海外 美少年に関するニュース

‘19歳の新星’ 勧修寺保都、「毛皮のマリー」メインキャストに抜擢!!

スポーツソウルメディアジャパン / 2015年12月25日16時26分

また、その活動は、日本のみに留まらず、フランス、オランダ、イタリア、ポーランド、ドイツ、イギリスそしてアメリカと、世界各地で演劇活動を行ったのみならず、海外での映画賞も数多く受賞している。その寺山修司により、1967年日本初のアングラ演劇として産声を上げた、演劇実験室◎天井棧敷。東京オリンピックを経て全共闘、そして高度経済成長へと向かう時代の中、1967年 [全文を読む]

“人には言えない悩み” 女子の約7割が経験あり!スキャンダラスな一般人は意外に多い!?

PR TIMES / 2014年12月03日11時15分

一般人の日常は想像以上にスキャンダラス!“女子のスキャンダル事情”アンケート結果発表:どんなスキャンダルも解決する敏腕フィクサーが主人公の海外TVドラマ『スキャンダル シーズン1&2』にちなんだ調査 映画やドラマのなかでだけ起こっている稀な話だと思っていたら、一般にもスキャンダルは多発していた!今回、海外TVドラマ『スキャンダル シーズン1&2』にちなんで [全文を読む]

日本終わった…「俺の嫁」の英訳は『Mai Waifu』であることが判明!

秒刊SUNDAY / 2013年08月31日23時50分

なんと日本語をそのまま英語にしたような「俺の嫁」を表す『Mai Waifu』が既に海外のインターネットのスラングとして確立しているのです。スペル間違ってるのでは?と思うのかもしれませんがそうではありません。日本への敬意です。 ―一般化するMai WaifuMai Waifuって覚えたての英語無理やり使おうとして、スペル間違っているなんちゃって外国人ではない [全文を読む]

【悲報】俺の嫁の英訳があまりにも「衝撃的」過ぎると話題に

秒刊SUNDAY / 2016年06月25日20時15分

『Mai Waifu』はもはや海外のインターネットにおける定番のスラングである。XXXは俺の嫁は英語に直すと she is Mai Waifu 。 まさに英語と日本が融合し『オタク(OTAKU)』という一つのバーチャル世界をつくり上げ同じ共同体の中でお互い意味の分かる新たなインターネット言語が作られようとしているのだ。 kawaii otaku Mai W [全文を読む]

【マジかよ】読めない! でもカッコイイ!? 実在すると噂されるキラキラネーム50連発

ヨメルモ トリビアニュース / 2017年02月18日06時00分

37. 美少年(みさと) 38. 夢希(ないき) 39. 奇跡(だいや) 40. 歩木鈴(ぽこりん) 41. 甲子園(こうしえん) 野球部じゃなくバスケットボール部に入部したらどうなるんでしょうか 42. 乃絵瑠(のえる) 43. 騎士(ないと) 44. 光舞(てるま) 45. 輝南(てぃな) 46. 大魂(だいそう) 47. 美々魅(みみみ) 48. [全文を読む]

こんなものまで!? 男性からの「困ったおみやげ」

Woman.excite / 2015年11月12日21時00分

スキー仲間の一人で、現在は海外駐在中のテツオさん(仮名、34歳)です。海外に行く際に当時の恋人から結婚をせがまれ、真弓さんにも相談して来ました。友情に厚い真弓さんは「その子と早く結婚したほうがいいよ」とアドバイスをしたのですが、結局テツオさんは彼女と別れてしまいました。「優しくて、すごくいい人です。駐在している場所ではまったくモテないと嘆いているので、私に [全文を読む]

「ママ、お腹すいたー」コールにパパッと出せる! 彩りゆたかな簡単イタリア風チキン丼

Woman.excite / 2015年11月10日05時15分

スキー仲間の一人で、現在は海外駐在中のテツオさん(仮名、34歳)です。海外に行く際に当時の恋人から結婚をせがまれ、真弓さんにも相談して来ました。友情に厚い真弓さんは「その子と早く結婚したほうがいいよ」とアドバイスをしたのですが、結局テツオさんは彼女と別れてしまいました。「優しくて、すごくいい人です。駐在している場所ではまったくモテないと嘆いているので、私に [全文を読む]

『進撃の巨人』配役、海外ファン大反響 “エレン、ミカサかっこいい”“リヴァイは?”

