記事 削除に関するニュース

『Google Adsense』 グーグル広告の停止から復活への道のり

ガジェット通信 / 2012年09月18日14時00分

記事のすべての画像が表示されない場合は、http://getnews.jp/archives/250319をごらんください。 ■『Google Adsense』 グーグル広告の停止から復活への道のり ある日、当サイトの掲示板にこんな投稿が……。 アドセンスきられたみたいだな、通報したかいがあった。 なぜだかは考えてみろ まあ世の中には色んな考えの人がい [全文を読む]

被害者の権利はどこに?「忘れられる権利」行使の裏に潜む個人情報のダダ漏れ【デジ通】

ITライフハック / 2014年12月03日15時00分

日本では裁判を起こす費用もばかにならないし、いちいちブログの記事削除のために高いお金を出し、被害を受けた側が裁判を起こすのは本末転倒だ。こうした謂れのない誹謗中傷記事の削除に容易に応じてもらえる別の道筋をGoogleには用意してもらいたいところだ。ちなみに別のブログ(FC2ブログ、ライブドアブログ、BIGLOBEブログ)といった国内向けのブログサービスにお [全文を読む]

パソコンをスッキリ!!『かんたんパソコン高速化』2015年09月11日(金)発売!!

DreamNews / 2015年09月11日10時00分

従業員数18名・パソコンソフトシリーズ 「やくだTOOL」「かんたん商人(あきんど)」「でか楽」の企画・制作・販売・インターネットの企画・運営・ホームページ企画・制作・運営・モバイルサイト企画・制作・運営 他――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― [全文を読む]

インターネット上の情報を削除代行する違法な業者に注意

JIJICO / 2017年03月11日09時00分

最近では自身のホームページのアクセス数を稼ぐため、サイトへのリンクではなく記事そのものをコピー&ペーストした投稿も増えており、インターネット上から完全に情報を削除することは困難になっています。 こうした事実を認識した上で、削除代行への依頼を検討すべきです。 (金子 清隆/ITコンサルタント セキュリティコンサルタント) [全文を読む]

虚構新聞が日本ユニセフから削除命令を受けガチで削除したことが判明!

秒刊SUNDAY / 2013年11月18日20時30分

西村博之氏のアグネスチャンさん批判から端を発した、日本ユニセフ批判ですがパロディニュースサイトとして人気のある「虚構新聞」が寄付金の流れを透明化すると言った内容の記事を投稿したところ、大きな反響を呼び、ついには日本ユニセフから直接抗議を貰うまでに発展。現在は閲覧できないような状態になっているが、管理人の社主によると「厳重抗議と削除の要請があった」とのことだ [全文を読む]

記事や書き込みの削除代行業者に違法判決…削除成功してても返金って本当?

シェアしたくなる法律相談所 / 2017年03月01日19時30分

ネット記事削除ビジネスの違法性認定 東京地裁 この裁判例にどのような意味があるのかを解説してみたいと思います。 *画像はイメージです:https://www.shutterstock.com/ そもそも「削除代行業者」って? 「削除代行業者」とは、被害者に代わってサイト側に削除要請を行う業者です。 インターネット上で、“ネット上の書き込みを削除します”と [全文を読む]

SNSにあなたの記憶を記録するのはやめなさい(京都大学経済学部 楠木 秀憲)

ガジェット通信 / 2013年04月07日20時00分

今回は『アゴラ 言論プラットフォーム』の楠木秀憲さんの記事からご寄稿いただきました。 ■SNSにあなたの記憶を記録するのはやめなさい(京都大学経済学部 楠木 秀憲) 僕はYouTubeで気に入った動画があれば「お気に入り」に入れて「Music」や「Superplay」といったラベルをつけて管理しているのですが、お気に入りにいれた動画のうち結構な数がYouT [全文を読む]

逮捕歴の検索結果、削除認めず 最高裁厳格基準

JIJICO / 2017年03月05日09時00分

どういった要素を検討材料にするかについては、①当該事実の性質及び内容,②当該URL等情報が提供されることによってその者のプライバシーに属する事実が伝達される範囲とその者が被る具体的被害の程度,③その者の社会的地位や影響力,④記事等の目的や意義,⑤記事等が掲載された時の社会的状況とその後の変化,⑥記事等において当該事実を記載する必要性を挙げています。 結果 [全文を読む]

グーグルの反撃で骨抜き「忘れられる権利」

ニューズウィーク日本版 / 2014年07月22日15時37分

削除要請に基づいて検索結果から除外したリンクには大手メディアの記事もあった。「報道の自由」を信奉する彼らに、グーグルは事の次第を通知したのだ。 削除を知らされた英ガーディアンやBBCでは、削除された事実をオリジナルの記事内容と共に報道。グーグルの検索結果から「消した」はずの記事が、逆に注目を集める結果になった。 ガーディアンで削除されたのは、プレミアリーグ [全文を読む]

ネット情報の削除代行は「非弁行為」に該当…原告代理人が語る判決の意義と影響

弁護士ドットコムニュース / 2017年02月22日10時26分

●個人情報を削除したいという「ニーズ」が企業・個人ともに高まった――判決の意義はどういうものでしょうか?現在、多くの業者によって、ウェブ上の記事の削除依頼行為や削除代行行為がおこなわれています。こうした行為は、かねてより「弁護士法違反ではないか?」という指摘がなされていました。また、一部の悪質な事業者の行為に対する問題も指摘されていました。しかし、これまで [全文を読む]

