俳人 正岡子規に関するニュース

作家・島田雅彦・平野啓一郎がひもとく 道後・松山の魅力

PR TIMES / 2014年06月26日14時38分

さらにコメントゲストに、松山市出身の俳人・神野紗希を迎えます。 ●文豪を癒やした道後の湯 夏目漱石が小説「坊ちゃん」の中で、「温泉だけは立派なものだ」と讃えた道後温泉本館は、今年で改築120周年の大還暦を迎えます。松山出身の正岡子規が、神経衰弱だった漱石に「道後温泉にでも遊びに行くつもりで松山に赴任せよ」と助言したというエピソードも。そんな道後のお湯に浸か [全文を読む]

【プロ野球】「俳句の日」に考える、俳句と野球の深淵なる関係 ~小石博孝(西武)、巨泉、正岡子規、俳句甲子園~

デイリーニュースオンライン / 2016年08月21日16時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■「二人きり いつも以上の 心臓音」 現役プロ野球選手のなかで、球界きっての俳人、といえば西武の小石博孝だ。 俳句好きになったのは鶴崎工時代、国語の授業で「伊藤園 お~いお茶 新俳句大賞」に俳句を応募したのがキッカケ。各都道府県で5人選出される「都道府県賞」を受賞した。 ちなみにこのとき詠 [全文を読む]

第17回俳句甲子園全国大会 開催 8月22日(金)~24日(日)

PR TIMES / 2014年08月13日14時36分

第17回「俳句甲子園」記念シンポジウム 俳都松山宣言~十七音が世界を変える~ も開催 8月25日(月)正岡子規をはじめ著名な俳人を数多く輩出する俳句のまち・松山市では、8 月2 2 日(金) ~ 2 4 日(日) の3日間にわたり「俳句甲子園全国大会」が開催されます。全国19都市25会場にて開催された地方大会と投句審査に、29都道府県・87校119チームが [全文を読む]

種田山頭火がそっと打ち明けた2つの願いとは【漱石と明治人のことば158】

サライ.jp / 2017年06月07日06時00分

ほんとうの自分の句を作り上げることがその一つ、そして他のひとつはころり往生である」 --種田山頭火漂泊の俳人、種田山頭火が、解く術もない惑いを胸に、熊本・味取(みとり)の観音堂を出て一鉢一笠、行乞流転の旅に出たのは、43歳の折だった。胸奥から吐き出されるは、五・七・五の定型にも季語にもとらわれぬ、自由律の俳句。「分け入っても分け入っても青い山」山頭火は明治 [全文を読む]

「悟りとは、如何なる場合にも平気で生きている事である」(正岡子規)【漱石と明治人のことば83】

サライ.jp / 2017年03月24日06時00分

悟りという事は如何なる場合にも平気で死ぬる事かと思っていたのは間違いで、悟りという事は如何なる場合にも平気で生きている事であった」 --正岡子規 夏目漱石の親友で俳人の正岡子規は、すぐれた随筆家でもあった。上に掲げたのは、その随筆『病牀六尺』の中に書かれたことばである。 子規は、学生時代から結核を患っていた。肺を蝕んでいた結核菌はやがて背骨をも侵し、脊椎カ [全文を読む]

「科学は死骸の山の上に築かれた殿堂、血の河の畔に咲いた花園」~寺田寅彦【科学者の智慧 vol.13】

FUTURUS / 2016年11月17日10時00分

夏目漱石と親交が深く、随筆家、俳人としても名高い。東京帝国大理科大学教授時代に関東大震災調査を行い、理化学研究所研究員や東京帝国大学地震研究所所員を兼務した。 「あれ、寺田寅彦って随筆家じゃなかったっけ?」 そう思った人も多いかもしれない。 寺田寅彦は第五高等学校(熊本)時代の英語の恩師だった夏目漱石の縁で正岡子規に俳句を学び、上京後は『ホトトギス』の俳人 [全文を読む]

「五七五の小説工房」で俳句を公募! 俳人・堀本裕樹さんが選評後、田丸雅智さんがショートショート作品を紡ぐ【後編】

ダ・ヴィンチニュース / 2016年02月25日11時00分

しかも高校が正岡子規の出身校で、先輩には俳人の神野紗希さんとか佐藤文香さんがいたりするんですよ。なので「俳句にかぶれてます」という言い訳をして、ツイッターなどで句を作って発表しているんですが(笑)。俳句って心に引っかかった瞬間とか、今の気持ちを表現したい、というときに作りたくなるんですよね。堀本 はい、そうですね。田丸 それでこの前、ちょっと切ないなと思う [全文を読む]

激ウマなのに超健康食材!アンコウとアンキモの驚愕の効能…妊婦はNG?

