土地 墨田区に関するニュース

「土地情報レポートLite」 を期間限定で無料提供開始

@Press / 2015年04月16日17時45分

戸建住宅の地盤調査・建物検査を手掛けるジャパンホームシールド株式会社(所在地:東京都墨田区、代表取締役社長:斉藤 武司)は、地盤調査・解析実績が100万棟を突破したことを記念し、土地ごとの自然災害時の特性をまとめた「土地情報レポートLite」を2015年4月16日から8月末までの期間限定で無料提供します。 「土地情報レポート」は、自然災害時における土地の特 [全文を読む]

「地盤サポートマップ」に新データを追加しリニューアル

@Press / 2015年09月02日16時30分

戸建住宅の地盤調査・建物検査を手掛けるジャパンホームシールド株式会社(所在地:東京都墨田区、代表取締役社長:斉藤 武司)は、地域の地盤情報や生活に役立つ土地情報を地図上で閲覧できる無料のWebサービス「地盤サポートマップ」に、「駅の乗降客数」「バス停の位置」などの新データを追加し、9月1日より提供を開始しました。 ジャパンホームシールドでは、地盤調査・解析 [全文を読む]

東京の夏を涼しく演出 お寺で怪談を聴く「怪談の夕べ」に新企画

PR TIMES / 2013年07月02日15時22分

古くから伝わる怪談やその土地にまつわる話をプロの役者が一人語りや朗読劇で演じ、三味線の生演奏や、普段はあまり見ることのない日本古来の「鳴物」による演出で盛り上げます。 今年は新たな企画として、葛飾北斎ゆかりの寺「柳嶋妙見山法性寺」(墨田区)にて、「怪談の夕べ」の公演前に住職がお寺を案内する「開運参拝コース」(開運鈴守・妖怪弁当付)や、江東区のお寺ではプロジ [全文を読む]

"姥捨て特養"杉並区以外が距離をとる理由

プレジデントオンライン / 2017年05月19日09時15分

都市部で整備の土地を確保するのは難しいが、地方部であれば可能だ。今回、南伊豆町は土地を無償で貸し出している。特養の誘致によって、観光振興や雇用創出を見込んでいるからだ。 ところが「全国初」というこの取り組みは、まったく広がっておらず、現状では「日本唯一」となっている。なぜ杉並区は、頓挫が見込まれるこの計画を推し進めているのだろうか。 ■なぜ舟形町の計画は失 [全文を読む]

新「地盤サポートマップ」 サービス提供開始

@Press / 2015年06月05日16時15分

戸建住宅の地盤調査・建物検査を手掛けるジャパンホームシールド株式会社(所在地:東京都墨田区、代表取締役社長:斉藤 武司)は、地盤調査・解析実績100万棟突破記念の第2弾として、当社がこれまで解析した地盤の情報に加え、生活に役立つ土地情報を地図上で閲覧できる新「地盤サポートマップ」の一般公開を2015年6月より開始します。 ジャパンホームシールドでは、地盤調 [全文を読む]

情報サイト「住まいの安心研究所(スマ研)」オープン

@Press / 2017年06月13日16時15分

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/130747/img_130747_2.jpg 「住まいの安心研究所」は、住宅や土地の購入、建築、リフォーム等を検討している方向けに、当社が地盤調査・建物検査で培ってきた「安全・安心」という観点で、住まいについての情報を分かりやすく解説するWebサイトです。土地を購入する際に [全文を読む]

東京「この地名がアブない」(1)土地の高低感を失った都民

アサ芸プラス / 2012年03月27日10時58分

土地の高低感を失った都民 東京の地名からわかる危険なエリアを「地名に隠された『東京津波』」(講談社)にまとめ、このほど上梓したのは、谷川彰英筑波大名誉教授(教育学)。 開口一番、東京都の地震対策の不備について、こう不満をブチまける。 「防災というのであれば、家屋倒壊や火災のみならず、あらゆる可能性を想定して対策を立てなければならない。しかし、東京都は大き [全文を読む]

9階建ても登場 都心で多層階の家を仕掛けるパナホーム

ITmedia ビジネスオンライン / 2017年08月31日06時00分

特に土地の価格が高く、土地面積が狭い都市部での多層階化が進んでおり、東名阪の8都府県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、愛知県、大阪府、兵庫県、京都府)で全体の82.5%を占めるという。東京都だけでも1万3332棟と、30.6%を占めている。 東京23区では、全着工棟数は前年比1.3%増となっているのに対して、3階建ては前年比3.1%増、4階および5階は7 [全文を読む]

【 中古物件×リノベーション in湘南 】ひかリノベが湘南に3カ所目のショールームを開設

PR TIMES / 2016年12月03日10時29分

■ ショールームは湘南文化と親和性のあるカリフォルニア・スタイルを採用 ひかリノベは、「土浦であれば、戸建てと広い土地を中心とした太陽光発電リフォームプラン」「横浜であれば戸建て・マンション共にワンランク上のハイクオリティリノベーション」と、支店ごとにそれぞれの土地に合った住まいづくりを目指しています。 [画像1: http://prtimes.jp/i [全文を読む]

【HJ HJ EYE:6】中小企業のメッカ、ここにあり。

HANJO HANJO / 2016年09月28日08時37分

町工場というのはIT・ソフト産業などとは違い、土地や建物、機械をそろえるために初期投資がかかりますから、仮に景気が回復しても次々と創業するようなことはあり得ません。 中小の町工場が培ってきた基盤技術は、先人から引き継いできたものです。我々が生き残っていくことも含めて、次の世代に引き継いでいく義務があるのではないか、そんな思いで仕事を続けています。――浜野さ [全文を読む]

