ごちそうさん キムラ緑子に関するニュース

朝ドラよりも「ごちそうさん」を実感させる映画 作家が推薦

NEWSポストセブン / 2014年03月01日16時00分

* * * NHKの朝ドラ『ごちそうさん』も残すところ1カ月。高視聴率をマークし続ける“あま超え”ぶりが話題です。 大人気だった『あまちゃん』ですら、平均視聴率20.6%。対して、『ごちそうさん』は放送開始から19週連続で21%超とか。数字が人気の一端を示している、ということでしょう。 キムラ緑子、高畑充希、宮崎美子……脇の役者陣は光っているし、糠床が話 [全文を読む]

【ウラ芸能】泉ピン子、イビリが足りなかった?!

NewsCafe / 2014年11月27日15時00分

デスク「好調と聞いていたNHK朝ドラ『マッサン』だけど、視聴率に陰りが見えてきたって?」記者「先週(11月17~22日)放送分の週間平均視聴率が関東地区で19.3%(ビデオリサーチ調べ)と20%を割り込んでしまいました」デスク「昨年前半の『あまちゃん』から以降は、『ごちそうさん』『花子とアン』と好調続きだっただけに、関係者も冷や汗ってか」記者「前週は玉山鉄 [全文を読む]

【ウラ芸能】NHK朝ドラ、見えてきたピン子のやり口

NewsCafe / 2014年10月02日15時00分

記者「NHK朝ドラ『マッサン』が初回21・8%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)と好スタートを切りました」デスク「『あまちゃん』『ごちそうさん』『花子とアン』と3作続けてヒットしてるから、そのお客さんがとりあえずは見てくれてるんだろうけど…」記者「朝ドラとしては久々に男が主人公。ニッカの創業者、竹鶴政孝をモデルにした主人公を玉山鉄二(34)が演じ、そのスコッ [全文を読む]

『ごちそうさん』で話題の“焼氷”を自宅で再現!

ダ・ヴィンチニュース / 2013年12月27日12時00分

うなぎのぼりで視聴率を上げているNHK連続テレビ小説『ごちそうさん』。主人公・め以子(杏)をイビリ倒す義姉・和枝(キムラ緑子)のいけずっぷりが話題を呼んだが、和枝が退場した第12週以降も数字は絶好調だ。 関連情報を含む記事はこちら しかし、小姑と嫁のバトル以外にも、視聴者の興味を大いにそそったものがある。それは、第9週に登場した“焼氷”。閑古鳥が鳴く喫茶店 [全文を読む]

『ごちそうさん』いけず小姑・キムラ緑子の素顔

WEB女性自身 / 2013年12月05日07時00分

毎日着ていたら、それはもう、凝っちゃって(笑)」 そう話すのは、NHKの連続テレビ小説『ごちそうさん』で主人公・め以子(杏)の義姉、和枝を演じるキムラ緑子。強烈な嫁いびりがドラマの人気を押し上げた。「お膳をひっくり返すなんて、台本を読んで、『あっ!』と声が出ちゃった。和枝を演じるようになってからは、朝目覚めたときにはもう眉間にしわが寄っているんです。おかげ [全文を読む]

【ウラ芸能】いじめで注目…キムラ緑子、後ろが怖い!?

NewsCafe / 2013年11月19日15時00分

デスク「あれだけ評判がよかったNHK朝ドラ『あまちゃん』の後で苦戦すると思っていた『ごちそうさん』は快進撃が続いてるな」記者「視聴率では既にあまちゃん超えですし、関西ではイマイチだったあまちゃんとは違い、大阪が舞台のごちそうさんは関西でも人気が高いです」デスク「大阪編になってからは、杏(27)演じるヒロインめ以子をいじめる義姉・和枝を演じるキムラ緑子(52 [全文を読む]

“天使の歌声“を持つ女優・高畑充希、大物女優も絶賛する庶民的な可愛さと確かな実力!

