埴輪 古墳に関するニュース

古墳大好き女子・まりこふんがお届けする、日本一わかりやすい古墳の本 『まりこふんの古墳ブック』刊行

PR TIMES / 2014年04月25日11時30分

<本の内容>古墳の解説に始まり、埴輪、石棺、副葬品、全国各地の古墳祭りまで紹介。まりこふんおすすめの古墳もラインナップしています。【目次】1章 古墳ってなぁに? (古墳のタイプ、古墳の歴史、古墳のミカタ、まりこふんのコーフンポイント)2章 埴輪ってなぁに? (人物埴輪・動物埴輪・円筒埴輪・家形埴輪など)3章 装飾古墳ってなぁに?(虎塚古墳・高松塚古墳・王塚 [全文を読む]

いにしえからの贈りもの「古墳」・「埴輪」雑貨 第二弾 フェリシモ雑貨ブランド『YOU+MORE!』から手ぬぐい・マットが新登場

PR TIMES / 2015年10月05日19時50分

株式会社フェリシモは、9月上旬よりウェブサイトにて雑貨ブランド『YOU+MORE![ユーモア]』の古墳や埴輪をモチーフとした新商品の第二弾を販売しています。このたび新登場したのは「1500年待っていた! 古墳マットの会」「埴輪にハニカム!? ○○する埴輪たちの手ぬぐいの会」の2アイテム。「古墳」・「埴輪」雑貨シリーズは、新アイテムを含め、デジタルカタログ2 [全文を読む]

山が丸ごと博物館!和歌山県の紀伊風土記の丘で古代へと時空旅行してみませんか?

GOTRIP! / 2016年12月12日08時00分

大量の埴輪が出土した、長さ86メートルの前方後円墳は県内最大規模を誇ります。内部は基本的に非公開ですが、このように古墳に登ることができ、前方部、後方部のどちらからも素晴らしい景色が見渡せます。 35号古墳の周りを散策すると見つかる、閉ざされた扉。この扉が開くのは年に2回、石室の公開日のみ。その日だけこの大きな古墳の内部をうかがうことができます。 他、園内 [全文を読む]

こんな商品 1500年待っていた! フェリシモの雑貨ブランド『YOU+MORE!』から古墳モチーフの商品を発表

PR TIMES / 2015年07月07日20時05分

株式会社フェリシモは、7月より、ウェブサイトにて雑貨ブランド『YOU+MORE!』の古墳や埴輪をモチーフとした商品の販売を開始しました。その第一弾に「1500年待っていた!前方後円墳まくらの会」「埴輪にハニカム!?いろんな埴輪スタンプの会」「1500年待っていた!前方後円墳プレートの会」の3アイテムの発表を行い、今後も第二弾を企画中です。『YOU+MORE [全文を読む]

東京国立博物館 平成館考古展示室リニューアルオープン 2015年10月14日(水)

@Press / 2015年10月07日13時00分

さらに、埴輪では唯一国宝に指定されている「挂甲の武人」を、考古展示室のシンボルとして入口に展示。そのための専用ケースを新たに作りました。また、今まで展示コンセプトやレイアウトの都合により、展示の機会が少なかった作品も新たに展示されます。《主な作品》【国宝 埴輪 挂甲の武人(はにわ けいこうのぶじん)】[群馬県太田市飯塚町出土 古墳時代・6世紀 東京国立博物 [全文を読む]

古代、かなり都会だった!? 群馬県に古墳が多いヒミツ

マイナビ進学U17 / 2016年08月30日12時02分

最高ランクの形とされる前方後円墳を含め、県内に残る古墳は1万基以上! 中からは、当時のライフスタイルをうかがわせる埴輪などの副葬品が、多数出土しています。古墳といえば奈良や大阪がメジャーですが、かつて都でもあったこの2都市は、墓荒らしや震災、火事などにより多くが被害を受けました。ところが、群馬には遺跡をそっくり残すことのできる天災、火山噴火があったのです。 [全文を読む]

ろくでなし子どころではない? 日本人は古代から「わいせつ」だった! 考古学的に見る女性器表現

tocana / 2015年01月28日08時00分

代表する遺物に埴輪がある。土で作られた人形で、死者を送る儀式に使われたとされる。土偶よりもバリエーションが多いが、性器を表現したとものはそれほど多くない。代表的なところでは、宮崎県の新田原古墳群百足塚(にゅうたばるこふんぐんむかでづか)古墳で発掘された女性器と男性器を持つ埴輪がある。 土偶や埴輪の性器表現はどれもディフォルメされたもので、冒頭のろくでなし子 [全文を読む]

はにわ(埴輪)で遊ぶ。第1回「はにキモグランプリ」が決定!

PR TIMES / 2016年09月09日16時20分

2位以下に倍以上の大差をつけて選ばれた、グランプリ(最多得票作品)がこちらです![画像2: http://prtimes.jp/i/13806/21/resize/d13806-21-795115-0.jpg ] 受賞者はなんと、この日のゲストだったゆるキャラ「埴輪氏武」(はにわうじ・たける=志段味古墳群歴史の里マスコットキャラクター)の中の人でした! [全文を読む]

はにわ、ハニワ、埴輪!! 古代のフィギュア “はにわ” だらけの本、その名も『はにわ』が刊行

PR TIMES / 2016年08月19日16時54分

社会科の教科書に載っていた、あの “はにわ(ハニワ、埴輪)” の本です。はにわの写真ばかり、50点近くが載っていて、ゆる~いコメントがついています。「はにわなんて、古めかしくて、難しそう。」教科書どおりのそんなイメージをぶち壊すために、この本をつくりました。はにわは、かわいらしくて、楽しくて、おもしろいんです。言葉で書くよりも、まずサンプルを見ていただいた [全文を読む]

