大友克洋 映画に関するニュース

大友克洋が 『AKIRA』で的中させた2020年東京オリンピックの予知能力はヨーロパの人々も驚愕させていた!

おたぽる / 2014年03月18日18時00分

その名は大友克洋。彼の代表的な作品『AKIRA』の中である予言がされていたことが、日本から遠く離れたフランスでも話題になっていたので紹介しよう。 【KONBINI.COMより】 http://www.konbini.com/fr/culture/manga-akira-jeux-olympiques-tokyo/# 〜〜以下引用〜〜 2020年のオリンピッ [全文を読む]

トミカ・ストII・原哲夫・大友克洋と夢のコラボレーション!TOYOTA「C-HR」CROSSOVER THE WORLD総再生回数350万回越えの注目動画が遂にCM化!

PR TIMES / 2017年03月24日11時07分

本CMは「CROSSOVER THE WORLD」をテーマに、トミカやストリートファイターIIなどの人気コンテンツや「北斗の拳」の作者である原哲夫氏や「AKIRA」の作者である大友克洋氏と制作を進めた作品となっています。[画像1: https://prtimes.jp/i/23195/3/resize/d23195-3-675240-1.jpg ]CMカッ [全文を読む]

蒼井優、オダギリジョーと密室2人きりに“地獄”発言で「天国だろ」の声 近親相姦で新たなエロス開眼?

おたぽる / 2016年07月17日12時00分

「『蟲師』は、同名の人気コミックが原作なのですが、蒼井とオダギリのぎこちなさが画面を通じて観客に伝わってしまったのか、あるいは、04年に公開されたアニメーション映画『スチームボーイ』が惨敗して以降、『腕が衰えた』とささやかれていた大友克洋監督の手腕が冴えなかったためなのか、映画は原作ファンから酷評を受け、興行的にも振るわず。しかし、10年ぶりの共演となっ [全文を読む]

『パシフィック・リム2』制作決定!アニメシリーズも!“怪獣大好きおじさん“ギレルモ・デル・トロってどんな人?

おたぽる / 2014年07月25日23時00分

その後も大友克洋や押井守といった日本のクリエイターに大きな影響を受け続けたという。 監督デビューを飾った『クロノス』(1993年)は一風変わった吸血鬼譚、『ミミック』(97年)は遺伝子操作で生まれた新種の昆虫「ユダの血統」が出てくるなど、とにかく監督作品にはモンスターや幽霊がついて回る。 モンスターに対して愛情と祝福しか持たないと語るデル・トロ監督の想いが [全文を読む]

AKIRAを大音響で!爆音大友克洋開催。オールナイトで初公開作品も

FASHION HEADLINE / 2013年11月26日12時00分

東京・吉祥寺のバウスシアター(東京都武蔵野市吉祥寺本町1-11-23)は、12月7日から20日まで爆音で大友克洋作品を上映するイベント「爆音大友克洋2013~画面に埋め込まれた音、音の中の未来~」を開催する。 『アキラ(AKIRA)』の35mmフィルム版(11日、15日)及びデジタルリマスター版(7日、19日)、『メモリーズ(MEMORIES)』(18日、 [全文を読む]

大友克洋ら集結の映画『SHORT PEACE』サントラ盤リリース

okmusic UP's / 2013年07月23日00時30分

『AKIRA』の大友克洋をはじめとするトップクリエイターたちが集結し、2013年7月20日(土)より劇場公開中のオムニバスアニメ映画『SHORT PEACE』のサントラ盤が同日にリリースされた。【その他の画像】V.A.(アニメ/映画サウンドトラック)今作には、Minilogue、北里玲二、久保田真琴、七瀬光、石川智久、中村祐介、中村八大といった豪華アーティ [全文を読む]

「これまた売り切れ確定じゃないか! 絶対欲しい!」大友克洋、『芸術新潮』7月号に新作マンガ掲載決定でファン大興奮

ダ・ヴィンチニュース / 2016年06月24日17時40分

『AKIRA』『童夢』といった世界的人気漫画を生み出し、世界中に多くのファンを持つ漫画家・大友克洋。2016年6月25日(土)発売の『芸術新潮』7月号にて、大友の新作漫画『悪いロボットも死んだら地獄に行くの?』が発表されることが明らかとなった。これには多くのファンが「なにぃぃぃ~大友の新作だとぅ!? 絶対買う!」「やばい! これは是が非でも欲しい」と大興奮 [全文を読む]

