太川陽介 ローカル路線バスの旅に関するニュース

太川陽介&蛭子能収がおくる大人気旅企画 土曜スペシャル『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』 待望のDVD化決定!

PR TIMES / 2013年12月27日16時38分

旅番組のセオリーを崩すスタンスや太川陽介のリーダーシップ、自由すぎる蛭子能収の行動など、想定外の展開が話題となり、人気企画に成長したこのシリーズ初めてのDVD化となります。 今回は太川&蛭子コンビ+マドンナのオーディオコメンタリー(副音声)付き、蛭子能収描きおろしイラストをDVDジャケットに使用するなど、ファンにはたまらない特典も満載となっておりますので [全文を読む]

『ローカル路線バス乗り継ぎの旅・特別編』出演者が判明 キャスト交代の布石か

しらべぇ / 2016年11月19日19時00分

太川陽介と蛭子能収、そして女性ゲストの3人が路線バスと徒歩のみでゴールを目指す人気シリーズだ。太川陽介のきっちりとした仕切りと蛭子の傍若無人な振る舞い、ハラハラ・ドキドキのゲーム性が好評。安定した視聴率を獲得している。■出演者を変更する特別編を放送そんな同番組の特別編が放送されることが判明。これはテレビ東京本社移転を記念したスペシャル企画で、蛭子・太川では [全文を読む]

太川・蛭子最後のバス旅は東北 見どころは車内の「座り位置」?

しらべぇ / 2017年01月02日06時30分

俳優・太川陽介(57)とタレント・蛭子能収(69)の名コンビが、テレビ東京系の看板バラエティー番組「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」を卒業。1月2日17時55分からの3時間スペシャルが最後となる。ふたりといっしょに旅をするマドンナに元おニャン子クラブの新田恵利(48)を迎え、冬の東北、福島・会津若松から秋田・由利本荘までのコースが発表されている。しらべぇ編集 [全文を読む]

新『ローカル路線バスの旅』、田中要次は「要注意」羽田圭介は「無言」で“壊滅的”コンビ?

サイゾーウーマン / 2017年04月02日10時00分

太川陽介&蛭子能収という名コンビのあとを受けて新たに選ばれたのは、ドラマ『HERO』(フジテレビ系)のバーテンダー役で一躍脚光を浴びた俳優・田中要次と、芥川賞作家・羽田圭介。2人は、3月25日に放送された『ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z』で、静岡・伊豆下田から愛知・知多半島までの乗り継ぎにチャレンジした。しかし、この組み合わせが思わぬ裏目に出たようだ。 [全文を読む]

『路線バスの旅』新旅人は田中要次&羽田圭介!太川陽介も声で参加

しらべぇ / 2017年03月18日07時00分

俳優・太川陽介(57)とタレント・蛭子能収(69)が卒業したテレビ東京系の看板バラエティー番組『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』は新たなメンバーを迎え、新シリーズをスタートさせることが明らかになった。■新シリーズ名は「Z」新シリーズ名は『ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z』。初回放送は3月25日(土)18時30分(テレビ東京ほか)に決定した。新たな旅人は、昨年1 [全文を読む]

太川・蛭子がまさかの『路線バスの旅』卒業宣言!ファンから落胆の声

しらべぇ / 2016年11月27日19時00分

(画像はローカル路線バス乗り継ぎの旅公式サイトのスクリーンショット)26日放送された『ローカル路線バス乗り継ぎの旅・特別編』内で、第1回から出演している太川陽介と蛭子能収が2017年正月の第25弾を以って番組を卒業すると発表。理由について太川は「一番の理由は沖縄しか残すところがなく、全部行っちゃってルートがない」と説明。かねてから指摘されていた高齢による体 [全文を読む]

「ローカル路線バス」一緒に旅をするなら太川と蛭子どっち?

しらべぇ / 2016年10月04日21時00分

■一緒に旅をするならどっち?蛭子能収の自由奔放な立ち振る舞いと太川陽介のリーダシップが人気の『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』だが、自分が一緒に旅をしているような感覚になっている人も多い。ちなみに、この番組の大ファンを公言している伊集院光は蛭子の振る舞いにいつも「こいつ殴りてえ」と考えながら全シリーズみているそう。しかし、一部の視聴者からは強烈な仕切りをみせ [全文を読む]

はいだしょうこ、美乳の谷間あらわなセクシー入浴ショット! 蛭子能収も視聴者もメロメロに

メンズサイゾー / 2016年06月27日17時00分

自由奔放な蛭子能収(68)&シッカリ者の太川陽介(57)コンビに「マドンナ」と呼ばれる女性ゲストを加えた3人が、限られた日程の中で路線バスだけを利用してゴール地点を目指す不定期放送の旅番組だ。その第23弾が25日に放送されたのだが、番組ファン以外にも嬉しい回になったようだ。 このところ目的地に到達できないことが続いていたため、「絶対にたどり着きたい」という [全文を読む]

【映画も公開】『ローカル路線バスの旅』の魅力をマニアが分析

しらべぇ / 2016年02月03日16時00分

同番組は太川陽介と蛭子能収、女性ゲストの3人が目的地まで3泊4日以内に路線バスを乗りついで向かう内容で、これまでに22回放送され、高い人気を持つ。人気の理由は、路線バスのみを乗りついで目的地に向かうという高いゲーム性と、バスがない場合は何時間かかっても歩くという「ガチンコ」性、そして出演者の個性と言われる。また、番組を通してその地域の路線バス事情を知ること [全文を読む]

