大友克洋 童夢に関するニュース

タワレコ渋谷店SpaceHACHIKAIで『TRIBUTE TO OTOMO EXHIBITION』 6月3日(土)より開催決定!

PR TIMES / 2017年05月22日15時00分

日仏の作家総勢79人による大友克洋トリビュートイラストに加え、本邦初展示のイラスト含む大友克洋原画展示も! タワーレコード渋谷店では、世界的な人気を誇る漫画『童夢』『AKIRA』などの著者・大友克洋に影響を受けた日仏の作家79人によるトリビュートイラスト展『TRIBUTE TO OTOMO EXHIBITION』を、同店8階の催事場”SpaceHACHIK [全文を読む]

「これまた売り切れ確定じゃないか! 絶対欲しい!」大友克洋、『芸術新潮』7月号に新作マンガ掲載決定でファン大興奮

ダ・ヴィンチニュース / 2016年06月24日17時40分

『AKIRA』『童夢』といった世界的人気漫画を生み出し、世界中に多くのファンを持つ漫画家・大友克洋。2016年6月25日(土)発売の『芸術新潮』7月号にて、大友の新作漫画『悪いロボットも死んだら地獄に行くの?』が発表されることが明らかとなった。これには多くのファンが「なにぃぃぃ~大友の新作だとぅ!? 絶対買う!」「やばい! これは是が非でも欲しい」と大興奮 [全文を読む]

『AKIRA』から30年! 江口寿史、岸本斉史、松本大洋、貞本義行、浦沢直樹…超豪華作家80人が大友克洋ワールドを描き下ろす!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年12月21日17時00分

世界中に多くのファンを持つ大友克洋の代表作『AKIRA』から30年。世界の第一線で活躍する作家たちが、トリビュートイラストで大友ワールドを描き下ろした『TRIBUTE TO OTOMO』が2017年1月26日(木)に発売される。 【画像あり】詳しくはダ・ヴィンチニュースへ 同書は、フランスを代表する作家ブノワ・ペータースの序文に始まり、ヒメネス、士郎正宗、 [全文を読む]

渋谷PARCO建替え工事仮囲いを「アートウォール」として活用

PR TIMES / 2017年05月16日15時00分

漫画家・映画監督の大友克洋氏 2019年東京を舞台にした『AKIRA』株式会社パルコ(本部:東京都渋谷区、代表執行役社長:牧山浩三、以下パルコ)は、建替えのため一時休業中の渋谷PARCOの工事仮囲いを「アートウォール」として活用し、情報発信を行うことにより、公園通りエリアのにぎわい創出と来街者の増加に貢献いたします。世界的アーティストである漫画家・映画監督 [全文を読む]

ギャグ漫画家からストーリー漫画家へ転身!? 50男の漫画家リスタートは成功するのか?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年09月30日17時30分

なんかもうこの時点で「漫画のためのネタじゃないの?」と邪推してしまうが、漫画のオビにはあの大友克洋氏が「本人は確かにストーリーマンガを描くと言っています」と太鼓判。無論、オビに並んだ言葉を鵜呑みにするほどウブではないが、何はともあれ読んでみないことには始まらないのも確かだ。 本の内容を簡単に説明すると、ストーリー漫画でリスタートを考える中川氏が、第一線で [全文を読む]

仙台空港設置予定、大友 克洋先生陶板レリーフ作品題名「金華童子風神雷神ヲ従エテ波濤ヲ越ユルノ図」に決定

@Press / 2015年02月04日10時00分

1983年 第4回日本SF大賞(『童夢』)1984年 第15回星雲賞コミック部門(『童夢』)同年 第8回講談社漫画賞(『AKIRA』)2005年 フランス政府より芸術文化勲章シュバリエ2013年 日本国政府より紫綬褒章2014年 アニー賞ウィンザー・マッケイ賞同年 フランス政府より芸術文化勲章オフィシェ2015年 アングレーム国際漫画祭最優秀賞 [全文を読む]

押井守でも『攻殻機動隊』の世界観は壊せなかった......? 日本を代表するSFマンガが切り開いた道

おたぽる / 2014年11月27日01時00分

マンガでは大友克洋の『AKIRA』......と見せかけて、『童夢』をこれ見よがしに読んでみたり。「俺ってこんな難しい本読んじゃって特別~!!」なんて思っていたけれど、実に一般的な高校生のひとりだった。もちろんSF作品に通じていても、まったくモテなかったけど......。『攻殻機動隊』は、そんな時分に読んだ作品である。SFキッズたちにはたまらない作品だった [全文を読む]

フォーカス