2ちゃんねるに投稿してしまった黒歴史を削除する方法

シェアしたくなる法律相談所 / 2015年02月10日11時06分

) *弁護士の皆様、シェアしたくなる法律相談所で記事を書いてみませんか? [全文を読む]

ブログメディアに言いたい~報道の自由というお題目が立てば何をやってもいいのか

ガジェット通信 / 2012年09月04日16時00分

今回は『アゴラ 言論プラットフォーム』の新 清士さんの記事からご寄稿いただきました。 ■ブログメディアに言いたい~報道の自由というお題目が立てば何をやってもいいのか ゲーム業界の中で、あきれかえるしかないが、深刻な事態が起きている。この10年以上の歴史のなかで多くの人によって苦労して積み上げてきた、社会的な信頼を著しく毀損する問題が発生している。それを引き [全文を読む]

軽い気持ちで他人のブログをコピペ…訴えられれば重い刑罰になる可能性も!

シェアしたくなる法律相談所 / 2017年02月17日21時30分

*画像はイメージです:https://www.shutterstock.com/新規開設したキュレーションサイトや、個人ブログ、クラウドソーシングでクライアントに提出する原稿――数をこなして、てっとり早くアクセスや賃金を稼ぐのに用いられているのが、他人の書いたWEB記事の無断コピペ流用です。ネットの記事はもちろん、ライターが撮影した写真までマルパクするのに [全文を読む]

WELQ騒動 記事に愛がないIT企業、プロの編集者が少ない

NEWSポストセブン / 2016年12月15日07時00分

あるネット記事の一節だ。それが占いサイトや超常現象サイトなら別に驚くことはないが、東証一部上場のIT企業DeNAが運営する医療情報サイト「WELQ」の記事だから火の手が上がった。 ネットユーザーたちがさらに探すと、およそ医療とはかけ離れた迷信レベルの記事や、与太話が続々と見つかった。 「『L』という成分を含んだヨーグルトはインフルエンザやがん、ノロウイルス [全文を読む]

ブログで某企業を批判した男性に届いた「削除依頼」 応じる必要はあるのか

シェアしたくなる法律相談所 / 2014年05月09日12時02分

これは2009年の話ですが、当該会社の社名を検索すると公式サイトの次、つまり2番目に男性の書いた記事が表示される状況です。 悪評が広まってほしくない会社側としては、男性に「記事の削除」などの要望を出していたということです。 男性のブログ 男性はツイッターで「本事実と相違する文言による信用毀損によって生じた営業被害額の算出も行うべきである意見も出ており」とい [全文を読む]

WELQ騒動以降も粗製記事を出し続ける中小メディアの本音

NEWSポストセブン / 2017年01月13日16時00分

IT大手ディー・エヌ・エー(DeNA)が運営する医療情報キュレーションメディア「WELQ」で不正確な記事や著作権無視の転用が発覚したことを発端として、同社のサイトが続々と休止に追い込まれたが、この騒動を受けて他社が運営するキュレーションメディアでも、過去に掲載した記事の削除や記事作成ガイドラインの見直しなどが進んでいるのだという。某キュレーションメディアの [全文を読む]

「Facebookは、いずれ『トレンド』機能を切り捨てる」:元ニュースキュレーターの告白

DIGIDAY[日本版] / 2016年09月08日16時50分

そうした事件を経て、Facebookは8月26日、「トレンド」のトピックに沿えられる記事の「概要」編集を機械化するという発表を行う。その後すぐに、同社の「トレンド」チームは解雇を言い渡された。 だが、その2日後、また新たな事件が起こる。8月28日、フォックスニュース(Fox News)で司会を務めるメーガン・ケリー氏についての事実無根な記事が、同サービス [全文を読む]

ネットニュースはどう変化してきたか?私がライター初心者だった頃の事件【イベント情報アリ】

しらべぇ / 2015年03月22日20時00分

ネットニュースで読まれる記事、支持される記事の書き方、サイト運営のコツなどプロ向けの話から、ネットニュースの裏話まで、何から何まで洗いざらい話すので期待して欲しい。 詳細と予約方法はこちら http://peatix.com/event/77426 を読んでほしい。 実に感慨深い。というのも、ちょうどネットニュースの記事を書き始めて10周年だからだ。私は [全文を読む]

上杉隆vs池田信夫「訴訟合戦」池田氏が提起した「反訴」とは何か

弁護士ドットコムニュース / 2013年05月01日14時15分

経済学者で著名ブロガーとして知られる池田信夫氏が『読売の記事を盗用した上杉隆氏』と題するブログ記事を掲載したことについて、自由報道協会代表理事で元ジャーナリストの上杉隆氏が、池田氏らに対して記事削除と謝罪広告、損害賠償を求めている訴訟で、動きがあった。訴えられて「被告」となっていた池田氏が、今度は逆に上杉氏を訴えたのだ。池田氏は4月22日、司法記者クラブで [全文を読む]

ネット掲示板で身に覚えのない「風俗や金銭トラブル」書かれた…どうしたらいい?

弁護士ドットコムニュース / 2017年05月15日09時49分

被害者はこの仕組みを使って発信者(投稿者)を特定することになります」 ●投稿者に対して、記事削除と損害賠償を求めることができる 相手に対して、どのような請求ができるだろうか。 「投稿者に対しては、民事上、原状回復(記事の削除)と損害賠償請求ができます。記事の削除は、サイト管理者に対して、先ほどの開示請求と同時に侵害情報の削除を請求できますから、それによって [全文を読む]

フォーカス