星新一 新潮文庫に関するニュース

星新一、山崎豊子、沢木耕太郎から今野敏、伊坂幸太郎まで2,500冊 eBookJapanが大手文芸出版社・新潮社電子書籍の配信を開始!

PR TIMES / 2014年06月19日14時19分

【昭和時代の名作】松本清張:『砂の器』(上・下)『点と線』『Dの複合』『ゼロの焦点』『黒革の手帳』(上・下)『或る「小倉日記」伝―傑作短編集(一)』(芥川賞受賞作)ほか井上靖:『蒼き狼(新潮文庫)』『あすなろ物語(新潮文庫)』『後白河院(新潮文庫)』ほか大江健三郎:『死者の奢り・飼育(新潮文庫)』(芥川賞受賞作)『性的人間(新潮文庫)』『「雨の木」を聴く女 [全文を読む]

最後の希望? 東京藝大[本は自己投資! 第5回]

Forbes JAPAN / 2016年10月26日12時00分

星新一にこんなショートショートがある。ある大企業が、新入社員の中から特に知能の高いものを選び出した。選ばれたのは4人。周囲は羨望の目で眺めるが、会社は彼らに不可解な命令を下す。給料やボーナスは特別に多く払う。経費も好きなだけ使ってかまわない。その代わり何もしてはならない。生産的なことは一切してはならない、というのである。海辺の寮に隔離された彼らは、釣りをし [全文を読む]

書店員が選ぶ“時間”に思いを馳せる5冊

ダ・ヴィンチニュース / 2014年04月13日09時20分

■『ひとにぎりの未来』 星 新一 新潮文庫 550円(税別) 星新一のショートショートは、食事にたとえるならば極上のデザートです。どこか異世界、まだ見ぬ世界を感じさせる40の物語がぎっしりと詰まった『ひとにぎりの未来』はお気に入りの一品。 ダ・ヴィンチ5月号「本のソムリエ」 [全文を読む]

ショートショートの神、星新一の才能は遺伝だった!?

ダ・ヴィンチニュース / 2015年11月11日17時30分

氏の作風の魅力は、短くまとめられた1話の中にも奇想天外な発想力と壮大なスケール、さらに思いもよらないオチが詰まっていることにあるが、そのずば抜けた発想力の才能は星製薬の創業者である父・星 一氏から受け継がれたものであるということがよく分かるのが、2015年に復刊された『三十年後』(星一 星新一 星マリナ/新潮社)だ。 【詳しくはこちら】ダ・ヴィンチニュース [全文を読む]

星新一の入手困難なショートショート50編以上を集めた文庫本

NEWSポストセブン / 2013年10月09日07時00分

【書籍紹介】『つぎはぎプラネット』星新一/新潮文庫/704円 没後15年経てなお高い人気の星新一。その入手困難な作品を50編以上集めた一冊。収録作は、過去へ行き父親を殺した男を描く『タイム・マシン』、科学の知識を使った児童向けの謎解き問題『犯人はだれ?』、なんでも答える電子計算機が「役に立たない生物は?」という問いに、意外な回答をする『正確な答』などバラエ [全文を読む]

フォーカス