ロボット 鉄腕アトムに関するニュース

「鉄腕アトム」の世界を通して いつかくるであろう「ロボットと暮らす未来」を 空想と現実の両面から紹介(横浜人形の家)

PR TIMES / 2016年07月15日11時47分

鉄腕アトム ロボットと暮らす未来展 横浜人形の家は、7月16日(土)より特別展「鉄腕アトム ロボットと暮らす未来展」を9月25日(日)まで開催いたします。 [画像1: http://prtimes.jp/i/13670/172/resize/d13670-172-233787-1.jpg ] 横浜人形の家は、7月16日(土)より特別展「鉄腕アトム ロボット [全文を読む]

約100年前から、ロボットが夢見られていた!

マイナビ進学U17 / 2016年09月06日12時02分

ロボット」と言われて、何をイメージしますか? 人に近い形? それとも工場にあるような機械タイプ? いずれにしても、人それぞれさまざまなロボットを思い浮かべると思います。それだけ、現代の私たちにとって、ロボットは身近な存在になってきているのです。でも、そもそもロボットのはじまりとは?■空想の中のロボットが現れたのは?「ロボット」の誕生は、チェコのカレル・チ [全文を読む]

「何もしてくれない」ロボットが人間に教えてくれること

Forbes JAPAN / 2017年06月30日17時00分

「こんなオドオドした感じのロボットがいたらかわいいかも」とアイデアがひらめき、「このモジモジ感を極めてみたい!」とテンションが上がるのだ。豊橋技術科学大学情報・知能工学系教授の岡田美智男さんは、コミュニケーションの認知科学や人間とロボットとのかかわり方を専門としている。岡田さんは、2012年に発表した著書『弱いロボット』(医学書院)で、というコンセプトを提 [全文を読む]

「移民よりロボットなの!?」 抵抗感なく導入進む日本に海外が興味津々

NewSphere / 2017年09月01日11時00分

少子高齢化に伴い日本では人手不足が深刻になっているが、それを補うように、さまざまな業界でロボットの導入が進みつつある。欧米では労働者不足を移民で補う政策が一般的だが、それとは異なるロボット大国日本らしいアプローチだとして海外各紙で紹介されている。 ◆幅広い産業で開発が進むロボット ガーディアン紙は「葬式の未来?」と題し、ソフトバンクが手がけるロボット『ペッ [全文を読む]

不気味なアンドロイドよりかわいい家電ロボットがいい/日野 照子

INSIGHT NOW! / 2015年04月07日11時42分

多機能な人間型のロボットや不気味なアンドロイドより、シンプルでかわいい家電ロボットの方が生活に取り入れやすい 2003年4月7日が鉄腕アトムの誕生日だそうだ。アトムが12歳になった今年、ソフトバンクが感情認識型パーソナルロボット「ペッパー」の販売を開始し、300台の初回販売数は1分で完売したという。それでもロボットの一般への普及はそれほど進んでいないように [全文を読む]

日本のロボット工学、鉄腕アトムとガンダムのおかげで発展? 海外メディア注目

NewSphere / 2014年03月30日12時00分

文化庁の平成24年度メディア芸術情報拠点・コンソーシアム構築事業の成果としてまとめられ、「日本アニメーションガイド ロボットアニメ編」の英訳版が今月公開された。昨年8月に公開されたオリジナルの同報告書は、日本のロボットアニメの歴史を90ページにまとめたもので、この種の研究では世界初となる。文化庁が10年以上前から推進している「クール・ジャパン」の一環であり [全文を読む]

ロボットクリエイター 高橋智隆さん インタビュー公開 ~世界一のロボットクリエイターが語る、ロボットと人間が共生する近未来~

PR TIMES / 2015年07月17日12時52分

トラッドマインドを楽しむスタイルマガジン NEWYORKER MAGAZINE「NEWYORKER」を中心とする既製紳士・婦人服の企画・販売を行う株式会社ニューヨーカー(本社:東京都千代田区)は、自社運営ウェブマガジン『ニューヨーカーマガジン』(http://www.newyorker.co.jp/magazine/)にて、ロボットクリエイター 高橋智隆さ [全文を読む]

