トヨタ自動車 豊田自動織機に関するニュース

新型・プリウスPHVに採用された「電動車の弱点を克服」する画期的な新技術とは?

clicccar / 2017年02月19日08時03分

先頃、トヨタ自動車(以下トヨタ)の元町工場に水素で稼動する燃料電池フォークリフトの導入を開始した豊田自動織機。 豊田佐吉が1926年に創業、トヨタ自動車を含むトヨタグループ各社の頂点に立つ事実上の親会社で、現在は自動織機に加え、トヨタ車の生産やエンジン製造、世界トップシェアを誇るフォークリフト、カーエアコン用コンプレッサー等を生産しています。 そうしたなか [全文を読む]

【自動車メーカー】他社牽制力ランキング2015トップ3はトヨタ、日産、ホンダ

DreamNews / 2016年05月30日11時00分

集計の結果、2015年に最も引用された企業は、トヨタ自動車の7,554件、次いで日産自動車の3,751件、本田技研工業の3,224件となりました。 1位トヨタ自動車の最も引用された特許は、3年連続で「電動車両へのワイヤレス給電」に関する特許(特許第4453741号)で、後発の特許9件の審査過程で拒絶理由として引用されています。企業別にみると、半導体エネル [全文を読む]

トヨタ、工場稼働に関するお知らせ(4月20日時点)

JCN Newswire / 2016年04月20日15時22分

トヨタ自動車は、地震の影響による部品の供給状況等から、4月18日(月)~4月23日(土)の間、国内における完成車組み立てラインの稼働を、段階的に停止することを公表しておりましたが、4月25日(月)以降、以下の通り、段階的に稼働を再開することといたしましたので、お知らせいたします。なお、被災地ではいまだ余震が続いていること等から、今後の状況に応じて変更となる [全文を読む]

【東京オートサロン2016】次の「ヴィッツ」はこうなる!? トヨタ自動織機が作った新しいコンセプトカー出展!!

Autoblog JP(オートブログ) / 2016年01月25日06時00分

豊田自動織機と言えば、トヨタ自動車の源流とも言える企業であるが、現在は、フォークリフトの生産やトヨタ自動車より委託を受け、「ヴィッツ」や「RAV4」なども生産しているのだ。 【ギャラリー】TAS2016 Toyota Industries Corp. (6枚) 展示されたコンセプトカーは、クーペの持つスペシャリティ感と、走りをイメージするスタイリングに、 [全文を読む]

【自動車メーカー】他社牽制力ランキング2014トップ3はトヨタ、日産、ホンダ

DreamNews / 2015年05月25日12時00分

集計の結果、2014年に最も引用された企業は、トヨタ自動車の7,932件、次いで日産自動車の4,259件、本田技研工業の3,368件となりました。 1位トヨタ自動車の最も引用された特許は、昨年に引き続き「電動車両へのワイヤレス給電」に関する特許(特許第4453741号)で、後発の特許22件の審査過程で拒絶理由として引用されており、昨年の13件から大幅に増 [全文を読む]

【自動車メーカー】他社牽制力ランキング2014トップ3はトヨタ、日産、ホンダ

DreamNews / 2015年05月25日12時00分

集計の結果、2014年に最も引用された企業は、トヨタ自動車の7,932件、次いで日産自動車の4,259件、本田技研工業の3,368件となりました。 1位トヨタ自動車の最も引用された特許は、昨年に引き続き「電動車両へのワイヤレス給電」に関する特許(特許第4453741号)で、後発の特許22件の審査過程で拒絶理由として引用されており、昨年の13件から大幅に増 [全文を読む]

【おくやみ】トヨタを現在の世界的メーカーに育てた豊田英二氏が100歳で逝去

Autoblog JP(オートブログ) / 2013年09月20日07時30分

トヨタ自動車の最高顧問を務めた豊田英二氏が9月17日に心不全で逝去した。100歳だった。 同氏は、いとこにあたる豊田喜一郎氏がトヨタ自動車工業を創業したのに伴い、豊田自動織機製作所から同社に移籍。1967年から82年にかけて社長を務め、82年に同社とトヨタ自動車販売(株)が合併しトヨタ自動車(株)となってからは会長職に就任。99年からは最高顧問を務めた。 [全文を読む]

