大友克洋 作品に関するニュース

映画『心が叫びたがってるんだ。』第37回 日本アカデミー賞 優秀アニメーション作品賞 受賞!

PR TIMES / 2016年01月18日15時15分

原作・原案を持たず、テレビシリーズ発でもない完全オリジナル劇場用アニメーション作品が興収10億円を突破するのは、スタジオジブリ作品・大友克洋作品・細田守作品に次ぐ、史上4番目のケースという快挙を達成。株式会社アニプレックス(本社:東京都千代田区、代表取締役:植田益朗、以下アニプレックス)は、劇場アニメーション作品「心が叫びたがってるんだ。」(監督:長井龍雪 [全文を読む]

A BATHING APE presents 大友克洋 × 河村康輔 コラボレーション展 Re:construct in TOKYO

PR TIMES / 2014年05月13日15時42分

大友克洋と河村康輔のジョイントエキシビションが BAPEXCLUSIVE 青山で開催 A BATHING APE presents 大友克洋 × 河村康輔 コラボレーション展【 Re:construct in TOKYO】 が2014年5月24日(土)~6月8日(日)の期間 BAPEXCLUSIVE 青山 で開催。 会場では「大友克洋×河村康輔×A BAT [全文を読む]

これは見逃せない!「大友克洋×河村康輔コラボレーション展」開催

Woman Insight / 2014年05月14日20時00分

『AKIRA』や『スチームボーイ』、『SHORT PEACE』などの作品でお馴染みの漫画家・アニメーション監督の大友克洋さん。今回、コラージュアーティスト河村康輔さんとまたコラボします! “A BATHING APE presents 大友克洋 × 河村康輔 コラボレーション展 Re:construct in TOKYO”ということで、昨年の京都の「BAP [全文を読む]

【衝撃】絶対秘密!「風の谷のナウシカ」の極秘情報10選 / 当初3つのラストシーンが存在した

ヨメルモ トリビアニュース / 2017年03月20日06時00分

メビウスの作品は、宮崎監督の他にも「AKIRA」の大友克洋監督や、「ジョジョの奇妙な冒険」で知られる荒木飛呂彦氏に多大な影響を与えているとのことです。 9. 風の谷のモデルは中央アジアの乾燥地帯 宮崎監督は風の谷のモデルとして「中央アジアの乾燥地帯」、腐海のモデルにはウクライナやクリミア半島のシュワージュという土地を挙げています。 また、作品中に「古エフタ [全文を読む]

仙台空港設置予定、大友 克洋先生陶板レリーフ作品題名「金華童子風神雷神ヲ従エテ波濤ヲ越ユルノ図」に決定

@Press / 2015年02月04日10時00分

1983年 第4回日本SF大賞(『童夢』)1984年 第15回星雲賞コミック部門(『童夢』)同年 第8回講談社漫画賞(『AKIRA』)2005年 フランス政府より芸術文化勲章シュバリエ2013年 日本国政府より紫綬褒章2014年 アニー賞ウィンザー・マッケイ賞同年 フランス政府より芸術文化勲章オフィシェ2015年 アングレーム国際漫画祭最優秀賞 [全文を読む]

タワレコ渋谷店SpaceHACHIKAIで『TRIBUTE TO OTOMO EXHIBITION』 6月3日(土)より開催決定!

PR TIMES / 2017年05月22日15時00分

日仏の作家総勢79人による大友克洋トリビュートイラストに加え、本邦初展示のイラスト含む大友克洋原画展示も! タワーレコード渋谷店では、世界的な人気を誇る漫画『童夢』『AKIRA』などの著者・大友克洋に影響を受けた日仏の作家79人によるトリビュートイラスト展『TRIBUTE TO OTOMO EXHIBITION』を、同店8階の催事場”SpaceHACHIK [全文を読む]

渋谷PARCO建替え工事仮囲いを「アートウォール」として活用

PR TIMES / 2017年05月16日15時00分

漫画家・映画監督の大友克洋氏 2019年東京を舞台にした『AKIRA』株式会社パルコ(本部:東京都渋谷区、代表執行役社長:牧山浩三、以下パルコ)は、建替えのため一時休業中の渋谷PARCOの工事仮囲いを「アートウォール」として活用し、情報発信を行うことにより、公園通りエリアのにぎわい創出と来街者の増加に貢献いたします。世界的アーティストである漫画家・映画監督 [全文を読む]

