押井守 画像に関するニュース

「Howling in the Night 2017―押井守、戦争を語る―」開催記念 「押井 守 電子書籍フェア」

PR TIMES / 2017年04月20日13時09分

対象書籍15作品を20%OFF&限定特典小冊子も![画像1: https://prtimes.jp/i/1227/811/resize/d1227-811-785353-0.jpg ]株式会社ブックウォーカー(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:安本洋一)では、2017年4月29日(土・祝)から電子書籍総合ストアBOOK☆WALKERにて、映画監督・押井 [全文を読む]

「友だちはいらない。(TV Bros.新書) 押井守/著」、新書サイズにて、4月30日(木)発売

PR TIMES / 2015年04月22日13時50分

(TV Bros.新書) 押井守/著」を発行します。 本書は、雑誌「TV Bros.」において、特集やインタビューなど、幾度となく誌面に登場している映画監督・押井守が、本当に大切な人間関係とは何かを改めて問う―― 、その内容を対談形式で読みやすくまとめた一冊です。 [画像1: http://prtimes.jp/i/6568/33/resize/d6568 [全文を読む]

P.IDL EXPO!2017と押井守氏の原作・総監修 作品「ちまみれマイ・らぶ」がコラボレーション!

PR TIMES / 2017年03月17日14時38分

「ちまみれマイ・らぶ」のプロジェクトを記念したスタンドアップソングをP.IDLのプロデューサーのDaisuke”DAIS”Miyachiがプロデュース!決定! [画像1: https://prtimes.jp/i/8674/18/resize/d8674-18-906475-0.jpg ] アニメ界のカリスマ 押井守氏が10年間温めてきた作品「ちまみれマイ [全文を読む]

友だちって本当に必要ですか? 鬼才・押井守が語る『友だちはいらない。』

ダ・ヴィンチニュース / 2015年04月23日17時30分

【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら 「マトリックス」のウォシャウスキー姉弟をはじめ、「キルビル」のクエンティン・タランティーノ、「アバター」のジェームス・キャメロンといった、多くの映像クリエイターに強烈な影響を与えた日本が誇る監督といえば、そう押井守である。彼が2015年4月30日(木)に発売する書籍、『友だちはいらない。』(東京ニュース通信社)が [全文を読む]

WOWOW 映画とノンフィクションで観る!鬼才・押井守の世界

PR TIMES / 2015年02月26日12時46分

[画像: http://prtimes.jp/i/1355/2596/resize/d1355-2596-436104-0.jpg ] 今月28日はWOWOWプライムにてアニメ・実写の枠を超えた映像センスで世界の注目を浴びる押井守を特集する。2012年10月より密着取材を開始した、最新作映画「『GARM WARS The Last Druid(ガルム・ウォ [全文を読む]

押井守氏らが登壇 ~世界はもはや「1984」の世界に突入している!ホロス2050未来会議「第1章 ホロス2050とは?/BECOMING(なっていく)」レポート

PR TIMES / 2017年06月01日13時02分

ゲストに映画監督の押井守氏、『WIRED』日本版編集長の若林恵氏を迎え、ケヴィン・ケリー氏が著書『<インターネット>の次に来るもの』の第1章 BECOMING(なっていく)で述べている「ディストピアは無法地帯というよりも息が詰まる官僚主義が支配している」という言葉を手掛かりに、我々はどうすれば明るい未来社会を築いていくことができるのか、ディスカッションが行 [全文を読む]

押井守氏、水口哲也氏らがテックとアートの未来占う:TOAイベントリポート

DIGIDAY[日本版] / 2017年03月03日09時50分

映画監督の押井守氏、ゲームクリエイター/大学教授の水口哲也氏、写真共有アプリ大手EyeEm CEOのゲン・サダカネ氏、東京大学素粒子物理国際研究センター 特任教授 山下 了氏など各界の有力者がテクノロジーとアートの未来を占った。 ゲン・サダカネ氏:一般人に画像の売り買いを 写真共有アプリのEyeEmクリエイティブ・ディレクター 兼 共同創業者のゲン・サダカ [全文を読む]

押井守監督待望の最新作 世界が認めるハイブリッ トアニメーション 『ガルム・ ウォーズ』

NeoL / 2016年04月21日06時11分

押井守、監督デビューから30余年。彼が構想15年をかけて異国の地・カナダで全身全霊を捧げて撮影した『ガルム・ウォーズ』。 かねてより「実写とアニメーションは融合して区別がつかなくなる」と提唱してきた押井は、『イノセンス』『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』など数々の作品を共にしてきた世界的アニメーション製作会社Production I.Gと [全文を読む]

押井 守 監督の最新作 映画『東京無国籍少女』インタビュー!!

PR TIMES / 2015年07月28日16時28分

クリエイティブなどのプロフェッショナル・エージェンシー事業を展開する株式会社クリーク・アンド・リバー社が運営するCREATIVE VILLAGEのインタビューコーナー「VILLAGE CAFE」にて、映画『東京無国籍少女』で監督を務める押井守氏にインタビューを行いました。 押井氏はTVアニメ『うる星やつら』や、アニメ映画『GHOST IN THE SHEL [全文を読む]

政治、軍事、アニメの話…世界のあらゆることに物申す! 映画監督・押井守が世相をぶった斬る!!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年06月12日11時30分

そしてこの作品で名前を知ったのが「押井守」という監督だ。【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら 押井監督を一躍有名にしたのは、この『うる星やつら』の劇場版第2作『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』である。中国の古典「胡蝶の夢」を題材に、作品の世界観を損なうことなく巧みに融合させたストーリーは出色で、今でも名作の呼び声は高い。さらに押井監督は『機 [全文を読む]

ハリウッド版「GHOST IN THE SHELL」エクスクルーシブ・イベントをBREAKER、パラマウント・ピクチャーズと共にプロデュース。

PR TIMES / 2016年11月21日17時24分

「攻殻機動隊」は士郎正宗の漫画原作として発表以来一躍脚光を浴び、これまでに押井守監督の映画「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」「イノセンス」をはじめ、神山健治監督が手掛けた「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」、黄瀬和哉監督の映画「攻殻機動隊 ARISE」など、コミック、アニメ、映画、ゲームなど様々なコンテンツで世界中 [全文を読む]

WOWOW「斎藤工×板谷由夏 映画工房」 押井守監督最新作の制作秘話に直撃!

