漫画 鉄腕アトムに関するニュース

なぜ日本の「グルメ漫画」が海外でこれだけ人気なのか?

まぐまぐニュース! / 2016年08月25日04時30分

今では日本の漫画は「manga」として海外でも広く知られるようになり、日本国内でも漫画文化は老若男女の垣根を超えて不動の地位を築いていますよね。そんな中、海外でも今ひと際注目を集めているのがグルメ系漫画。要するに食べ物を扱う漫画が国内外で人気を博しているようですが、多くの人達を惹きつけるその魅力とは何なのでしょうか。 日本の「文化」を体現するグルメ系漫画 [全文を読む]

世界のベストセラーを作った「日本マンガ史」解体“深”書!(1)世界売り上げ占有率は92%

アサ芸プラス / 2016年08月29日05時54分

日本の漫画はなぜこんなにも面白いのか。なぜ続々と突出した漫画家が生まれ続けるのか。世界のベストセラーを作った源流に迫る! 日本の漫画が世界市場を席巻している。アニメやゲームなどとの線引きが難しいが、漫画単行本中心の市場を考えると、全世界で数兆円規模、日本だけで4000億~5000億円ほどに上る。 世界で最も売れた漫画は何か。1941年刊行開始のシリーズ「ク [全文を読む]

手塚治虫の新たな魅力を発見!~「手塚治虫とっておきの漫画」展

クオリティ埼玉 / 2016年08月27日10時49分

さいたま市立漫画会館にて「手塚治虫とっておきの漫画」展が開催される。手塚治虫のデビュー70周年と漫画会館開館50周年を記念した展覧会だ。 手塚治虫はストーリーマンガ「鉄腕アトム」や「火の鳥」で有名だが、一コマ風刺漫画や絵本画なども数多く描いている。今回は知られざる手塚氏の世界が展示される。期間中は、手塚治虫キャラクターグッズの販売やトークショーも企画されて [全文を読む]

世界のベストセラーを作った「日本マンガ史」解体“深”書!(3)日本にしかない「地球防衛軍」

アサ芸プラス / 2016年08月31日05時54分

擬声語が読者の共感を呼び起こす引き金になっているのは、日本漫画独特のものと考えられる。「オノマトペのことですね」 私が以前、名古屋造形大学で漫画の講義をしていた時、学生の中からこんな声がしたこともある。しかし、私は言下に否定する。「オノマトペではない、擬声語です」 擬声語は日本語の特徴のひとつで、世界の言語と比べて数十倍とか数百倍の多さだといわれる。学者の [全文を読む]

手塚治虫 マリン・エクスプレス 第2巻1月19日発売!!

DreamNews / 2017年01月17日18時00分

巨匠・手塚治虫の伝説のアニメをコミカライズした漫画『手塚治虫 マリン・エクスプレス』第2巻がいよいよ発売となります! 第2巻では第1巻で起こった事件の謎や伏線に迫る一方、新たな謎や新しい登場人物、そして思いもよらない新展開が待ち受けています。 待望の第2巻が1月19日(木)に発売です!手塚治虫 マリン・エクスプレス 第2巻1月19日発売!!手塚オールスター [全文を読む]

浦沢直樹 マンガを書いていることを隠していた子供時代

WEB女性自身 / 2014年10月05日07時00分

今回のゲストは、常に漫画業界の第一線を走り続け、多くの人々を魅了するストーリーを紡ぎ出す浦沢直樹(54)。女子スポーツもの、ミステリー、SF、サスペンスなど、作風は作品によってまったく違う。1億冊以上を売った天才漫画家の人物像に迫る!中山「ウチは一家そろって浦沢作品ファンなんです!先生は多くの作品を手掛けていますが、そもそも漫画を描こうと思ったきっかけは? [全文を読む]

異色の漫画家対談――かわぐちかいじとこうの史代が広島で語ったこと【前編】

ダ・ヴィンチニュース / 2016年08月15日06時30分

『沈黙の艦隊』『ジパング』『空母いぶき』などを手がけるかわぐちかいじ氏と、『夕凪の街 桜の国』そしてこの秋映画も公開予定の『この世界の片隅に』の原作を生み出したこうの史代氏の2人の漫画家が、7月広島で対談形式での講演を行った。広島出身の2人の才能がはじめて会したこのイベントは比治山大学の特別公開講義、そして今年広島で開催となる広島国際アニメーションフェステ [全文を読む]

“漫画の神様”手塚治虫が生み出した名作キャラクターに大変身!『手塚治虫ワールド フェイスパック』2015年11月3日(火)発売決定!!

