立川談志 立川志の輔に関するニュース

「談志の遺言」を勘違い!? 弟子が秘蔵メモを公開

日刊大衆 / 2017年04月28日11時05分

師匠の故立川談志から受け継いだ自宅で、談志との秘話を語った。 今回、番組MCの中山秀征(49)や中川翔子(31)は、志らくの自宅を訪問。この家は、談志の娘でタレントの松岡ゆみこ(53)が、談志の死去後は空き家になっていた物件を2014年に人気番組『大改造!!劇的ビフォーアフター SEASON II』(テレビ朝日系)に依頼し、リフォーム。完成後、志らくが家族 [全文を読む]

<立川談志生誕80周年>カリスマ亡きあとの立川流はレジェンドを継承できるか?

メディアゴン / 2016年05月22日08時00分

齋藤祐子[神奈川県内公立劇場勤務]* * *立川談志さん亡き後の追悼特集や追悼番組はすっかり落ち着いた感がある。今年の生誕80周年に向けて、多少番組がふえてくるのかもしれないが、この1か月の間に2本、BSの番組で特集があった。また年明けから有料放送のWOWWOWで、談志十八番の演目や未公開映像を連続10回放送するとしている(5回目は5月21日放映)。BSや [全文を読む]

「座右の銘は狂気」100年に一度の天才、落語家・立川談志の生き様が今語られる

AOLニュース / 2015年07月04日10時00分

志の輔、今は亡き師匠・立川談志を語る!家族によるプライベート超貴重映像で綴るドキュメンタリー初解禁!!『談志の遺言 一期一会Ⅱ~立川談志 アジア紀行(中国 大連編)~』が7月5日(日)にBSフジで19:00より放送される。「座右の銘はありますか?」「強いて言えば"狂気"だな」亡くなる4年前、最後の海外公演を終えた談志は、自信に満ちた笑顔で地元の市民の質問に [全文を読む]

談志の「粗忽長屋」と「勘定板」をノーカット放送!

Smartザテレビジョン / 2015年07月01日11時12分

7月5日(日)にBSフジで「談志の遺言 一期一会2~立川談志 アジア紀行(中国・大連編)~」(夜7:00-8:55)が放送される。 同番組では、立川談志が亡くなる4年前に中国・大連で行った落語会で披露した「粗忽長屋」と「勘定板」をノーカットでオンエア。 さらに、長男・松岡慎太郎氏が撮影したプライベートビデオも初公開。ビデオには、談志が当時公開されたばかりの [全文を読む]

この面白さ、型破り! “落語界の風雲児”立川談志の生誕80年を記念した落語全集が新発売。

PR TIMES / 2016年11月18日11時52分

株式会社ユーキャンは、2016年11月より、CD全集『東宝名人会・立川談志大全集』の販売を開始しました。 [画像: http://prtimes.jp/i/7628/294/resize/d7628-294-552507-0.jpg ] 株式会社ユーキャン(東京都新宿区 代表取締役社長:品川 泰一、以下:ユーキャン)は、落語家・立川談志の「東宝名人会」での [全文を読む]

笑点の新司会者は春風亭昇太!ファンは複雑な心境か

しらべぇ / 2016年05月23日05時30分

良い意味で空気が変わってくれればいいんじゃないかな— HASH (@HASHwilly) May 22, 2016立川談志を愛し愛された高田文夫を愛し愛された春風亭昇太の笑点司会者就任というのはある意味いちばん妥当で説得力のある系譜が繋がったのかもしれない.— 横田・エ・明宏 (@ayokota) May 22, 2016笑点の新司会、昇太か~!(呼び捨て [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】ドラマ『赤めだか』 BGMに“ビートルズ”から“玉置浩二”まで絶妙な隠し味

TechinsightJapan / 2015年12月29日21時15分

「立川錦之助」の高座名を持つビートたけしの立川談志に捧げるような熱演と、思いついて談志の門を叩いた若き立川談春の心の動きを絶妙に表現する二宮和也。兄弟子・立川志の輔役の香川照之や弟弟子・立川志らくを演じた濱田岳など演者全員から作品に対する愛が感じられるドラマだった。 談春の母親役を北野武作品でおなじみ岸本加世子が好演すれば、父親には頑固そうな役がぴったりな [全文を読む]

「赤めだか」二宮和也らが故・立川談志師匠に撮了報告

Smartザテレビジョン / 2015年11月21日06時00分

12月28日(月)にTBS系で放送される「TBS年末スペシャルドラマ『赤めだか』」で主演を務めている二宮和也が、立川談春と共に故・立川談志師匠が眠る都内の寺を訪れ、ドラマの撮影終了報告をした。 本作は、立川談春原作「赤めだか」を映像化した作品。今、チケットの入手が最も困難といわれる落語家・談春は少年時代のある日、立川談志の落語を見たことをきっかけに落語家に [全文を読む]

「笑点」新メンバーは創始者・立川談志門下の“あの人”!?

