映画 渇きに関するニュース

小松菜奈&中谷美紀、「中島哲也監督はやさしいクマさんみたい」

Entame Plex / 2014年06月09日23時55分

6月27日(金)公開の映画『渇き。』の完成披露試写会が、6月9日に都内にて開催され、主演の役所広司をはじめ、小松菜奈、清水尋也、橋本愛、國村隼、オダギリジョー、中谷美紀、そして中島哲也監督が登壇した。 中島監督は、過去に「下妻物語」「嫌われ松子の一生」「パコと魔法の絵本」などの作品を手掛け、前作「告白」では、最優秀作品賞含む日本アカデミー賞4部門獲得し、ア [全文を読む]

カンヌ映画祭がまもなく開幕!韓国監督 ポン・ジュノ&ホン・サンス&パク・チャヌクに注目

THE FACT JAPAN / 2017年05月17日14時45分

第70回カンヌ国際映画祭が17日(現地時間)、開幕する。今年のカンヌ国際映画祭には、これまでよりも数多くの韓国映画がノミネートされ、注目を集めている。同日午後7時にフランス・カンヌにあるルミエール大劇場で開幕式がおこなわれるカンヌ国際映画祭は、28日までの12日間開催される。韓国監督の中で最初に登場するのはパク・チャヌク監督。パク監督はコンペティション部門 [全文を読む]

コン・ユとカン・ドンウォン、2016年韓国映画界の“顔”!

スポーツソウルメディアジャパン / 2016年12月31日09時00分

2016年の韓国映画界を振りかえってみると、二人の活躍が目立つ。二人が動員した2016年の観客数を合わせると約3200万にものぼる。カン・ドンウォンは現在まで1250万人の観客を動員し、コン・ユは1900万の観客動員で同部分1位を記録中だ。2016年の韓国映画界で最も活躍した俳優一人を挙げれば間違いなくコン・ユだ。コン・ユは今年、2本の映画に出演し、190 [全文を読む]

小関裕太、黒島結菜、葉山奨之ら映画『あしたになれば。』制作発表

Woman Insight / 2014年07月10日21時00分

思春期真っ只中! ぶどう畑に囲まれた自然豊かな大阪のとある場所を舞台に、高校生たちの甘酸っぱい青春を描いた映画『あしたになれば。』。来春公開予定の制作発表会見が行われ、今最も期待されている若い俳優たちが勢ぞろいしました。 物語の主役を演じる、現在19歳の小関裕太さんは、2003年に子役デビュー。『天才テレビくんMAX』やミュージカル『テニスの王子様』などで [全文を読む]

[INTERVIEW] ソン・スンホン、「優しいイメージからの出口が必要だった!」

スポーツソウルメディアジャパン / 2014年05月08日16時27分

ソン・スンホンはMBC「エデンの東」(2009年)、映画「無敵者」(2010年)「宿命」(2008年)などで、かなり男らしい役を務めたが、長い時間固まってきた“優しさ”という強固な垣根から脱することはできなかった。そんな彼が、演技人生18年のうち、初めて破格的な変身を試みる。青少年観覧不可判定を受けた映画に出演し、さらに映画の中では新人女優と濃密な濡れ場に [全文を読む]

「泣く男」のチャン・ドンゴン、「興行への渇きがあった」

スポーツソウルメディアジャパン / 2014年05月08日14時00分

チャン・ドンゴンは8日午前、ソウルで開かれた映画「泣く男」(監督:イ・ジョンボム)の制作報告会で「実は、個人的に興行に対する渇きがあります。うまくいったら良いなと思っています」と率直な心境を打ち明けた。チャン・ドンゴンは、「グッドモーニング・プレジデント」(2009年)、「The Warriors War」(2010年)、「マイウェイ 12000キロの真実 [全文を読む]

小松菜奈の恋愛論「親友の元カレには身を引く」

Movie Walker / 2016年06月04日12時00分

本作の舞台は、映画『高台家の人々』(公開中)からさかのぼること30年前。若かりし頃の高台家の母・由布子と、高台家の父・茂正Jr.(通称:マサオ)が、出会い結ばれるまでのラブストーリーだ。 小松が扮するのは、映画で大地真央が演じた由布子の学生時代。超しっかり者のスポコン少女という役どころだ。「映画の世界観を大事にしつつも、そっちに引っ張られ過ぎないように撮 [全文を読む]

