うどん 五島列島に関するニュース

上五島のごっつ。フェア2015 都内で開催

PR TIMES / 2015年10月20日16時22分

世界遺産候補の島・長崎五島列島の幻のうどんが食べられる際コーポレーション(株)では、2015年10月30日(金)から11月30日(月)まで、長崎県・五島列島(新上五島町)の食材、特産品をPRする飲食店フェア「上五島のごっつ。フェア2015」を、都内の和食21店舗で開催します。[画像: http://prtimes.jp/i/10157/20/resize/ [全文を読む]

長崎県五島列島のご当地うどん「五島うどん」を東京に伝える

ぐるなび / 2013年10月21日13時10分

10月17日の「news every. 」(日本テレビ系、毎週月~金曜午後4時53分)では、「あのご当地うどんが東京で!? 激ウマ! 評判のうどん店」を特集し、東京都小金井市のうどん店「びぜん家」が紹介された。 武蔵小金井駅近くのびぜん家では、東京ではめずらしい長崎県の名物「五島うどん」が食べられる。「五島うどん」は長崎県新上五島町(上五島)の伝統的なうど [全文を読む]

祈りを捧げる島。長崎・五島列島を訪れるべき7つの魅力

TABIZINE / 2016年09月23日12時00分

見渡す限り続くお花畑と海のコントラストは五島列島ならではの美しさ! コシの強さとなめらかな食感が絶妙! 五島うどん (C) Facebook/五島手延うどん協同組合 遣唐使の時代に五島列島に伝わったと言われるほど長い歴史のある、五島うどん。五島特産の椿油を塗りながら手延されたうどんは、コシの強さとなめらかな食感が特徴。茹であげられた熱々のうどんをそのまま鍋 [全文を読む]

長崎・五島列島の潜伏キリシタン関連遺産を巡る旅【2】

Walkerplus / 2017年02月09日13時51分

次に五島の名物と言えば、干したさつまいもと餅を一緒についた素朴な味の「かんころ餅」や、種類豊富な芋焼酎や麦焼酎に、大陸から伝承したという由来のある「五島手延うどん」。 これは細麺ながら強いコシのあるうどんで、代表的な食べ方は「地獄炊き」といい、沸騰したお湯で茹で、アゴ(飛魚)の出汁や生卵に絡めて食べとてもおいしい。このうどんは、「船崎うどん伝承館」で手作 [全文を読む]

1位はやっぱり?長崎のお土産ベスト10を紹介

Walkerplus / 2017年03月23日11時30分

■ 3位:五島うどん 五島列島に遣唐使の時代に伝わったと言われるうどん。麺線の細さと強いコシが特徴であご(トビウオ)のつゆ「あごだし」につけて食べるのが一般的。 ■ 4位:よりより 小麦粉に砂糖、塩、水を加えてこねて棒状に引き伸ばし、半分に折ってねじって揚げた中華菓子。そのらせん状の形から「よりより」と呼ばれている。独特の歯ごたえとほのかな甘みが特徴。 [全文を読む]

上五島のごっつ。フェア2017 都内22店舗で開催

PR TIMES / 2017年01月20日09時13分

一方、幻のうどんと呼ばれる「五島手延べうどん」や「かんころ餅」など伝統ある特産品にも恵まれています。この新鮮食材と伝統特産品を使用して各店が工夫をこらしたメニューを取り揃えました。和洋中と様々なアレンジで食材の可能性を追求し、上五島の新たなごっつ(ごちそう)を提案します。[画像1: https://prtimes.jp/i/10157/41/resize/ [全文を読む]

もちもちした食感がたまらない!「ぶっかけごぼう天うどん」

ぐるなび / 2017年04月18日11時10分

4月17日放送の「じゅん散歩」(テレビ朝日系、午前09時55分~)では、後楽園周辺を散策した中で、高田純次さんが「五島うどんDINING・味囲楽(ゴトウウドンダイニングミイラク)」(東京都文京区)を訪れた。同店は、JR総武線・飯田橋駅東口から徒歩7分ほどにあるうどん専門店。 番組ではお店のメニューとして「ぶっかけごぼう天うどん」が紹介された。こちらのうどん [全文を読む]

うどんミュージアムが東京上陸!うどんブームが到来!?

Walkerplus / 2015年01月04日10時00分

関西地区で大ブームを巻き起こしている「うどんミュージアム」が東京への出店を表明!2015年のオープンを目標に準備を進めており、年内には全国のご当地うどんが東京で気軽に食べられるようになりそうだ。 「うどんミュージアム」とは、“ラーメンよりもうどんの方が絶対においしい!”という高屋友明館長の強い思いから生まれた、全国のご当地うどんを食べ比べできる施設のこと。 [全文を読む]

夏の風物詩そうめん 悲願の「通年」へ新メニューの開発進む

NEWSポストセブン / 2013年08月04日16時00分

しかし長崎には、遣唐使の時代に大陸ルートでうどんが伝わったとされる五島列島があり、五島うどんがある。そして五島そうめんもある。この五島こそ手延製麺の祖だとする説もある。 実際、室町時代には五島列島から海路で北陸地方に麺の製法が伝わり、石川県の輪島素麺が、富山県の大門素麺、秋田の稲庭そうめんなどもこのルートで伝わった。宮城の白石温麺もこの流れを汲んだそうめん [全文を読む]

2016年11月18日(金)より「東京五島化計画2016」開催!

PR TIMES / 2016年11月15日09時54分

下記の参加店では五島うどんをはじめ、旬の魚や野菜、お肉や加工品、島の焼酎などがお店のメニューとなって提供される予定です。期間中、来年発売を予定されている白いも焼酎「七福芋」の試飲アンケート&五島特産品プレゼント企画や、「東京五島化計画限定うどんすくい棒」の進呈も予定(なくなり次第終了)していますので、お近くの参加店へ足をお運びください。日頃「五島のものを食 [全文を読む]

[島キャン|島おこしイターシップ]初トライ企画・2ヶ月限定「島キャンカケロマカフェ」に島内外より1524名が来店!(加計呂麻島・観光客満足度向上プロジェクト実施報告)

@Press / 2016年10月12日13時15分

飲食店や休憩スペースの限られている加計呂麻島で、来島した観光客が食事や喫茶を楽しめるカフェとして、また島内の観光情報を得る場所として運営し、油ゾーメンや島のうどん、マンゴーやタンカンのかき氷など、主に島の食材を取り入れたメニューを提供いたしました。 店舗スタッフとして、カフェでの就業で加計呂麻島の島おこしに貢献したいとの思いで島キャンに参加した女子大学生の [全文を読む]

[島キャン|島おこしインターンシップ]2016年夏の島キャン、229名が就業を修了!実施期間中は、島キャン生の様子を地元メディアに多数紹介いただきました。

@Press / 2016年09月30日17時30分

海水からの塩づくりや、ウミガメの世話、椿油絞り、うどん作り、島みかんシークニンの収穫など、都会では経験できない体験や、現地の暮らし、食事、地元のお祭り、離島ならではの壮大な景色など、各島の魅力を様々な視点で投稿していました。島キャン生の投稿は、各SNSで「#島キャン」もしくは島名のハッシュタグ「#●●島」で検索してご覧いただけます。それぞれの就業期間終了日 [全文を読む]

フォーカス