マレーシア 東南アジアに関するニュース

金正男暗殺事件に新展開(下)─捜査の現場で見た「非合法のインフラ」

Forbes JAPAN / 2017年03月10日12時15分

金正男暗殺事件の舞台となったマレーシアこそ、北朝鮮の非合法活動の主要拠点であり、機微な作戦に必要なインフラがそこにあった。2016年7月、エリトリア向け軍事通信機材密輸事件2016年7月、中東の空港で中国発エリトリア向けの貨物が押収された。45箱の貨物の中からは、高周波ラジオ、暗号化スピーカー・マイクロホンなど、軍事用途の通信機器類、カモフラージュ用バック [全文を読む]

金正男暗殺で動いた、東南アジアに潜伏する工作員たちの日常

Forbes JAPAN / 2017年02月24日17時00分

マレーシアだからこそ、北朝鮮は暗殺を敢行できた」そう語るのは、2016年4月まで5年間、国連安保理の北朝鮮制裁委員専門家パネルとして、捜査の現場に立っていた古川勝久氏である。経済制裁下にある北朝鮮。しかし、工作員は、なぜ自由に海外で活動できるのか。古川氏が緊急寄稿する。2017年2月19日、マレーシア警察は、金正男暗殺事件に関与した疑いで、4名を逮捕し、 [全文を読む]

金正男暗殺事件に新展開 マレーシア雇用主の正体(上)

Forbes JAPAN / 2017年03月08日17時45分

殺された金正男の長男が動画で声明を出す一方、マレーシアと北朝鮮は報復措置の応酬をエスカレートさせている。昨年まで捜査にあたってきた国連安保理の北朝鮮制裁委員会の元メンバー、古川勝久氏が新たな展開をレポートする。北朝鮮に心酔するマレーシア人次の言葉は、朝鮮中央通信に引用された、あるマレーシア人の言葉である。「金正日閣下が、人生の最後の瞬間まですべてを人民のた [全文を読む]

【フロスト&サリバン】東南アジアのEC市場が2020年に向けて成長拡大の見通し-ベトナム、インドネシアなどの新興市場の成長が加速へ-

DreamNews / 2016年09月05日12時00分

本分析ではB2CのEC市場を対象とし、東南アジアの6カ国(インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム)が含まれます。「東南アジアのEC市場は新興段階にありますが、デジタル化に伴い、急速に進化しています。東南アジアにおける中所得者層の拡大に伴う購買力の増加や、安価なスマートフォンの登場、デジタルに敏感な若い世代の台頭によるスマートフォ [全文を読む]

「近畿大学 マレーシア・サバ大学養殖開発センター」設立

PR TIMES / 2016年02月29日16時00分

近畿大学水産研究所、初の海外進出!近畿大学(大阪府東大阪市)は、マレーシア・サバ大学と共同で「近畿大学 マレーシア・サバ大学養殖開発センター(UMS・Kindai Aquaculture Development Center)」を設立します。本日、マレーシア・サバ大学にて、センター設立に伴う調印式を実施しました。【本件のポイント】● マレーシア・サバ大学と [全文を読む]

『決定版「ハラル」ビジネス入門』出版記念イベントのお知らせ

DreamNews / 2014年09月03日13時00分

マレーシア・ハラル・コーポレーション株式会社と株式会社ROIは、幻冬舎から9月2日(火)に刊行いたしました書籍『決定版「ハラル」ビジネス入門』の出版を記念して、9月17日(水)イベントを開催いたします。マレーシア・ハラル・コーポレーション株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役:アクマル・アブ・ハッサン、以下 MHC)と、株式会社ROI(所在地:東京都新宿 [全文を読む]

日立GE、東工大が協力してきた国際人材育成プログラムを2015年まで延長

JCN Newswire / 2014年09月10日18時04分

マレーシアで2013年から継続的に実施している原子力工学出張講座の第4回目を開催Tokyo, Sept 10, 2014 - (JCN Newswire) - 日立GEニュークリア・エナジー株式会社(取締役社長:武原 秀俊/以下、日立GE)は、国立大学法人東京工業大学(学長:三島 良直/以下、東工大)と共同で東南アジアなどにおける原子力分野の国際人材育成プ [全文を読む]