主演映画連続公開! 森川葵、ひと癖もふた癖もある役に挑戦し続ける個性派若手女優

メンズサイゾー / 2015年01月11日12時00分

今月17日に映画『チョコリエッタ』が、2月14日には『おんなのこきらい』と主演作が続くモデルで女優の森川葵(19)。2010年にファッション誌「Seventeen」(集英社)の専属モデルオーディションでグランプリに選ばれ、芸能界デビューを果たした森川が、2015年期待の若手女優として注目を浴びている。 昨年には、中島哲也監督の映画『渇き。』や『劇場版 零 [全文を読む]

橋本愛の“生気がない目”に心配の声…多忙すぎる仕事も影響か

メンズサイゾー / 2014年07月02日13時30分

先月28日、映画『渇き。』の公開記念舞台あいさつがTOHOシネマズ日本橋にて開催され、中島哲也監督をはじめ、出演者である役所広司(58)、小松菜奈(18)、中谷美紀(38)、橋本愛(18)が出席した。しかし、ネットではこの時の橋本の様子に「生気がない」との声が寄せられている。 この日、橋本は本作で映画デビューをした小松について「すごく綺麗で可愛くて、近くに [全文を読む]

2016年注目の新成人芸能人 大原櫻子、森川葵、橋本愛ほか

NEWSポストセブン / 2016年01月09日07時00分

さらに、公開中の映画『ちびまる子ちゃん イタリアからきた少年』では、挿入歌だけでなく声優も務めるほか、今月9日から人気演劇ユニット・地球ゴージャスの公演で舞台にも挑戦するなど、活躍の場は広まる一方です。最大の持ち味は、見る人の目をクギづけにする吸引力。小動物のようなルックスから放つ歌声は力強く、演技も情熱的で、ギャップ十分です。 2人目は、同世代女優の中 [全文を読む]

小松菜奈「自分の演技は下手すぎて、恥ずかしくて……」

anan NEWS / 2015年10月07日20時00分

弱冠19歳にしてモデル歴7年、ここ最近、日本映画界をも賑わせている小松菜奈さん。昨年公開された映画『渇き。』では、長編映画デビュー作でありながら、日本アカデミー賞新人俳優賞をはじめ、数々の賞を獲得しました。 そして、現在公開中の映画『バクマン。』では、主人公が思いを寄せる亜豆(あずき)美保役に大抜擢。そんな大忙しの彼女のプライベートや今後の夢について聞いて [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】映画『渇き。』で娘役の小松菜奈に中島哲也監督もびっくり。「土屋アンナでもしない。凄い大物!」

TechinsightJapan / 2014年06月28日21時00分

話題の映画『渇き。』で主人公・藤島(役所広司)の娘・加奈子を演じる小松菜奈は中島哲也監督が自らオーディションで発掘した。映画のプロモーションで出演したテレビ番組で、その監督が撮影中の小松菜奈の言動に驚いたことを明かしている。「びっくりした。土屋アンナさんでもあんなことしない。もの凄い大物だ」と舌を巻いたというのだ。映画『嫌われ松子の一生』(2006年)や『 [全文を読む]

[INTERVIEW] 王になったヒョンビン、「僕の演技に満足できない!」

スポーツソウルメディアジャパン / 2014年05月17日15時58分

ヒョンビンは除隊後の復帰作としてイ・ジェギュ監督の映画「逆鱗」を選択した。朝鮮の第22代王である正祖。幼い頃に父を失った正祖は一生、死の脅威に苦しめられた悲運の王。だが、現在にも“聖君”と称されるくらい、尊敬された王でもある。そんな“聖君”を「逆鱗」を通じてヒョンビンが演じたのだ。しかし、彼に「満足していますか」と尋ねると、寂しい表情で静かに答えた。「満足 [全文を読む]

カンヌ映画祭、韓国勢受賞ならず

THE FACT JAPAN / 2017年05月29日16時45分

第70回カンヌ国際映画祭が閉幕した。パルム・ドール(グランプリ作品)には、オストルンド監督の映画「スクエア」が選ばれた。28日(現地時間)、フランス・カンヌで開催された第70回カンヌ国際映画祭の閉幕式で、スウェーデンのリューベン・オストルンド監督の映画「スクエア」がグランプリ賞を受賞した。今回のカンヌ国際映画祭には多くの韓国作品がノミネートされた。まず、コ [全文を読む]

岐阜在住の専業主婦が初監督をつとめる短編映画作品に音楽家・長岡成貢氏と特殊メイクアップアーティストの百武朋氏が特別参加!

