小説 破門に関するニュース

「売られた喧嘩は買う。わしの流儀や」累計110万部突破!直木賞受賞シリーズ最新作『喧嘩(すてごろ)』12月9日発売!ミステリ史上最凶コンビが、史上最悪のピンチを迎える!?

PR TIMES / 2016年11月25日18時01分

★「疫病神」シリーズ:『疫病神』『国境』『暗礁』『螻蛄』『破門』 【書誌情報】 作品名:『喧嘩』 ルビ:すてごろ 著者名:黒川博行 発売予定日:2016年12月9日(金) 頁数:352頁 装画:黒川雅子 装丁:多田和博 発行:株式会社KADOKAWA 初出:「小説 野性時代」2015年1月号~2016年7月号 ★情報ページ http://www.kado [全文を読む]

北村一輝&濱田岳の“疫病神”コンビが再び降臨!

Smartザテレビジョン / 2015年11月24日15時37分

直木賞作家・黒川博行の小説「疫病神」シリーズ第4作「螻蛄(けら)」が原作のオリジナルドラマで、北村一輝と濱田岳が再びタッグを組むことが決まった。 同ドラマ「螻蛄(疫病神シリーズ)」は、ことし1月に放送された「破門(疫病神シリーズ)」の続編で、2016年2月19日(金)からBSスカパー!で放送される。 ダブル主演の北村と濱田の大阪弁での軽妙なやり取りや、物語 [全文を読む]

直木賞受賞作『破門』の続編! ミステリ史上“最凶”と名高い「疫病神」コンビが、選挙戦の暗部に迫る!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月17日11時00分

黒川博行の『喧嘩』(KADOKAWA)は、ヤクザを相手に大金を狙う痛快なハードボイルド小説。口だけ達者な建設コンサルタント・二宮啓之と、半年前に破門された元ヤクザ・桑原保彦の凸凹コンビが活躍する「疫病神」シリーズの最新作である。このシリーズの5作目『破門』が直木賞を受賞したように、このシリーズはどこから読んでも底抜けに面白い。『破門』は佐々木蔵之介&関ジ [全文を読む]

“遅咲き”関ジャニが、SMAPに追いついた日

日刊大衆 / 2017年02月06日22時00分

同映画は2014年に第151回直木賞を受賞した小説『破門』(KADOKAWA)を原作としたハードボイルドアクションで、俳優の佐々木蔵之介(49)とともに、関ジャニ∞の横山裕(35)が主演を務めている。まだまだ関ジャニ∞の勢いは止まりそうにない。ブリュレ [全文を読む]

佐々木蔵之介&関ジャニ∞横山裕、“映画俳優”として受けた刺激とは?

Movie Walker / 2017年01月27日14時07分

直木賞受賞の黒川博行によるベストセラー小説を映画化した『破門 ふたりのヤクビョーガミ』(1月28日公開)で、佐々木蔵之介と関ジャニ∞の横山裕が新境地に挑んだ。W主演を果たした二人を直撃し、役者として受け合った刺激について聞いた。主人公は、イケイケやくざの桑原(佐々木)と、ヘタレで貧乏な建設コンサルタントの二宮(横山)。映画制作出資金を持ち逃げされた二人が、 [全文を読む]

北村一輝・濱田岳W主演のドラマ第2弾がクランクイン!

Smartザテレビジョン / 2015年12月21日22時27分

直木賞作家・黒川博行氏のハードボイルド小説が原作の本ドラマシリーズは、主演の二人の軽妙な大阪弁でのやり取りや、物語のスピード感、地上波ではなかなか見ることができないバイオレンスな描写など見どころが豊富。 約10カ月ぶりに顔を合わせた桑原(北村)と二宮(濱田)は前作同様、今作でも息ぴったりで大暴れ! ストーリーは、巨大宗教法人の宝物である絵巻物をめぐるスキャ [全文を読む]

嘉門 達夫さんを迎えて 9/26(土)「神戸学校」を開催!~「『笑い』を通じて伝えたいこと~なぜ歌い続けるのか」~

PR TIMES / 2015年08月24日16時30分

2007年小説「た・か・く・ら」(扶桑社)発表。2時間ドラマ化されオンエア。2010年上海万博日本産業館応援団長就任。2012年「アホが見るブタのケツ」「鼻から牛乳~キッズバージョン~」がお子様の間で大人気となり、いまやライブには3世代のファンが駆け付ける。2013年7月「嘉門達夫デビュー30周年 真夏のカモン! EXPO! 歌と笑いと食のワンダーランド@ [全文を読む]

京都連続不審死事件と酷似!話題の小説『後妻業』はなぜ事件を予見できたか

リテラ / 2014年11月22日18時58分

そんな中、この事件をまるで"予言"したかのような小説が注目を浴びている。それが今年8月に刊行された『後妻業』(文藝春秋/黒川博行)だ。 筆者の黒川は今年、『破門』(角川書店)で第151回直木賞に輝いた作家歴30年という大阪在住のベテラン作家だが、たしかに本書を読むと、今回の連続不審死事件と非常に似通っている。 実際の不審死事件は、千佐子容疑者が京都や大阪 [全文を読む]

【直木賞受賞作『破門』のあらすじを2分でチェック!】 極道小説界のキング・オブ・ポップ、推参

ダ・ヴィンチニュース / 2014年07月17日20時20分

まさかこんなにおかしな“ポップな極道小説”があるとは、夢にも思っていなったのですから。ヤクザモノ、加えて直木賞候補ということで、とんでもなく仰々しいイメージを持っていましたが、それは大きく裏切られたのです。 もちろん、とてもいい意味で。 舞台は大阪。映画製作への出資金を持ち逃げされた“イケイケのヤクザ”桑原と“うだつの上がらない”建設コンサルタント・二宮の [全文を読む]

マーベルの異色ヒーローの活躍を描く『ドクター・ストレンジ』が首位発進!

