多摩美術大学 武蔵野美術大学に関するニュース

表現者よ「心の音」を聴け!「今、だからムサビ。」の理由は? 武蔵野美術大学学長講演

ITライフハック / 2015年08月15日17時00分

関東圏で美術系の大学を挙げたときに国立なら東京藝術大学、私立では、このムサビ、そして“タマビ”こと多摩美術大学、“ジョシビ”こと女子美術大学とともに必ず名前が挙がる。筆者が雑誌編集者時代に仕事を依頼していたアートディレクターさんたちは、例外なしに前述した美術系大学のいずれかの卒業生であった。2015年8月7日、都内に於いてムサビのトップである武蔵野美術大学 [全文を読む]

新宿「GYOEN ROSSO 198」で、ペイント×ファッション×デコレーションが融合したパフォーマンスショーを開催!アートと音楽、人とをつなぐ、新感覚のライブペイントイベント!!

DreamNews / 2015年08月24日09時00分

主催の五美術大学交流展(五美交)は、関東5つの私立美大、女子美術大学、多摩美術大学、東京造形大学、日本大学芸術学部、武蔵野美術大学からの現役有志メンバーが集い、様々な学生や、社会との交流を目的に、展示やイベントを自分達で一から企画・運営を行う学生団体である。今回は、この五美交ともう2団体のコラボイベントで、1つはRotom Art Project(R.A. [全文を読む]

若きクリエーターが「MステSP」のPR映像作成に挑む!

Smartザテレビジョン / 2017年03月29日08時00分

【参加クリエーター】 (1)武蔵野美術大学 映像学科3年 ツキチュウさん&前田博雅さん (2)多摩美術大学 美術学部 統合デザイン学科3年 遠藤紘也さん&宮田陵平さん (3)女子美術大学短期大学部 造形学科1年 富田香織さん (4)京都精華大学 デザイン学部 ビジュアルデザイン学科4年 浜村満果さん (5)情報科学芸術大学院大学 IAMAS メディア表現 [全文を読む]

EuroShop//JAPAN SHOP Award ~第3回ショップデザインアワード~最優秀賞が山本達雄氏デザインの『SUSgallery』に決定

PR TIMES / 2017年03月06日10時17分

●応募資格:日本国内在住の店舗デザイナー・設計者 ※年齢制限なし、グループ応募可●応募受付期間:2016年7月1日(金)~8月31日(水)●審査委員会:武蔵野美術大学教授 柏木博氏(審査委員長)トネリコ代表、多摩美術大学環境デザイン学科教授 米谷ひろし氏シンガポール国立大学日本研究学科准教授 ヘンドリック・マイヤーオーレ氏メッセ・デュッセルドルフ・ジャパン [全文を読む]

アーティストたち、民ともにまちの魅力を掘り起こしていく都市型アート・プロジェクト

NeoL / 2017年02月20日10時58分

1996年に多摩美術大学の情報デザイン学科設立に携わり、教鞭をとった後、2001年から2010年までIAMAS 国際情報科学芸術大学院大学・インタラクションデザイン研究室で教鞭をとる。デザイナーとして活躍する一方、デザイン開発のプロセス研究者である。清澄白河に居を構えてからは、ここを拠点にサウンド・アートのイベントを数多く企画している。 アートト 現代美術 [全文を読む]

「みなさんには僕が作る物語と同時に、僕自身の物語も楽しんで頂けたらと思っています!」 『CAT SHIT ONE』『風雲維新ダイショーグン』の笹原和也、20年の遍歴

おたぽる / 2016年04月03日21時00分

武蔵美のほかは、多摩美術大学と東京造形大学を受けましたね。 大学に入って1年生の時に金子満先生の授業で一生懸命に作品を作っていたら、金子先生が『ウチの会社に遊びに来ないか?』と声をかけてくださって、それでCGにより深く触れるようになりました。その当時は日本語マニュアルもなく、ソフトもハードも高く、CGを始めるにはまだまだ敷居が高かった時代ですが、1年次の後 [全文を読む]

明治神宮外苑で開催する“紅茶の街頭アート展”とは?

Walkerplus / 2015年11月13日18時30分

制作に携わったのは、多摩美術大学や東京藝術大学、日本大学芸術学部、武蔵野美術大学などから集まった32名の有志学生。 さらに、BRUTUSなどの表紙を手がけるイラストレーターのnoritake、伊勢谷友介が代表を務めるリバースプロジェクト所属のアーティスト・藤元明、伊勢丹のポスターなどを多数デザインしているwe+inc.(林登志也、安藤北斗)など、現在あら [全文を読む]

11月1日は「紅茶の日」! ブランド生誕125周年のリプトンがキャンペーン&アート展をスタート

Entame Plex / 2015年11月01日10時58分

参加者は、多摩美術大学、東京藝術大学、日本大学芸術学部、武蔵野美術大学などから集まった有志学生ら32名と、現在あらゆる分野で活躍中のnoritake、藤元明(株式会社リバースプロジェクト)、we+inc.(ウィープラス)ら若手アーティスト3名。リプトンのブランドメッセージ“Tea Way”に着想を得た自由なアイデアで、絵画からモニュメント作品、空間展示まで [全文を読む]

『近くに畑のある暮らし』展 開催のお知らせ

PR TIMES / 2015年10月24日10時36分

多摩美術大学絵画科卒。イラストレーターとして活動後、97年、家族でロンドン暮らしを体験。その時期に夫婦で制作した『ポットくんのおしり』(文・真木文絵、福音館書店)で絵本作家デビュー。「ママと赤ちゃんのたべもの絵本」シリーズ(岩崎書店)、『おべんとくん』(ひさかたチャイルド)絵本、園芸の著作多数。 はらぺこめがね:食べることが大好きな、夫婦イラストユニット。 [全文を読む]

