自民党総裁 谷垣禎一に関するニュース

「偽りの政権に終止符を」 谷垣自民党総裁、政権奪還に向け決意

ニコニコニュース / 2012年01月22日15時56分

◇関連サイト・[ニコニコ生放送] 『第79回自由民主党大会』谷垣総裁の演説から視聴 - 会員登録が必要http://live.nicovideo.jp/watch/lv77540430?po=newsinfoseek&ref=news#0:45:20(中村真里江)【関連ニュース】谷垣禎一総裁自民・谷垣総裁、ニコ生で語る 「ポスト菅」「大連立」「震災」「原発 [全文を読む]

「政界“怪”人プロファイリング」 -谷垣禎一-

アサ芸プラス / 2014年11月23日09時56分

民主党政権時に自民党総裁。自転車が趣味で、日本サイクリング協会会長を務める。 「ポスト安倍」候補も選挙結果で正念場 谷垣禎一幹事長が安倍晋三総理の「消費税10%」判断、総選挙結果の行方に頭を痛めているようだ。 多くの国民に景気回復の実感がなく、再増税なら世論の反発は安倍総理と共に谷垣氏にも向かう。 谷垣氏は民主党政権時代に、自民党総裁として「10%」への「 [全文を読む]

自民党総裁選 無投票にできぬと野田聖子氏が出馬意欲漏らす

NEWSポストセブン / 2015年07月28日07時00分

※週刊ポスト2015年8月7日号 [全文を読む]

「安保法制」成立で安倍首相が電撃辞任!? 早くも始まった“次の次”自民党総裁レース

デイリーニュースオンライン / 2015年07月22日08時00分

そうした批判は、今年9月に実施される自民党総裁選にも少なからず影響を与えるのでは? ともいわれる。 自民党総裁の任期は3年。安倍晋三総裁は2012年に選出されているので、今年9月で任期を終える。GW前までは、安倍内閣が絶大な支持率だったことから対抗馬が現れることなく、安倍総裁の無投票再選もゆるぎないと目されていた。 ところが、一連の安保関連法案で状況は一変 [全文を読む]

安倍首相“消費増税で党内対立”は確信犯的パフォーマンス?

WEB女性自身 / 2014年11月10日08時00分

そもそも、消費増税は現在の自民党幹事長・谷垣禎一氏が自民党総裁時代に、公明、民主との3党合意で決まったもの。自民党本部の幹部職員は次のように解説する。 「総理は今秋の人事のとき、来年9月の自民党総裁選で再選を果たすために、対立候補の芽がある谷垣さんを取り込もうとした。しかし、当然、谷垣さんだって幹事長受諾には条件をつけたはず。我々の間では、それが既定どお [全文を読む]

消費増税、安倍政権内から懸念の声、一枚岩に綻びか…デフレ脱却、景気回復にも暗雲?

Business Journal / 2013年09月18日18時00分

この時の立役者は、当時の野田佳彦首相(民主党)と谷垣禎一自民党総裁だった。両者は共に財務相経験者であり、財政の安定を図るための消費税率引き上げだった。 その後、自民党総裁は谷垣氏から安倍氏に移り、政権は民主党から自民党に移り、誕生した安倍首相が「アベノミクス」を打ち出し、脱デフレ政策による景気回復を目指した。この政策は、財政の安定化とは無縁。景気を回復する [全文を読む]

次期総理を決める自民党総裁選。カギを握るのは“地方票”だ

週プレNEWS / 2012年09月11日10時00分

自民党総裁選の仕組みを簡単に説明すると、現在の国会議員票が衆参両院合わせてもわずか200票。47都道府県連が各3票ずつ持っており、これが合計141票。さらに都道府県連に所属する党員と党友の人数に応じ、159票が各都道府県連に配分される。つまり、地方票は合計で300票となり、総票数は500票ということになる。 郵政解散総選挙後における小泉政権時の国会議員議 [全文を読む]

