山崎邦正 月亭方正に関するニュース

面白くてビックリ!?「落語家」月亭方正に称賛の嵐

日刊大衆 / 2017年05月13日11時05分

2013年に山崎邦正から改名した落語家の月亭方正(49)が、5月6日に出演した『ENGEIグランドスラム』(フジテレビ系)で落語を披露した。 番組でお笑いタレントたちが漫才やコントを披露していく中、方正は着物に身を包み、“はなし家モード”で登場。「えー月亭方正に改名しまして、4年半になりますけども、まったく浸透してないですね」と自虐調に話し出すと、「落語は [全文を読む]

山崎邦正こと月亭方正、ギャラダウンでも落語家転身の裏に「生活安定」の勝算

サイゾーウーマン / 2013年03月16日13時00分

11日に、東京で初となる冠がついた落語会『月亭方正 披露名の会』を行った、山崎邦正こと落語家・月亭方正。全国区のお笑いタレントの地位と名誉を捨て、居住地も地元・関西に変えるという無謀にも思える行動に出たが、月亭は落語家転身に「勝算」を見いだしているのだろうか。 すでに昨秋から拠点を関西に変えていたという月亭。「在京キー局のバラエティ番組に出演する際は、その [全文を読む]

なぜ立川志の輔は月亭方正に対して「業界のタブー」を犯したのか

まぐまぐニュース! / 2017年05月10日17時30分

山崎邦正は、「月亭方正」と改名し、以降、すべての仕事・芸能活動を落語家「月亭方正」としてやることになった。 19歳でテレビの世界に入り、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』などのテレビ番組で人気を博し、「山ちゃん」の愛称で親しまれていながらの決断だった。 そこまでの決意を持った方正が初めて落語に出会ったのは、39歳、芸人として20年目を迎えた年だっ [全文を読む]

山崎邦正は月亭方正になって拠点を関西に 一発屋芸人が駆け込む落語の世界

アサジョ / 2017年05月06日18時15分

「先陣を切ったのは、山崎邦正改め月亭方正でしょう。2008年から月亭八方を師匠に落語を勉強。2013年に、それまでは高座のときだけ使用していた方正に一本化しています。上方落語協会の会員にも名を連ね、落語の本拠地であり、故郷の関西に、家族4人でリターン移住しています」 その他にも2013年は、芸人の落語家転身が顕著だった。「R-1ぐらんぷり2013」で、ピン [全文を読む]

山崎邦正、ヘタレキャラを捨てたワケ

NewsCafe / 2014年11月07日17時00分

2013年1月1日から落語家「月亭方正」に改名したお笑い芸人の山崎邦正(46)。本来は「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」(日本テレビ系)のレギュラーメンバーとして、ダウンタウン軍団の一員となり、ヨゴレ役やスベリ芸で人気を獲得してきたのに、なぜ落語の道を選んだのか。 彼をよく知るお笑い番組の放送作家が言う。 「彼は有名になればなるほど、一般人からバ [全文を読む]

西村雅彦が「西村まさ彦」に改名 過去に改名で話題になった芸能人まとめ

しらべぇ / 2017年06月01日15時30分

(3)山崎邦正→月亭方正(画像はTwitterのスクリーンショット)「山ちゃん」の愛称で親しまれ、スベリ芸やイジられキャラとして活躍。2013年の1月に高座名の「月亭方正」に改名も、バラエティ番組ではいまだに山ちゃんと呼ばれることが多いようだ。(4)能年玲奈→のん写真はブログのスクリーンショット『あまちゃん』(NHK)で大ブレイクし、世間に大きく親しまれた [全文を読む]

落語ファン歓喜! 月亭方正オフィシャルサイトが登場

ガジェット通信 / 2016年07月31日15時00分

2013年からは芸名を慣れ親しんだ山崎邦正から、高座名『月亭方正』に改名してしまったほどの熱心ぶりだ。 今回、そんな彼のオフィシャルサイトが登場した。 http://www.tukitei.com/ [リンク] これまで情報を探しづらかった地方公演などもこれで一目瞭然。 また『落語会依頼・ご相談フォーム』では 少人数の会場から大ホール、お寺や神社での落語 [全文を読む]