@Press / 2016年10月12日17時00分

株式会社エフジャパン(代表取締役:市川マミ)は、カンヌ国際映画祭 短編部門エントリー作品『ココ、カラ』(仮)の音楽担当として、第40回モントリオール世界映画祭で最優秀芸術賞を受賞した映画「たたら侍」(2017年公開)をはじめ、数多くの映画やテレビドラマ作品を手がけてきた作曲家の長岡成貢氏と、特殊メイクアップアーティストの百武朋氏を迎えることを発表しました。 [全文を読む]

原作者も絶賛!中条あやみが“絶対的美少女”役に決定

Smartザテレビジョン / 2015年09月19日04時14分

野村周平、古川雄輝、間宮祥太朗ら旬の若手俳優の競演が話題を集める映画「ライチ☆光クラブ」のヒロイン・カノン役が、現役Seventeenモデルとして数々のCMに出演中の注目の美少女・中条あやみに決定したことが分かった。 ことし4月からオンエア中の花王「メリットピュアン」、大塚製薬「ポカリスエット」のCMなどで、「あの美少女は誰?」と一躍注目を集めた中条が、少 [全文を読む]

『ストレイヤーズ・クロニクル』栁 俊太郎インタビュー

NeoL / 2015年07月19日19時55分

6月27日公開の映画『ストレイヤーズ・クロニクル』は、望まぬ特殊能力を持って生まれた2組の若者たちの苦悩や希望を描いたアクション・エンタテインメント。“希望”のチームスバルと、“絶望”のチームアゲハ――。敵対する対照的な2組のうち、チームアゲハに属し、全身硬化の能力を持ったヒデを演じたのは、モデル・俳優として注目を集める、栁 俊太郎。独特の存在感で活躍の場 [全文を読む]

未来のスター候補が続々! 話題のCM美少女たち

週プレNEWS / 2015年05月09日06時00分

2016年公開予定映画『人生の約束』に映画出演決定! http://beamie.jp/d/hikaru_takahashi.html (撮影/藤本和典 スタイリング/山本隆司) 透明感のある雰囲気で話題の次世代美少女 清原果耶 「アミューズオーディションフェス2014」で3万2214人からグランプリを受賞。透明感のある佇たたずまいが話題の果耶ちゃん。初C [全文を読む]

佐世保同級生殺害事件で見えた“思春期の怖さ” アラサー女子が親になった時のために知っておきたいこと

ウートピ / 2014年08月13日12時00分

佐世保事件と似ている映画『渇き。』この事件の凶暴性や十代の闇を知るにつけ、思い出されるのが映画『渇き。』(中島哲也監督)です。この映画で残酷な行いを繰り返す十代の少女の家族と佐世保事件の家族はまったく正反対ですが(佐世保は名士の一家、映画は元ダメ刑事とダメ妻の元夫婦)、親が子供を守りきれなかったところが似ているような……。おそらくアラサー女子のみなさんは、 [全文を読む]

【独占】パク・チャヌク、「雪国列車(SNOWPIERCER)」「オールド・ボーイ」を語る!

AOLニュース / 2013年06月24日16時15分

「ただ、『渇き』(09)のプロモーション時には『イノセント・ガーデン』の企画はなくて、ちょうど同時期に別の英語映画で"THE X"というタイトルの企画を進めていました。ただ、製作費の捻出に苦労してしまい、頓挫すると同時に『イノセント・ガーデン』の話も浮上しました」と語る。 その全世界待望の最新作について、「そして、今『雪国列車(SNOWPIERCER)』は [全文を読む]

フォーカス