小澤征爾 ラヴェルに関するニュース

世界的指揮者 佐渡裕氏が音楽への想いを語る『棒を振る人生 指揮者は時間を彫刻する』

@Press / 2014年10月16日11時30分

ベートーヴェンの「第九」、プッチーニのオペラ「蝶々夫人」、「ウエスト・サイド・ストーリー」と「キャンディード」、ラヴェルの「ボレロ」など数々の名曲、バーンスタイン、カラヤン、小澤征爾、朝比奈隆など名指揮者たちとのエピソードが満載! オーケストラが聴きたくなる!コンサートホールに足を運びたくなる!そんな音楽の魅力にあふれた一冊。 【目次】 第1章 楽譜とい [全文を読む]

レディー・ガガ、テイラー・スウィフト、ジョニー・デップ登場!第58回グラミー賞授賞式3月20日(日・祝)夜7:30からリピート放送!

PR TIMES / 2016年03月16日17時46分

主な受賞結果としては、テイラー・スウィフトの「年間最優秀アルバム」を含む3冠獲得や、今回最多11ノミネートとなったケンドリック・ラマーの「最優秀ラップ・アルバム」など5部門受賞、そして小澤征爾が指揮した『Ravel: L‘Enfant Et Les Sortilèges; Shéhérazade(ラヴェル:「こどもと魔法」)』の「最優秀オペラ・レコーディ [全文を読む]

第58回グラミー賞受賞結果、テイラー・スウィフトが3冠

ハリウッドニュース / 2016年02月16日14時45分

日本人では小澤征爾が指揮を務めた「ラヴェル:子供と魔法、シェヘラザード(原題:Ravel: L’Enfant Et Les Sortilges; Shhrazade)」が最優秀オペラ・レコーディング賞を受賞。今回でグラミー賞にノミネートされたのは8回目で、80歳にして初めての受賞となった。また、俳優の渡辺健が主演を務めたミュージカル「王様と私」が最優秀ミュ [全文を読む]

「サビだけ」100曲収録!着信音にも最適のクラシック・コンピレーション

dwango.jp news / 2015年11月18日18時00分

演奏者は、カラヤン指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、小澤征爾指揮ボストン交響楽団、ベーム指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ショルティ指揮シカゴ交響楽団、デュトワ指揮モントリオール交響楽団、シャイー指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団など、超一流アーティストの名演となっている。 【収録曲】 1.ベートーヴェン:交響曲第3番《英雄》~第1楽章 [全文を読む]

【ホテル日航プリンセス京都】光と音が奏でる「チャペル・プリンセス ファーストコンサート」開催

PR TIMES / 2013年02月12日13時16分

小澤征爾が音楽監督を務めるサイトウキネン・オーケストラ、室内アンサンブル「パヴィメント・ジャパン」、「ストラヴァガンツァ東京」のメンバー。2011年6月、2枚目のアルバムとなる「The short story from Daddy」をリリース。これまでにチェロを松波恵子、イヴァン・シフォロー、堤剛の各氏に師事。室内楽を原田幸一郎、ラヴェル・クァルテット、練 [全文を読む]

フォーカス