<「ありふれた人選」こそ本来のカタチ>新・五輪エンブレム審査委員会のメンバーはこんな人たち

メディアゴン / 2015年10月01日08時00分

(敬称略)<デザイナー:2名>・松下 計:東京藝術大学教授[グラフィックデザイン]・フミ・ササダ:株式会社ブラビス・インターナショナル 代表取締役社長<美術分野:3名>・宮田亮平:東京藝術大学学長[金属工芸]・松井冬子:日本画家・長谷川祐子:多摩美術大学教授[東京都現代美術館キュレーター]<広告分野:1名>・田中里沙:「宣伝会議」取締役副社長兼編集室長<I [全文を読む]

五輪エンブレム盗作問題で佐野研二郎氏輩出の多摩美大生が悲鳴「就職活動に影響が……」

日刊サイゾー / 2015年09月07日09時00分

「もうやめてくれ……」 続々と盗用が発覚して五輪エンブレムの白紙撤回にまで至ったデザイナー、佐野研二郎氏のパクリ騒動で、佐野氏が教授を務める母校・多摩美術大学でも盗用疑惑が持ち上がり、同大学の学生たちが悲鳴を上げている。中には「佐野氏のせいで就職活動にも影響が出ている」と話す学生もいるほどだ。 同大学で発覚した新たな疑惑は、海外でも受賞歴がある広告ポスター [全文を読む]

ドワンゴ・カラー・ポノックの3社がアニメ映画等に不可欠の背景制作の美術会社を設立

ITライフハック / 2015年08月03日10時00分

岩熊 茜多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業後、小倉工房に所属。「ゲド戦記」「コクリコ坂から」などに参加。「よんでますよ、アザゼルさん。Z」と「わすれなぐも」で美術監督、「ジョバンニの島」では美術設定を担当。フリーランスとして「イブセキヨルニ」や「バケモノの子」に参加。大久保 錦一スタジオカノンで背景、美術監督補佐などを経てフリーランスに。美術監督とし [全文を読む]

盛り上がりを見せたICAF2014 観客賞は女子小学生の友情を描いた『想い雲』!

おたぽる / 2014年10月11日23時30分

この『想い雲』は多摩美術大学美術学部グラフィックデザイン学科の卒業制作で、同学科は前回の卒業制作『Airy Me』(久野遥子)に続く受賞となった。 観客賞は前回から新設となったもので、各校の推薦作品の中から代表として1作品が選ばれる各校選抜プログラム内で上映された作品が対象となっており、観客の最多得票がそのまま賞に反映される。前回の受賞は大方の予想通りとな [全文を読む]

若手3人が描く、次代の「美人像」 オリジナルポスター展「Beauty Graphics 2014 3人の資生堂アートディレクター展」を資生堂銀座ビルで開催

PR TIMES / 2014年06月02日14時20分

2004年、多摩美術大学 デザイン科卒業。同年資生堂入社。 マジョリカ マジョルカなどのアートディレクション担当後、現在、グローバルSHISEIDOブランドや企業文化誌『花椿』を主に担当。 花原 正基(はなはら まさき) 1979年生まれ、福岡出身。 2005年、九州芸術工科大学大学院修了。同年資生堂入社。 主な仕事にマキアージュ、マシェリ、企業広告など [全文を読む]

日本のアニメ教育の成果やいかに!? 今年もアニメ・映像系学科の卒業制作展シーズン到来!!

おたぽる / 2014年01月16日09時00分

今年の卒展は、主な大学では1月は16日から武蔵野美術大学、25日から東京造形大学、26日から東京藝術大学、2月は19日から京都精華大学、21日から東京工芸大学、3月は21日から多摩美術大学といったスケジュールとなっている。 ただし学部学科、ゼミ単位で独立して行われる場合もあるため、すべて網羅するのは一筋縄にいかないのが悩ましい。例えば東京藝大でも大学院の [全文を読む]

「美術・デザイン・映像・写真・インテリア・アニメ・マンガ・芸術学 進学相談会」平成25年7月6日(土)静岡会場 ツインメッセ静岡 南館1F 大展示場Aにて開催

PR TIMES / 2013年07月01日09時47分

【美術・デザイン・映像・写真・インテリア・アニメ・マンガ・芸術学 進学相談会静岡会場】 (実施日時) 平成25年7月6日(土) 12:00~17:00 (開催会場) ツインメッセ静岡(南館1F大展示場A) 静岡市駿河区曲金3-1-10 (会場構成) ○個別相談コーナー ○資料配布コーナー 国公立大学・私立大学・短期大学・専門学校のパンフレットを無料配布 [全文を読む]

東北の地が育んだ「精密で繊細」かつ「ダイナミック」な表現力 東北芸術工科大学生の芸術作品118点を東京都美術館で23日より発表

@Press / 2013年02月20日10時30分

近年では美術関係者、評論家の皆様にも多数ご来場頂き、東京五美術大学(女子美術大学、多摩美術大学、東京造形大学、日本大学芸術学部、武蔵野美術大学)に並び、高い評価を得られるようになりました。山形ならではの自然豊かな環境で育まれた、想像力と創造力を注力して制作したダイナミックな作品や研究を、ぜひご高覧いただき、若者たちの熱いまなざしと息づかいを感じて頂けますと [全文を読む]

フォーカス