NewSphere / 2014年11月22日11時00分

海外でも多くのファンを持つ同作品の実写映画化は、大きな注目を集めている。 ◆アルミンはブロンドの美少年なのに 漫画の舞台やキャラクターがヨーロッパ風であることから、キャストが全員日本人であることに違和感を抱いたファンが多いようだ。『Kotaku』、『Anime News Network』、『reddit』には次のような声が寄せられた。 ・アルミン「僕はこん [全文を読む]

海外サイトが選ぶジブリキャラBEST10 3位「コダマ」2位「カオナシ」1位は...!?

AOLニュース / 2013年09月05日16時38分

そして今夏、監督作としては5年ぶりの『風立ちぬ』が封切られ今も絶賛上映中なわけだが、海外でも人気の宮崎駿映画、海外サイトbuzzfeed.comでは、宮崎作品に出てくるかわいすぎなサブキャラランキングが発表。さっそく1位から10位までみてみよう。『風立ちぬ』より写真:(C)2013 二馬力・GNDHDDTK10位 ジジ 『魔女の宅急便』(89)主人公である [全文を読む]

元のタイトルと海外版のタイトルが違いすぎるマンガベスト5

ダ・ヴィンチニュース / 2013年06月12日11時50分

しかしその作品の中には海外に合わせて本来のタイトルから大きく変更されるケースも存在する。 ということで今回は外国版でタイトルが全然ちがうマンガをランキング形式で紹介しよう。 【画像あり】元記事はこちら 【1位】Case Closed(一件落着) → 名探偵コナン 『名探偵コナン(1~79巻)』(青山剛昌/小学館) ホームズに憧れる推理マニアの高校生、工藤新 [全文を読む]

GENKING「1000万円借金」告白 “華麗な生活”すべてウソだった

Smartザテレビジョン / 2017年05月29日09時20分

海外へ行くにも、片道だけビジネスに乗り、写真を撮るために1泊だけ豪華なホテルに泊まるなどし、ついに自身のクレジットカードや交際相手のカード6枚分が満額に。返済が追いつかなくなり、1000万円もの借金を抱えてしまったそうだ。 そんな中、“謎の美少年”として2015年に芸能界デビューしたGENKINGは、一躍人気者に。 バラエティ番組でいよいよ自宅を公開する [全文を読む]

“売春マンション”から“未解決事件”まで……。今日も冥府魔道を闊歩する『鈴木智彦の「激ヤバ地帯」潜入記!』

日刊サイゾー / 2016年11月09日23時30分

さらに、海外でシノギを展開するヤクザを追った、混沌のアジア「激ヤバ」地帯など、その“激ヤバ”っぷりに血の気が引くが、何よりそこへ身を投じる鈴木もまた“激ヤバ”だといえるだろう。 香港では“売春マンション”に潜入。もともと、香港産として日本で出回るウナギの一部が密漁もので、マフィア経由で香港に集められているとの情報を探るために潜入した。 しかし、その情報を確 [全文を読む]

トランプ次期大統領の演説中にうつらうつら 眠たげな美少年が天使すぎる

しらべぇ / 2016年11月09日19時00分

トランプの隣にいるのは孫じゃなくてイケメン息子です pic.twitter.com/U3iGxfencS— 海外の万国反応記 (@all_nations2) November 9, 2016眠そうなバロン・トランプくん尊い。 pic.twitter.com/ArSwbeaBtt— 踊る阿呆 (@krhc_m) November 9, 2016父親が大統領に [全文を読む]

anan「年下の男」特集。表紙のSexy Zoneさんの表紙撮影の様子は?