「死んだほうがマシや!」過酷すぎるローカル路線バス旅で蛭子さんがブチギレ

アサ芸プラス / 2016年01月07日17時58分

今回は太川陽介と蛭子能収のレギュラーメンバーに加え、シリーズ最年少マドンナゲストとして南明奈が参加した。「バス旅といえば蛭子のゲス発言が毎回注目されますが、今回もゲストの南に絡むシーンが話題となりました。競艇好きの蛭子は、イメージキャラクターを務めていた南のことをよく知っていたため、『(競艇のイベントで)いくらぐらい貰えるんですか?』といきなり質問。困惑す [全文を読む]

太川&蛭子『バス旅」映画化決定も“視聴率低下”や“三船美佳起用”で大コケ必至か

デイリーニュースオンライン / 2015年11月10日16時00分

太川陽介(56)と蛭子能収(68)の凸凹コンビが出演する人気旅番組『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』(テレビ東京)が、2016年春公開で映画化されることが11月10日明らかとなった。ローカル路線バスだけを乗り継いでゴールへ向かうという、一風変わったコンセプトに加えて、しっかり者のリーダー・太川陽介と自由奔放キャラの蛭子能収によるグダグダな掛け合いが人気を博し [全文を読む]

金を払わずにアイスをタダ食い?テレ東の旅番組出演者の行動に視聴者ドン引き

アサ芸プラス / 2015年09月16日17時58分

「『ローカル路線バスの旅』は、太川陽介と蛭子能収に女性ゲストを加えた3人で、路線バスを乗り継ぎ目的地の到達を目指すという旅番組です。この番組がここまでヒットしたのは、チームの和を崩す蛭子のワガママっぷりにありました。しかし、彼は人気番組となったことで周りの目を意識してか、回を増すごとに言動が大人しくなっているのです。そのため、蛭子がテレビの予定調和を崩すシ [全文を読む]

太川陽介や蛭子能収、ちはるも大満足な手打ちそばと「そばがきコロッケ」

ぐるなび / 2014年01月07日00時10分

1月5日の「土曜スペシャル ローカル路線バスの旅 第16弾! 館山~会津若松 ふれあい珍道中」(テレビ東京系、土曜午後6時半)では、俳優で歌手の太川陽介さん、タレントのちはるさん、マンガ家でタレントの蛭子能収さんが栃木県を旅し、那須塩原市のそば店「生そば 冨陽」を訪れた。 今回のローカル路線バス乗り継ぎ旅は、千葉県館山市からスタートし、茨城県、栃木県、福島 [全文を読む]

テレビ東京「土曜スペシャル」人気企画「すごろく旅」「ローカル路線バスの旅」マピオン「ケータイ国盗り合戦」と連動

PR TIMES / 2013年08月01日16時16分

ゲーム内には「ローカル路線バス乗り継ぎ人情ふれあい旅」でおなじみの太川陽介&蛭子能収コンビのキャラクターも登場。過去に放送された高松~伊勢までの珍道中体験が楽しめます。 [全文を読む]

マピオン「ケータイ国盗り合戦」が、 テレビ東京「土曜スペシャル」人気企画「すごろく旅」「ローカル路線バスの旅」と連動 バーチャルすごろくゲーム「国盗りすごろく旅」を8/13(火)より提供開始

PR TIMES / 2013年08月01日11時11分

ゲーム内には「ローカル路線バス乗り継ぎ人情ふれあい旅」でおなじみの太川陽介&蛭子能収コンビのキャラクターも登場。過去に放送された高松~伊勢までの珍道中体験が楽しめます。 [全文を読む]

TVやDVDの一般人へのモザイク処理 番組価値を下げる例も

NEWSポストセブン / 2015年03月04日16時00分

太川陽介と蛭子能収が珍道中を繰り広げる『ローカル路線バスの旅』(テレビ東京系)は、“人情ふれあい旅”という副題が付く回もあるほど、一般人との交流がキーポイントの番組だ。本放送では滅多にないが、DVDではモザイクがかけられたり、一般人との触れ合いがかなりカットされたりしている。放送作家が話す。 「モザイク処理は、自主規制の面が大きい。たとえば、『ザ・ベストテ [全文を読む]

【ウラ芸能】マルシア、遅かった「告白」

NewsCafe / 2015年01月12日15時00分

年末の『ローカル路線バスの旅』(テレビ東京系)のわがままぶりが最悪でしたから、『うつとわがままは別』と同情の声はほとんどありません」デスク「『ローカル-』は、太川陽介(55)と蛭子能収=えびす・よしかず=(67)が、マドンナ役の女性出演者とガチ旅をする番組。すべてをスタッフではなく"旅人"自身で仕切るのがウリの人気番組だ」記者「タイトルどおり、路線バスだけ [全文を読む]

特製の自家製めんが特徴のラーメンに太川陽介が舌鼓

ぐるなび / 2014年01月06日19時10分

1月3日の「ローカル路線バスの旅 傑作選」(テレビ東京系、午前9時半)で、俳優の太川陽介さん、タレントでマンガ家の蛭子能収さん、タレントで女優の田中律子さんが埼玉県川口市の「ラーメン屋 桑原亭」を訪れた。 東京・西新宿から新潟市の萬代橋まで路線バスを乗り継いで旅をする3人は、東川口駅でバスを待つ間、昼ご飯を食べるために同店へとやって来た。同店は、鶏のあっさ [全文を読む]

フォーカス