PR TIMES / 2015年10月30日12時51分

~世代を超えて愛される名作漫画「鉄腕アトム」&「ブラック・ジャック」の2種類が登場~一心堂本舗株式会社(東京都千代田区、社長:戸村憲人)は、これまで累計約130万個以上を売り上げているデザインフェイスパックシリーズの第16弾の商品として、”漫画の神様”と評される漫画家・手塚治虫氏の代表作である「鉄腕アトム」と「ブラック・ジャック」をデザインに採用した『手塚 [全文を読む]

「富士山噴火」「首都圏直下型地震」も予知!? 漫画が現実になる手塚治虫の予言

ハピズム / 2013年05月03日20時00分

漫画の神様、天才漫画の神様、手塚治虫は、昭和20年~60年代、『鉄腕アトム』『ブラック・ジャック』『火の鳥』『リボンの騎士』『どろろ』『ふしぎなメルモ』など、子ども向けからアダルト向けまで幅広い内容の名作漫画を大量に生み出し、「アニメ界の生みの親」として日本のアニメの礎を築いた。漫画・アニメ業界における彼の功績は莫大なもので、手塚作品は今でも世界中の人々に [全文を読む]

同人誌販売「とらのあな」社長の美人妻にネット仰天 落とした方法明かす

J-CASTニュース / 2017年09月14日19時07分

同人誌や漫画関連商品を販売する「とらのあな」の社長とその美人妻がテレビに登場し、ネット上がにわかに騒然とした。社長が出演したのは、街行く人に自宅訪問ロケをお願いする人気バラエティ番組「家、ついて行ってイイですか?」(テレビ東京系)の2017年9月13日放送回。自宅訪問後、スタッフがインタビューするなかで明らかになった。 「漫画とか若者をダメにしている仕事」 [全文を読む]

手塚治虫の70年代シナリオ集のどこがスゴイかを 企画・構成・編集を担当した濱田さんに聞いてきた!

ガジェット通信 / 2017年02月18日10時00分

残された漫画やエッセイだけでも膨大な量なのに、それと並行してさらにこういった作品を手掛けられていたことが、この2冊で一望できます。 初公開の貴重なテキストも収録 ———こういった作品は、これまでいろいろなところに、少しずつ収められていたものだそうですね。 濱田 いくつかのシナリオは、講談社の漫画全集の別巻に『手塚治虫シナリオ集』として入っていますし、ほかに [全文を読む]

【出版社「(株)ホーム社」プレスリリース】『手塚治虫 マリン・エクスプレス』第1巻発売のお知らせ

DreamNews / 2016年09月21日18時00分

マリン・エクスプレス ホーム社公式 http://www.homesha.jp/p/marine-express/書籍情報原作:手塚治虫 (塚は本来旧字体「、」入ります) 漫画:池原しげと (手塚プロダクション・マンガ部OB) 発売:9月23日(金) 定価:本体640円+税 体裁:B6判 / 208ページ 発行:ホーム社 発売:集英社 ISBN:978-4 [全文を読む]

手塚治虫の風刺漫画や絵本画を紹介 『手塚治虫とっておきの漫画』展

太田出版ケトルニュース / 2016年09月06日09時40分

9月10日(土)から、埼玉県さいたま市のさいたま市立漫画会館にて、手塚治虫のデビュー70周年を記念する『手塚治虫とっておきの漫画』展が開催される。 この展覧会は、1946年に17歳で4コママンガ『マァチャンの日記帳』でデビューした手塚治虫のデビュー70周年を記念し、一コマ風刺漫画や絵本画など、手塚の知られざる作品を紹介するもの。『鉄腕アトム』『火の鳥』『ブ [全文を読む]

