平沢大河 2軍に関するニュース

【プロ野球】豊作のはずが不作? ドラ1ルーキーたちの現在地 開幕1軍に残るのは誰だ!?

デイリーニュースオンライン / 2017年03月28日17時05分

昨年はオコエ瑠偉(楽天)、平沢大河(ロッテ)、高山俊(阪神)、吉田正尚(オリックス)、今永昇太(DeNA)など、ドラ1ルーキーが当たり年だった。それに比べると今年はトーンダウンが否めない。 それでも着実に結果を残し、開幕1を手中に収めた男たちもいる。「開幕1軍」を目標に据えた、12球団ドラ1ルーキーたちの現在地をチェックしてみよう。 (※オープン戦の成績 [全文を読む]

【プロ野球】今季1軍初出場を果たした選手は?パ球団別大抜擢ランキング

デイリーニュースオンライン / 2016年05月24日16時04分

■ロッテ 2人 ≪投手≫ 東條大樹(1年目・25歳) 1試合/0勝0敗/防御率13.50 ≪野手≫ 平沢大河(1年目・19歳) 4試合/打率.000(4-0)/0本塁打/0打点 新戦力の起用が多いイメージのロッテだが、今季1軍初出場はまだ2人。ゴールデンルーキー・平沢の硬さがどこまで取れるかが目下の注目だ。 シーズン中盤になるといつの間にかルーキーが1軍 [全文を読む]

【プロ野球】あの期待の新人は今?千葉ロッテ・平沢大河の現在地

デイリーニュースオンライン / 2016年04月12日16時04分

平沢大河(ロッテ)である。 解説者や首脳陣が絶賛するスイングに加え、ロッテの手薄な1軍内野陣という事情も相まって、一時はオコエ以上に「開幕スタメン」の声が高まっていたはず……。 キャンプ終盤からフェードアウトしてしまった彼の今を探ってみた。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■オープン戦終盤でひっそり2軍落ち ひっそりと表舞 [全文を読む]

【プロ野球】高卒ドラ1ルーキーの共通点、そして共通点のない高橋純平

デイリーニュースオンライン / 2016年07月21日17時05分

では、その3人、オコエ瑠偉(楽天)、平沢大河(ロッテ)、そして小笠原慎之介(中日)の共通点とは? ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■ソフトバンク戦で1軍初出場 高卒ルーキーでただひとり開幕1軍入りを果たしたオコエは、Koboスタ宮城で行われたソフトバンクとの開幕戦で代走デビュー。翌日にはプロ初盗塁を記録した。 開幕2軍スタ [全文を読む]

【プロ野球】プロに慣れた今季こそ本領発揮! 2年目を迎える「オコエ世代」の有望株をチェック!!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月19日16時05分

■野手のツートップはパ・リーグの2選手 一方、野手では世代の代名詞にもなっているオコエ瑠偉(楽天)と平沢大河(ロッテ)が旗手となる。 昨季のオコエは春季キャンプから1軍で過ごし、楽天史上初となる「高卒ルーキー開幕1軍」の座を獲得。 そして、開幕戦では代走ながら1軍デビューを達成。その後は結果を出せずに一度は2軍落ちも経験したが、交流戦直前に再び1軍へ上が [全文を読む]

【高校野球】当たり? ハズレ? 昨年の春夏の甲子園を沸かせた高卒ドラ1たちの現在

デイリーニュースオンライン / 2016年08月29日17時05分

そこで「3番・ショート」として活躍し、ロッテに1位指名(2球団競合)で入団したのが平沢大河だ。 1軍初登録は5月11日。そこから6試合に出場するも、10打席無安打6三振とプロの厳しい洗礼を浴び、無念の2軍落ち。7月30日に再登録さてからも苦難のバッターボックスが続いていたが、8月17日の楽天戦で、デビューから24打席目にしてようやくセンター前に初ヒットを放 [全文を読む]

【プロ野球】未来のスター候補生たちの出足は!? 高卒ルーキー1軍&2軍成績一覧(セ・リーグ編)

デイリーニュースオンライン / 2016年08月30日17時05分

小笠原慎之介(中日)、オコエ瑠偉(楽天)、平沢大河(ロッテ)の最注目選手3人はすでに1軍デビューを果たし、華々しいプロ野球の世界で光を浴びはじめている。 しかし、他の高卒ルーキーたちはどんなスタートを切ったのだろうか?ここまでの各球団の高卒ルーキーの成績をまとめてみた。まずはセ・リーグ編! (成績は8月25日時点) ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュ [全文を読む]

【プロ野球】イチロー部屋、ダル部屋、マー君部屋に続くのは? プロ野球“本当の出世部屋”はどこだ!?

デイリーニュースオンライン / 2017年01月16日17時05分

過去に今江敏晃(年晶/現楽天)や成瀬善久(現ヤクルト)、唐川侑己らが入団時に過ごし、昨年は平沢大河が入寮した。今後、平沢の活躍いかんによって、出世部屋としての格がさらに上がるはずだ。 【西武】 ドラフト1位・今井達也(作新学院高)が入寮したのは、松坂大輔(現ソフトバンク)、涌井秀章(現ロッテ)、菊池雄星、高橋光成ら、歴代の「高卒ドラ1」が過ごした出世部屋。 [全文を読む]

【プロ野球】ナバーロ逮捕で平沢が開幕スタメン?千葉ロッテのレギュラー争いが熱い

デイリーニュースオンライン / 2016年02月28日17時00分

候補の1番手に浮上するのはルーキー・平沢大河だ。 ライバル候補は三木亮、大嶺翔太、高濱卓也の3人。しかし、先述の通り、三木は打力難で髙濱の遊撃守備は疑問符(昨季2軍で36試合7失策、守備率.953)が残る。大嶺翔は攻守両面で遊撃手を務めるのはやや厳しい……。 そうなるとやはり遊撃・平沢に期待したくなるのは、ファンも首脳陣も同じだろう。 ただし、高濱、三木、 [全文を読む]

フォーカス