詩集 谷川俊太郎に関するニュース

老舗出版社 銀の鈴社が“児童書・絵本・詩集専門の電子書籍ストア”開設!やなせたかし、谷川俊太郎、橋立悦子などの名作300作品を展開

@Press / 2013年11月22日11時00分

詩集・児童書の老舗出版社である株式会社銀の鈴社(代表取締役:西野真由美)は、2013年11月22日より、詩集・児童書・絵本の専門電子書籍ストアである「銀の鈴社 電子ブックストア」を開設することを発表しました。オープン時には井上靖の現存する唯一の詩集をはじめとする約300冊で展開し、順次EPUB3形式で電子書籍化してまいります。欧米では詩集が書棚にどれだけあ [全文を読む]

「これは単なるデザインではない」 谷川俊太郎×シラスノリユキ ~タイポグラフィアートとしての詩のカタチ~

PR TIMES / 2012年10月29日11時23分

1952年、第一詩集『二十億光年の孤独』出版。以後詩、エッセー、脚本、翻訳などの分野で文筆を業として今日にいたる。詩集に『21』、『ことばあそびうた』、『定義』、『日々の地図』、『世間知ラズ』、など、エッセー集に『散文』、『ひとり暮らし』、絵本に『ともだち』、『もこ もこもこ』などがある。 ◇シラスノリユキ氏コメント 「谷川俊太郎氏に紡がれた、数々の“コト [全文を読む]

詩人・谷川俊太郎が創作からモテまでを語った「どんな言葉にも“嘘”と“本当”が混じってるんです」

週プレNEWS / 2014年11月10日11時00分

本屋で立ち読みして、ちょっといいなと思ったらその詩集買うみたいなもんでしょう? でも今、みんな教科書でしか読まない(苦笑)。Jポップとかで歌詞が氾濫(はんらん)してるじゃない。あれはもう詩の一部分だからね。活字で行分けがあるなんてのはかったるくて、音が耳に入ってくるほうがずっといいんじゃないの、若い人は? ―先ほど週プレをめくっていただいてましたが、永遠の [全文を読む]

電子書籍サイト「コンテン堂」、谷川俊太郎や橋立悦子等、詩集・児童書“300冊”の電子書籍を配信開始!

@Press / 2012年12月19日11時00分

デジタルコンテンツビジネスを支援するアイプレスジャパン株式会社(代表取締役:齋藤 隆)は、2012年12月19日より、電子書籍サイト「ConTenDo|コンテン堂」において、詩集・児童書の老舗出版社である銀の鈴社(代表取締役:西野 真由美)のコンテンツを配信いたします。4月までに順次300冊をEPUB形式で電子書籍化します。優良コンテンツの普及促進のために [全文を読む]

『恐竜がいた』刊行記念、谷川俊太郎×下田昌克トークイベント開催

NeoL / 2016年10月07日07時13分

52年詩集『二十億光年の孤独』でデビュー、作詞、絵本、翻訳、映画脚本と幅広いジャンルで活躍し、82年『日々の地図』で読売文学賞受賞、10年『トロムソコラージュ』で鮎川信夫賞受賞他、受賞も多数。下田昌克とはアラスカで出会い、クリンギットインディアン、ボブ・サムの絵本をはじめ、いくつものコラボ作品を発表し続けている 下田昌克 1967年兵庫県生まれ。イラストレ [全文を読む]

第34回 現代詩花椿賞 伊藤悠子『まだ空はじゅうぶん明るいのに』に決定

PR TIMES / 2016年09月09日16時20分

(今回の選考委員は佐々木幹郎、小池昌代、池井昌樹、杉本真維子の4氏)現代詩花椿賞は、年度内(2015年9月1日~2016年8月31日)に刊行された詩集を対象に、4人の選考委員によって選ばれた最も優れた一冊に贈られます(過去の受賞作は別紙のとおりです)。受賞者の伊藤悠子氏には、資生堂より「特製香水入れ」ならびに100万円が贈られます。贈賞式は、12月上旬に行 [全文を読む]

詩人 谷川俊太郎の自選詩集『そして』 銀の鈴社より刊行 紙・電子書籍にて4月21日同時発売

@Press / 2016年04月21日10時30分

詩集・児童書の老舗出版社である株式会社 銀の鈴社(所在地:神奈川県鎌倉市、代表取締役:西野真由美)は、1974年より続くジュニアポエムシリーズNo.256として、詩人 谷川俊太郎の自選詩集『そして』を2016年4月21日に刊行することを発表します。本作品は、より多くの人に詩を楽しんでいただくために紙書籍に加えて電子書籍版を「銀の鈴社 電子ブックストア」より [全文を読む]