Movie Walker / 2017年01月31日11時47分

前者は重松清の人気小説を、後者は直木賞作家・黒川博行の人気シリーズを映画化したもので、原作人気もヒットを後押ししたといえそうだ。 そんな話題作の公開に負けじと、3位の『君の名は。』も公開以来23週連続でTOP10をキープ。1月28日から2週間限定で英語主題歌4曲を使用した英語主題歌版も新たな話題を呼んでおり、累計興行収230億円を突破した今、果たしてどこま [全文を読む]

「ニコニコカドカワ祭り2016 参加作品2万5千点超の、KADOKAWA史上最多作品数の電子書籍キャンペーン」開催!

PR TIMES / 2016年09月30日10時11分

【主なキャンペーン参加作品】<コミック>『ダンジョン飯』、『オーバーロード』、『盾の勇者の成り上がり』、『アンゴルモア』、『トリニティセブン 7人の魔書使い』ほか[画像2: http://prtimes.jp/i/7006/2702/resize/d7006-2702-719446-0.jpg ]<ライトノベル>『この素晴らしい世界に祝福を!』、『ノーゲー [全文を読む]

愛人役初挑戦で注目の橋本マナミ、コントでも過激な“胸揉みマッサージ“披露!

メンズサイゾー / 2016年09月02日10時00分

この作品は黒川博行氏の大人気小説「疫病神」シリーズの同名タイトルの映画化で、俳優の佐々木蔵之介(48)と関ジャニ∞の横山裕(35)がダブル主演を務める。ふたりを翻弄する詐欺師として橋爪功(74)が登場するが、その橋爪の愛人に起用されたのが橋本だ。「意外にも初となる橋本さんの愛人役には、ファンから期待の声が続出している。これまで橋本さんが愛人を演じていなかっ [全文を読む]

直木賞作家 黒川博行氏の最新作『果鋭』電子書籍ストア「Reader Store」にて独占配信開始!!

PR TIMES / 2016年07月01日11時31分

「Reader Store」で黒川博行氏の最新作『果鋭』が読める!!新聞の連載で大反響を呼んでいる長編小説『果鋭』。2014年、『破門』にて第151回直木賞を受賞した黒川博行氏の最新作です。電子書籍ストア「Reader Store」では、紙書籍の発売に先立ち、7月1日(金)より、毎週金曜に6週にわたって配信いたします。また、大容量の無料試し読み版の配信や、 [全文を読む]

【分裂騒動】山口組と芸能界を育てたカリスマ組長の実像

デイリーニュースオンライン / 2015年09月12日09時00分

そして1946年、のちに<山口組中興の祖>とも<日本の首領(ドン)>とも呼ばれ、その生き方が小説や映画にもなる伝説の三代目が誕生した。 田岡の特筆すべき点は、芸能・エンタテインメントの興行を活用したこと。 実質、山口組が運営する神戸芸能社の最大の武器が、少女歌手としてデビューすると、すぐに接触した美空ひばり。歌謡界の女王となる彼女は、結婚・離婚(注2)の時 [全文を読む]

「天皇の料理番」最終回!篤蔵の“真心”の終着点は?

Smartザテレビジョン / 2015年07月12日09時00分

「天皇の料理番」は、直木賞作家・杉森久英の小説をドラマ化したもので、さまざまな職に就いても長続きせずすぐに辞めてしまうお調子者の篤蔵(佐藤)が、たまたま口にしたカツレツをきっかけに料理の道に目覚め、“天皇の料理番”になるまでに成長していく姿を描いたハートフルストーリー。 主人公の篤蔵は天皇の料理番となるまでに、厳しい師匠の下での修業・破門、フランス修業、 [全文を読む]

政界のプリンス小泉進次郎があの本に夢中になった本当の理由

ダ・ヴィンチニュース / 2013年04月25日11時50分

しかしこの資料、昨年12月に発売された立川談四楼の私小説的作品『談志が死んだ』(新潮社)のコピーだったのだ。本を開いていると会議に集中していないことがバレるのを恐れ、カモフラージュするために本をわざわざコピーしたのだろうか。この手の込みようからも、進次郎が本書に夢中だったことが伺える。じつは進次郎、最近は落語にハマっているとのこと。答弁や演説にも落語は勉強 [全文を読む]

石原さとみ映画 製作詐欺の全貌(3)借りていないのに「返せ」!?

アサ芸プラス / 2012年04月19日11時00分

原作となる重松清氏の小説『なぎさの媚薬』には、ガード下での立ちバックなど、濡れ場満載です」(前出・芸能担当デスク) はたして今度こそ、「代表作」となるのか――。 【関連記事】 石原さとみ映画 製作詐欺の全貌(1)ロケハンも終わっていたが… 石原さとみ映画 製作詐欺の全貌(2)「1500万円足りない」 ビビアン・スーが「抗日映画」に自腹出資 浜崎あゆみ エイ [全文を読む]

フォーカス