有名企業の「今・昔」10選 IBMは肉切り機、イオンは織物商……

ZUU online / 2017年05月11日19時00分

トヨタ自動車は織機世界で1000万台に一番乗りし、ハイブリッド車や燃料電池車などで先行するなど、日本が世界に誇る大企業、トヨタ自動車 はもともと、「豊田自動織機製作所」という織物を製造する機械のメーカーだった。現在は「豊田自動織機」 と名前を変え、繊維機械だけでなく、自動車部品の製造などを行っている。■マクドナルドはミキサーマシン世界最大のファストフード [全文を読む]

日本の工業を米から守る。トヨタ自動車の創業者が胸に誓った決意

まぐまぐニュース! / 2017年01月22日11時00分

今や日本を代表する企業として不動の地位を築き上げた「トヨタ自動車」ですが、その裏には創業者である豊田喜一郎氏の血の滲むような努力がありました。紡織工場を営んでいた父の「これからは自動車の時代だ」という遺志を受け継ぎ、自動車生産に乗り出した喜一郎氏でしたが、そこには高い壁が立ちはだかっていたのです。今回の無料メルマガ『Japan on the Globe-国 [全文を読む]

トヨタが少数精鋭の「社内ベンチャー」でEV開発を加速!

clicccar / 2016年11月24日11時33分

トヨタ自動車がEV開発を担う新たな組織を立ち上げると発表しました。 EV分野の業務に特化した上で、スピード感のある仕事の進め方を目指す考えで、新聞報などによると、12月1日に「EV事業企画室」として発足させるそうです。 既存の社内カンパニーや本部に所属しない独立した「社内ベンチャー」的な組織運営を目指すとしており、意思決定を迅速化することで、EVの早期商品 [全文を読む]

創業者・松田聖子と、事業領域拡大させる娘・沙也加 巧妙な事業承継&成長戦略

Business Journal / 2015年01月18日17時00分

例えば、トヨタ自動車工業(現トヨタ自動車)社長の豊田喜一郎などは、その例の一つである。父の豊田佐吉はトヨタグループの創業者であり、豊田紡織、豊田自動織機製作所などを創業した。ただ、会社名の通り佐吉の創業した事業ドメインは、織機・紡績領域である。佐吉の生きた明治・大正期は、重化学工業が日本の工業の中心ではなく、軽工業が中心であった。そこで、生産性を向上させ [全文を読む]

COTYで特別賞受賞のトヨタFCV(燃料電池車)、発売目前で気になる2つの疑問

clicccar / 2014年10月20日11時33分

トヨタ自動車は、10月7~11日に幕張メッセで開催された「CEATEC JAPAN 2014」で、2014年度中(2015年3月末)に量産販売を発表している話題の燃料電池車を展示して注目を集めています。 量産販売を目前に控えて、実際に販売されるセダンタイプの燃料電池車の詳細な仕様が気になるところです。 まず、第1に気になるのが、高圧水素タンクの圧力がいくら [全文を読む]

トヨタ 佐吉、喜一郎という創業2代の神格化が進む

NEWSポストセブン / 2017年04月27日16時00分

【※注/1950年の経営危機以来、分離していた生産部門(トヨタ自動車工業)と販売部門(トヨタ自動車販売)を1982年に合併。英二氏はそれを機に章一郎氏に社長を譲った】 現在、英二氏の長男・幹司郎氏がトヨタ子会社“御三家”のアイシン精機の会長、次男の鐡郎氏はやはり“御三家”の豊田自動織機会長、三男の周平氏がトヨタ紡織会長を務め、本家の章男社長を支えている。と [全文を読む]

桜満開! 上野恩賜公園でお花見ついでに「自動車歴史詣で」しませんか?

