黒澤明 三船敏郎に関するニュース

ギラつく若き三船敏郎が疾駆する極上の追跡劇!黒澤明『野良犬』【面白すぎる日本映画 第3回】

サライ.jp / 2017年05月03日17時00分

文・絵/牧野良幸黒澤明の映画をひとことで言えばズバリ「面白すぎる映画」だろう。当時、黒澤映画がどれほど映画館を湧かせたか想像に難くない。僕の世代ならジョージ・ルーカスやスティーヴン・スピルバーグの映画、いやそれ以上であったと思う。『野良犬』はそんな黒澤明の1949年(昭和24年)の作品である。ヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞を受賞した『羅生門』や、『生きる [全文を読む]

【極秘】映画「スター・ウォーズ」の知られざる10の秘密 / 衣装は他映画の使いまわし

ヨメルモ トリビアニュース / 2017年03月22日06時00分

例えば、ダース・ベイダーのヘルメットは伊達政宗の兜のデザインを参考にデザインされ、スター・ウォーズは黒澤明の映画からかなりのインスピレーションを得て作られており、R2-D2、C-3POのモデルは「隠し砦の三悪人」に出てくる太平と又七なんだとか。 また、黒澤明の映画で有名な俳優・三船敏郎には、オビ=ワンまたはダース・ベイダーのオファーも届いていたそうです。た [全文を読む]

名優の知られざる素顔 『サムライ 評伝三船敏郎』が発売

ダ・ヴィンチニュース / 2014年02月14日12時00分

『羅生門』、『七人の侍』、『用心棒』など数々の黒澤明映画に出演し、海外の映画人に多大な影響を与え、「世界のミフネ」とまで呼ばれた名優である。 1997年1月の三船の葬儀には、スピルバーグの他にもアラン・ドロン、フランスのシラク大統領(当時)ら錚々たるVIPたちがその死を惜しむ声を寄せている。だが海外からの反応に比して、葬儀に集まった人数は一般の弔問客は約1 [全文を読む]

映画撮影でNGを連発した・加藤武 三船敏郎がくれた水に感激

NEWSポストセブン / 2014年03月15日16時00分

教職を辞して俳優の道を志して文学座に入団した直後から、俳優の加藤武は世界的巨匠の黒澤明監督の映画に出演し続けた。クロサワ映画で共演した、世界のミフネこと故・三船敏郎氏と共演したときの思い出について加藤が語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづる。 * * * 『蜘蛛巣城』『隠し砦の三悪人』『悪い奴ほどよく眠る』『用心棒』『天国と地獄』……、加藤 [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「草刈正雄」(4)今の草刈さんなら三船敏郎も狙える

アサ芸プラス / 2016年10月23日17時57分

ぜひ、黒澤明監督のリメイク作とか、男臭いドラマにどんどん挑戦してもらいたいな。 [全文を読む]

“あのCM”に出ると芸能界から消える!? 芸能界の怖いジンクスを話題の霊能者が斬る!!

ハピズム / 2013年06月18日13時59分

たとえばさ、これは恋愛じゃないけど、黒澤明だって、三船敏郎とコンビを組んでいた時は、輝いていたよね。でも、仲代達也になっったら、彼はいい役者だけど、どうもカリスマ性のようなものがなくなった。だから、コンビっていうのはすごく大切なんだよ。でも、相性の問題もあるよ。勝新太郎の場合、黒澤明との出会いがきっかけでトラブル起こして、俳優としてもパッとしなくなったし、 [全文を読む]

足立梨花「24歳でJKは無理」どころじゃない!? 人気俳優たちの“年齢ギャップ”配役事情

日刊サイゾー / 2017年02月10日07時00分

黒澤明の映画『生きものの記録』(1995)では、35歳の三船敏郎が70歳の老人役を演じた。ただ、これはメイクや衣装で工夫をこらしたものである。役者自身が素の姿をさらす場合はどうだろうか。 「2000年の映画『バトル・ロワイアル』では、撮影時に25歳だった山本太郎と安藤政信が15歳の中学生役を演じたことで話題となりました。16年に放送されたNHKの朝ドラ『べ [全文を読む]

6時間メイクで90代の役に!岡田准一「海賊とよばれた男」に早くも絶賛の声

アサジョ / 2016年12月07日10時14分

三船敏郎は、岡田と同じ35歳の時に黒澤明監督の「生きものの記録」(55年)で、原水爆実験の恐怖から逃れるために南米へ移住しようとするエネルギッシュな老人を演じ切り、小津安二郎監督の映画で数多くの老人に扮した笠智衆も30代から老け役をこなしていました。ダスティン・ホフマンが「小さな巨人」(70年)で120歳の老人を演じたのは33歳、ジェームズ・ディーンが「ジ [全文を読む]

