小説 星新一に関するニュース

AIが小説を書く、その仕組みと未来

Forbes JAPAN / 2016年12月21日17時30分

AI小説家が書いた小説が、「第3回星新一賞」の一次審査を突破した。コンピュータの感性は、どこまで育ってきたのか。”その日は、雲が低く垂れ込めた、どんよりとした日だった。部屋の中は、いつものように最適な温度と湿度。洋子さんは、だらしない格好でカウチに座り、くだらないゲームで時間を潰している。”(「コンピュータが小説を書く日」より引用)この小説の書き手は、人間 [全文を読む]

旺文社×文藝春秋「ノートを借りてみたい東大卒小説家は?」アンケート結果発表!文豪・夏目漱石が大差で第1位 その理由は……

DreamNews / 2015年04月13日15時00分

その一環として行なったアンケート「ノートを借りてみたい東大卒小説家は?」の結果を発表します。株式会社旺文社(代表取締役社長:生駒大壱)と株式会社文藝春秋(代表取締役社長:松井清人)は、共同で~あなたのノートは美しい!?~“「勝負ノート」で目指せ合格!”コラボキャンペーンを実施中です。 本キャンペーンを記念して、「ノートを借りてみたい東大卒小説家は?」アンケ [全文を読む]

ええ~ッ。そんな繋がりあったの!? 三島由紀夫と石原慎太郎の“アヤシイ“関係!

tocana / 2014年04月26日21時00分

「十一月半ばのよく晴れた夜半すぎ、埼玉県飯能市の大きな邸の車庫から、五十一年型のフォルクスワーゲンがけたたましい音を立てて走り出した」(『美しい星』より引用) 三島由紀夫の小説『美しい星』の冒頭である。ちなみに車の行き先は街の外れにある羅漢山。そして目的はなんと、空飛ぶ円盤との交流である。 小説が発表されたのは昭和37年。以前からUFO観測に熱中していた三 [全文を読む]

猫の舌のようにざらりとした読後感…《猫》短篇集『猫は神さまの贈り物』<小説編>&<エッセイ編>4月29日2冊同時発売!

PR TIMES / 2014年04月10日13時57分

このたび実業之日本社グループ・株式会社有楽出版社(東京・京橋)では新刊書籍「猫は神さまの贈り物<小説編>」・「猫は神さまの贈り物<エッセイ編>」を4月29日に株式会社実業之日本社(東京・京橋)より2冊同時発売いたしますので、お知らせいたします。……………………………………………………………………………………………◆本好きと猫好きは何故か似ている。本好きには [全文を読む]

人気アプリがコラボ! nanovel × 瞬間日記 新しい“日記型小説”「瞬間文学」始動!

ガジェット通信 / 2013年08月05日13時00分

短編小説以上に短い小説が人気の、2,000文字以内の新しい超短編小説レーベル「nanovel」と、全世界で累計2,000万DLを記録しているという、これまた人気のプライベート日記アプリ「瞬間日記」がコラボしたコンテンツ「瞬間文学」が、8月1日(木)にスタートした。 「nanovel」は放送作家や脚本家、劇作家、コピーライターが執筆する作品を扱い、作家陣には [全文を読む]

誰でも「画期的な企画」を簡単に生み出せるアイテム&方法があった!

Business Journal / 2016年04月19日06時00分

ショートショート(以下、SS)とは、数ページで読み終えられる短くて不思議な小説のこと。SSの名手といえば故・星新一が有名だが、その星の孫弟子と呼ばれている新世代SSの旗手が田丸雅智さんである。 2011年にデビューし、『海色の壜』『家族スクランブル』などを出版。「海酒」はピース・又吉直樹主演で映画化され、カンヌ国際映画祭にも出品予定となっている。 そんな [全文を読む]

ショートショートの神、星新一の才能は遺伝だった!?