アサ芸プラス / 2015年08月12日05時59分

何といっても、師匠である故・立川談志が企画して始まった番組ですからね。特別な思い入れがあってもおかしくありません。マンネリ化した番組に風穴を開ける意味では、他にピッタリの人選はないでしょう。しかし『笑点』を昔から支えてくれているのはご高齢者の方々。こんな大きなリニューアルを受け入れてもらえるかどうかが心配です」(前出・テレビ局関係者) 出演者がお年寄りなら [全文を読む]

甘えたり拗ねたり…大宮エリーが推す“大人の男”は立川志の輔!

anan NEWS / 2015年07月28日12時00分

撮影後は必ず最終の新幹線で大阪にお帰りになり、奥様と家で晩ごはんを召し上がると聞いて、素敵だなぁって思いました」 ◆立川談志 シャイな愛されキャラ 「志の輔師匠から聞いた話ですが…。生前、恩のある落語家から、ゲスト出演を頼まれた談志師匠。ところが当日、師匠は大幅に遅刻をしてきて、結局出番がその公演のトリになってしまったそう。そのときの言い訳が『だって、俺が [全文を読む]

<TBSでドラマ化する「赤めだか」の次?>立川談春の新作落語と「文章修行」の行方に注視

メディアゴン / 2015年03月08日01時47分

一作目にして講談社エッセイ賞を受賞した「赤めだか」は、才人・立川談志に、高校中退した若者(談春)が弟子入りしてから二つ目になるまでの修業時代を、「ただこの人のようになりたい」と思い定めた青年の視点から描いて新鮮な面白さがあった。破天荒な師匠とそれをとりまく個性的な人々の間で、泣き笑いしながら成長していく絵にかいたような成長譚と、落語と格闘し続ける傍ら、寄席 [全文を読む]

「喉に穴が開き、高熱を押して......」故・立川談志が筆談で弟子に残した4文字

日刊サイゾー / 2012年01月16日08時00分

昨年11月21日、喉頭がんでこの世を去った落語家、立川談志(享年75)が弟子たちに最期に残した言葉が放送禁止用語だったことは、テレビでもさすがに報じられなかった。「師匠と最後に会ったのは8月、声の出ない師匠と筆談したら、放送禁止用語の4文字を書いたんです」 こう話したのは弟子の立川志の輔で、その気になる中身について一門の関係者に聞いたところ「オ●●コ」とい [全文を読む]

笑点大喜利新メンバー 立川志の輔を有力候補に予測

NEWSポストセブン / 2016年05月28日16時00分

これには初代司会者・立川談志が番組と喧嘩別れして以降、メンバーが出たことのない立川流からの起用を暗示する歌丸師匠からのヒントではないかと本誌は見ている。 そうなると昇太と親交の深さを考え立川志の輔(62)が有力候補となる。この大物落語家がメンバーに加われば、笑点はさらに面白くなるのではないか。 これが、本誌が導き出した最終結論である──。 ※週刊ポスト20 [全文を読む]

電波少年でブレイク「ケイコ先生」 「一生やる」と浪曲師に

NEWSポストセブン / 2016年02月27日07時00分

まずは、落語を聞きに行くようになって、立川談志師匠、立川志の輔師匠、立川談春師匠、春風亭昇太師匠、いろんな方々と出会わせていただきました。そして講談目当てで浅草に行った時にやっていた浪曲を聞いた時、これだと思っちゃったんですね。 小さい頃から時代劇とミュージカルが好きだったので、まさに2つを足して2で割ったものだなと思いました。こんなものがあったのかって [全文を読む]

ドラマ『赤めだか』落語家を演じた二宮和也&濱田岳の好演ぶりに絶賛の声 「2人とも上手すぎる」

AOLニュース / 2015年12月29日12時00分

二人は、気難しい師匠で知られる立川談志役のビートたけしや、兄弟子にあたる立川志の輔を演じた香川照之らといった大物俳優に囲まれながらも、落語家になることを目指して互いに切磋琢磨し合う難しい役所を好演。これを観たネット上の視聴者からは、そのストーリーの完成度もあいまって「いやー、いい話だったな」「ニノさん&岳ちゃんペアがすげえ良かった」「2人とも上手すぎる」「 [全文を読む]

フォーカス