税金対策か海外逃亡か?GACKTの”東南アジア移住”に疑惑だらけ

デイリーニュースオンライン / 2016年11月29日10時05分

過去にはインドネシアの特撮ヒーローものの出演や、マレーシアのサッカー親善大使を務めるなどの活動実績はあるものの、それだけで生活が成り立つとは到底思えない。相変わらず生活の実態は謎に包まれたままです」(芸能記者) GACKTといえば、9月に逮捕された容疑者の手によって、投資詐欺に遭っていたことが報じられている。投資額は2億円に上るとされ、このためにGACKT [全文を読む]

中国の「南シナ海活動は2000年の歴史」という真っ赤なウソを検証

まぐまぐニュース! / 2016年07月26日04時45分

彼らの子孫は今日でも、中国南部の蛋民(たんみん)、ベトナムのダン族、フィリピンで「海のジプシー」と呼ばれるバジャオ族、マレーシアのバジャウ族、インドネシアのオラン・ラウトなどとして海上や沿岸部で何千年何万年前と基本的に同じ暮らし方をしている。 1950年代に米人類学者がフィリピンのミンダナオ島で出会った海民サマ族の女性は、生まれてから1度も陸地に上がったこ [全文を読む]

インスタグラム大国「マレーシア」 ネット人口の7割が利用中

Forbes JAPAN / 2017年01月15日11時00分

東南アジアで最もインスタグラムの人気が高いのがマレーシアで、ネットユーザーの73%がアカウントを所有。アジア太平洋地域でナンバーワンとなっている。現地のインスタグラム・セレブの代表にあげられるのが、ブロガーでファショニスタのVivy Yusofだ。彼女は東南アジアのデザイナーによるファッション商品を取り扱うサイトFashion Valetを立ち上げた。商品 [全文を読む]

【堺屋大地のドライブデート必勝テク9】<番外編>モテるための自己投資ルール

INLIFE~あなたと保険を繋げるメディア~ / 2015年11月30日09時00分

ベトナム、カンボジア、タイ、マレーシアを回ることにしたのです。 ちなみに、それが初海外の初一人旅でした。 現地の言葉はもちろん、英語だって喋れません。 旅行中の3週間は「Yes.」「No.」「Thank you.」の3語で乗り切りました。 さらに言うなら、東南アジアには、正直これっぽっちも興味なかったんですよ。 どうせ海外に行くなら、お気楽にハッピーゴー [全文を読む]

マーケティングリサーチ会社の(株)総合企画センター大阪、東南アジアの化粧品について調査結果を発表

DreamNews / 2014年11月17日18時00分

当資料では、タイ・インドネシア・マレーシア・ベトナム・ミャンマーの化粧品市場をブランド・販売方法などから多角的に調査・分析している。概要 ◆2013年度の東南アジア5カ国(タイ・インドネシア・マレーシア・ベトナム・ミャンマー)の化粧品市場は前年度比10.2%増の5,863億円と好調に推移。同地域では、高い経済成長により特に若い女性の購買意欲が高まっているこ [全文を読む]

トライステージ マレーシアでのテレビ通販支援事業本格始動 Zenith Media Malaysiaと共同で新事業を開始

PR TIMES / 2013年09月24日12時22分

株式会社トライステージ(本社:東京都港区、代表取締役CEO:妹尾 勲、証券コード2178、以下「当社」)は、平成25年9月19日(木)にEastin Hotel(マレーシア)にて、マレーシアでの事業開始に伴い、マレーシアの大手広告代理店、Zenith Media Malaysia(ゼニス メディア マレーシア)と共同記者会見を開催致しました。 この度、当社 [全文を読む]