『珍遊記』まさかの実写化で関係者が暴露する、超問題作の舞台裏「松山さん…なんで出たんだろ?」

週プレNEWS / 2016年03月05日09時00分

―監督から脚本について指示はあったんですか? お 「山田太郎は黒澤明監督の『七人の侍』の三船敏郎さんのイメージだから」って言われて、エーッと思いながら『七人の侍』を研究したんですが…全然参考になりませんでした(笑)。 今 現場でも監督には最後まで何も言われなかったから、いいのか悪いのかわからないままやってました(笑)。僕、撮影の日に面白いからいいやと思っ [全文を読む]

パリ・同時テロ事件の報を聞いて思う「窮鼠、猫をかむ」

メディアゴン / 2015年11月18日07時30分

黒澤明監督の映画「七人の侍」この映画でクロサワはアクション映画の監督として世界的名声を確固たるものにする。しかし黒澤はアクション映画だけを撮ったのではない。思想が込められていた。舞台は戦国時代の山間の僻村。村人たちは野伏せりの襲撃により収穫を簒奪され、娘をさらわれ、困窮に極みにいた。だが、百姓たちに野伏せりと戦う力も武力も無い。百姓たちは武力をアウト・ソー [全文を読む]

夏帆「私らしいお墓を建ててもらうことに憧れる」

Smartザテレビジョン / 2015年10月15日13時00分

今回、“掃苔人”を務める夏帆がその足跡に触れる人物は、俳優の三船敏郎、映画監督の黒澤明、女優の森光子と田中絹代、作家の開高健、劇作家の寺山修司といったいずれも一時代を築いたそうそうたる面々。 番組の企画を聞いた夏帆は「一時代を築いた方たちのお墓を巡る機会はなかなかないですし、お墓を通じて故人の人生をひもといていくなんて興味深い。ぜひ出演したいなと思いまし [全文を読む]

キアヌ・リーブス、ウィレム・デフォーとのおちゃめな初共演話を告白

Movie Walker / 2015年10月15日08時00分

「チャドたちは、千葉真一さん、三船敏郎さん、黒澤明監督など、日本の映画の影響を多分に受けている。日本こそ、アクション映画の発祥地だから」と興奮気味に話す。 すでに『ジョン・ウィック』は続編が決定している。「いま、トレーニングをしているんだ。良いストーリーができあがったと思う。できれば年内か、年明け、来年には撮影を開始だから1作目を日本のみなさんが気に入って [全文を読む]

『七人の侍』『生きる』の志村喬生誕110年記念展 フィルム上映も

太田出版ケトルニュース / 2015年08月12日06時27分

そして1943年、黒澤明監督の『姿三四郎』に出演し、以後、黒澤映画に欠くことのできない俳優として、20本以上の黒澤作品に出演。三船敏郎とダブル主演を果たした『七人の侍』、その題名どおり“生きる”ことの意味を問うた『生きる』、貧乏な酔いどれの中年の医者を演じた『酔いどれ天使』ほか、400本以上の映画に出演し、その演技は日本のみならず海外でも高く評価されている [全文を読む]

緊急追悼連載! 高倉健 「背中の残響」(8)断りを入れたクロサワ映画

アサ芸プラス / 2014年12月25日09時56分

「今までにない高倉健を見せましょう」 世界のクロサワと呼ばれた黒澤明は、自慢の絵コンテを広げて高倉に熱視線を送った。それは85年に公開される「乱」(ヘラルド・エース)のクランクインを前にして、歴史的な1コマであった。 ただし、高倉に用意されたのは主役の一文字秀虎(演じたのは仲代達矢)ではなく、4番手以下になる「鉄〈くろがね〉修理」の役。主演以外のオファーは [全文を読む]

「昭和ゴジラシリーズ」のアパレルアイテムを5月8日より予約受付開始 ~ゴジラ誕生60周年~

@Press / 2014年05月08日11時30分

※商品購入ページ: http://p-bandai.jp/fashion-net/c0006/c000609?rt=pr■商品特長ゴジラは本邦初のムービー・モンスターであり、黒澤明監督や俳優・三船敏郎と並ぶ、ハリウッドをはじめ海外で有名な日本の映画スターでもあります。そのゴジラが、2004年公開の『ゴジラ FINAL WARS』以来、実に10年ぶりに銀幕に [全文を読む]

フォーカス