松井裕樹 森友哉に関するニュース

【プロ野球】「25歳以下限定」の年俸ランキング!トップは山田哲人(ヤクルト)。若くして大金を稼ぐ男たち!

デイリーニュースオンライン / 2017年04月29日16時05分

■1位:山田哲人(ヤクルト) 1992年7月16日生/24歳 年棒:3億5000万円 ■2位 筒香嘉智(DeNA) 1991年11月26日生/25歳 年棒:3億円 ■3位 大谷翔平(日本ハム) 1994年7月5日生/22歳 年棒:2億7000万円 ■4位 藤浪晋太郎(阪神) 1994年4月12日生/23歳 年棒:1億6000万円 ■5位 今宮健太(ソフト [全文を読む]

新生・侍ジャパンの深刻な弱点は「リリーフ陣」と「正捕手」

週プレNEWS / 2016年11月09日15時00分

その結果、準決勝の韓国戦で則本がつかまり、続く松井裕樹(楽天)、増井浩俊(日本ハム)も流れを止めることができなかった。 リリーフ陣が確立されていれば、逆算して投手継投ができ、戦い方が安定する。強化試合で注目したい中継ぎ投手は、日本ハムの宮西尚生。変化球でストライクが取れる貴重な左腕に期待がかかる一方で、最終回を任せられる絶対的な守護神は見当たらない。 今回 [全文を読む]

【プロ野球】《2016ドラフト注目選手・投手編》運命の1一日、近づく。ドラフト目玉投手5人をピックアップ!

デイリーニュースオンライン / 2016年10月06日16時05分

松井裕樹、森友哉世代の有望株が、社会人野球を経て、満を持してプロ野球に殴り込みをかける。 空振りを奪える縦のスライダーをはじめ、チェンジアップ、カーブなどを駆使する山岡だが、一番のストロングポイントは打者の頭のなかにないボールを選択できる洞察力にある。プロのキャッチャーと組むことで、その能力はさらに光るだろう。 また、勝ち気な性格のためリリーフタイプに受け [全文を読む]

【試写室】「アメトーークSP」で一足先に熱い夏が!

Smartザテレビジョン / 2015年07月18日06時00分

最近の選手でも、ことしのオールスターで両リーグ通じて最多得票を獲得した森友哉、甲子園記録の22奪三振を記録した松井裕樹などの、伝説の名勝負を振り返る。 これは筆者のような高校野球ファンが声を出して見入ってしまうほどの絶妙なVTR構成であり、「アメトーーク!」には興味がないけど高校野球は大好き、という人でも納得できる内容になっている。 個人的に真っ先に「グッ [全文を読む]

【試写室】「アメトーークSP」で一足先に熱い夏が!

Smartザテレビジョン / 2015年07月18日06時00分

最近の選手でも、ことしのオールスターで両リーグ通じて最多得票を獲得した森友哉、甲子園記録の22奪三振を記録した松井裕樹などの、伝説の名勝負を振り返る。 これは筆者のような高校野球ファンが声を出して見入ってしまうほどの絶妙なVTR構成であり、「アメトーーク!」には興味がないけど高校野球は大好き、という人でも納得できる内容になっている。 個人的に真っ先に「グッ [全文を読む]

今年のドラ1は年上が好み? 「好きなタイプ」22歳上の例も

NEWSポストセブン / 2014年02月16日16時00分

【球団名・選手名/好きなタイプ】※カッコ内は、2014年末の満年齢 ●パ・リーグ 楽天・松井裕樹(19)/武井咲(21) 西武・森友哉(19)/「いつも笑っている人、ゲラくらいがいい」 ロッテ・石川歩(26)/臼田あさ美(30) ソフトバンク・加治屋蓮(23)/桐谷美玲(25) オリックス・吉田一将(25)/香里奈(30) 日本ハム・渡邉諒(19)/「運 [全文を読む]

元阪急・名スカウト指南 どんな口堅い人でも場が和む会話術

NEWSポストセブン / 2013年10月25日07時00分

* * * 松井裕樹(桐光学園)は、森友哉(大阪桐蔭)は、どの球団に指名されるのか。24日のドラフト会議で彼らの運命が決まる。かつてパ・リーグ広報部長だった伊東一雄が読み上げていた、「第一回選択希望選手、読売……」という声を、神の声にも似た心境で聞く人も多かった。 そんなドラフト制度ができる前から、名スカウトとして有名だったのが丸尾千年次だ。阪急では投手 [全文を読む]

【速報】2013年度プロ野球ドラフト会議

NewsCafe / 2013年10月24日17時49分

今年のドラフトの目玉、松井裕樹(桐光学園高校)は横浜、中日、日本ハム、楽天、ソフトバンクの5球団の競合の末、東北楽天が交渉権を獲得した。注目の森友哉(大阪桐蔭)は西武の単独指名により交渉権を獲得した九州大学球界の本格派 大瀬良大地(九州共立大)は阪神、広島、ヤクルトの3球団の競合の末、広島が交渉権を獲得。社会人では即戦力投手として期待の集まる吉田一将(JR [全文を読む]

【速報】松井は楽天が交渉権獲得

NewsCafe / 2013年10月24日17時22分

今年のドラフトの目玉、松井裕樹(桐光学園高校)は横浜、中日、日本ハム、楽天、ソフトバンクの5球団の競合の末、東北楽天が交渉権を獲得した。九州大学球界の本格派 大瀬良大地(九州共立大)は阪神、広島、ヤクルトの3球団の競合の末、広島が交渉権を獲得。注目の森友哉(大阪桐蔭)は西武の単独指名により交渉権を獲得した。 [全文を読む]

フォーカス