国民なき消費税増税論。「国会で野田、小沢、谷垣はチキンレースをやっている」

週プレNEWS / 2012年05月15日18時30分

政治アナリストの伊藤惇夫氏は今の国会を、「野田、小沢、谷垣禎一自民党総裁の3人でチキンレースをやっているんですよ」と表現する。その意味とは? 「野田首相は、消費税増税の成立に向かって突っ走っている。小沢元代表のことは視野に入れていない。なぜなら、何を言っても反対だから。それなら自民党と手を組もうということで、谷垣氏との関係一点に絞って動いているんです。一 [全文を読む]

二階幹事長「東京都議でも自分の選挙は自分でやるしかない」

プレジデントオンライン / 2017年04月25日09時15分

【塩田】昨年9月、自転車の事故で重傷を負って退任した谷垣禎一幹事長(前自民党総裁)の後任として起用されましたが、「幹事長に」という話は、どういう経緯で。 【二階】安倍晋三首相から電話があり、「幹事長をお願いします」と。谷垣先生が大変ご苦労されているときで、一刻も早く幹事長を決め、次の態勢を整えていくのが党の方針でしたから、私も素直にお引き受けしました。 [全文を読む]

法務大臣経験者は総理になれないというジンクスあり

NEWSポストセブン / 2016年11月27日16時00分

法相経験者には谷垣禎一・前総裁や高村正彦・現副総裁など自民党総裁選に出た実力者が少なくないが、それでも総理が生まれない。そのうち総裁の椅子が見えてきたら、就任を断わる人が出てきたりするかも。 ◆総理になれない3ジンクス 【1】県議あがり 【2】参院議員出身者 【3】落選経験者 自民党で長く破られなかった有名な3つのジンクスだ。田中角栄・元首相の言葉とされる [全文を読む]

総裁任期延長がキナ臭い…ポスト安倍を巡る、“石破&進次郎”の「奇妙な同調」とは

週プレNEWS / 2016年09月23日06時00分

自民党総裁の任期延長を巡り、党内がにわかにザワつき始めている。現状の最長2期6年から3期9年への延長をもくろむ安倍首相に対し、党内からは「待った」の声も。ポスト安倍を巡るバトルのカギは、この4人が握っている。 ■総裁任期延長で在任日数歴代1位も 「永田町での関心はもっぱら、安倍首相の任期延長論、それに対抗するポスト安倍たちの動向に集まっています」(全国紙政 [全文を読む]

食品の消費税率、先進国中で最も高い…偽りの軽減税率、まったく「軽減」ではない

Business Journal / 2015年12月16日06時00分

自民党総裁選で勝利し内閣改造を終えた安倍政権は、マイナンバーを利用する限定的な軽減税率導入案を打ち出した野田毅・自民党税調会長を事実上、更迭。マイナンバー案を葬り去ると共に、新聞各紙から「軽量級」と評されることになる宮沢洋一・前経済産業大臣を後任に据えた。 そして、菅義偉官房長官が「与党の連立合意がある。約束していることは政権としてしっかり進めていきたい」 [全文を読む]

安倍家との最終決戦 小泉進次郞氏は地方から旋風起こせるか

NEWSポストセブン / 2015年10月31日07時00分

【※注/1987年10月31日に当時自民党総裁だった中曽根康弘氏が、竹下、安倍、宮沢の3氏のなかから竹下氏を次期総裁に指名したことを指す】 竹下氏が後継者に決まり、敗れた晋太郎氏は派閥の議員が集まっている席に戻ってきて、『経済重視で蔵相の竹下に譲った』と説明した。そのとき、純一郎氏は『だからあんたはダメなんだ!』と派閥のボスである晋太郎氏を罵倒した。当時ま [全文を読む]

