森鴎外 本名に関するニュース

現代だけじゃなかった!森鴎外も子供に『キラキラネーム』をつけていたことが判明!

しらべぇ / 2014年10月12日10時30分

森鴎外の子供がキラキラネーム 日本の明治・大正期の小説家として有名な森鴎外の子供は「於菟(おと)」、「茉莉(まり)」、「杏奴(あんぬ)」、「不律(ふりつ)」、「類(るい)」とのこと。これは先ほど例に挙げた現代のキラキラネームと一緒に並べても馴染んでしまいそうです。 なぜ、森鴎外はこの時代にこのようなちょっと変わった名前をつけたのでしょうか? その理由は [全文を読む]

いつの時代も童貞は……発禁処分となった“性欲的生活”――森鴎外『ヰタ・セクスアリス』| 連載第5回

ダ・ヴィンチニュース / 2015年07月18日11時30分

「愛おしき変態本」第5回は、1909年(明治42年)に発表された、森鴎外の『ヰタ・セクスアリス』(新潮文庫)をお送りする。作家と軍医という二足のわらじを履き続けた鴎外のプロフィールはこちら。【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら●もり・おうがい 1862年(文久2年)石見国津和野(現在の島根県鹿足郡津和野町)出身。本名は森林太郎。津和野藩主亀井家の典医を [全文を読む]

「皇帝」・「星凛」・「愛翔」・「煌人」・「永恋」・「愛莉」…あなたはいくつ読めますか?

マイナビ進学U17 / 2016年10月04日00時16分

有名なのは、文豪・森鴎外の子どもたちです。森鴎外の長女は「茉莉」(まり)と名付けられています。かわいらしい名前ですが、当時はかなり珍しい名前でした。また、長男は「於菟」(おと)、次女は「杏奴」(あんぬ)、次男「不律」(ふりつ)、三男「類」(るい)となっています。鴎外はドイツ留学の経験があり、その際に本名である「林太郎」(りんたろう)という発音が外国人には発 [全文を読む]

文豪・森鴎外は元祖キラキラネームだった!? 子どもの名前がすごいことに‥‥‥

tocana / 2013年10月28日19時33分

■森鷗外の子どもたち キラキラネームといえば、DQN親たちによる珍奇な名前のように思われているが、かの文豪・森鷗外の子どもたちの名前もかなり変わったものだったらしい。 長男からそれぞれ「於菟・茉莉・杏奴・不律・類」である。 強烈だ...。 キラキラネームの多分にもれず、まず読み方が分からない。そして、なぜこんな珍奇な名前をつけてしまったのか、命名の意図がま [全文を読む]

「お前は足の踏んでいる所を忘れたのか」(木下杢太郎)【漱石と明治人のことば117】

サライ.jp / 2017年04月27日06時00分

夏目漱石とも書簡のやりとりをしているが、歩みの手本としたのは軍医という官職に籍を置きながら文芸にも親しんだ森鴎外の行き方だったようだ。 専門は皮膚医学。細菌学研究の業績により、フランス政府からレジオン・ドヌール勲章も授与されている。 文/矢島裕紀彦 1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。著書に『心を [全文を読む]

フォーカス