矢口真里電撃離婚で「間男ネタ」を高座にかける噺家が急増中

NEWSポストセブン / 2013年06月02日07時00分

スポーツ新聞で報じられた若手落語家4人による落語会でも、月亭方正となった山崎邦正さんが演目に選んでいます。新人から名人と言われる師匠まで幅広い人が演じる噺ですが、このタイミングでこのネタを選ぶ場合、枕で直接、矢口さんの名前を出さずとも騒動を意識しているはずです(笑)」(前出の構成作家) とはいえ、この落語を単純に不倫は馬鹿だねで片付けてほしくないと、演芸場 [全文を読む]

ダウンタウン年末特番から”名物”が消える?蝶野正洋「もうビンタしない」の深層

デイリーニュースオンライン / 2017年09月10日21時00分

蝶野が言及しているのは、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』(日本テレビ系)の年末特番『笑ってはいけないシリーズ』での月亭方正(=山崎邦正・49)へのビンタ企画について。同企画は番組にとって名物コーナーであると同時に大晦日のお茶の間に欠かせない風物詩ともなっている。まさかの喪失に、残念がる声も多くあがっている。 「ああ見えて蝶野はまっとうな考えの常 [全文を読む]

「辞めへんでー」が聞きたい?SMAPファンが大晦日の「ガキ使」出演を熱望

アサ芸プラス / 2016年11月14日09時58分

しかも紅白とは違って、制作にジャニーズ事務所が関わる余地もありますから、SMAPのラストを飾る演出を存分に仕込むこともできそうです」 その「ガキ使」には、卒業を発表したという設定のもと、月亭方正(山崎邦正)が「山ちゃんは辞めへんでーっ!」と絶叫する定番ネタが人気だ。ファンの間にはこれを文字って、「SMAPは辞めへんでーっ!」という言葉を期待している人も少な [全文を読む]

「出会えた」「告白された」意外とバカにできない大人の恋のおまじない

ココロニプロロ / 2016年10月17日12時05分

美輪明宏さんの画像は恋の成就のみならず、悪運も退散してくれそう!(筆者の勝手なイメージです)他にも、ピンク色の画像、蝶や花の画像、山崎邦正(月亭方正)さんの画像なども良いと言われているし、「好きな人からLINEやメールが来る」「復縁できる」など、効果別の画像もあるようなので、ぜひご活用を。ところで、効果はどうだった? [全文を読む]

“いいとも”の聖地・スタジオアルタ「休業」で振り返る「放送禁止」事件簿

アサ芸プラス / 2016年03月21日09時57分

「トークのゲストが山崎邦正(現・月亭方正)。何も話題がなかったため、客席に話を振ったところ、ある男性が『いいともが年内に終わるって本当ですか?』と失礼な質問をタモリさんにぶつけたんです」 タモリは少しも動揺を見せずに番組を進行したが、「CMの間にその男性は退席させられ、代わりにクマのヌイグルミが置かれていたんです。都合の悪いモノは、画面から排除する。この“ [全文を読む]

意外と知らない!?今をときめく人気俳優たちの昔の出演作品!

日本タレント名鑑 / 2016年02月02日13時55分

第一話には飛び入りで参加した月亭方正(旧名:山崎邦正)さんが、暴れて確保される男性として登場。三話では水川あさみさんがひったくりにあう中学生という重要な役どころ、五話では小池栄子さんが補導されたギャル役で出演されています。 大人気ドラマ『のだめカンタービレ』で、向井理さんが二股三股当たり前の色男チェロの菊地君を演じていたのは、意外と知られていないようです。 [全文を読む]