clicccar / 2017年04月05日12時45分

また、すぐ横には、「日本人の発明と創造」トヨタ自動車のルーツでもある豊田自動織機の豊田佐吉が考案した「無停止杼換式豊田自動織機(G型自動織機)」の実物なども展示されており、明治時代から昭和に至る日本の工業製品の歴史を見ることができます。 オートモ号と同じ1924年製のG型自動織機は、横糸を装置を止めずに自動交換できたり、縦糸が切れたのを検知し停止したりす [全文を読む]

工場内からCO2を一掃!トヨタ自動車がFCフォークリフトを大量導入へ

clicccar / 2017年02月02日08時03分

トヨタ自動車社(以下トヨタ)は一昨年、「トヨタ環境チャレンジ2050」を発表しました。 2010年比で新車のCO2排出量90%削減を目標に、様々な活動に取り組んでおり、今後も水素社会の実現に向けた活動を推進していくとしています。 1月18日にはスイスのダボスで、エネルギー&自動車業界13社で構成する水素社会実現に向けた世界規模の水素協議会「ハイドロゲン カ [全文を読む]

スズキ修会長、トヨタ傘下入り狙い必死の「ラブコール」…トヨタは「迷惑」か

Business Journal / 2017年01月02日06時00分

●業務提携交渉 修氏とトヨタ自動車の豊田章男社長は2016年10月12日、トヨタの東京本社で緊急記者会見を開き、業務提携の交渉入りを発表した。ITや環境分野の先端技術などが対象。だが、その具体的な提携内容は、最後まで2人のトップの口から出てこなかった。「まだ見合いの段階」と豊田氏は話し、「具体的な内容の検討はこれからだ。まだ決っていない」と強調した。 提携 [全文を読む]

トヨタが電動化を加速!2050年に「脱エンジン」を目指す

clicccar / 2016年12月08日11時39分

12月1日付けでEVの開発や戦略を担当する「EV事業企画室」を社内に設置したトヨタ自動車。 既存の社内組織に属さない、独立した社内ベンチャー的な組織運営を目指しており、意思決定を迅速化することで、EVの早期商品化につなげる考えとしています。 「EV事業企画室」は豊田章男社長直轄の組織で、加藤光久・寺師茂樹 両副社長を統括役員に、室長には現行4代目プリウスの [全文を読む]

トヨタ自動車が「EV事業企画室」を始動!電動化加速へ

clicccar / 2016年12月05日08時03分

2014年に、水素で発電してモーターで走行、水しか排出しない「究極のエコカー」とされるFCV(燃料電池車)「MIRAI 」を世界に先駆けて量産化したトヨタ自動車。 そのトヨタが今度はEV(電気自動車)の開発に向けて大きく動き出しました。12月1日付けでEVの開発や戦略を担当する「EV事業企画室」を社内に設置したのです。 昨今のEV駆動用バッテリーの性能向上 [全文を読む]

豊田自動織機がインドのエンジン生産工場で開所式を実施。新興国市場でのエンジン生産能力拡充が続く

clicccar / 2016年06月30日16時33分

開所式には、インド政府重工業・公企業省のAnant G Geete大臣、カルナタカ州のSiddaramaiah州主席大臣などの現地行政トップ、在インド大使館磯俣秋男公使、トヨタ自動車役員など多数の関係者が出席しました。 インドは、2012年の自動車生産台数が400万台を超える世界第6位(自動車部品工業会調べ)の自動車大国で、生産の約4割をディーゼルエンジ [全文を読む]

トヨタ自動車が東海エリアの地元就活生の就職希望企業ランキング1位を獲得、トップ10にトヨタグループ4社がランクイン

PR TIMES / 2016年05月26日13時36分

(調査期間:2016年3月1日~4月30日) 2017年卒業予定者の東海エリアの就職希望ランキングの注目の1位は、トヨタ自動車でした。2位にはデンソー、3位に東海旅客鉄道(JR東海)が入りました。10位までに、トヨタ自動車、デンソーのほかに、豊田自動織機が9位、アイシン精機が10位とトヨタグループ4社がランクインする結果となりました。インフラ関連では3位の [全文を読む]

フォーカス