建仁寺 塔頭に関するニュース

京都らしさのすべてがある。五感で古都に触れられる花見小路の旅

まぐまぐニュース! / 2017年03月17日01時44分

地元の方からも愛される「建仁寺」をはじめ、伝統芸能から近代芸術まで京都らしさのすべてが感じられるこの通り、これからの季節の散策にぴったりですよ。 花見小路とその周辺 花見小路は、北は三条通りから南は建仁寺まで続く約1キロの小路です。祇園など東山区の歓楽街を貫いていて、周辺には寺社仏閣やお茶屋さんなどが立ち並ぶ京都らしい風情のある通りです。また、オシャレなバ [全文を読む]

桃山を生きた画の巨人!絵師「海北友松」の史上最大規模の回顧展

サライ.jp / 2017年05月09日11時30分

重要文化財《雲龍図》海北友松筆 建仁寺(京都) 慶長4年(1599)60歳を過ぎて、建仁寺の内部装飾を依頼された友松は、ついにその才能を開花させます。大方丈の5室に52面の障壁画を描き、ほかにも多くの塔頭に障壁画や屏風絵、掛幅などを収め、やがて同寺は「友松寺」と呼ばれるまでになりました。「雲龍図」をはじめとする龍の画題は、友松がとくに得意とするもので、そ [全文を読む]

乳房文化研究会主催の「おっぱいアート展」 京都の禅寺で開催

太田出版ケトルニュース / 2013年07月16日10時40分

7月17日(水)より、京都を代表する禅寺「建仁寺」にて、“乳房”をアートとして表現した公募作品を展示する企画展『OPPAI ART LAB.πr事情展(オッパイアートラボ パイアールジジョウテン)2013』が開催される。 この展覧会は、おっぱい、お乳、バスト、胸など、人によって、あるいは場合によって様々な呼び方で呼ばれる乳房について研究を続ける「乳房文化研 [全文を読む]

フォーシーズンズホテル京都 新たなエクスペリエンス プログラム開始 「Kyoto by Four Seasons ~知られざる京都の魅力~」

@Press / 2017年03月02日10時00分

建仁寺の塔頭として1264年に開山された正伝永源院の副住職による座禅体験。華やかな祇園界隈にありながら、寺院の境内にはその喧噪とはかけ離れた静寂が拡がります。その心安まるひと時と副住職による温かいもてなしは、京都での素晴らしい一日の始まりとなることでしょう。 [全文を読む]

新春の京都で開運。日本最古、都七福神をめぐる贅沢な時間

まぐまぐニュース! / 2017年01月06日04時30分

商売繁盛を祈願するならココ! 恵美須神社 鎌倉時代1202年、栄西禅師が建仁寺建立の時にその鎮守として創建されました。七福神の一つゑびす神を祀っています。そのため恵美須神社は商売繁盛、家運隆盛で大衆の信仰を集めています。例年1月8日~12日の十日ゑびす(初ゑびす)大祭は多くの人で賑わいます。 公共交通機関は市バスであれば「四条京阪前」下車徒歩約5分、京阪 [全文を読む]

「KYOTOGRAPHIE2016」「オーダーメイド:それぞれの展覧会」と5月の京都はファッション関連アートイベントが充実

FASHION HEADLINE / 2016年05月01日11時00分

第4回目となる今年は「Circle of Life いのちの環」をテーマに、京都市美術館別館、両足院(建仁寺塔頭)、無名舎など、京都市内にある15会場で14の展覧会が開催されている。毎回、その会場巡りも楽しみのひとつとして知られる同写真祭は、今回、作庭家の重森三玲旧主屋部の招喜庵や、京都市指定有形文化財の長江家住宅などがギャラリースペースとして公開されてい [全文を読む]

「京都国際写真祭 2016」、コンデナスト社のアーカイブ写真から振り返るモード史100年

FASHION HEADLINE / 2016年01月22日11時00分

日本でも数少ない国際的な写真祭である「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2016」が4月23日より、普段は非公開の誉田屋源兵衛 黒蔵や、建仁寺塔頭 両足院など、京都市内にある10数会場で開催される。 第4回目となる2016年は「Circle of Life いのちの環」をテーマに、日本初公開を含めた気鋭アーティストの新作や貴重なコレクションの展示や [全文を読む]

厳選の4講座!秋の特別イベント『終活1DAYフェスタ』を11月15日(土)に開催 ~話題の終活が1日で学べる特別イベントと新しい終活ツアー(樹木葬地見学と京都五山めぐり)のご案内~

PR TIMES / 2014年08月06日17時24分

「樹木葬講座」に合わせて、新たに企画した「建仁寺・東福寺の塔頭(たっちゅう) 話題の樹木葬地と晩秋の京都五山めぐり」を、「海洋散骨講座」に合わせて、好評の「東京湾・散骨模擬体験クルーズと都内の最新納骨堂見学」を説明いたします。 クラブツーリズムは、お客様の充実した人生や生きがいづくりをサポートするために、お客様の自己実現を具体化できる取組みをこれからも積極 [全文を読む]

嵐・大野智が匿名で展示!? 奈良美智らと並ぶ「子どもの侍の絵」の作者

サイゾーウーマン / 2013年05月11日09時00分

4月28日~5月6日まで京都・建仁寺塔頭禅居庵で行われていた、禅居庵×FOIL 現代美術作家グループ展『やろや、やりたいことを。』。そこに展示されていた作品の1つが、嵐・大野智が描いた絵ではないかと、ファンの間で話題となっている。 『やろや、やりたいことを。』は、大野と親交のある世界的な現代アーティスト・奈良美智が参加しているグループ展。大野と奈良氏は、2 [全文を読む]

フォーカス