anan NEWS / 2016年08月02日18時30分

スタジオに置いてあった海外のファッション誌を見ながら、モデルのポーズを真似してみたり、ウォーキングをしてみたり…。そんな微笑ましい光景の中、撮影がスタート。 トップバッターは松島さん。誌面を見ていただければわかるのですが、今回は、まるで夏の夕立が過ぎた後のようなセクシーに濡れた彼らの姿を激写。PCのモニターに映し出される過去最高(!?)の松島さんのセクシー [全文を読む]

マンガ原作映画はオリジナルを超えることができるか?日本名(迷)作マンガ映画史

日本タレント名鑑 / 2016年03月15日09時55分

この作品は劇場版オリジナルのストーリーで展開した事から原作ファンを中心に賛否両論が巻き起こったが、作中での圧倒的な巨人のビジュアルはすでに海外にも驚きを持って迎えられ、映画以外のゲームなど様々なメディアでの映像表現に影響を与えている。 今後待機している期待のマンガの映画化作品としては、花沢健吾のゾンビもの『アイアムアヒーロー』が大泉洋、有村架純主演で公開目 [全文を読む]

映画『ライチ☆光クラブ』中条あやみ&間宮祥太朗、壮絶なワールドデビューを飾る

ソーシャルトレンドニュース / 2015年10月02日15時58分

今回のワールドプレミア上映で、海外のファンからどのような評価を受けるのか。注目したい。(文:ソーシャルトレンドニュース編集部)■映画『ライチ☆光クラブ』作品概要大人になる前の脆く、残酷で多感な少年の思春期を描き、その独創的な世界観と圧倒的なカリスマ性で支持される鬼才漫画家・古屋兎丸のロングセラーコミックが待望の映画化。物語の舞台は、黒い煙と油に塗れた蛍光町 [全文を読む]

女装ブームに新展開!?岩手県で活躍する女装タレントがタイへ進出する理由とは?

しらべぇ / 2015年08月03日10時00分

「岩手蛍の女装ブログ」http://ameblo.jp/iwate-kei/ (取材・文/しらべぇ海外支部・西尾康晴) [全文を読む]

スマイレージ改めアンジュルムの新メンバー、佐々木莉佳子は宇宙イチのアイドルを目指す 「コンプレックス? ないです!」

週プレNEWS / 2015年01月31日06時00分

そこでたくさん成長したいです! そしてホールツアーもやりたいですね! あと、海外にも行って、外国の皆さんにもアンジュルムを観てもらいたいです! 新曲の『大器晩成/乙女の逆襲』、スッゴい良い曲なので! そして観光もしたいです! ―なるほど(笑)。いや~こんなに「!」尽くしのインタビューもなかなかないですよ。ありがとうございました!!! 佐々木 ありがとうござ [全文を読む]

【独占インタビュー】NU’EST、夏からの日本活動での公約は!?

Woman Insight / 2014年06月15日07時30分

ミンヒョンは海外に行くとあまり食事ができないんですけど、日本に来るとよく食べるから。ミンヒョンと地方に行って、美味しい物をたくさん食べられたらいいなって思います。 WI 次回機会があるといいですよね。では、2人が地方をまわっている間、残された3人は何をしましょうか? JR 練習じゃない?(笑) ミンヒョン 韓国の活動!(3人だけで?と返すと)……あぁそっか [全文を読む]

フルCG映画『聖闘士星矢 Legend of Sanctuary』公開決定! あらためてチェックしたい『星矢』作品

日刊サイゾー / 2014年03月01日16時00分

そんな作品の人気は海外にも波及。特にフランスでの過熱ぶりは格別だったようで、当時、新刊が到着する船便を現地のファンが港で待ち構えていたという都市伝説もささやかれていました。 このようにビッグバン的大ヒットを記録した『星矢』だけあって、現在も玩具やアニメ、コミックなどさまざまなメディアでシリーズが展開中なのです。 しかし、あまりにも多岐にわたるメディア展開 [全文を読む]

フォーカス