安倍9月決戦「総辞職」か「やぶれかぶれ解散」胸中

WEB女性自身 / 2015年07月15日06時00分

「安保法案を参院に送ったあとに棚上げし、9月の自民党総裁選前に解散。集団的自衛権の必要性を、憲法改正論議を含めて争点にし、国民に信を問うというものです。議席は減っても、自民で過半数は獲れる。そうすれば、安倍首相は国民に信託されたことになり、安保法案を再提出できますから」 いずれにせよ、安倍首相は健康不安を抱えながら、茨の道を歩むことになるようだ。 (週刊 [全文を読む]

「政界“怪”人プロファイリング」 ー麻生太郎ー

アサ芸プラス / 2014年12月21日09時55分

このまま総理にヒレ伏すわけにはいかず、自民党の13人の財務省OB議員ともども、財務省をあげて反撃のチャンスを狙っているともっぱらです」 この「反撃」は、来年9月の自民党総裁選で、麻生氏が安倍総理への対立候補たることをも意味する。総選挙後の内閣改造で留任を断り、自由に身動きの取れる立場をキープするのでは、との見方も出ている。前出の政治部記者が続ける。 「今後 [全文を読む]

解散・総選挙 財務省と経産省との官邸主導権巡る暗闘が発端

NEWSポストセブン / 2014年11月17日07時00分

景気悪化で安倍首相のブレーンから消費税率10%への再増税先送り論があがる中、自民党総裁時代に民自公の「3党合意」で消費増税を決めた谷垣氏は「法律に規定されている引き上げが基本路線だ」と予定通り10%に引き上げることを強硬に主張した。 緊張が高まったのは、閣僚の相次ぐスキャンダルで安倍政権の求心力がガクンと弱まってからだ。 「安倍総理には消費税10%まで実施 [全文を読む]

自民党関係者が明かす「自民党人事&内閣改造」叩き台名簿

週プレNEWS / 2014年04月07日13時30分

来年の自民党総裁選に安倍さん以外の立候補者を擁立しようする動きが水面下でうごめくと思いますよ」(前出・自民党議員) 国民からの支持率が安定している安倍政権の寿命は長くなるだろうというのが世間一般の見方。しかし党内の調整を怠れば、自民党の総裁選で負ける可能性もある。はたして来(きた)るべき内閣改造で、この党の声はどれだけ反映されているか。 (取材/菅沼 慶) [全文を読む]

加藤紘一氏「谷垣禎一氏は頑固で自分の意見変えない」と苦言

NEWSポストセブン / 2012年09月11日16時00分

自民党総裁選で現職の谷垣禎一氏が出馬を断念した。一度は再選を支持したはずの森喜朗氏など党長老議員らが不支持へ身を翻し、「次期首相」の座はおろか、立候補もおぼつかなかった。 梯子を外された彼の姿は、12年前の「彼の大将」の姿にも重なる。「加藤の乱」を起こした加藤紘一・衆院議員だ。 加藤氏は当時、支持率が低迷していた森内閣に対する野党の不信任案に同調する構えを [全文を読む]

野田首相 解散に踏み切るかは自民総総裁選の結果次第の見方

NEWSポストセブン / 2012年09月10日07時00分

谷垣禎一自民党総裁の再選もほとんど絶望的になった。本稿を執筆している9月5日現在、派閥のボスである古賀誠元幹事長の支持が得られず、総裁選出馬すら危うくなっている。 もともと民主党内は早期解散反対が大勢だ。3党合意が破談になったうえ、相手の大将も表舞台から消えるとなれば「なにも無理して解散する必要はない」となるのは自然である。 そもそも野田にとって最優先課 [全文を読む]

権力維持のために増税賛成の谷垣総裁 失敗すれば総裁クビも

NEWSポストセブン / 2012年06月18日16時00分

「このままなら谷垣さんは9月の自民党総裁選でクビ。党内で“野田政権を解散に追い込む”と大見得を切ってきたから、それができなければ派閥からも見離され、推薦人20人も集まりそうにないから出馬断念だろう」 だから野田首相に「法案に協力する」と持ちかけて採決を急がせ、民主党の分裂を誘って自爆解散に追い込んでいく――という騙し討ち作戦である。いってみれば増税は権力 [全文を読む]

フォーカス