女性にこそ読んでほしい! ゆうきまさみ×カサハラテツローが描く、『鉄腕アトム』の前日譚!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年07月02日11時30分

マンガ、アニメともに幅広く親しまれているこの作品は、少年ロボット“アトム”が活躍する21世紀を舞台に描かれており、現代のロボット技術の発展にも大きく貢献している。 【画像・動画あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら そんな『鉄腕アトム』の、アトムが誕生するまでの物語を描いたマンガ『アトム ザ・ビギニング』(小学館クリエイティブ)が6月5日に出版されるやいなや、 [全文を読む]

“ロボット界のジョブズ”目指す高橋智隆氏、英BBCが注目 ヒト型スマホで生活が変わる?

NewSphere / 2014年05月28日17時47分

ロボットクリエイターの高橋智隆氏だ。【鉄腕アトムが原点】 高橋氏は、東京大学先端科学技術研究センターと自身の会社「株式会社ロボ・ガレージ」のふたつを拠点に開発を続けている。作品は数あるが、特に有名なのは、乾電池だけでグランドキャニオンを登りつめたり、はたまたハワイでトライアスロンを完走したりした「エボルタ」や、昨年ヒト型ロボットとして初めて国際宇宙ステーシ [全文を読む]

手塚治虫の人気漫画「鉄腕アトム」のソーシャルゲームを「Mobage」にて2012年4月7日より提供開始

@Press / 2012年04月10日10時00分

・原作で登場するキャラクターやロボットがフィギュアになって大活躍!!原作「鉄腕アトム」に登場した100体以上のキャラクターやロボット達がロボットフィギュアになって登場。プレイヤーは「鉄盤プレイヤー」となり、ロボットフィギュア達を駆使して、各タウンボードを謎の闇組織から救い出していきます。タウンボードを進めて行くと、様々なロボットフィギュアを仲間にすることが [全文を読む]

西洋と異なるロボット観、「ドラえもんの国」日本の勝ち筋とは

Forbes JAPAN / 2017年09月02日18時00分

「なぜ日本の社会にはロボットやIoTにアレルギーがないのか?」欧米では「機械が人の仕事を奪う」脅威論が、日本人の想像以上に激しいという。「日本は超人手不足だから、ロボットやオートメーションはニーズがあるのでしょう」と、御立は言う。「ロボの手も借りたい」と言いたくなるほど、日本は世界最速で少子高齢化が進み、現役世代の割合が減少しているのは周知の通り。今回の特 [全文を読む]

4月4日(火)、「ATOMプロジェクト」第一弾『週刊 鉄腕アトムを作ろう!』創刊!!

PR TIMES / 2017年04月04日09時34分

この度、株式会社講談社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:野間省伸)は、「手塚治虫生誕90周年企画」「講談社創業110 周年記念企画」として、家庭用コミュニケーション・ロボット「ATOM」を組み立てるパートワーク『週刊 鉄腕アトムを作ろう!』(全70号)を4月4日(火)に創刊いたします。[画像1: https://prtimes.jp/i/1719/12 [全文を読む]

鉄腕アトム型ロボット「ATOM」を作れる! 完成品は2018年9月までおあずけです

&GP / 2017年02月22日22時00分

2月22日、「鉄腕アトム」をモデルにしたコミュニケーション・ロボット「ATOM」が発表されました。同ロボットは「週刊 鉄腕アトムを作ろう!」という組み立てパートワークとして、4月4日より発売されます。 ■プロジェクトには5社が携わる 講談社、手塚プロダクション、NTTドコモ、富士ソフト、VAIOの5社は、手塚治虫生誕90周年記念企画として、鉄腕アトムを目指 [全文を読む]

「鉄腕アトム」のトロフィーが似合う業田良家『機械仕掛けの愛』

ダ・ヴィンチニュース / 2013年09月06日12時00分

ロボットと人間、マンガにおいて不滅のテーマだ。手塚治虫の『鉄腕アトム』はその代表的な例だが、石黒正数の『外天楼』など、最近のSFものにもロボットをモチーフとした良作は続く。 関連情報を含む記事はこちら 今年、手塚治虫文化賞短編賞に選ばれた業田良家の『機械仕掛けの愛』もその一つだ。持ち主を転々とする少女型のペットロボ、思い出を主人に託された執事ロボ、英雄と称 [全文を読む]