未来のインディ・ジョーンズになるために...! 「古代遺跡を新発見する方法5つ」をジャーナリストが説く!

tocana / 2015年03月26日07時30分

そうなると古墳に配置されていることが多い埴輪や縄文時代の集落遺跡ならば、縄文土器などの破片が数多く散らばっていることが多い。そうした遺物の分布範囲から遺跡を特定することもあるのだ。そのような調査方法を表面採取(表採)という。 5、上空からの調査 Google社が開発した世界中を上空から見ることができるサービス、Google Earth。この技術は、これまで [全文を読む]

カグヤ姫には隠し子がいた:684年白鳳大地震の満月津波のかげで/純丘曜彰 教授博士

INSIGHT NOW! / 2017年02月25日07時45分

どのみち140歳まで生きたことになっているから、数字が合わないのは当然なのだが、古墳の殉死を埴輪に代えた、と言われることからすると、事実かどうかはともかく、人物埴輪の登場する400年代半ばと想定されていたのだろう。もう一つ、垂仁で注目すべきは、即位25年に娘のヤマト(倭)姫にアマテラスを祭らせ、遠く美濃・尾張まで巡った後、伊勢に据えた、としていること。しか [全文を読む]

古墳は土石流対策の灌漑施設?/純丘曜彰 教授博士

INSIGHT NOW! / 2016年11月21日07時00分

それで、彼女こそ卑弥呼じゃないか、とか、いや、箸というのだから、土師(はじ、大国主系、埴輪業者)氏のだろう、とか、いろいろ言われている。 これは東北を向いている。しかし、地図だけ見ていてもわかるまい。現地に行くと、事情は氷解する。この古墳は、三輪山の北の谷筋、その土石流を迎え撃つように設置されている。もっとも現代の景観ではわかりにくい。当時、急激な人口爆発 [全文を読む]

古墳時代にタイムスリップ!シュール感がたまらない「はにわ園」

TABIZINE / 2016年08月14日12時00分

古墳を形どった盛土の上に、日本各地から発掘された埴輪、土器などのレプリカが約400体置かれています。 園内のところどころには、はにわについて学べる案内板がありました。はにわは聖域としての古墳を守り、また装飾する役目を果たしていたようです。 かの教育テレビ番組「おーい! はに丸」の「はに丸」と「ひんべえ」に似ているはにわ。ひんべえはそのまんまという印象ですが [全文を読む]

独創性あふれるお店から新しい藤井寺を発信!「FRAPキックオフパーティー」を3月4日に開催

@Press / 2017年02月24日09時30分

古代に遡れば、藤井寺では土師(はじ)と呼ばれる人々が古墳や土器、埴輪、暮らしの道具を確かな技術と感性をもって製造していました。ものづくりのDNAが今も受け継がれているのか、市内では定期的に数種の手づくり市が開催されており、地域に根ざした老舗や新しい感性を持つ個店、作家同士のコミュニケーションが自然と進んでいます。例えば、新しくできた個性的なベーカリーに四代 [全文を読む]

九段LLカフェ講座「学芸員が案内する大学博物館」普段見られない博物館のバックヤードツアーとレクチャーで学ぶ体験型の講座!千代田区・明治大学博物館にて3月11日に開催

@Press / 2017年02月06日12時30分

子どもの埋葬や埴輪など、弥生・古墳時代の家族や祭祀のありかたを復元する研究に取り組む。)【対象/定員】20歳以上の方/20名(締切り後、抽選の上、別途ご案内を送付)【参加費】3,500円、千代田区在住者とすぽすた会員は3,000円(教材費・ランチ代・保険代含む)※3月7日(火)17時以降のキャンセルは、950円のキャンセル料が発生します【講座情報サイトUR [全文を読む]

大盛況!「SHUNGA 春画展」で私たちは、古き日本の多様な性文化に何を観るか?

ダ・ヴィンチニュース / 2015年10月12日09時00分

埋葬された埴輪に、男性器、女性器を模したパーツが見られるものがありました。男女の交わりは、神によってなされた場合は“国産み”となり、人がすれば子どもが生まれる。つまり豊穣につながる行為です。ハレの日には、性器を祝福すべきものとして人々の眼前に出来させる風習もありました。いまでも神奈川県の“かなまら祭り”のように、性器の形をしたご神体を担ぐ奇祭をはじめ、性や [全文を読む]

韓国が茶道、剣道、相撲、ソメイヨシノまで韓国起源説を主張

NEWSポストセブン / 2015年08月23日16時00分

しかし、日本では古墳時代の出土品に力士の埴輪があり、古事記や日本書紀にも相撲の記述が登場するほどの歴史がある。もっとも、相撲に似た格闘技は古くからモンゴルや中国にも存在しており、その起源を特定することはできない。それでも彼らは同じようなスポーツをしていればすべて「韓国起源」にしてしまうのだ。 ※SAPIO2015年9月号 [全文を読む]

宮崎県西都市で第二回ニコニコ町会議を開催!6千超の来場にネット視聴者20万人

ITライフハック / 2014年07月29日15時00分

町踊ってみたのレッスン風景町踊ってみたお披露目町まるなげひろば町ゲーム実況の前にも大勢の人たち痛車も参加テンション最高潮になる町ボカニコまた、町に飛び出して中継するコーナーでは、鬼の窟古墳の様子をレポートし、西都原考古博物館で埴輪作り体験や、地元の飲食店にも訪問し、西都市の魅力を紹介。その他、「西都夏まつり」の太鼓台の中継も実施し、神輿の勢いにネット視聴者 [全文を読む]

フォーカス