後藤久美子 結婚に関するニュース

「モテる男」が選ぶ女には星占いの共通点があった!ホロスコープに見られる特徴とは?【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2016年09月14日10時15分

太陽と金星が45度アスペクトも多少似たような傾向があり、カーレーサー・アレジと結婚した女優・後藤久美子さん、俳優・石田純一さんと結婚した東尾理子さん、サッカー・長友佑都さんと婚約中の平愛梨さん、未婚の女優・石原さとみさんなどがいます。後藤さんは金星と火星が120度、石原さんも金星と火星が120度です。「モテ男」に仕事絡みで妻として択ばれるのは… [全文を読む]

宝生舞だけじゃない!? “美しい一般人”になった「消えた女優たち」の行く末

日刊サイゾー / 2015年06月22日18時00分

彼女の場合、典型的なトレンディドラマ女優だったので、既婚子持ちという実生活と、ドラマのキャラクターとの調整が難しいんです」(業界関係者) 古くは山口百恵、後藤久美子、最近では榎本加奈子や根本はるみなど、結婚を機に芸能界から事実上の引退をする者は多い。最近では、上戸彩が『アイムホーム』の撮影終了をもって産休に入り、無期限の活動休止を発表している。 「結婚出産 [全文を読む]

「メイサ殺す!」F1彼氏を"奪還"したあびる優 モナコ社交界デビューは大丈夫?

日刊サイゾー / 2012年03月10日08時00分

「F1レーサーと芸能人の結婚といえば、F1の人気絶頂期に活躍したジャン・アレジと結婚したゴクミこと後藤久美子。籍は入れてない事実婚だが、アレジの地元・フランスの大豪邸に3人の子どもと暮らし、多くの女性の憧れの存在となった。あびるといえば、深夜番組で幼いころの万引きをうっかり告白した騒動が記憶に新しい。F1レーサーの妻ともなればセレブが集うパーティーに頻繁に [全文を読む]

後藤久美子 愛息をオタマで叩いた!母明かすスパルタ子育て

WEB女性自身 / 2015年10月23日06時00分

(写真/AFLO)「久美子ですか? いまも元気にジュネーブで 専業主婦 をやっていますね」 そう語ったのは、後藤久美子(41)の実母。 その美少女ぶりと、歯に衣着せぬ発言で大人気だったゴクミが渡欧し、F1ドライバーだったジャン・アレジ(51)と事実婚を始めてから19年がたつ。長女・エレナ(18)、長男・ジュリアーノ(16)、次男・ジョン(8)の3人の子供に [全文を読む]

ウエディングパークが調査データで全面協力!お家でカンタンに”美花嫁”トレーニングができるDVDオスカープロモーション 「教育全集3 ウエディング編」を発売

DreamNews / 2015年06月11日11時00分

<DVD詳細>後藤久美子、米倉涼子、菊川怜、上戸彩、武井咲、剛力彩芽をはじめ、数万人のトップモデル・タレント・女優を育成したオスカープロモーションが、これから結婚式を挙げられる花嫁に向けて「魅せる花嫁」になるための究極の美のメソッドを DVD で伝授!! 商品名:オスカープロモーション教育全集3 「ウェディング編」 結婚式で“魅せる花嫁”になる方法(DVD [全文を読む]

42歳非モテ男と、18歳フィリピーナの壮絶すぎる国際結婚物語『愛しのアイリーン』

日刊サイゾー / 2016年06月22日19時00分

国際結婚というと、皆さんがすぐに思い浮かべるのは千昌夫とジェーン・シェパード夫人、梅宮辰夫とクラウディア夫人、川崎麻世とカイヤ夫人、後藤久美子とジャン・アレジ等の華々しい結婚ではないでしょうか。えっ、どれも古いって? 今回ご紹介する『愛しのアイリーン』は、1995~96年まで「ビッグコミックスピリッツ」(小学館)に連載されていた新井英樹先生による作品で、国 [全文を読む]

りえママはなぜ、宮沢りえと貴花田を結婚させなかった?

アサ芸プラス / 2014年10月02日09時59分

後藤久美子と並ぶ美少女としてブレイクしながら、まさかの「ふんどしルックのカレンダー」(89年)を発売し、そして200万部を売った「ヘアヌード写真集」(91年)と続く。 このいずれもステージママとして名をはせた“りえママ”こと、宮沢光子社長の仕掛けであったが、批判も多かった。まだ20歳にも満たない娘のお尻を、さらにヘアを披露させる。しかも、十分にトップアイド [全文を読む]

わが青春の“80年代アイドル”熱中時代!(3)「87年デビュー・立花理佐」

アサ芸プラス / 2016年03月31日05時57分

立花 最初は後藤久美子さんが予定されていて、実際、収録前の合宿に参加しているのも見かけました。ところが、何らかの事情で降板されて私になったんです。──中山美穂の出世作としてドラマの人気はすでに高かった。立花 でも‥‥正直なところ、あのドラマは下着姿になることも多いし、人の裸を目の前で見てしまうし、すごくイヤだったんです。でもイヤとは断れず、全力で頑張ろうと [全文を読む]

中山美穂に続いて雨宮塔子も離婚!憧れの「パリ暮らし」はなぜ不幸になる?

アサ芸プラス / 2015年08月24日09時59分

その一方で再婚率も非常に高く、こうした環境に身をおいていると、日本人に比べて離婚に対するイメージが違うのかもしれませんね」 いまや幸せなパリジェンヌ暮らしをしているのは、後藤久美子か中村江里子くらいか。女性の誰もが憧れるパリ暮らしを、きらびやかにエッセイで綴っていた雨宮だったが、実態は華やかなものではなかったようだ。(佐藤マコト) [全文を読む]

オダジョー主演『家族のうた』はなぜコケた? 春ドラマ徹底検証(後編)

日刊サイゾー / 2012年05月06日08時00分

『ママはアイドル!』では、旦那(三田村邦彦)の連れ子役の後藤久美子による、継母(中山)へ向けられる表情が凍りつくほど冷たく美しく、それがドラマのキモであり、最大の魅力でもあった。そういった観点からすると『パパドル!』の今後は、長女役の川島海荷の"冷たい演技"が握っているといっても過言ではないかもしれない。 余談だが、『ママはアイドル!』で長男役だった永瀬正 [全文を読む]

フォーカス