死産 大沢樹生に関するニュース

元光GENJIの大沢樹生長男との父子確率0%報道にネット騒然

秒刊SUNDAY / 2013年12月24日11時59分

実は新しい妻(早耶香)さんは昨年、不妊治療を行っており順調に生育しているように思えたが、5月31日に死産を報告。大沢だけでなく数々のファンからも悲しみの声が寄せられていた。子供の名前は「莉々生」ちゃんであった。これにより事実上、大沢の実の子供は存在しないこととなった。http://ameblo.jp/mikioism-0440/entry-11266169 [全文を読む]

大沢樹生、喜多嶋舞との長男が実子ではないと発覚~実父は奥田瑛二?石田純一?との驚愕報道

Business Journal / 2013年12月25日14時00分

また、大沢は08年に元モデルの女性と再婚したが、その女性との間に授かった子どもが死産。それらに思い悩んだ大沢が長男と今年2月にDNA検査をしたところ「父子確率0パーセント」だったという。 しかし、新潮の記事によると、性格や体型、死産だけが原因でDNA検査を受けたのではないという。喜多嶋との結婚時、泥酔して帰宅した彼女が「奥田瑛二さんがね、『君が産んだ子は、 [全文を読む]

大沢樹生の長男騒動、13年前から実子ではないと噂になっていた!

東京ブレイキングニュース / 2013年12月25日12時35分

その2年後に喜多嶋舞との衝撃的なデキ婚を果たすのだが、それが不運の始まりのようにまもなく離婚に虐待、再婚、死産という過酷な人生を歩むことになる。 今回の騒動を考えると大沢と喜多嶋が離婚する際、当初は大沢に親権を譲っている経緯も疑問符が付く。喜多嶋からすれば自分の子であることに間違いがないだろうが、大沢からすれば托卵されたに等しい。喜多嶋を信じて疑わなかった [全文を読む]

娘が死産だったと明かした大沢樹生 奇跡信じ病院探し回った

NEWSポストセブン / 2012年06月11日07時00分

5月31日、元・光GENJIで俳優の大沢樹生(43才)が、自身のブログで、妻の早耶香さん(28才)との約3年にも及ぶ不妊治療の末、身籠った長女が死産だったことを明かした。 「赤ちゃんに異常が見つかったのは4月の初めだったそうです。でも、ずっと奇跡を信じていたようです。そのまま妊娠した状態でなんとか赤ちゃんの治療ができないか、いろいろな病院を探して回ったとい [全文を読む]

大沢樹生・喜多嶋舞のDNA鑑定騒動、長男の父親候補に複数の有名俳優が浮上

メンズサイゾー / 2013年12月25日16時10分

また、大沢は08年に再婚した15歳年下モデルとの間に子どもを授かったものの、昨年5月に死産。「自分の遺伝子に問題があるのでは」と思い悩んだ大沢は、長男とともにDNA検査を受けることにした。だが、検査だけでなく「親子鑑定」もしたのは、彼に“ある疑念”があったからだという。 発売中の「週刊新潮」(新潮社)によると、結婚から3年ほど経った頃、深夜に喜多嶋が泥酔し [全文を読む]

大沢樹生、長男と血縁関係なし…DNA鑑定で暴かれた元妻・喜多嶋舞の“不貞”

メンズサイゾー / 2013年12月24日18時46分

さらに、大沢は08年に再婚した15歳年下モデルとの間に子供を授かったものの、昨年5月に死産。「自分のDNAに問題があるのでは」と思い悩んだ大沢は、今年2月に長男とともに病院でDNA検査を受けたという。 その結果は「父子確率0%」という思いもよらないものだった。双方の弁護士が話し合い、長男の親権は喜多嶋側に再度移行。しかし、喜多嶋は再婚相手との間に5歳の長女 [全文を読む]

16年間育てた息子は「托卵」だった!! 元光GENJI・大沢樹生の2ちゃんねるより数奇な悲劇

messy / 2013年12月24日16時10分

さらに、大沢の再婚相手は昨年妊娠したが、胎児異常のため死産となってしまう。長男は心の病の他に、難聴障害も抱えている。「自分の遺伝子に何か問題でもあるのではないか」と悩んだ大沢は、意を決して長男とともに病院に出向きDNA検査を実施、今年3月に海外の専門検査機関で得た結果を確認して驚いた。そこにはなんと「父性確率0%」と記されていたというのだ! つまり、16 [全文を読む]

喜多嶋舞「DNA裁判敗訴」で明らかになった実の父親はあのジュノンボーイ?

アサ芸プラス / 2015年12月04日09時58分

しかし妻が死産し、また喜多嶋との息子も心の病にかかり、大沢が『これらの原因は自分のDNAに原因があるのでは』と思い調べた結果、明らかに自分とは違うDNAが息子から検出されたのです」(スポーツ紙デスク) 大沢はもちろん、喜多嶋にとっても寝耳に水の衝撃的な鑑定結果だった。 喜多嶋は“あくまで大沢の子供”と主張したのだが、このほどの裁判で決着がつく形となった。こ [全文を読む]

大沢樹生・喜多嶋舞の托卵疑惑騒動で注目! DNAが人間の全てを決めるのか?

ダ・ヴィンチニュース / 2014年01月24日11時50分

実際に、大沢がDNA鑑定をするきっかけになったのも、長男の健康状態や2008年に再婚した現在の妻が身ごもった子どもが死産だったことから、自身のDNAに問題があるのではという疑念を持ったからだという。 こうしたDNA至上主義に警鐘を鳴らしているのは、ニューヨーク大学心理学科教授などを務めるゲアリー・マーカス氏である。氏は著書『心を生みだす遺伝子』(大隈典子訳 [全文を読む]

大沢樹生、長男ともに「99.9%親子」報道を否定?長男は「パパの子と信じてる」

Business Journal / 2014年01月08日01時00分

また、検査を受けた理由として、大沢と長男の性格や体型が似ていないことや、大沢が再婚した元モデルの女性との間に授かった子どもが死産するなどしたため、大沢が思い悩み、昨年2月に検査を受けたと報じていた。 大沢と喜多嶋はドラマでの共演を機に交際。その後、96年に「できちゃった婚」により結婚し、05年に離婚。2人の間にできた現在16歳になる長男が、今回の騒動の渦中 [全文を読む]

元NEWS・草野博紀と元光GENJI・大沢樹生、異色の“辞めジャニ”共演!!

サイゾーウーマン / 2013年02月23日09時00分

そんな大沢は昨年、不妊治療により夫人が妊娠したことを報告したが、結果死産してしまったことをブログで明かした。また9月には、喜多嶋との間にできた長男が「週刊文春」(文藝春秋)で、幼少期から喜多嶋に暴力を受けていたこと、離婚後には大沢から包丁を突きつけられるなどの虐待を受けていたことを告白し、メディアを騒がせた。その後、目立った活動報告はないため、5月のライ [全文を読む]

赤ちゃん 喋ることできぬから泣き声で怒り・恐れ・痛み伝える

NEWSポストセブン / 2013年01月24日16時00分

※女性セブン2013年2月7日号 【関連ニュース】さかもと未明 炎上コラムについて「波風立つのは覚悟の上」赤ちゃんのへそのゴマ気になった母 ガムを貼り、結局病院へ死亡したパンダの赤ちゃん 学術的資料として冷凍保存になるくわばたりえ 「子供が走り回るのが当たり前になればええ」娘が死産だったと明かした大沢樹生 奇跡信じ病院探し回った [全文を読む]

フォーカス