて2014年にクライマックスシリーズを制し、日本シリーズに出場したものの、福岡ソフトバンクホークスに歯が立たず、完敗している。■今年優勝の可能性は?昨年は優勝した広島東洋カープに、 [全文を読む]

阪神 糸井獲得で定位置争い激化、鳥谷の行き場なくなる?

NEWSポストセブン / 2017年01月07日07時00分

セカンドには上本博紀(30)、西岡剛(32)らがいる。元デイリースポーツ編集局長・平井隆司氏はこういう。 「何より、セカンドはドラフト1位の大山悠輔(22、白鴎大)ですよ。大学日本代表の4番だから右の大砲としてじっくり育てたい。大山―北條の二遊間が固定できれば、Aクラス入りは堅いでしょう」 “ミスター・タイガース”の鳥谷の影が薄くなるほど阪神の優勝争いの可 [全文を読む]

【プロ野球】FAの目玉・糸井嘉男が阪神入り決断! 来季の阪神は強力な外野布陣を形成する!!

デイリーニュースオンライン / 2016年11月28日16時05分

■2016年・阪神のセンターの先発出場数31試合:江越大賀29試合:中谷将大24試合:高山俊22試合:横田慎太郎12試合:大和9試合:伊藤隼太8試合:俊介4試合:緒方凌介2試合:柴田講平2試合:西岡剛 このカオス状態を、糸井に一任できるのは大きい。そうすることで、シーズン終盤はセンターに入ることも多かった高山をレフトに固定できる。そして、ライトは福留孝介 [全文を読む]

【プロ野球】サブロー(ロッテ)が節目の40歳で引退……。“ロッテの顔”が残した功績を振り返る

デイリーニュースオンライン / 2016年09月08日16時05分

翌2010年には選手会長に就任し、新キャプテンとなった西岡剛(阪神)をサポートし、チームをもり立てた。 この年のサブローは6番に座り、井口資仁、金泰均の主軸をホームに還す役割を果たし、71打点をマークする。レギュラーシーズンは最終戦で3位を決めると、クライマックスシリーズでは西武、ソフトバンクを撃破。中日との日本シリーズを4勝2敗1分で制し、3位からの「下 [全文を読む]

【プロ野球】意外な発見!? 甲子園経験者がセ・リーグの開幕オーダーにどれだけいたのか調べてみた

デイリーニュースオンライン / 2016年08月28日16時05分

■阪神:5人 (左)◎高山俊(日大三) (中)×横田慎太郎(鹿児島実) (三)ヘイグ (右)◎福留孝介(PL学園) (一)ゴメス (遊)◎鳥谷敬(聖望学園) (二)◎西岡剛(大阪桐蔭) (捕)◎岡崎太一(智辯学園) (投)メッセンジャー 甲子園球場を本拠地とするだけあって、甲子園出場組が日本人選手の6人中5人を占める。開幕投手はメッセンジャーに譲ったが、 [全文を読む]

【プロ野球】阪神・金本監督が期待するベテラン4選手と”超変革”の行方

デイリーニュースオンライン / 2016年07月11日16時05分

■意気消沈ムードを払拭する西岡剛 「そういうことができるのが剛」 7月2日、中日戦の2回表、西岡はダブルスチールで三盗を決めてみせた。追加点の足がかりを作った走塁を、金本監督はこのようにたたえた。 宜野座キャンプでは、「サボリ大魔王」と金本監督から揶揄されたこともある。 しかし、ムードメーカーとして、意気消沈しているベンチの雰囲気を変えられる選手は西岡を [全文を読む]

【プロ野球】今こそ問う!阪神”選手複数ポジション制”の是非

デイリーニュースオンライン / 2016年07月04日16時05分

前述の大和は当然のように内外野をこなしているが、これまでに西岡剛、新井良太、陽川尚将、板山祐太郎、今成亮太、中谷将大と7選手も、内外野の守備を課せられているのだ。 ■ひとつのポジションを完璧にこなすことも重要 複数ポジション制を敷く目的のひとつには、試合展開に応じて守備位置を容易に変更すべく、選択肢が多ければ多い方がよいという意図があげられる。 これは選 [全文を読む]

【プロ野球】西武へ入団した謎多き外国人投手フィリペ・ポーリーノとは?

デイリーニュースオンライン / 2016年06月11日17時06分

福留孝介:13打数3安打1奪三振 イチロー:3打数無安打2奪三振 西岡剛:3打数無安打1奪三振 松井秀喜:2打数無安打1奪三振 青木宣親:対戦なし 岩村明憲:対戦なし 松井稼頭央:対戦なし 田中賢介:対戦なし サンプル数は少ないものの、福留以外はノーヒットと、日本人に対する苦手意識はなさそうだ。 ■日本にいる外国人選手との対戦成績 現在、日本にいる外国人 [全文を読む]

【プロ野球】第1回WBCからはや10年…当時の代表メンバーはいま何してる?