ダ・ヴィンチニュース / 2015年11月11日17時30分

その後、議員当選して政治の世界にも足を踏み入れるなど、これ以上ないほど輝かしい経歴と名声を手にしつつも、氏は創作意欲を持ち続け、SF小説『三十年後』を発表する。同著は平成の時代に入り、息子の星 新一氏が編集・要約、さらに孫の星 マリナ氏が監修という星3代のコラボレーションにより復刊された。 ストーリーは、嶋浦太郎という政治家が現役を退き、無人島生活を30年 [全文を読む]

読みたい時に読みたい場所で 2000文字の超短篇小説レーベル「nanovel」 Android版をお試しあれ

ガジェット通信 / 2013年10月02日19時15分

全世界で累計2,000万DLを記録中のプライベート日記アプリ「瞬間日記」とコラボした「瞬間文学」が話題を集めた超短編小説レーベル「nanovel」に、現在Android版が登場しているという一報。Android4.0以降に対応していてGoogle Playで無償ダウンロード提供中だ。 「nanovel(ナノベル)」は、1作品およそ5分で読破可能な2,000 [全文を読む]

「日本テレビジョンって、日本テレビじゃないですよ」 古川タクが草創期にリアルタイムで体験したイラストレーションやアニメーション業界事情

おたぽる / 2016年08月31日18時00分

『週刊朝日』とか『文藝春秋』のようにマンガと軽いエッセイとか、星新一さんや筒井康隆さんが書くような小説が載る月刊誌があったんです」と、時代背景から説明。「そんな勢いがあったなんて今では信じられないんですけど、そこには投稿マンガなんてのもあって、そこから実際に色んなマンガ家が出てきたんですね。いわゆる長編マンガじゃなくて、大人向けの1コママンガみたいなのが小 [全文を読む]

「喧嘩売ってんのかこのポンコツ」ロボットが「人類を滅ぼす」と宣戦布告して世界が震撼!? そして日本ではロボットの書いた小説が選考を通過!!

おたぽる / 2016年03月27日18時00分

そしてまた最近では、「ソフィア」というロボットが「人類を殲滅する」と発言したり、人工知能が書いた小説が文学賞の選考を通過するといったニュースが飛び出し、大きな話題になっている。 まず「ソフィア」だが、「ソフィア」は特殊なシリコンでリアルな肌が再現された人の顔の形をしたロボットで、62種類以上の表情に顔が変化する。さらに相手を目で追ってアイコンタクトもでき [全文を読む]

乃木坂46 高山一実が初の小説作品を発表、挿絵は深川麻衣

dwango.jp news / 2016年01月05日17時30分

乃木坂46のメンバーである高山一実が、自身初となる短編小説「キャリーオーバー」を執筆したことを発表。 1月5日に雑誌「ダ・ヴィンチオフィシャルサイト」にて公開された。 高山は乃木坂46メンバーの中で読書家として知られ、「ダ・ヴィンチ」では連載企画「乃木坂活字部!」を担当しているほど。 今回の作品は「乃木坂活字部!」の活動の一環として2015年11月に行われ [全文を読む]

超短篇小説ナノベル、dブックで販売開始― スマホ文学の雄、満を持して電子書店に―

DreamNews / 2015年12月11日10時00分

株式会社GADGET(本社:東京都中野区、代表取締役社長:浅見 敬、以下「GADGET」)は、NTTドコモの運営する電子書籍ストア「dブック」に超短篇小説の提供を11月24日より開始いたしました。今回提供する作品は、超短篇小説20篇をまとめた合本版であるセレクション2冊、および単品作品に切り分けたシングルズ40冊の計42冊になります。株式会社GADGET( [全文を読む]

夏休み明けには本の虫に?あなたの読書習慣を甦らせる2大名作

まぐまぐニュース! / 2015年08月10日05時30分

いきなり300ページもの長編小説には、挑まないことが重要です。 まずは10ページから30ページ程度で読み終えられる、短編小説を読んでみる。ページ数が少ないから短い時間で読めて、しかも圧倒的に面白いもの。何かを習慣化するためには、成功体験を積むことが絶対に必要です。 そういう意味では、読書における成功体験とは、 ・『読書を面白いと思える体験をする』・『読み終 [全文を読む]

「ノートを借りてみたい東大卒小説家は?」1位はダントツで夏目漱石! その理由は?

