東南アジア 女子旅に関するニュース

HIS”旅通信”、「シニア世代の海外旅行白書2015」を発表-シニア世代 男女707名の「海外旅行」に対する意識調査-

DreamNews / 2016年02月25日14時00分

海外旅行経験は平均5.2回、予算は28.9万円、最多訪問先の1位は東南アジア、憧れの旅行地1位は北欧、個人派/ハレ派/王道派/のんびり派の4つの傾向に分類できることなどがわかりました。商品企画開発からプロモーション活動まで、企業の顧客創造をアシストする株式会社コプロシステム(本社:東京都品川区、代表取締役:金田浩邦、以下コプロシステム)と株式会社エイチ・ア [全文を読む]

現地在住日本人がローカル情報を発信する旅サイト「TRIPPING!」が H.I.S. おすすめの東南アジア フリープランの販売促進をサポート!

PR TIMES / 2014年09月10日18時14分

第一弾は、セントーサ島&シンガポールツアー! 東南アジアの旅情報サイト「TRIPPING!(トリッピング)」(運営:(株)アイディー 本社:東京都港区 代表取締役:金沢 大基)は、株式会社エイチ・アイ・エス(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:平林 朗 以下 H.I.S.)の東南アジアにおけるフリープラン商品(往復の交通と現地の宿泊をセットにした商品)の販 [全文を読む]

まわりにいますか?チャレンジ精神旺盛で個性的…「パクチー女子」とは!?

Woman Insight / 2015年03月26日11時30分

パクチーを好きになったきっかけは「外食」と答える人が82.1%と圧倒的に多く、次いで「東南アジアへの旅行」(27.6%)でした。3番目に多かったのが「最初は苦手だったが、何度か食べるうちにハマった」(16.3%)。 考えてみると女子会でのエスニック料理の割合は高いし、気軽な女子旅で人気があるのは東南アジア! となると納得の結果ですね。 では、パクチーが好 [全文を読む]

学生が架空の旅行会社を設立!学生ならではの旅行プランをプロの前で発表!~キャリエールホテル旅行専門学校 旅行学科 卒業研究発表会~

@Press / 2015年01月16日10時30分

●「日本横断!~日本の自然・文化に触れよう~JAPAN For Muslim Visitors」 東南アジアからの旅行客増加に着目し、イスラム教徒のファミリー層をターゲットとした旅行ツアーを企画。 ●「日本横断 アニメ満喫旅」 日本アニメがブームとなっている台湾のファミリー客に向けた、少しマニアックな聖地巡礼の旅。 ●「癒しの女子旅♪~ドイツ&イタリア~ [全文を読む]

ドバイ「女子旅」が人気 治安の良さに加え砂漠の異国情緒も

NEWSポストセブン / 2014年12月21日07時00分

「みんながヨーロッパや東南アジアに旅行しているのをSNSで見て、珍しいところに行きたいね、という話でドバイを選びました。日本人にはなじみがない場所だから非日常感があり、開放的な気分に。世界一高いビルがあったり、1億円が当たる宝くじがあったりとバブルを知らない自分には驚きでした」(Bさん) 「デザート・サファリ(砂漠ツアー)というツアーに参加しました。ツア [全文を読む]

朝日旅行 特別企画 「6つのテーマでめぐるスリランカを深く知る旅」 仏教美術、自然、写真、周遊、女子旅、個人旅行のテーマ別にコースを設定

PR TIMES / 2014年09月16日15時42分

現在、東南アジアなどで信仰されている上座部仏教の起源はスリランカとされており、世界遺産でもある数々の仏教遺跡が残ります。また、インド伝承医学アーユルヴェーダを用いたエステなども盛んなことから、幅広い年齢層の観光客が訪れる注目の国となっています。 <6つのテーマでめぐる スリランカを深く知る旅> 1.商品の特徴 1)3月5日夕刻、金子典正氏(京都造形芸術大学 [全文を読む]

在住者イチオシのシンガポール土産〜ばらまき土産編〜

TABIZINE / 2015年03月08日07時30分

東南アジアのなかでも、旅行先として人気の高いシンガポール。淡路島とほぼ同じ大きさという小さな国土ながら、カジノやショッピングに歴史散策など、さまざまな楽しみがあります。 中華、マレー、インド系の人々が暮らす多民族国家のため、それぞれの文化が入り交じった華やかな雰囲気も素敵です。 近未来的な建物がそびえたつ一方、国内には緑溢れるナショナル・パークもたくさん! [全文を読む]

フォーカス