デイリーニュースオンライン / 2016年01月24日16時00分

(★=メジャー現役、◎=NPB現役、△=独立リーグ・社会人野球などで現役、×=所属球団なしで現役志向) ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! 【投手】 清水直行/藤田宗一/久保田智之/◎松坂大輔/★上原浩治/薮田安彦 /◎和田毅/◎藤川球児/△渡辺俊介/大塚晶文/久保田智之/小林宏之/◎杉内俊哉/石井弘寿 【捕手】 里崎智也/ [全文を読む]

退任の和田監督 福留復調、藤浪育成で「阪神屈指の名将」評

NEWSポストセブン / 2015年10月11日16時00分

かといって、同じくメジャー帰りの西岡剛にはレギュラーを確約しないなど柔軟な姿勢を見せた。今成亮太、上本博紀、大和といった自分の現役時代のスタイルと似た小技の効く選手を効果的に起用し育成した点も評価されます。投手陣を見ても、藤浪晋太郎はルーキーから3年連続2ケタ勝利を達成、ベテランの安藤優也を中継ぎとして復活させるなど、その手腕はもっと評価されてもよいでしょ [全文を読む]

球界のカーマニア 山本昌ら中日出身者に多く巨人は大人しい

NEWSポストセブン / 2015年08月05日16時00分

そして阪神の西岡剛が乗っているのは、超高級車の代表格・ランボルギーニだ。 「西岡の大阪桐蔭の後輩、中田翔(日本ハム)が初めて買った車はレクサスだったが、昨年約3000万円するランボルギーニに買い換えた。“剛さんの真似をしました”といっていました」(前出・記者) 球界にランボルギーニのファンは多い。昨年で引退した山崎武司(中日など)はアヴェンタドール(約40 [全文を読む]

西岡剛 体重絞り右手は血豆だらけでハワイでさぼり疑惑払拭

NEWSポストセブン / 2015年02月12日07時00分

しかし、球団創設80周年という節目の年を優勝で飾るキーマンとして南信男球団社長が名指ししたのは西岡剛と福留孝介のメジャー経験者2人である。 成長著しい上本と二塁を争う西岡は「ダメなら控え」と公言し、沖縄・宜野座のキャンプには体重を6キロ絞り込んだ“本気モード”で現われた。 「痩せてブカブカのスーツを着込み、右手はバットスイングで作った血豆だらけ。自主トレ先 [全文を読む]

阪神・福留が西岡との激突を振り返る!

Smartザテレビジョン / 2014年12月29日06時00分

福留選手は、開幕戦で西岡剛選手と激突したシーンなど、数々の知られざるエピソードを語る。 また、糸井選手が「外人になりたい!」と謎の宣言をする一方で、福留選手は「糸井レベルになれる」と太鼓判を押す阪神の選手を紹介。そして、アメリカのメジャーリーグへの憧れをたびたび口にする糸井選手に、メジャー経験者の福留選手がさまざまなエピソードを披露する。 さらに、今注目の [全文を読む]

MLB出戻りの野手 日本復帰で成績悪化傾向顕著、井口は例外

NEWSポストセブン / 2014年11月11日16時00分

城島健司、福留孝介……そして今年の日本シリーズ、まさかの守備妨害で“線犯”となった西岡剛である。 『もし、あの野球選手がこうなっていたら~データで読み解くプロ野球「たられば」の世界~』(オークラ出版)著者で、野球データに詳しい広尾晃氏はこう語る。 「野手はメジャーに行って成績を落とし、日本に復帰してさらに悪くなるパターンが大半です。その傾向は中村紀洋や岩村 [全文を読む]

「プロは結果がすべて」 不要論・限界説を吹き飛ばした不屈のベテラン、阪神・福留

AOLニュース / 2014年10月20日11時10分

そして、不退転の決意を持って望んだ今シーズン、福留は開幕3戦目の巨人戦で、不運にも、同じく大リーグからの復帰組であった西岡剛と激突事故を引き起こしてしまう。その際、自身も負傷したが、これを期に、チームの斬り込み隊長・西岡が長期離脱を余儀なくされたことから、マスコミやファンからはさらに容赦ないバッシングが相次いだ。以後、前出の衝突事故の際に負った傷の影響か [全文を読む]

セ・リーグ「3強天王山」に水を差す“優勝妨害”戦犯は誰?(2)阪神は早くもストーブリーグ突入

アサ芸プラス / 2014年09月17日09時57分

西岡剛(30)も今季序盤に負ったケガの影響が響き、出場機会が激減。一昔前の巨人のようにFAでビッグネームを獲得し続ける球団のやり方に、生え抜きのチームリーダー・鳥谷敬(33)は『若手の育成に力を入れるべき』と話す一方で、自身もメジャーに飛び出そうかと考えているといいます」(在阪スポーツ紙記者) [全文を読む]

フォーカス