10位に「風の谷のナウシカ」が―全巻読破.COM、2012年上半期に最も全巻読破されたコミックランキング100を発表【インターネットコム】

インフォシーク / 2012年07月02日16時21分

■2012年上半期 最も全巻読破された人気コミックランキング100◆第1位ONE PIECE(ワンピース) [1~66巻 全巻 最新刊] (著)尾田栄一郎◆第2位HUNTER × HUNTER(ハンターハンター) [1~30巻 全巻 最新刊] (著)冨樫義博◆第3位SLAM DUNK(スラムダンク) [1~31巻 全巻] (著)井上雄彦◆第4位僕等がいた [全文を読む]

人気アニメ“ここさけ”が中島健人主演で映画化!!

Smartザテレビジョン / 2017年03月15日05時00分

この成績は、完全オリジナルストーリーの劇場版アニメ作品としてはスタジオジブリ作品・大友克洋作品・細田守作品に次いで史上4番目という快挙(’15年11月時点)。“ここさけ”は、コミュニケーションにむずかしさを抱える若者たちが“歌うこと”を通して変わっていく姿を描いた青春群像劇。本音を言うことが苦手でやる気のない高校3年生・坂上拓実がある日、担任から「地域ふれ [全文を読む]

△特集:Kosuke Kawamura Interview

NeoL / 2017年02月28日03時43分

大友克洋の原画展のポスターやルミネ×エヴァンゲリオンのヴィジュアル制作を手がけるなど、コラージュ・アーティスト/グラフィック・デザイナーとして国内外で高い評価を得ている河村康輔。彼にとって、三角はモノ作りの原点であり、無敵のアイコンだと言う。キャリアから創作の姿勢までを聞いた。 僕は高校時代からSK8THINGさんが大好きで、ああ、これがグラフィックデ [全文を読む]

善戦する日本のポップカルチャーの裏で囁かれる2つの残念なこと

tocana / 2015年03月30日11時00分

ひとつ目は、2002年ごろから、ハリウッド映画化が進められていた大友克洋原作漫画『AKIRA』(講談社)がまたしても頓挫してしまったこと。 08年にはルアイリ・ロビンソン監督により公開が決まっていたが、制作が難航したことにより降板を発表。11年には『ザ・ウォーカー』のヒューズ兄弟が後任を務めることになったが途中でサジを投げてしまった。そして、3人目のジャ [全文を読む]

【チャンピオン】寺田克也氏(漫画家・イラストレーター)とのコラボレーションによるプロモーションを開始

PR TIMES / 2013年11月20日16時23分

参考URL: http://cacazan.com 【代表作】 「西遊奇伝大猿王」(漫画連載)、「ビバ・イル・チクリッシモ」(大友克洋合作イラスト書籍)、「BLOOD / THE LAST VANPIRE」(映画 キャラクターデザイン)、「ヤッターマン」(映画 キャラクター・メカニックデザイン)、「仮面ライダーW」(ドラマ クリーチャーデザイン)、「大王 [全文を読む]

「マジンガーZ」永井豪など日本人クリエイター、『パシフィック・リム』を大絶賛

ハリウッドニュース / 2013年07月10日14時05分

さらに、世界で一番影響を受けたクリエイターは宮崎駿と語り、押井守や大友克洋、高畑勲、樋口真嗣など多くの日本人クリエイター達との親交も深い。ハリウッド最先端のVFXを駆使してギレルモ監督が描いたアクション映像を、日本を代表するクリエイターたちも大絶賛している。「マジンガーZ」の永井豪氏は、「怪獣対巨大ロボットの激しいアクションに圧倒された。面白い! 巨大ロボ [全文を読む]