Business Journal / 2017年02月16日06時00分

明治時代の俳人・正岡子規は、上京後に出身地の愛媛県では珍しい食材だったアンコウ料理を街角の飯屋で堪能しながら「あんかうに 一膳めしの 行燈(あんどん)哉」 と詠んでいます。ここでいう「一膳めし」は、死者に供する枕飯のことではなく、ご飯をおかわりなしの大盛りにして、おかずをつけて提供される簡単な定食のことです。●アンキモに豊富なビタミンA、妊婦は要注意 アン [全文を読む]

辞書の三省堂から、猫の句2400と猫に関する言葉や言い回しを集めた、猫尽くしのユニークな「国語辞典」新発売!

PR TIMES / 2016年11月21日10時45分

うまいにゃあ」こんなに晴れた日の猫が捨てられて鳴く 種田山頭火 「捨猫」64頁「放浪の俳人と言われた山頭火も、捨猫を見捨てられず、つらいにゃん」 [全文を読む]

『プレバト!!』夏井いつき先生 不登校生を自宅で熱血指導していた

WEB女性自身 / 2016年09月16日06時00分

俳人になる前の夏井さんは、中学校の国語教師だった。夏井さんが本格的に俳句と出合ったのは31年前、長女がおなかにいる産休のとき。書店でふと手に取った俳句雑誌への投稿がその始まりだった。 「句が入選して、黒田杏子先生が丁寧な解説を書いてくださったんです。本当にうれしくて弟子入りできたような気持ちになり、そこから真剣に俳句に取り組み始めました」(夏井さん・以下 [全文を読む]

『第18回俳句甲子園 全国大会』開催 2015年8月21日(金)~23日(日)

PR TIMES / 2015年07月28日17時50分

過去最大規模での開催!「俳都松山」の夏の風物詩 32都道府県・95校127チームの頂点を決める、高校生の熱い「ことばのバトル」 正岡子規をはじめ著名な俳人を数多く輩出する俳句のまち・愛媛県松山市では、2015年8月21日(金)~23日(日)の3日間にわたり、高校生がお互いの俳句の出来や鑑賞力を競い合う「第18回俳句甲子園 全国高等学校俳句選手権大会」が開催 [全文を読む]

プロ野球16球団構想 新4球団の名称、本拠地と親会社を推測

NEWSポストセブン / 2014年06月05日11時00分

もとより松山は、ベースボールを愛した俳人・正岡子規を生んだ地。子規は幼名「のぼる」から、「のボール=野球」という雅号を用いたのはあまりにも有名な話だ。これにあやかってチーム名はノボールズ。球団は女子ゴルフを主催するなどスポーツに造詣の深い、地元を代表する大企業・大王製紙にお願いしたい。 ◆北信越コマツゴジラーズ 北信越にも新潟、長野、群馬、富山、石川、福 [全文を読む]

世界の偉人たちの知られざる性癖

週プレNEWS / 2013年11月20日19時00分

さらに「柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺」でもおなじみの俳人・正岡子規も童貞容疑が濃厚だ。 「女とやったら負けだと思っている」と考えていた童貞原理主義系偉人も少なくなかった? (取材/コバタカヒト[Neutral]、尾谷幸憲) ■週刊プレイボーイ36号「12ページ特集 できる大人のピンク話のネタ大全」より 【電子版】http://wpb.shueisha.co. [全文を読む]

​海外サイトが選んだ「日本の有名な野球選手」がスゴい! 板東英二から正岡子規まで

AOLニュース / 2013年08月23日14時42分

極めつけは、まさかまさかのMasaoka Shiki(正岡子規)降臨! しかも画像が石碑(渋すぎ)!! 確かに、アメリカ発祥のベースボールを自らプレーし、また野球を題材とした俳句を数多く詠み残し、俳人にして野球殿堂入りも果たしている「野球の祖」ではあるが、この並びに入れるなんて自由すぎ! その他にも、妙にプロ野球ファンが好みそうないぶし銀なピックアップも [全文を読む]

フォーカス