【中古物件×リノベーション】ひかリノベが神奈川県湘南に3店舗目の支店開設

PR TIMES / 2016年06月02日16時51分

総務省の平成25年度「住宅・土地統計調査」によれば、関東の空き家数は250万件にも及びます。空き家の増加は大きな社会問題の1つですが、ひかリノベはリノベーションで空き家の有効活用に取り組んでいきます。[画像1: http://prtimes.jp/i/12784/19/resize/d12784-19-299266-6.jpg ]■ 湘南という土地、そして [全文を読む]

SBSロジコム、大規模物流用地を大阪市住之江区で取得 -SBSグループ、関西圏初となる1万5千坪クラスの物流センター建設へ-

DreamNews / 2014年11月13日18時00分

SBSグループにおいて物流事業の中核を担うSBSロジコム株式会社は、11月13日、大阪市との間で大阪市住之江区南港南2丁目の土地、約2万5千m2(約7500坪)を取得する契約を締結し、12月中に引き渡しを受ける見通しとなりましたのでお知らせいたします。同用地には、2017年竣工をめどに新物流センターを建設する予定です。SBSグループにおいて物流事業の中核を [全文を読む]

自然災害における土地の特性がわかる『暮らしを守る「土地情報レポート」』の販売開始 ~地震時の液状化などの自然災害に対するレポート~

@Press / 2012年04月11日11時00分

戸建住宅の地盤調査、補強工事を手掛けるジャパンホームシールド株式会社(所在地:東京都墨田区、代表取締役社長:斉藤 武司)は、東日本大震災以降、住宅選びの際に関心が高まっている宅地の状況について、自然災害における土地の特性等をレポート形式にまとめた、『暮らしを守る「土地情報レポート」』を住宅・不動産事業者向けにリリースすることになりました。 ■『暮らしを守る [全文を読む]

両国駅「幻のホーム」が、ギョーザ専門店になるらしいので見てきた

Jタウンネット / 2017年07月14日18時00分

「行きたい!!」「なぜわたしのいない土地でーー」記者が訪れたのは、14日の昼下がり。3番ホームには人っ子一人おらず、まだ入ることすらできなかった。ここでは味の素冷凍食品の期間限定の公式ツイッター「イザ ギョーザ!」で、「ギョーザステーション」の模様をちらっと紹介する。 JR両国駅にギョーザフェアリーの銅像が設置されました。 #両国駅 #ギョーザステーション [全文を読む]

GW期間に開催されるローカルなお祭り4選

Walkerplus / 2017年04月19日19時00分

その土地の特徴が出る街のまつりは地元の人はもちろん、ほかの地域から訪れる人も笑顔になれる魅力が満載! ■ 第15回 両国にぎわい祭り “わがまち再発見! ―歴史も文化も盛りだくさん―”をスローガンに、両国の街の活性化とPRを目的とした祭り。名物のちゃんこの販売や、雅楽演奏、お囃子、墨田区の地元の物産販売などが行われる。 地元のお囃子連(国技館通り)。 回向 [全文を読む]

下町の職人魂が世界を変えた。墨田区の金型職人・岡野雅行の執念

まぐまぐニュース! / 2016年12月28日05時00分

ゲリラが出没する土地で、危ないから現地の案内役をつけたほどだった。 バナナ農園で、ちょっと形の悪いバナナをたくさんもらって、またジープで戻ってきて、そこいらにいる漁村の子供たちに一房あげると、すぐに奪い合いのケンカを始めた。すると漁村の村長らしき人が出てきて、子供たちからバナナを取り上げ、並ばせて順に配り始めた。 現地の子供たちはバナナなんてたくさん食べて [全文を読む]

これは欲しい!北斎の浮世絵ナンバープレート、墨田区が交付開始

しらべぇ / 2016年11月10日11時00分

名字の「葛飾」も、生まれた土地にちなむものだとされる。北斎との縁から墨田区は、11月22日に「すみだ北斎美術館」もオープンさせる。ナンバープレートで採用された「神奈川沖浪裏」をはじめ総数約600点の北斎作品や研究資料を所蔵する同館は、東京スカイツリーと並ぶ同区の新しい観光スポットになりそうだ。・あわせて読みたい→萌えキャラから超人気アニメまで! 導入が進む [全文を読む]

ARTESSIMO(R) BATER(アルテシモ バテル) 2016年9月12日(月)より分譲開始

PR TIMES / 2016年09月12日11時36分

~管理戸数1,695戸、入居率約99%を誇るアルテシモシリーズ~ 公示価格の上昇率都内第1位、土地の将来性が高い墨田区両国の好立地 株式会社グローバル・リンク・マネジメント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:金 大仲、以下グローバル・リンク・マネジメント)は、入居率約99%を誇る自社ブランド「ARTESSIMO(アルテシモ)シリーズ」の新物件、「ARTE [全文を読む]

東京都心で雨柱 千葉・佐倉50ミリ超

tenki.jp / 2016年08月24日14時07分

地下街へ水が流れ込むなど、低い土地での浸水の恐れがあります。帰宅時も、十分雨に気をつけてください。豪雨レーダー [全文を読む]

大型マルチテナント型「新杉田物流センター」が竣工-複数のお客様の、多様なニーズにお応えする高機能設備を配置-

DreamNews / 2016年02月04日15時30分

SBSグループにおいて物流事業の中核を担うSBSロジコム株式会社が横浜市から土地を取得し、2014 年12 月に着工した大型マルチテナント型物流施設「新杉田物流センター」(延床面積約12,000 坪)がこのたび完成、2月2日、現地にて関係者約100 名にお集まりいただき竣工式を行いましたのでお知らせします。SBSグループにおいて物流事業の中核を担うSBSロ [全文を読む]

フォーカス