黒歴史ついに解禁!? ELT・持田香織がアイドル時代のグラビア写真&コギャル映像を公開したワケ

メンズサイゾー / 2015年11月29日15時00分

さらに、そのVTRではお笑い芸人の山崎邦正(現・月亭方正/47)が司会をする『黒BUTA天国』で、持田が当時のヒット曲を鼻歌で歌い、別のタレントに当ててもらうというゲームに興じる様子も流された。「今回のVTRの中で衝撃的だったのは、『黒BUTA天国』のオープニングシーンで見せた持田さんの水着姿ではないでしょうか。ネット上には10代のころの彼女のキワどいハイ [全文を読む]

芸人ドラフト 有吉弘行、バカリズムらの1位指名は誰

Smartザテレビジョン / 2015年06月11日06時00分

【第1回】('09年4月23日放送)●指名者=有吉弘行(1位)おぎやはぎ・矢作兼、(2位)清水ミチコ、(3位)次長課長・河本準一、(4位)堀越のり、(5位)森三中・黒沢かずこ、(6位)蛭子能収、(7位)ムーディー勝山、(8位)雨上がり決死隊・蛍原徹●指名者=ロンドンブーツ1号2号・田村亮(1位)ブラマヨ・小杉竜一、(2位)ブラックマヨネーズ・吉田敬、(3位 [全文を読む]

「山ちゃん卒業」に対抗できる新企画「古賀ちゃんは辞めへんで~」|プチ鹿島の『余計な下世話!』

東京ブレイキングニュース / 2015年03月31日16時17分

山崎邦正(月亭方正)さんが番組を卒業するという発表があり、粛々とお別れの儀式が進む。降板の理由はよくわからないが、最後に長いメッセージを放つ。ワンマンショーも始まる。共演者をきょとんとさせる。 しかし最後に「山ちゃんは辞めへんで~」と絶叫して放送は終わる。今年も「無事」におこなわれた。もともとは視聴者へのドッキリだったというこの企画、回を重ねるほどバカバカ [全文を読む]

<「人志松本のすべらない話」の困難>普通のトーク番組にしない工夫が一番難しい

メディアゴン / 2015年01月16日02時02分

「ガキの使いやあらへんで」における山崎邦正(現・月亭方正)、「めちゃ×2イケてるッ!」におけるよゐこ・有野晋哉のポジションである。以前、「フジテレビ『すべらない話』が持つ致命的欠陥」でも書いたが、「すべらない話」という番組の致命的な欠陥は、「スベる」という形で笑いがとれなくなり、笑いがワンパターンになることである。「スベる」という失敗を犯しても、そのことを [全文を読む]

千原ジュニアが「粋な男になりたい」宣言!

Smartザテレビジョン / 2014年12月24日21時12分

また、中でも印象に残っているエピソードについて「(バイク事故に遭って入院しているとき)山崎邦正(現・月亭方正)さんがわざわざ悪魔の衣装を借りて病室に入ってこようとしてたら、トイレで着替えてるところを俺に見られてしまうっていう、面白くてそれも結果的に粋ですよね」と、当時山崎の粋な行動によって励まされたことを振り返った。さらに、これまでさまざまな先輩の粋な言動 [全文を読む]

改名するスマイレージの未来は「くりぃむしちゅー」か「ハッピーハッピー。」か……?

日刊サイゾー / 2014年10月03日09時00分

また、落語家になったのを契機に改名した“月亭方正”も、旧名の山崎邦正のほうが馴染みが深い」(同) 新グループ名は公募するとのことだが、今回のスマイレージの改名は、安定よりもリスクを取って、勝負をかけてきたということなのだろう。果たして吉と出るか、凶と出るか。 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】陣内智則がラスベガス現地入り! 間寛平やたむけん、月亭方正らがエール「お前は凄い!」

TechinsightJapan / 2014年09月14日14時25分

先輩の月亭方正(旧芸名・山崎邦正)からも「現場で観たかった~大阪から応援してるわ~」とツイートがあり、さらにNSC大阪校11期生で同期となるたむらけんじから「お前は凄い! 頑張って!」とエールが届いている。 9月7日には、東京ドームでSMAPのコンサートを観て刺激を受けたという陣内。それまで、米国での公演だけに言葉の壁が不安だと漏らしていたが「僕の挑戦が成 [全文を読む]

フォーカス