宮城県登米市出身で、日本を代表する世界的漫画家 大友克洋先生による陶板レリーフ作品 仙台空港に設置決定

@Press / 2014年09月26日13時00分

当協会の通算508作品目となるこのパブリックアート作品は、宮城県登米市出身の世界的漫画家、大友克洋(おおともかつひろ)先生が仙台空港のために特別に描き下ろした原画をもとにした陶板レリーフ作品で、現在熱海の工房で制作中です。【事業概要】1.当事業の目的:(1) 世界的漫画家、大友克洋先生制作原画の壁画による、空港および周辺地域の活性化。(2) 大友克洋先生 [全文を読む]

「これまた売り切れ確定じゃないか! 絶対欲しい!」大友克洋、『芸術新潮』7月号に新作マンガ掲載決定でファン大興奮

ダ・ヴィンチニュース / 2016年06月24日17時40分

『AKIRA』『童夢』といった世界的人気漫画を生み出し、世界中に多くのファンを持つ漫画家・大友克洋。2016年6月25日(土)発売の『芸術新潮』7月号にて、大友の新作漫画『悪いロボットも死んだら地獄に行くの?』が発表されることが明らかとなった。これには多くのファンが「なにぃぃぃ~大友の新作だとぅ!? 絶対買う!」「やばい! これは是が非でも欲しい」と大興奮 [全文を読む]

毎週金曜日更新!WEBコミックレーベル『ヤングマガジン海賊版』 累計3,300万部を突破した人気作の長編後日談「新・3×3EYES」がスタート!

PR TIMES / 2014年12月26日15時39分

記念すべき第1号の表紙は大友克洋氏が手掛け、数多くの傑作を生み出した伝説の雑誌として知られている。WEBコミックレーベル『ヤングマガジン海賊版』は、webサイト(http://estar.jp/ym_pirates)上でお楽しみいただけます。本誌はすべての作品から毎日1話無料で読め、エブリスタ図書券で購入いただくことも可能です。また、NTTドコモ月額メニュ [全文を読む]

大友克洋が手がけたポスターが集合する『POSTERS』展 代官山で開催

太田出版ケトルニュース / 2014年02月18日13時34分

2月28日(金)より、東京・代官山の「AL」にて、漫画家、映画監督の大友克洋のポスターを集めた展覧会『「POSTERS」 ~OTOMO KATSUHIRO×GRAPHIC DESIGN~』が開催される。 同展は、2013年に紫綬褒章を受章し、短編アニメーション『火要鎮(ひのようじん)』で文化メディア大賞を受賞した漫画家、映画監督の大友克洋が関わったポスター [全文を読む]

アングレーム国際マンガフェスティバル・グランプリ受賞記念『TRIBUTE TO OTOMO』日仏同時刊行記念 TRIBUTE TO OTOMO EXHIBITION開催

PR TIMES / 2017年05月22日15時10分

この度、大友克洋のフランス・アングレーム国際マンガフェスティバル・グランプリ日本人初受賞、及び、氏に影響を受けた日仏の作家79人によるトリビュートイラスト集『TRIBUTE TO OTOMO』の日仏同時刊行を記念し、日本とフランスがマンガを通して文化には国境がないことを訴える、日仏文化交流の展示会として『TRIBUTE TO OTOMO EXHIBITIO [全文を読む]

△特集:Kosuke Kawamura Interview

NeoL / 2017年02月28日03時43分

大友克洋の原画展のポスターやルミネ×エヴァンゲリオンのヴィジュアル制作を手がけるなど、コラージュ・アーティスト/グラフィック・デザイナーとして国内外で高い評価を得ている河村康輔。彼にとって、三角はモノ作りの原点であり、無敵のアイコンだと言う。キャリアから創作の姿勢までを聞いた。 僕は高校時代からSK8THINGさんが大好きで、ああ、これがグラフィックデ [全文を読む]

