プロゴルファー 森田理香子に関するニュース

森田理香子、14歳年上のトレーナーとの交際宣言報道後の反響は!?

ParOn.(パーオン) / 2014年10月03日20時34分

トレーナーとしての実績は確かで、プロ野球の巨人の高橋由伸や女子プロゴルファーの佐伯三貴を指導したこともある人物で、森田とは14歳年上だ。付き合い始めたのは2月からで、今年の3月からトレーナー契約を結んだという。 昨日の時点で、「ゴルフも一生懸命やって恋愛も楽しくしていきたい」 と自らの言葉で交際を堂々と宣言し、爽やかな付き合いであることをアピールしていた。 [全文を読む]


女子プロゴルファー 交際・結婚が成績に影響する例が多い

NEWSポストセブン / 2015年11月18日11時00分

プロゴルファー稼業は旅から旅で、コースと宿舎の往復の連続です。女子は練習を終えて宿舎に帰って汗を流すと、化粧し直すのが面倒だからと、コースから帰る途中のファミレスで食事をしたり、コンビニ弁当で済ませる者もいる。出会いなどは少なく、恋愛の対象者はキャディやコーチ、マネージャーかクラブメーカーの担当者、マスコミくらいに限られる。いわば“社内恋愛”しかないん [全文を読む]

森田理香子が見せた二つの表情

ParOn.(パーオン) / 2013年11月30日19時44分

リラックスしながら平常心で臨みたいという心境と、一方でプロゴルファーとして勝負するには勝ちたい、賞金女王になりたいという意欲――。この二つの心境が森田の表情からハッキリとにじみ出ていた。文・キム ミョンウ [全文を読む]

【2013賞金女王争い】Vol.2 苦悩を乗り越え、横峯さくらが1年11カ月ぶりV!

ParOn.(パーオン) / 2013年11月25日17時06分

「確かに、30歳になったらプロゴルファーを引退すると考えていた時期もありました。ゴルフをプレーすることは仕事をこなすこと、と感じていたこともありました。でも、ゴルフに対する考え方が変わったんです。ゴルフは選手生命の長いスポーツ。私は近い目標しか持たないタイプでしたが、改めて勝ちたいと思いました」 スイングの変化、そして気持ちの変化を経て臨んだ10年目のシー [全文を読む]

女子プロゴルファー窃盗逮捕 女子プロ界は賞金ゼロ8割超

NEWSポストセブン / 2012年12月02日07時00分

11月15日、山形県警は女子プロゴルファーの西村友希(23)を窃盗の容疑で逮捕した。西村は10月24日に県内のゴルフ場で行なわれていた企業コンペにゲストとして出場、そのロッカーで参加女性のクレジットカードを盗み、その後たびたび使用したために足がついたのだという。 西村はゴルフの名門・埼玉栄高出身で2008年のプロテストに合格。同期にはツアー2勝で今季賞金 [全文を読む]

球界自主トレ最大派閥「糸井ファミリー+熱男グループ」

NEWSポストセブン / 2016年01月28日07時00分

この自主トレには女子プロゴルファーの藤井かすみと森田理香子も参集している。2人は岡本綾子の門下生で、藤井は松中がキャディを務めたことなどで面識があり合同自主トレが実現しました」(ソフトバンク担当記者) ※週刊ポスト2016年2月5日号 [全文を読む]

女子プロゴルフ協会は競技外の醜聞に不寛容 金田久美子の例

NEWSポストセブン / 2015年03月24日07時00分

スザンヌ(28)と元福岡ソフトバンクホークス・斉藤和巳(37)の離婚で、不倫疑惑が報じられたのが女子プロゴルファーの上田桃子(28)。斉藤はすでに引退した身だから身を潜めていれば批判から逃げることもできる。むしろ影響が心配されるのは、現役選手である上田のほうだろう。なお、斉藤も上田も不倫については否定している。 独身同士の恋愛ならおとがめもないだろうが、今 [全文を読む]

若手女子プロゴルファーを継続的にサポート!日本女子プロゴルフ協会とメルセデス・ベンツの契約更新が決定

美容最新ニュース / 2015年02月25日13時00分

メルセデス・ベンツが支援する若手女子プロゴルファーも登場し、年間を通じた活躍に向け、熱く意気込みを語った。「メルセデス・ランキング」による選手たちの意識の変化を実感 LPGAオフィシャルパートナー契約では、年間の大会成績や出場ラウンド数をポイント化して最優秀選手を決める「メルセデス・ランキング(LPGA Mercedes-Benz Player of th [全文を読む]

「結婚で生まれた余裕」がもたらした横峯さくらの今季初V

ParOn.(パーオン) / 2014年11月23日20時33分

大王製紙エリエールレディスオープン(11月20~23日、香川県・エリエールGC、6428ヤード、パー72) やはり横峯さくらは“持っている”プロゴルファーなのかもしれない――。 米女子ツアーのQTに挑戦するため、今大会が最終戦の横峯。最後の試合だからこそ優勝で終えることができればどれだけ良い形なのかは、自身がよく分かっていた。 今季3度目の最終日・最終組。 [全文を読む]

【コメント集】西山ゆかり「いい経験になったと言える年齢でもないけれど」

ParOn.(パーオン) / 2014年08月31日18時41分

プロゴルファーなので体が資本だと改めて実感しました。来週はお休みして、(その次の週の)エビアンに出ます」 [全文を読む]

我が子をゴルファーに育てたい親 費用捻出のために節約生活

NEWSポストセブン / 2014年08月22日07時00分

背景にあるのは、男子では松山英樹や石川遼、女子では森田理香子に代表されるような若いプロゴルファーの活躍だ。松山や石川も幼少時代から親がつきっきりで指導したことはスポーツ番組などで広く紹介された。 彼らを見て子供もゴルフに興味を持ち、さらに親も「もしや我が子が第2の松山、森田になるかも」と、幼い頃からゴルフクラブを握らせる。だが、我が子のゴルフ上達に熱を上げ [全文を読む]

賞金王の直筆サイン入りキャディーバッグも当たる!

PR TIMES / 2013年12月05日09時17分

さらにWチャンスとして、3点ご購入かつ1回のお買上金額が5,000円(税込)以上のお客様は、2013年レギュラーツアーで賞金王となった松山英樹プロや森田理香子プロを含む男女人気プロゴルファーの直筆サイン入りキャディーバッグが当たるキャンペーンに弊社特設HPサイトより応募できます。ボールやティー、グローブ等の「消耗小物類」と呼ばれるものは、まとめ買いがお得と [全文を読む]

リコーカップ 選手・ギャラリーが一丸となってCO2削減に協力!

PR TIMES / 2012年11月26日10時02分

LPGAツアーチャンピオンシップ リコーカップ 横峯さくら、木戸愛、森田理香子やイボミなど、 トップ女子プロゴルファーとギャラリーが 環境省の推進するCO2削減運動「WARMBIZ」に協力! LPGAツアーチャンピオンシップ リコーカップでは、今年も環境省が推進するCO2削減運動ウォームビズの普及啓蒙活動に大会運営を通じて協力しました。全選手が積極的に趣旨 [全文を読む]

フォーカス