小澤征爾 ベートーヴェンに関するニュース

小澤征爾×村上春樹 "『小澤征爾さんと、音楽について話をする』で聴いたクラシック" CD 4/24発売決定!

PR TIMES / 2013年04月10日12時43分

2011年11月に発売以来、クラシック・ファンのみならず、多くの人々に読まれつづけているベストセラー対談本『小澤征爾さんと、音楽について話をする』(新潮社)。村上春樹氏の膨大なLPコレクションを次々聴きながら、小澤征爾が録音当時の様子を振り返るという内容は、多くの読者の心をわしづかみにしました。 二人が聴き、語り合ったさまざまなレコードから、特に印象的だっ [全文を読む]

「サビだけ」100曲収録!着信音にも最適のクラシック・コンピレーション

dwango.jp news / 2015年11月18日18時00分

演奏者は、カラヤン指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、小澤征爾指揮ボストン交響楽団、ベーム指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ショルティ指揮シカゴ交響楽団、デュトワ指揮モントリオール交響楽団、シャイー指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団など、超一流アーティストの名演となっている。 【収録曲】 1.ベートーヴェン:交響曲第3番《英雄》~第1楽章 [全文を読む]

期間限定、999円でクラシック名盤・レア盤を!「クラシック名盤999 BEST & MORE」シリーズ第2期発売!

PR TIMES / 2012年08月29日09時34分

■「クラシック名盤999 BEST & MORE」シリーズ全200タイトル 第2期-第1弾50タイトル 2012年8月21日発売 完全期間限定盤 1CD:999円、2CD:1,980円、3CD:2,970円、4CD:3,960円(全て税込) 全50タイトル 1.TOCE-16114『プロコフイエフ:シンデレラ(全曲)他』アンドレ・プレヴィン[指揮]ロンド [全文を読む]

一夜限りの特別コンサート“「オーケストラがやって来た」が帰って来た!”12月11日(水)いよいよ開催 小澤征爾さん登場!

@Press / 2013年11月28日12時30分

山本直純さんの盟友であり、番組にもたびたび出演し多彩な企画をともに実現してきた小澤征爾さんも登場し、山本直純さんの遺したすばらしい音楽を楽しむ特別な一夜です。【コンサート概要】<日時>2013年12月11日(水)19時開演<公演内容>“「オーケストラがやって来た」が帰って来た!”<出演者(敬称略)>井上道義(指揮)、小澤征爾(友情出演)、宮田大(チェロ)成 [全文を読む]

世界的指揮者 佐渡裕氏が音楽への想いを語る『棒を振る人生 指揮者は時間を彫刻する』

@Press / 2014年10月16日11時30分

ベートーヴェンの「第九」、プッチーニのオペラ「蝶々夫人」、「ウエスト・サイド・ストーリー」と「キャンディード」、ラヴェルの「ボレロ」など数々の名曲、バーンスタイン、カラヤン、小澤征爾、朝比奈隆など名指揮者たちとのエピソードが満載! オーケストラが聴きたくなる!コンサートホールに足を運びたくなる!そんな音楽の魅力にあふれた一冊。 【目次】 第1章 楽譜とい [全文を読む]

ベルリン・フィル×ドイツ・グラモフォン録音100周年記念「世紀の名盤100」9月より発売決定!グッズが当たるアンケートをスタート!

PR TIMES / 2013年07月19日13時00分

現在も世界のクラシック音楽を牽引するベルリン・フィルと、ドイツ・グラモフォンが、この100年に生んだ作品から厳選した全100タイトルには、ニキシュ、フルトヴェングラー、カラヤン、アバド、バーンスタイン、小澤征爾などのスター指揮者との名演が並んでいます。 2013年9月18日の第1回発売30タイトルには、1913年、ドイツ・グラモフォンとベルリン・フィルの [全文を読む]

天才ピアニスト、マルタ・アルゲリッチ来日!PR動画にも注目

Walkerplus / 2017年02月07日17時00分

また、今回の音楽祭では、世界的指揮者の小澤征爾氏との共演という“二人の天才による奇跡”も見逃せない。さらに水戸室内管弦楽団を迎え、室内オーケストラ・コンサートを開催。曲目はベートーヴェンのピアノコンチェルト第1番を予定している。 第19回「別府アルゲリッチ音楽祭」は、しいきアルゲリッチハウス、ビーコンプラザ(別府市)、iichiko 総合文化センター(大 [全文を読む]

没20年・生誕88年記念「黛敏郎メモリアルシリーズ(全3回)」開幕! Vol.1コンサートは4月5日豊洲にて開催

DreamNews / 2017年02月03日13時00分

(同シリーズは、2015年4月までに13回開催)1973年小澤征爾指揮のベルリン・フィル定期演奏会に出演の他、ヨーロッパの各フェスティヴァルに出演。1974年文化庁在外研修員として西ベルリン、パリに留学。L.ラスキーヌ氏に師事。また、サウンド・スペース・アークのメンバーとして1978年以降国内のみならずアメリカ、ヨーロッパ等の主要音楽祭にも参加し、1983 [全文を読む]

早朝の“インテリア音楽”はクラシック!TOKYO FMのクラシック番組『SYMPHONIA』 欧州の貴重な音源など放送中

PR TIMES / 2012年04月25日12時48分

指揮者のアンドリス・ネルソンスは、1978年ラトビア出身で、2010年には小澤征爾氏の代役として、ウィーンフィル日本公演の指揮を務めた。2008年からバーミンガム市交響楽団の音楽監督でもある。 [全文を読む]

フォーカス