【開校5周年記念】タイ語勉強し放題コースが6月は5,000円引き!【ゴーウェルランゲージスクール】

DreamNews / 2017年05月22日18時00分

タイ以外にもインドネシア、ミャンマー、マレーシアに拠点があります。(7)相談カウンター受付には相談カウンターがあり、スクール担当のスタッフが常駐しています。レッスンや教材のこと、ご予約方法、現地のことなど、お気軽に相談することができます。■スクール情報▽スクール名:ゴーウェルランゲージスクール▽ウェブサイト:タイ語スクールhttp://thaigo-clu [全文を読む]

【5月限定特別価格】ミャンマー語レッスン5,000円引きキャンペーン実施中!【ゴーウェルランゲージスクール】

DreamNews / 2017年05月16日18時00分

タイ以外にもインドネシア、ミャンマー、マレーシアに拠点があります。(7)相談カウンター受付には相談カウンターがあり、スクール担当のスタッフが常駐しています。レッスンや教材のこと、ご予約方法、現地のことなど、お気軽に相談することができます。■スクール情報▽スクール名:ゴーウェルランゲージスクール▽ウェブサイト:タイ語スクール:http://thaigo-cl [全文を読む]

【創立5周年記念】6月はお得な特別キャンペーンを実施!【ゴーウェルランゲージスクール】

DreamNews / 2017年04月28日18時00分

タイ以外にもインドネシア、ミャンマー、マレーシアに拠点があります。(7)相談カウンター受付には相談カウンターがあり、スクール担当のスタッフが常駐しています。レッスンや教材のこと、ご予約方法、現地のことなど、お気軽に相談することができます。■スクール情報▽スクール名:ゴーウェルランゲージスクール▽ウェブサイト:タイ語スクール:http://thaigo-cl [全文を読む]

【問い合わせ殺到!無料キャンペーン実施中】人気のタイ語勉強し放題コースが4月はさらにお得に!【ゴーウェルランゲージスクール】

DreamNews / 2017年04月17日18時00分

タイ以外にもインドネシア、ミャンマー、マレーシアに拠点があります。(7)相談カウンター受付には相談カウンターがあり、スクール担当のスタッフが常駐しています。レッスンや教材のこと、ご予約方法、現地のことなど、お気軽に相談することができます。■スクール情報▽スクール名:ゴーウェルランゲージスクール▽ウェブサイト:タイ語スクールhttp://thaigo-clu [全文を読む]

東南アジアは値切れる!海外旅行者が囁く「噂」は本当なのか?【2】

TABIZINE / 2017年03月03日07時30分

4位:マレーシア(ボルネオ島) マレーシアのボルネオ島のデパートに行った時、旅の同行者がオラウータンのぬいぐるみを値切りました。しかし、一向に店員さんは価格交渉に応じてくれず、ノーと言って渋い表情をするばかり・・・。仕方なく同行者は表示価格で購入していました。 ですが、諦めるのはまだ早い! マレーシアもショップが変わればディスカウントに応じてくれます。特 [全文を読む]

ネクスウェイ、海外向けFAXニュースメディア『FAXビズレポ』創刊

PR TIMES / 2016年02月04日13時48分

ASEAN経済共同体※1の発足により日系企業の進出が見込まれる東南アジアを最初のメインターゲットと捉え、2016年2月にタイ、シンガポールから配信を開始し、3月末までに東南アジア主要6カ国(タイ、シンガポール、マレーシア、ベトナム、インドネシア、フィリピン)に拡大する予定です。 ■背景:「TPP(環太平洋パートナーシップ)協定への日本の参加が決定」「東南ア [全文を読む]

AEC<ASEAN経済共同体>発足記念特別セミナー「東南アジア投資の『戦略』が変わる」を開催!

PR TIMES / 2016年01月08日12時02分

「経済共同体の発足によって、ASEANは早ければ2030年にもGDPで世界第4位になる可能性がある」とマレーシアのナジブ首相は述べています。AEC発足で各国にどのような影響があるのか?不動産投資において狙い目のエリアや物件など、東南アジアの投資戦略がどのように変わっていくのか?2,000人の会員を持つ「アジア太平洋大家の会」の鈴木学会長と、国内でマンション [全文を読む]

フォーカス