ファンタオレンジでブチ切れる! いち編集者が見た手塚治虫の足跡

ダ・ヴィンチニュース / 2015年09月14日06時30分

その橋本氏と手塚先生との交流を、漫画やアニメの潮流を交えつつ述懐しているのが『鉄腕アトムの歌が聞こえる ~手塚治虫とその時代~』(橋本一郎/少年画報社)だ。 手塚先生といえば、普段は漫画を読まない人でも名前くらいは聞いたことがあるであろう“漫画の神様”だ。教科書にも登場しているので、その偉人性は疑うべくもない。そんな手塚先生の元へ、20代半ばの橋本氏は『鉄 [全文を読む]

『鉄腕アトム』が海外で実写化! “アトムはアイアンマンと同格”と豪製作者

NewSphere / 2015年02月06日17時41分

手塚治虫氏の傑作漫画・アニメ作品である『鉄腕アトム』が、オーストラリアのアニメ制作会社アニマル・ロジックによって実写映画化される。 米エンタメ情報誌ハリウッド・リポーター(電子版)によると、『LEGO(R)ムービー』の製作総指揮を務めたザレー・ナルバンディアンが製作、ジェイソン・ラストが製作総指揮を務める。映画『ハード・ソルジャー 炎の奪還』のマイク・キャ [全文を読む]

面白すぎて緊急重版! 鉄腕アトム誕生物語『アトム ザ・ビギニング』が話題

ダ・ヴィンチニュース / 2015年06月27日18時00分

【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら 『アトム ザ・ビギニング』は“漫画の神様”手塚治虫が生んだ『鉄腕アトム』誕生までの物語。“アトム”がすでに完成された物語であり、日本人にとって永遠のヒーローであるだけに、新たに描くのは容易ではない。しかし、『機動警察パトレイバー』のゆうきまさみ、『RIDEBACK』のカサハラテツローという、ロボット漫画を描き続け [全文を読む]

奇跡の舞台「プルートゥ PLUTO」が幕明け! 森山未來『どの風景を切り取っても美しい』

Smartザテレビジョン / 2015年01月10日09時19分

浦沢直樹と長崎尚志による人気漫画「PLUTO」(小学館)を、森山未來主演で舞台化した「プルートゥ PLUTO」が1月9日、初日を迎えた。漫画「PLUTO」は、手塚治虫の鉄腕アトム「地上最大のロボット」を原作にし、現在は20の言語に翻訳され、全世界に愛読者を持つ作品。漫画以外でのメディア展開は今回が初めてで、演劇ファンのみならず、多くの人々から期待と注目を集 [全文を読む]

大友克洋が 『AKIRA』で的中させた2020年東京オリンピックの予知能力はヨーロパの人々も驚愕させていた!

おたぽる / 2014年03月18日18時00分

漫画家の中には未来を予言した人が数多くいる。例えば「漫画の神様」手塚治虫だ。彼の代表作『ブラック・ジャック』の第17巻、第158話『もらい水』の中でブラックジャックが大地震に遭遇する話があるのだが、その日付と時間、地域とマグニチュードが岩手・宮城内陸地震とぴったり一致していたそうだ。また、21世紀初頭に富士山の異変が起きた際にも、『鉄腕アトム』内に似たよう [全文を読む]

誕生!新本格時代劇漫画誌「COMIC魂(KON)」発刊記念!! 「魂」連載5大作家 神田明神にて原画展 開催!!

PR TIMES / 2017年09月07日09時00分

シニアに笑顔と元気を送るこの1冊! 株式会社はちどり(本社:東京都千代田区)では、2017年9月19日(火)に、シニア世代向け時代劇漫画誌「COMIC魂(KON)」を発刊いたします。同誌では完全オリジナルの新作はもとより、過去の貴重な名作なども再掲載。豪華作家陣による作品の数々は読み応えも十分です。懐かしさと新鮮さを持ち合わせた本格時代劇漫画として、シニア [全文を読む]

「こんなアニメが作りたい」 ハリウッドを嫉妬させた『AKIRA』の功績

太田出版ケトルニュース / 2017年02月22日14時07分

彼はおしそうにつぶやいていた〉 漫画の神様として知られ、日本のアニメに多大な貢献をした手塚治虫さんは、ジョージ・ルーカスのスタジオを訪れた際のエピソードを、1988年発行の『ユリイカ臨時増刊号 総特集・大友克洋』に寄せています。このとき、大友さんによる漫画版の『AKIRA』は、すでに海外でも翻訳出版され、話題となっていました。 ハリウッドの映画人も羨望した [全文を読む]

フォーカス