ダ・ヴィンチニュース / 2015年04月13日21時40分

『東大合格生の秘密「勝負ノート」』(文藝春秋)の発売にあたり、「ノートを借りてみたい東大卒小説家は?」という何とも興味を引くアンケートが実施された。その結果は、文豪・夏目漱石が圧倒的大差で第1位に! さっそくアンケート結果を見てみよう。 【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら ノートを借りてみたい東大卒小説家は? 1位 夏目漱石 (276票) 2位 星新 [全文を読む]

【著者に訊け】川村元気 金と幸せの形描く娯楽小説『億男』

NEWSポストセブン / 2014年10月29日16時00分

そんな童話や落語にも似た「現代の寓話」を、数々のヒット作を手がける映画プロデューサー・川村元気氏(35)の小説は感じさせる。「僕は昔から宮澤賢治とか星新一が好きで、そういう大人も読める寓話を、自分自身が読みたかったんです。死と喪失をテーマにした前作『世界から猫が消えたなら』(2012年)や、お金について考えたこの『億男』もそう。そして僕のテーマは人間にとっ [全文を読む]

星新一、山崎豊子、沢木耕太郎から今野敏、伊坂幸太郎まで2,500冊 eBookJapanが大手文芸出版社・新潮社電子書籍の配信を開始!

PR TIMES / 2014年06月19日14時19分

【昭和時代の名作】松本清張:『砂の器』(上・下)『点と線』『Dの複合』『ゼロの焦点』『黒革の手帳』(上・下)『或る「小倉日記」伝―傑作短編集(一)』(芥川賞受賞作)ほか井上靖:『蒼き狼(新潮文庫)』『あすなろ物語(新潮文庫)』『後白河院(新潮文庫)』ほか大江健三郎:『死者の奢り・飼育(新潮文庫)』(芥川賞受賞作)『性的人間(新潮文庫)』『「雨の木」を聴く女 [全文を読む]

SFって何だ!? これだ! 10代・20代のうちに読むべき小松左京のベストセレクション

ダ・ヴィンチニュース / 2016年08月16日17時30分

筒井康隆、星新一らと並んで、日本SF小説の黄金時代を築きあげた作家・小松左京。没後5周年にあたる今年、その代表作を2巻にまとめた電子書籍オリジナルのベスト作品集『小松左京短編集 東浩紀セレクション』『小松左京短編集 大森望セレクション』(KADOKAWA)が7月25日、同時リリースされた。 長年小松作品を愛読してきた、という東浩紀と大森望が作品を選んだ今回 [全文を読む]

大きな恐怖が襲いかかる!! 『骨』『まめつま』『霧が晴れた時』…【小松左京の怖いはなし】5タイトルがデジタルコミックと朗読コンテンツで登場!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年07月26日11時00分

ソニー・デジタルエンタテインメント・サービスと毎日放送が提携し、小松左京のホラー短編小説5タイトルが、デジタルコミックと朗読コンテンツとなり2016年7月26日(火)にリリースされる。 2016年は小松左京の生誕85周年にあたり、7月26日に没後5年目を迎える。『日本沈没』や『復活の日』などの長編SF作品が有名で、星新一、筒井康隆とともにSF作家の御三家と [全文を読む]

祝結婚!上野樹里が平野レミの「義理の娘」に

しらべぇ / 2016年05月26日17時00分

父親は星新一や三谷幸喜などの小説の表紙で有名なイラストレーターの和田誠。母は料理研究家として、独自の地位を築き上げている平野レミだ。近年、料理番組でさまざまな奇抜なレシピを披露している平野。上野も、実家への挨拶の席などで、手料理をすでに食したのであろうか...? Twitterでは、早速ふたりの関係性を想像する声で溢れている。個性的な組み合わせの嫁姑の未来 [全文を読む]

原稿用紙1枚からの小説『ショートショート大賞』創設 第1回の応募は2016年2月29日まで

@Press / 2015年11月19日14時00分

<『ショートショート大賞』開催の背景>「ショートショート」は、その短さゆえに文学としては評価されにくいジャンルであり、これまで小説家を志す者が憧れ、目指すジャンルとして、積極的に選択されてきませんでした。そこで今回、「ショートショート」を一つの文学スタイルとしてきちんと再評価することで、書き手を増やし、力のある者、小説家として食べていく覚悟のある者を継続的 [全文を読む]

フォーカス