PR TIMES / 2016年05月14日13時38分

WOWOWで放送されている映画情報番組「斎藤工×板谷由夏 映画工房」に、世界中のクリエイターに影響を与えた、日本アニメーションの鬼才・押井守監督が出演。構想から約15年、製作費20億円の最新作『ガルム・ウォーズ』の5月20日(金)の日本公開を控えている押井監督は、外国人俳優を起用したモントリオールでの制作エピソードやプロデューサーを務めたスタジオジブリの鈴 [全文を読む]

原産国・日本よりも海外が激おこ!? 『攻殻機動隊』実写版ビジュアルに「邦画はもっと酷いからもう慣れた」の声……

おたぽる / 2016年04月21日18時00分

押井守が監督の『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』(1995年)がビデオの売上で全米ビルボードの第1位を記録したことは有名だが、その後、神山健治が監督を務めたTVアニメ版、『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』(02~03年)、『攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG』(04~05年)も人気が高く、押井守監督の第2作目『イ [全文を読む]

【DVD/CDレンタル】 『東京無国籍少女』プレゼントキャンペーン実施

PR TIMES / 2015年07月06日13時11分

[画像: http://prtimes.jp/i/2581/267/resize/d2581-267-504476-0.jpg ] ▼押井守監督が、注目の若手女優・清野菜名を主演に迎えて描く実写サスペンススリラー。『東京無国籍少女』が7月25日(土)いよいよ全国ロードショー!DMMレンタルでは劇場公開を記念して合計37名様に本作の劇場観賞券や非売品の作品 [全文を読む]


【ムービープラス】2ヶ月連続企画!マッドマックス祭り シリーズ4作品に加え本邦初の貴重番組を6月10日(土)15:00から怒涛の連続放送!

PR TIMES / 2017年05月01日10時35分

そこで、ムービープラスでは「マッドマックス」シリーズ計4作品の一挙放送に加え、2016年にフランスで制作・放送された貴重なドキュメンタリー番組「マッドマックス 11人が語る爆炎世界(バーニング・ユニバース)」を、6月10日(土)に日本初放送でお届けします!この番組は、監督のジョージ・ミラーはもちろん、「パシフィック・リム」のギレルモ・デル・トロ監督をはじめ [全文を読む]

【独占撮影】スカーレット・ヨハンソンさんがAERA表紙に登場!撮影は蜷川実花。

PR TIMES / 2017年03月31日19時59分

中面では、攻殻機動隊の劇場版アニメを手掛けた押井守監督のインタビューも収録。香港での撮影現場にも立ち会ったという押井監督は、ハリウッド版との決定的な違いを指摘しています。 SFの世界を現実のものにする最先端の研究現場も取材しました。作中に出てくるテクノロジーに人類はどこまで 迫れるのか。体が透明になるマントや「筋電」から意図した動きを察知する義手などをご紹 [全文を読む]

大人気アプリの「コンセプトフィルム」が完成披露試写を実施!

WomanApps / 2016年03月24日19時00分

3Dバトルと、ドラマティックなストーリ-、押井守氏が手がけたオープニングムービーが人気を呼んでいます。抽選で150人が試写イベントに行ける!「ファントム オブ キル ーZEROからの反逆ー」は、これまで明かされていなかった「ファントム オブ キル」の前日譚を描く大型プロジェクト「プロジェクトZERO」の1つとして制作されました。六本木ヒルズアリーナで開催さ [全文を読む]

「ロボットの王国」プレイベント 世界初公開!高さ約9mの実物大『パトレイバー』がハウステンボスに登場!映画で使用された小道具やパネル展示も

PR TIMES / 2016年03月08日11時03分

そのアニメシリーズを手掛けた押井守を監督に迎えた実写プロジェクトが『THE NEXT GENERATION パトレイバー』である。2014年4月より上映を開始した全7章シリーズを経て、その到達点ともいえる長編劇場版では“全高約9メートルの警察用ロボット”という唯一の空想を除いて、我々の現実となんら変わらない日常を背景に、突如起こるテロと対峙する警察組織の [全文を読む]

―食べろと囁くのよ、私のゴーストが…―6月20日全国公開の映画、『攻殻機動隊 新劇場版』が「宅麺.com」と全国人気ラーメン店とのコラボラーメン企画を実施!!

DreamNews / 2015年06月04日15時00分

1995年に押井守監督が長編アニメ映画『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』を発表し、ジェームズ・キャメロン(『アバター』)やウォシャウスキー姉弟(『マトリックス』)をはじめとする世界中のクリエイターに影響を与え、SF映画の映像表現に革命を起こした。そして、2015年。“攻殻”生誕25周年記念作品として完全新作の長編アニメーション映画『攻殻機 [全文を読む]

フォーカス