中国で最高賞を受賞した日本の国民的詩人、あなたはご存知ですか?―中国メディア

Record China / 2016年12月04日20時30分

実際には、谷川さんは1999年に中国に進出して以降も、詩集や絵本を次々に刊行しており、ノーベル賞受賞者を含む詩人の中で、印刷数、販売数はトップクラスだ。世界の詩壇における成果や中国語の世界での大きな影響力が評価され、2011年に、谷川さんは中国の詩歌の民間最高賞「中坤国際詩歌賞」を受賞。「中国の現代詩歌に一定の啓発を与え、詩人らの創作意欲を高めた」と評価さ [全文を読む]

子どもたちは読書離れしていない!絵本・詩集等 電子書籍購入で“紙書籍”プレゼント!『銀の鈴社 30周年記念キャンペーン』を7月末まで実施

@Press / 2016年05月24日11時00分

デジタルコンテンツビジネスを支援するアイプレスジャパン株式会社(代表取締役:齋藤隆)は、詩集・児童書の老舗出版社「銀の鈴社」の電子書籍購入で紙書籍がもらえる『銀の鈴社 30周年記念キャンペーン』を、電子書籍サイト「コンテン堂」モール内『銀の鈴社 電子ブックストア』にて2016年7月31日まで実施します。<キャンペーンサイト>https://contendo [全文を読む]

“詩”がゲームやTシャツになる!? 楽しみ方は本だけじゃない、現代的な“詩”って?

マイナビ進学U17 / 2016年04月08日12時02分

一体どんな作家なのでしょうか?■メディアが注目! 若手詩人の「最果タヒ」って?国語の授業で「詩」を習ったり、詩集を読んだりして、詩に興味を持った人もいるのではないでしょうか。日本の有名な詩人といえば、金子みすゞさんや谷川俊太郎さん、寺山修司さんなどがいますが、最近は“最果タヒ”という詩人が話題になっています。最果タヒさんは1986年生まれ、神戸市出身の若手 [全文を読む]

谷川俊太郎「鉄腕アトム」「スター・ウォーズ」を語る

Smartザテレビジョン / 2016年01月07日11時15分

谷川は60年を超える創作活動で、120冊以上の詩集を発表。詩以外にも作詞、脚本、翻訳などマルチな才能を発揮し、アニメ「鉄腕アトム」の主題歌の作詞や、漫画「スヌーピー」、絵本「スイミー」の翻訳も手掛けてきた。 番組ではまず谷川の半生を紹介。谷川は詩との出合いを、大学教授であった父にノートに書きためた詩を見せたことがきっかけと振り返る。 そして話題は谷川が3 [全文を読む]

詩人・谷川俊太郎が戦後70年を迎えた日本を語る

Smartザテレビジョン / 2015年08月15日19時01分

谷川は20歳の時に詩集「二十億光年の孤独」でデビューし、詩の他にも絵本や作詞なども手掛け、60年以上たった今でも精力的に創作活動を続けている。豊かな言葉でつづられた詩の数々は、世界中で翻訳され、国や世代を超えて支持されている。 そんな谷川が、昨今の出版不況を鑑みて「いくら作品を発表しても多くの人の目に触れなければ意味がない」との思いから、苦手だという密着 [全文を読む]

竹沢うるま写真展「Kor La」を開催

PR TIMES / 2016年09月16日14時29分

その他、詩人谷川俊太郎との写真詩集「今」、キューバ写真集「Buena Vista」などの著書がある。2014年ナショナルジオグラフィック写真賞グランプリ受賞。 http://uruma-photo.com/企業プレスリリース詳細へPR TIMESトップへ [全文を読む]

大注目女優「小松菜奈」写真詩集☆詩とファッションの贅沢コラボ

Daily Beauty Navi / 2014年11月12日15時00分

写真集としても、詩集としても、ファッションの本としても、いろんな楽しみ方ができる1冊。美しい装丁は、贈り物にもぴったり!物語性を大事につくられた本なので、読み終えたときには短編映画を観終わったかのような読後感があるはず。 かわいいものが好き、ストーリー性のあるものが好き。そんなあなたは、この本の世界観に浸って、感性を磨いてみませんか? 『雪の国の白雪姫/ [全文を読む]

佐々木俊尚氏 暗記するほど読み込み自分の血肉になった本紹介

NEWSポストセブン / 2014年04月28日11時00分

* * * 『二十億光年の孤独』(谷川俊太郎 著、川村和夫 翻訳、W.I.エリオット翻訳/集英社文庫)は書く仕事を目指したキッカケの詩集。作者が21才のときに綴った作品で、すでに60年あまり経過していますが、言葉のひとつひとつが鮮やかできれい。高校時代に買ったものはボロボロになってしまったので、改めて愛蔵版を買いました。もう暗記するぐらい読み込んでいるの [全文を読む]

フォーカス