多摩市 多摩ニュータウンに関するニュース

立地最強の「湾岸タワマン」が抱える不安要素 多摩ニュータウンの惨状から学ぶ対策とは?

東洋経済オンライン / 2017年06月03日08時00分

多摩市によれば、多摩ニュータウンは今後本格的な人口減少が始まると予測され、一方で高齢化率は継続して上昇し続けると推計。試算によれば2050年に、現在約10万人の多摩ニュータウンの人口が8万人を割り込み、高齢化率は約40%になるとしている。 [全文を読む]

櫛の歯が抜けるように人が減った“限界ニュータウン”現地ルポ

プレジデントオンライン / 2017年03月27日09時15分

学識経験者、東京都、多摩市、UR都市機構からなる「多摩ニュータウン再生検討会議」のレポートは、限界集落化は住民の入れ替わりがうまくいかなかった理由として、高度経済成長が終焉し所得が思うように上がらなかったことや、バブル発生で住宅価格(家賃)が高騰し、住み替えようにもここ以上の条件の住宅が見つからなかったことを指摘している。 親世代の初期入居者はそのまま住み [全文を読む]

改修費用はひとり5万円!「第二のパルテノン多摩」は全国に―遠藤ちひろ多摩市議

政治山 / 2016年09月23日11時50分

そこで、複合文化施設「パルテノン多摩」の改修問題に直面している東京都多摩市の、遠藤ちひろ市議にご寄稿いただきました。 1.ひとり5万円。4人家族なら20万円の改修費 「いくらかかるの?エッ、80億!?」「改修に一人5万円なんて冗談じゃないよ」 これらは改修に80億円かかると報じられたパルテノン多摩について、街頭でテレビ朝日のインタビューに答えた多摩市民の声 [全文を読む]

地域社会におけるシェアリングエコノミー Any+Times 地域活性化サービス『エニタイムズ TOWN』を行政向けに提供開始

PR TIMES / 2014年10月01日18時54分

慶應義塾大学大学院と株式会社たまらばとの協働プロジェクトとして 多摩市とのジョブマッチングの取り組みからスタートこの度は、株式会社エニタイムズは地域活性化サービス『エニタイムズ TOWN』を行政、自治体向けに提供開始いたします。また、取り組みの第一弾とし、慶應義塾大学大学院と株式会社たまらばとの協働プロジェクトとして 多摩市とのジョブマッチングの取り組みを [全文を読む]

新宿-多摩、小田急と京王のどっちが便利か 長年優位の京王を小田急が追い上げ

東洋経済オンライン / 2017年06月28日07時00分

多摩市の統計によると、1987年度の京王多摩センター駅1日平均乗降人員は4万9995人。これに対して小田急は1万7890人で、京王の3割ほどだった。人口の増加に伴い、1997年度には小田急も3万0622人まで増加したものの、同年度の京王は8万4850人。倍以上の差があることに変わりはなかった。この状況が変わり始めたのは2000年代に入ってからだ。複々線化の [全文を読む]

都会の高齢者の社会参画意識を促す社会実験としての多摩大学主催「シルバー・デモクラシー企画」第1弾

Digital PR Platform / 2017年05月24日08時05分

多摩大学(東京都多摩市、学長 寺島実郎)多摩キャンパスの立地する多摩地域は、戦後日本の高度経済成長を支えてきた、都心へ通勤する企業戦士のベッドタウンとして開発され、団地、ニュータウン、マンションの立地点となったが、現在、団塊の世代のリタイアが始まり、急速な高齢化が進んでいる。 2050年頃には、日本の人口の4割が65歳以上となる異次元の高齢化を迎える中、 [全文を読む]

多摩市で31年続く空手道教室“揚心館”新設サイト http:www.yoshinkan-karate.com オープン

@Press / 2015年12月08日10時00分

空手道・キックボクシング・合気柔術道場を運営する揚心館本部(所在地:東京都多摩市、館長:工藤 正一)は、楽しく強くなることをスローガンに、ウェブサイトをオープンしたことをお知らせいたします。ウェブを通じて、当館に興味を持ってもらい、さらに多くの仲間が増え、切磋琢磨ができればと思っております。URL: http://www.yoshinkan-karate. [全文を読む]

住むならどっち!? 多摩と湾岸で迷ったバブル時代と80年代雑誌の“ユルさ”

日刊サイゾー / 2017年09月12日23時30分

さて、この記事でたびたび比較対象として提示されるのは、多摩市と江東区。湾岸といっても当時は、まだまだ開発途上にあった地区。 記事は、それぞれの市役所に話を聞いたりして、オススメポイントを提示していくのである。 でも、そうしたデータと共に記されるオススメポイントは、狙っているかのような無軌道ぶり。もんじゃ焼きの本場を「江東区の月島」なんて記していたりする。 [全文を読む]

「奥多摩より早く都庁に戻れる」―候補者の多摩・島しょ部“巡礼”は舛添発言の影響か

政治山 / 2016年07月27日11時50分

鳥越俊太郎氏(76)も23日、多摩市の多摩ニュータウンを視察。25日には伊豆大島を訪れ、街頭演説を行いました。 期日前投票は都心から離れるほど多い 東京都といえば23区ばかりが注目されますが、今回の選挙人名簿登録者数1127万4080人(2016年7月13日現在)のうち約3分の1にあたる353万6914人が26市3町1村からなる多摩地域と2町7村からなる島 [全文を読む]

フォーカス