マピオン、地図コンテンツをロボットに提供 4月4日創刊『コミュニケーション・ロボット 週刊 鉄腕アトムを作ろう!』で作る 家庭用二足歩行ロボットATOMとマピオン地図が連携

PR TIMES / 2017年02月23日12時28分

株式会社マピオン(東京都港区/代表取締役社長 中尾光宏)は、株式会社講談社(東京都文京区/代表取締役社長 野間省伸)が「創業110周年企画」として販売するパートワーク『コミュニケーション・ロボット 週刊 鉄腕アトムを作ろう!』(4月4日創刊)で完成する家庭用二足歩行コミュニケーション・ロボット「ATOM」に、当社地図コンテンツを提供します。当社親会社である [全文を読む]

家庭用2足歩行ロボット『ATOM』が全70号で完成する『週刊 鉄腕アトムを作ろう!』が4月創刊へ 5社が『ATOMプロジェクト』を発表

ガジェット通信 / 2017年02月22日18時00分

講談社は2月22日、2足歩行や会話ができるロボット『ATOM』が全70号で完成する『コミュニケーション・ロボット 週刊 鉄腕アトムを作ろう!』を4月4日に創刊することを発表。パートナーとなる手塚プロダクション、NTTドコモ、富士ソフト、VAIOと共同で『ATOMプロジェクト』発足の発表会を開催しました。 『コミュニケーション・ロボット 週刊 鉄腕アトムを作 [全文を読む]

【フジテレビ】日本初の連続テレビアニメ放送開始50周年記念!アニメ『鉄腕アトム』フジテレビオンデマンドにて配信開始

PR TIMES / 2013年01月07日14時36分

本作品は、21世紀の未来世界を舞台に、十万馬力等7つの威力を持つロボット少年アトムが大活躍する物語となっており、日本のアニメ文化隆盛の礎を築いた、日本初の国産テレビアニメシリーズとして記念すべき作品です。 フジテレビの動画配信サービス「フジテレビオンデマンド」では、アニメ『鉄腕アトム』が今年、放送開始から50周年を迎えるのを記念して、第1話の、事故で最愛の [全文を読む]

面白すぎて緊急重版! 鉄腕アトム誕生物語『アトム ザ・ビギニング』が話題

ダ・ヴィンチニュース / 2015年06月27日18時00分

しかし、『機動警察パトレイバー』のゆうきまさみ、『RIDEBACK』のカサハラテツローという、ロボット漫画を描き続けてきた2人が挑み、両者の新解釈で見事に表現している。その完成度は、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」監督・庵野秀明や、漫画家・漫画評論家で知られる夏目房之介、いしかわじゅんも絶賛するほどだ。 ・庵野秀明 (単行本帯推薦コメントより引用) 善、清 [全文を読む]

コミュニケーションロボット「ATOM(アトム)」にVoiceTextが採用

@Press / 2017年04月04日11時00分

HOYAサービス株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役 大原幸男)音声ソリューション事業部は、株式会社講談社(本社:東京都文京区、代表取締役社長 野間省伸)がプロデュース(『週刊 鉄腕アトムを作ろう!』 全70号/4月4日創刊)するコミュニケーションロボット「ATOM(アトム)」の音声合成エンジンにHOYAサービスの音声合成ソフトウェアVoiceText [全文を読む]

奇跡の舞台「プルートゥ PLUTO」が幕明け! 森山未來『どの風景を切り取っても美しい』

Smartザテレビジョン / 2015年01月10日09時19分

漫画「PLUTO」は、手塚治虫の鉄腕アトム「地上最大のロボット」を原作にし、現在は20の言語に翻訳され、全世界に愛読者を持つ作品。漫画以外でのメディア展開は今回が初めてで、演劇ファンのみならず、多くの人々から期待と注目を集める舞台化といえる。また、舞台にはスペシャルゲストとして、世界初の感情認識パーソナルロボット「Pepper」が出演(出演は全3回)。世界 [全文を読む]

フォーカス