漫画家 矢沢あいに関するニュース

新旧りぼんっこ大歓喜!1500個のふろくが見れちゃう「りぼんのふろく展」

しらべぇ / 2017年03月17日05時00分

アラサー世代が「これ持ってる!」と叫びたくなる懐かしの紙製ふろく(組み立てて作るタイプやノートなど)から、2001年の規制解除を受けて移行したモノふろく(ステーショナリーセットやアクセサリー、漫画家セットなど)まで、一つひとつじっくり見たくなる!ちなみに、来月号の付録は「ハイスペック☆ステショセット」。昔はそんなすごいもの、応募者全員サービスだった気が.. [全文を読む]

『X』『NANA』『ハンター×ハンター』……Twitter「♯今でも続きが読みたい未完の漫画」が話題

ガジェット通信 / 2017年01月18日21時00分

(小池一夫) — 小池一夫 (@koikekazuo) 2017年1月18日 漫画家の小池一夫さんは「ちょっと意味合いは違うけど、内田善美さンの新作が読みたい。心から」と、現在活動しておらず、過去作品の多くが絶版扱いとなっている漫画家内田善美さんの名前を挙げている。 ※画像はTwitterより引用。 [全文を読む]

青山剛昌、矢沢あい、CLAMP…作者が同じだからこそなせるワザ!? “作品を越えてリンクする漫画”

ダ・ヴィンチニュース / 2015年08月30日06時30分

【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら また、『こどものおもちゃ』は連載終了から10年以上が経った2010年、小花氏の漫画家デビュー20周年を記念して、同作者が連載を手がけているマンガ『Honey Bitter』(集英社)とのコラボレーション作品『Deep Clear』(集英社)が発表されて、話題となりました。こどちゃが終わり、もう会えないと思っていた紗 [全文を読む]

作品愛がスゴすぎる! 北欧女子オーサが見た「世界コスプレサミット2015」

ダ・ヴィンチニュース / 2015年08月05日17時30分

(※「全日本仮装大賞」みたいなノリですね) 審査員には、声優の古谷徹さんや前年優勝の前ロシア代表、アニメやゲームのプロデューサーなど多彩な面々が顔をそろえる中、『北欧女子オーサが見つけた日本の不思議』の著者であり、スウェーデン出身の漫画家オーサ・イェークストロムさんも、なんと「美少女戦士セーラームーンCrystal」セーラームーンのコスプレ衣装(協力:AC [全文を読む]

少女漫画家は「自分の日記を他人に見せる仕事」 創刊60年の『りぼん』が世代を超えて愛される理由

ウートピ / 2015年08月01日18時00分

ほかにも『天使なんかじゃない』(矢沢あい)や『ときめきトゥナイト』(池野恋)など、人気漫画家による作品が誌面を賑わせていました。主人公の恋愛に胸をトキめかせ、登場人物同士の絆に感動する――。乙女のバイブルともいわれる『りぼん』は、長きにわたって多くの少女たちの感受性を育んだ漫画雑誌といえるのではないでしょうか。前編では、少女たちから絶大な支持を得てきた『り [全文を読む]

ミス・ユニバース松尾幸実さん 快挙の陰に「いじめ体験」

WEB女性自身 / 2013年03月16日07時00分

モデルだけでなく漫画家もこなす異色の肩書を持つ松尾さん。さらに“日本一の美女”でありながら25年間彼氏がいないという彼女のキャラが話題を呼んでいる。「原因は、私が鈍感だからだと思います。いつも突然男性から『前、僕は君にフラれたから』と言われたりすることがあって……。私はフッたどころか『デートに誘われたこともないんですけど』と返すと『さりげなく誘ったりしたん [全文を読む]

フォーカス