「こんなアニメが作りたい」 ハリウッドを嫉妬させた『AKIRA』の功績

太田出版ケトルニュース / 2017年02月22日14時07分

彼はおしそうにつぶやいていた〉 漫画の神様として知られ、日本のアニメに多大な貢献をした手塚治虫さんは、ジョージ・ルーカスのスタジオを訪れた際のエピソードを、1988年発行の『ユリイカ臨時増刊号 総特集・大友克洋』に寄せています。このとき、大友さんによる漫画版の『AKIRA』は、すでに海外でも翻訳出版され、話題となっていました。 ハリウッドの映画人も羨望した [全文を読む]

「まだ受賞してなかったの!? 選ばれなかったことが驚き」「アニー賞・生涯功労賞」受賞の押井守に海外からも祝福の声!

おたぽる / 2016年12月02日13時00分

また、日本人ではこれまで人形美術家でアニメーション作家の川本喜八郎、マンガの神様・手塚治虫、最近また長編アニメの構想を明かした宮崎駿(参照記事)、『AKIRA』で知られる大友克洋、高畑勲の5人が受賞しており、押井は6人目の受賞者となる。 この発表に日本では「おおおぉぉ、おめでとうwww なんだかんだ言って押井作品は逸品ぞろいだよ」「かつては異才を放ってたか [全文を読む]

“あり得ないけど見たい!” そんな夢から生まれたコンサート・フライヤー&ポスター展 THE DREAM SCENE

NeoL / 2016年07月03日10時32分

コラージュアーティストとしては、Winston Smith、KING JOE、SHOHEI、大友克洋等との共作を制作。ファッション雑誌「EYESCREAM」、季刊誌「TRASH-UP!」(根本敬氏と共作の実験アート漫画「ソレイユ・ディシプリン」)にて連載を持つ。http://www.erect-magazine.com http://www.studioz [全文を読む]

「あんなものはマンガじゃない」 手塚治虫が石ノ森章太郎に謝罪した事件の顛末とは!?

おたぽる / 2014年12月11日18時00分

諸星大二郎や水木しげるといったマンガ家たちの才能にも嫉妬し、大友克洋の絵を見たときには「これくらい僕にも描ける」と発言したという逸話を持っている。『ジュン』に対しても、手塚の中でそうした気持ちがあったのかもしれない。 [全文を読む]

押井守でも『攻殻機動隊』の世界観は壊せなかった......? 日本を代表するSFマンガが切り開いた道

おたぽる / 2014年11月27日01時00分

マンガでは大友克洋の『AKIRA』......と見せかけて、『童夢』をこれ見よがしに読んでみたり。「俺ってこんな難しい本読んじゃって特別~!!」なんて思っていたけれど、実に一般的な高校生のひとりだった。もちろんSF作品に通じていても、まったくモテなかったけど......。『攻殻機動隊』は、そんな時分に読んだ作品である。SFキッズたちにはたまらない作品だった [全文を読む]

おすすめストレッチも!女性人気のWEBマンガ『ストレッチ』作者・アキリさんに突撃してみた(2)

Woman Insight / 2014年06月15日19時00分

(安念美和子) 「やわらかスピリッツ(やわスピ)」 『ストレッチ』はここから読めます! http://yawaspi.com/stretch/ ただいま1巻好評発売中! 定価:700円(税込) 発行:小学館 Amazon→ http://www.amazon.co.jp/dp/4091860885/ 楽天BOOKS→ http://books.rakute [全文を読む]

空に絵を描くフランス人アーティスト出現!宮崎駿や荒木飛呂彦、大友克洋にも影響を与えたバンド・デシネって?

おたぽる / 2014年04月21日22時00分

日本でも出版されているエンキ・ビラルの作品は大友克洋監修だったりもするのだ。 今や海外のアニメや漫画をふつうに見ることができる時代になっている。紹介したThomas LAMADIEUは漫画家ではないが、彼もそのような時代や文化の中で育ったひとりだろう。漫画とバンド・デシネ、似た文化を持つ国同士として、フランスと日本はお互いに影響し合い、おもしろい作品を生み [全文を読む]

フォーカス