矢沢心 魔裟斗に関するニュース

【育児雑誌4誌が選ぶ子育てアワード】第7回 ペアレンティングアワード授賞式が開催!

PR TIMES / 2014年12月05日10時15分

安藤美姫さん、滝藤賢一さん、スザンヌさん、 北澤豪さん、魔裟斗さん&矢沢心さんご夫婦ほか、29のアワード受賞が決定!2014年で育児業界に影響を与えたタレントやアスリート、ヒット商品や出来事などの子育てトレンドを表彰する「第7回 ペアレンティングアワード」の授賞式イベントが開催され、「ヒト部門」5組・「モノ部門」20商品「コト部門」4項目、総勢29のアワー [全文を読む]

Kaepa 2015年秋冬シーズンからのイメージキャラクターを魔裟斗&矢沢心 夫妻に決定!

@Press / 2015年06月16日10時00分

伊藤忠ファッションシステム株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:石井 和則)が権利を保有するスポーツブランド「Kaepa」の、2015年秋冬シーズンからのイメージキャラターが元K-1世界王者 魔裟斗さんと女優の矢沢心さんご夫妻に決定しましたのでご案内申し上げます。魔裟斗さんは、K-1引退後も、タレント、スポーツ解説者として活躍の場を広げ、矢沢心さん [全文を読む]

矢沢心、夫婦ツーショット披露で「魔裟斗の方が巨乳」説が浮上? 黒ギャルビキニ姿に「レア」の声も

おたぽる / 2016年08月02日09時00分

先月28日、タレントの矢沢心が自身のブログに「とても健康的なお二人です」と、夫で元・K-1選手の魔裟斗とのツーショット画像を披露。「魔裟斗、現役時代よりもガタイ良くなってる!」「ブラのカップは、魔裟斗に軍配だろうな」などと、ネット上をざわつかせた。 ツーショット画像は、昨年10月から始まった、夫婦でレギュラーパーソナリティーを務めるラジオ番組『笑顔のミナモ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】安藤美姫「父親はいるけれどいない」「練習は夜中3時から」。質問集中に魔裟斗が途中退席も。

TechinsightJapan / 2014年12月04日17時20分

「ヒト部門」に於いてはスポーツ部門で安藤美姫と北澤豪、パパ部門では滝藤賢一、ママ部門ではスザンヌ、カップル部門では魔裟斗と矢沢心夫婦が受賞した。 北澤は今朝「(受賞を)辞退しなかったのか?」と奥さんに言われたと明かし、「まだまだ(家の中では)認められていない。父親としてのポジションを確立したい」とコメントした。そんな北澤とは対照的だったのが魔裟斗、矢沢心 [全文を読む]

元格闘家・魔裟斗本人出演、初の自宅でできるDVD付きトレーニングブックを発売!

PR TIMES / 2014年06月30日18時15分

奥さんの矢沢心さんも第1子出産後、このトレーニングを実践し、約20kgのダイエットに成功。本書では、トレーニングプログラム計20種を収録する他、全編本人が出演しているDVD付きで簡単に自宅でも実践できる内容です。企業プレスリリース詳細へPRTIMESトップへ [全文を読む]

貫地谷しほりは結婚も断念!?「占いにハマり過ぎた」芸能人が増加中

日刊大衆 / 2016年08月28日09時00分

ちなみにこの直居氏は芸能界に強い影響力を持っており、女優の藤原紀香(45)、現在はタレントとして活動する魔裟斗(37)と矢沢心(35)夫妻からも慕われているそうだ。 演歌歌手の仁支川峰子(58)は、2009年放送の『くちこみっ!大捜索2!! 本当に凄い(秘)占い師テレビ解禁スペシャル!!』(フジテレビ系)で、“西川峰子”から“仁支川峰子”へと改名した。19 [全文を読む]

【愛され妻シリーズ #02】これぞ理想の妻!夫が惚れ直す上手な「男の立て方」4つ

It Mama / 2016年08月18日22時30分

芸能人ですと、水嶋ヒロさんの奥さまで、2015年6月に第1子が誕生した絢香さんや、7年間の交際を経て2007年に結婚した魔裟斗さんの奥さま、矢沢心さんなどが当てはまるのではないでしょうか?拙著『結局、男って「あざとい女」に弱いんです。』の中でも、男性を上手に立てることができる女性こそ、男性がずっと一緒にいたいと思う女性であると述べています。前回は『愛され妻 [全文を読む]

吉岡美穂、夫・IZAMへの容赦ない攻撃で“恐妻家キャラ”復活のアップ開始

messy / 2015年10月01日18時05分

同企画には、彼らの他、魔裟斗(36)・矢沢心(34)夫妻、石田純一(61)・東尾理子(39)夫妻、森渉(32)・金田朋子(42)夫妻、モト冬樹(64)・由美夫妻が参加し、専門家らの質問によって「将来、離婚の危機がありそうな夫婦」が診断されることに。 質問に答えていく中、吉岡は交際当初を含めて一度もIZAMに対して謝ったことがない、と衝撃的な告白。また、「 [全文を読む]

フォーカス