小澤征爾 カラヤンに関するニュース

カラヤンが認めた天才ピアニスト、キーシン初の自伝。 『エフゲニー・キーシン自伝』 好評発売中!

PR TIMES / 2017年03月22日16時16分

以来、小澤征爾やカラヤンなどの有名指揮者やオーケストランと演奏をする。コンクールなど関係なくその桁外れの才能だけでデビューし、そして現在も成長し第一線を走り続けている現代では稀有なピアニスト。 [全文を読む]

クラシック・コンピの決定盤『ベスト100』シリーズにチャイコフスキーが登場

PR TIMES / 2012年04月09日17時09分

これらを演奏するのは、ロストロポーヴィチにカラヤン、小澤征爾、上原彩子など、クラシックの名門レーベルEMIクラシックスが誇る一流のアーティスト。まさに究極のチャイコフスキー・ベスト・アルバムです。ちなみに、今年もまたゴールデンウイーク期間に東京国際フォーラムほかで開催される、日本最大のクラシック・イベント「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」の今年のタイト [全文を読む]

『「マエストロ、時間です」~サントリーホール ステージマネージャー物語~』 サントリーホールの初代ステージマネージャーが語る、仕事、音楽、そしてホールができるまで 2月26日発売!

PR TIMES / 2017年02月21日15時59分

[画像1: https://prtimes.jp/i/4566/1479/resize/d4566-1479-820050-0.jpg ]「宮崎マー坊は、多くの音楽家を助けた男」(小澤征爾)ステージマネージャーとは、オーケストラにおいて、楽器の管理や手配、ステージのセッティングから、演奏者のケアなど、ステージのあらゆることに携わる仕事だ。 著者は、近衛管弦 [全文を読む]

村上春樹、ベルリンに「征爾さん」を訪ねる!月刊「文藝春秋」6月号に特別寄稿

@Press / 2016年05月11日14時00分

月刊「文藝春秋」6月号(5/10配信開始、¥880)に、村上春樹氏の特別寄稿「ベルリンは熱狂をもって小澤征爾を迎えた」が掲載されます。 今年4月、世界的な指揮者の小澤征爾氏が7年ぶりに名門オーケストラ、ベルリン・フィルを指揮してベルリンの聴衆を熱狂させました。その模様を村上春樹氏が20ページ以上にわたって綴っています。 また、リハーサル風景、控え室での会話 [全文を読む]

世界的指揮者 佐渡裕氏が音楽への想いを語る『棒を振る人生 指揮者は時間を彫刻する』

@Press / 2014年10月16日11時30分

ベートーヴェンの「第九」、プッチーニのオペラ「蝶々夫人」、「ウエスト・サイド・ストーリー」と「キャンディード」、ラヴェルの「ボレロ」など数々の名曲、バーンスタイン、カラヤン、小澤征爾、朝比奈隆など名指揮者たちとのエピソードが満載! オーケストラが聴きたくなる!コンサートホールに足を運びたくなる!そんな音楽の魅力にあふれた一冊。 【目次】 第1章 楽譜とい [全文を読む]

演奏の上達に本当に必要なことは何か? 『自分の音で奏でよう! ~ベルリン・フィルのホルン奏者が語る異端のアンチ・メソッド演奏論~』 本日発売!

PR TIMES / 2016年01月21日12時10分

15歳で小澤征爾指揮のトロント交響楽団と共演し、ソリストとしてデビュー。イギリス、カナダ、オランダ、ドイツなど各地でオーケストラや室内楽アンサンブルの活動を行う。1985 年にカラヤン率いるベルリン・フィルハーモニー管弦楽団に入団、2016 年現在も活躍中。また、後進の指導にも熱心に取り組み、ベルリン・フィル・アカデミーをはじめ世界各地の音楽大学でマスター [全文を読む]

「サビだけ」100曲収録!着信音にも最適のクラシック・コンピレーション

dwango.jp news / 2015年11月18日18時00分

演奏者は、カラヤン指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、小澤征爾指揮ボストン交響楽団、ベーム指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ショルティ指揮シカゴ交響楽団、デュトワ指揮モントリオール交響楽団、シャイー指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団など、超一流アーティストの名演となっている。 【収録曲】 1.ベートーヴェン:交響曲第3番《英雄》~第1楽章 [全文を読む]

ベルリン・フィル×ドイツ・グラモフォン録音100周年記念「世紀の名盤100」9月より発売決定!グッズが当たるアンケートをスタート!

PR TIMES / 2013年07月19日13時00分

現在も世界のクラシック音楽を牽引するベルリン・フィルと、ドイツ・グラモフォンが、この100年に生んだ作品から厳選した全100タイトルには、ニキシュ、フルトヴェングラー、カラヤン、アバド、バーンスタイン、小澤征爾などのスター指揮者との名演が並んでいます。 2013年9月18日の第1回発売30タイトルには、1913年、ドイツ・グラモフォンとベルリン・フィルの [全文を読む]

フォーカス