「こんなアニメが作りたい」 ハリウッドを嫉妬させた『AKIRA』の功績

太田出版ケトルニュース / 2017年02月22日14時07分

彼はおしそうにつぶやいていた〉 漫画の神様として知られ、日本のアニメに多大な貢献をした手塚治虫さんは、ジョージ・ルーカスのスタジオを訪れた際のエピソードを、1988年発行の『ユリイカ臨時増刊号 総特集・大友克洋』に寄せています。このとき、大友さんによる漫画版の『AKIRA』は、すでに海外でも翻訳出版され、話題となっていました。 ハリウッドの映画人も羨望した [全文を読む]

年内製作予定のハリウッド版『デスノート』はR指定!? 期待するファンはごく一部で「勝手にすればいいよ」

おたぽる / 2016年02月26日14時00分

士郎正宗氏の『攻殻機動隊』は、スカーレット・ヨハンソン主演で17年3月に全米公開予定、大友克洋氏の『AKIRA』(ともに講談社)は、三部作でクリストファー・ノーランが関わるかも……と、日本マンガのハリウッド実写化が進む中、忘れてはいけないのが『デスノート』(集英社)。先ごろハリウッド版『デスノート』より、期待できそうな続報が届き、ファンがざわついている。 [全文を読む]

映画『心が叫びたがってるんだ。』第37回 日本アカデミー賞 優秀アニメーション作品賞 受賞!

PR TIMES / 2016年01月18日15時15分

原作・原案を持たず、テレビシリーズ発でもない完全オリジナル劇場用アニメーション作品が興収10億円を突破するのは、スタジオジブリ作品・大友克洋作品・細田守作品に次ぐ、史上4番目のケースという快挙を達成。株式会社アニプレックス(本社:東京都千代田区、代表取締役:植田益朗、以下アニプレックス)は、劇場アニメーション作品「心が叫びたがってるんだ。」(監督:長井龍雪 [全文を読む]

『妖怪ウォッチ』ジバニャンも登場した福岡市動物園! 変動する福岡市のエンタメ系ショップ、ミニシアター事情

おたぽる / 2014年09月08日16時00分

しかし福岡市では、このところ短編については、松竹系作品の上映が多い中洲大洋映画劇場が救世主となりつつある(松竹が配給した短編としては、最近ではサンライズが企画した大友克洋監督の『火要慎』や森田修平監督の『九十九』などのオムニバス『SHORT PEACE』がある)。今年は水江未来監督の『ワンダー・フル!!』、なかむらたかし監督の『寫眞館』、石田祐康監督の『 [全文を読む]

森下悠里がパワードスーツを生着替え!SF映画『エリジウム』イベントが沸いた!!

おたぽる / 2014年02月05日22時00分

昨年公開されたオムニバス・アニメ映画『SHORT PEACE』内の『武器よさらば』(原作は1981年の大友克洋のマンガ)や、ライトノベル『All You Need Is Kill』(集英社)を原作としたハリウッド映画『EDGE OF TOMORROW』にも登場するなど、世はまさに"パワードスーツ・ブーム"のまっただ中。 ということで、イベントゲストの森下 [全文を読む]

この夏最強映画『パシフィック・リム』ギレルモ・デル・トロ監督&菊地凛子、来日決定

AOLニュース / 2013年07月08日12時40分

世界で一番影響を受けたクリエイターは宮崎駿と語り、押井守や大友克洋など多くの日本人クリエイター達との親交も深い、自他ともに認める"ハリウッドNo1の日本オタク"としても知られているデル・トロ監督。 本作に登場する巨大生命体(モンスター)の総称を"KAIJYU"と命名し、菊地凛子、芦田愛菜ら日本人俳優を起用するなど、日本へのリスペクト、そして深い愛情をもっ [全文を読む]

【衝撃】絶対秘密!「風の谷のナウシカ」の極秘情報10選 / 当初3つのラストシーンが存在した

ヨメルモ トリビアニュース / 2017年03月20日06時00分

メビウスの作品は、宮崎監督の他にも「AKIRA」の大友克洋監督や、「ジョジョの奇妙な冒険」で知られる荒木飛呂彦氏に多大な影響を与えているとのことです。 9. 風の谷のモデルは中央アジアの乾燥地帯 宮崎監督は風の谷のモデルとして「中央アジアの乾燥地帯」、腐海のモデルにはウクライナやクリミア半島のシュワージュという土地を挙げています。 また、作品中に「古エフタ [全文を読む]

フォーカス