三倉茉奈 子供に関するニュース

ドロドロ展開が人気の『赤い糸の女』 三倉茉奈が一皮むける

NEWSポストセブン / 2012年09月28日07時00分

ウケを狙ってるのはわかるけど、つい見ちゃう」(34才・パート) 物語の中心人物は、あの双子の姉妹女優、マナカナの姉・三倉茉奈(26才)演じる横浜の女子大生・志村唯美と、その中学時代のクラスメート、鹿野芹亜(奥村佳恵・23才)。 少女時代、醜かった芹亜は、美容外科医である唯美の父(石田純一・58才)から全身整形手術を受け、美しく生まれ変わる。突如現れた彼女の [全文を読む]

福士蒼汰が“月9”放送直前に、迷惑ママを撃退!?

Smartザテレビジョン / 2015年07月06日20時54分

しかし、この病室には迷惑なママ(三倉茉奈)がいた…。 通話が禁止されている病室にもかかわらず携帯電話を取り出し大声で話し、自分の子供が起きて泣き出してしまったのを人のせいにしてわめき散らす。新米パパは、ある方法を用いて、迷惑ママを黙らせる。 [全文を読む]

すみれ、涙を流す『べっぴんさん』1週間まとめ読み【第11週】

WEB女性自身 / 2016年12月19日06時00分

「あの大急!? いやあ、すごいやん!」と驚嘆の声を上げる節子(山村紅葉)と静子(三倉茉奈)。五十八も「あのすみれがなあ」と相好を崩すのだった。そこで、五十八が紀夫に思いがけない言葉をかける。 「紀夫くん、今、苦しいか?」。喜代を通じて紀夫の近況を聞かされていた五十八は、何も言えずにうつむく紀夫にこう続けた。「男の人生いうもんは、背負うもんが増えてくる。妻や [全文を読む]

東海テレビ昼ドラ終了の背景にスマホとネット

NEWSポストセブン / 2016年09月09日16時00分

三倉茉奈が売春婦を演じた『赤い糸の女』、田中美奈子主演で「女は愛を奪い合う」がキャッチコピーの『幸せの時間』など、昼帯にもかかわらずダブル不倫やストーカー、過激描写をこれでもかと描いた。AV顔負けの過激な性的描写は放送直後から「過激すぎる」との抗議が寄せられたほど。でも、視聴率は振るわなかった。 [全文を読む]

“東大生の育て方”に菊川怜も納得!?

Smartザテレビジョン / 2016年07月26日07時00分

加藤諒と三倉茉奈が出演する再現VTRでは「気を使って言っただけなのに…」などと、夫が妻に言いそうなシチュエーションを紹介。怒る理由が全く分からない陣内智則ら男性陣に対し、千秋や松嶋尚美ら女性陣は「何で分からないの!?」とあきれてしまう。 さらに、女性が怒る原因の一つである“オトコの行き過ぎた趣味”にもスポットを当て、妻の反対を押し切って自宅の庭や部屋にあ [全文を読む]

登場人物が性豪ばかり?昼ドラの「ありがちなシーン」3選

しらべぇ / 2016年03月25日21時00分

『赤い糸の女』では、これまで清純派女優として活躍してきた三倉茉奈が買い物依存症に陥り借金返済のために売春婦になる主人公を演じ、衝撃を与えた。その他にも度々セックスシーンが登場し、「子供に見せられない」などのクレームも多いと言う。(2)過激な恋愛ばかり不倫はあたりまえ、三角関係や四角関係が存在し、過激な恋愛を繰り広げる。外面のいい顔した男がじつは遊びまくって [全文を読む]

昼ドラ200作の歴史“ドロドロ路線”になるまで

WEB女性自身 / 2013年07月05日07時00分

昨年、三倉茉奈が主演した『赤い糸の女』まで引き継がれている。「改めて見ると、これだけの歴史、ノウハウの蓄積がある昼ドラには、無限の可能性があるんです。女優さんにも、いつもと違うことをやろうという思いと、覚悟がある。女優さんが本気なら、見る側もかかってこいという気で受けます。そういう“阿吽の呼吸”があって、本当にドラマらしいドラマが出てくるんでしょう。自分だ [全文を読む]

フォーカス