定期 阪急電鉄に関するニュース

本年4月1日から「PiTaPa IC連絡定期券」の発売範囲を拡大します【阪急電鉄】

@Press / 2017年02月03日17時45分

阪急電鉄では、お客様の利便性向上を図るため、新たに西日本旅客鉄道、京阪電気鉄道、大阪高速鉄道、神戸市交通局(地下鉄)との「PiTaPa IC連絡定期券」を発売します。 1.発売開始日 2017年4月1日(土) 2.「PiTaPa IC連絡定期券」の発売範囲の拡大について 【新たに発売するIC連絡定期券(添付ファイル参照)】 阪急電鉄 と 次の各社局との連絡 [全文を読む]

本年4月1日から「PiTaPa IC連絡定期券」の発売範囲を拡大します【阪急電鉄】

PR TIMES / 2017年02月03日17時30分

阪急電鉄では、お客様の利便性向上を図るため、新たに西日本旅客鉄道、京阪電気鉄道、大阪高速鉄道、神戸市交通局(地下鉄)との「PiTaPa IC連絡定期券」を発売します。 1.発売開始日 2017年4月1日(土) 2.「PiTaPa IC連絡定期券」の発売範囲の拡大について 【新たに発売するIC連絡定期券(添付ファイル参照)】 阪急電鉄 と 次の各社局との連絡 [全文を読む]

【阪急電鉄】消費税率・地方消費税率の引き上げに伴う鉄道旅客運賃の改定について

PR TIMES / 2014年03月06日14時03分

リリースはこちら → http://www.hankyu-hanshin.co.jp/news_release/pdf/20140304_2241.pdf <主な改定内容 および 改定実施日> ■認可を得た運賃 普通旅客運賃、定期旅客運賃 (運賃の詳細は http://www.hankyu-hanshin.co.jp/news_release/pdf/2 [全文を読む]

【阪急電鉄】消費税率・地方消費税率の引き上げに伴い 鉄道旅客運賃の上限の変更認可申請を行いました

PR TIMES / 2013年12月12日16時57分

■申請する運賃 普通旅客運賃、定期旅客運賃 (詳しくは下記の内容をご確認ください) ■改定率 2.841% ■初乗り運賃 150円(現行運賃と変更なし) ■旅客運輸収入表 ■定期運賃平均割引率 ■普通旅客運賃(大人) ※小児運賃は、大人運賃を折半し、10円単位に切り上げた額とします。 [1区/1~4キロ] 今回申請上限:150円 現行:150円 [2区/ [全文を読む]

京阪線「IC連絡定期券」の発売拡大について

@Press / 2017年02月03日14時45分

京阪電気鉄道株式会社(以下、「京阪」、本社:大阪市中央区、社長:加藤好文)は、阪急電鉄株式会社(以下、「阪急電鉄」)、西日本旅客鉄道株式会社(以下、「JR西日本」)、大阪高速鉄道株式会社(以下、「大阪モノレール」)、京都市交通局とのIC連絡定期券を発売いたします。これにより、鉄道利用のさらなる利便性向上と利用拡大を図ります。 1.発売開始日 平成29年4月 [全文を読む]

神戸高速線 鉄道旅客運賃改定の認可について

PR TIMES / 2014年03月04日17時59分

(参考) 1.改定運賃 別紙(添付)のとおり 2.改定率 普通旅客運賃 4.351% 定期旅客運賃 通勤 0.668% 通学 0.627% 全線 0.643% 計 0.661% 合計 2.855% 3.定期運賃割引率(大人 1か月) 通勤1区 42.2%(現行 37.8%) 通勤2区 41.6%(現行 42.0%) 通学1区 64.6%(現行 61.9% [全文を読む]

神戸高速線 鉄道旅客運賃の改定申請について

PR TIMES / 2013年12月19日14時54分

【申請の概要】 1 申請日 2013年12月19日(木) 2 主な申請内容 (1)申請運賃 下記の参考資料ファイル(PDF)をご覧ください (2)改定率 2.855% (3)初乗り運賃 130円(現行運賃から10円値上げ) (4)定期運賃割引率(大人 1か月) 通勤1区 42.2%(現行 37.8%) 通勤2区 41.6%(現行 42.0%) 通学1区 [全文を読む]

フォーカス