メンズサイゾー / 2015年06月21日18時00分

番組のレギュラーメンバーから「歌が聞きたい」とせがまれた彼女は、2013年に出演したNHK朝の連続テレビ小説『ごちそうさん』の劇中歌と、普段でもよく口ずさんでしまうというディズニー映画『アナと雪の女王』の「Let It Go~ありのままで~」をアカペラで披露した。 それぞれワンフレーズであったものの、その澄んだ歌声はスタジオ内に響き渡り、しゃべくりメンバー [全文を読む]

【ウラ芸能】鈴木拓、「まれ」失速の戦犯か…

NewsCafe / 2015年06月04日15時00分

浮上の兆しが見えません」デスク「この2、3年は、13年の『あまちゃん』『ごちそうさん』、14年の『花子とアン』『マッサン』と数字的にも内容的にも高評価が続いてたのにな…」記者「『まれ』も第1週は20.6%とまずまずで、ここに来てどうしちゃったのかなって感じです」デスク「オイラ、毎日録画して見てるんだけど、はっきり言ってヒロインの土屋太鳳=たお=(20がパテ [全文を読む]

『マッサン』苦戦を招いた怖すぎピン子、“死に芸“で視聴率復活なるか?

リテラ / 2015年01月05日08時00分

『マッサン』の制作はNHK大阪(BK)だが、同じくBK制作だった『ごちそうさん』では、キムラ緑子が小姑としてヒロインの杏に行ったイビリが大ウケ。ピン子も「やっぱり(撮影に)入るときに緑子には負けないぞと思いましたよ」と発言しているように、キムラのイビリ芸を多分に意識していたはずだ。 だが、キムラ緑子のイビリと泉ピン子のそれは、同じようであってまったく違う。 [全文を読む]

第32回(2013年度)向田邦子賞贈賞式に 「ごちそうさん」キャストが集結して森下氏を祝福!

PR TIMES / 2014年05月29日19時29分

今年は、「連続テレビ小説『ごちそうさん』」(2013年9月30日~2014年3月29日放送/NHK)の脚本を手がけた森下佳子さんが受賞されています。 贈賞式では池端俊策選考委員から選考経過説明ののち、大石静選考委員から賞状が授与されました。続いて本賞の特製万年筆と、副賞の300万円が当社代表取締役社長・奥山卓から贈られました。 受賞作の「連続テレビ小説『ご [全文を読む]

杏 朝ドラ『ごちそうさん』ファンミで裏話を披露し号泣する

NEWSポストセブン / 2014年04月03日16時00分

平均視聴率22.3%(関東地区)と、大人気のまま幕を下ろしたNHK連続テレビ小説『ごちそうさん』。最終回が放送された3月29日、大阪市でファンミーティングが開かれ、ヒロイン・め以子を演じた杏(27才)も姿を見せた。 スクリーンで最終回が上映されると、観客からは「め以ちゃーん!」「め以ちゃん、よかったよ!」と大喝采。ドラマのクランクアップでも涙を見せず、逆に [全文を読む]

がさつな善意は鋭利な凶器に変わる――ついに本性を現した『ごちそうさん』の毒

日刊サイゾー / 2013年12月25日16時00分

NHK朝ドラ『ごちそうさん』が、ついに本性を現し始めた。 大きな話題となった『あまちゃん』の後ということで、苦戦が予想された『ごちそうさん』だが、フタを開けてみれば、『あまちゃん』を上回る好視聴率。その大きな要因のひとつが「わかりやすさ」だろう。「東京編」では、西洋料理店「開明軒」を営む卯野家を舞台にめ以子(杏)と西門悠太郎(東出昌大)の恋愛模様が軸に物 [全文を読む]

【ウラ芸能】高畑充希、現役女子大生の底力

NewsCafe / 2013年12月23日15時00分

デスク「NHK朝ドラ『ごちそうさん』面白いなぁ。小姑役のキムラ緑子(52)がいなくなって残念だけと、最近は妹役の高畑充希=たかはた・みつき=(22)にハマってるよ」記者「そういう人、多いですよ。声が聞こえないほど気弱だったのに、歌を歌ったら生き生きと明るくなったという粋な演出でした」デスク「新人かと思ってたけど、ホリプロにもう8年も在籍してるらしいね」記者 [全文を読む]

朝ドラ『ごちそうさん』の嫁いびり くらたまとPが魅力解説

NEWSポストセブン / 2013年11月28日07時00分

放送開始から8週連続で週平均の視聴率が21%を超え、絶好調をキープしているNHK連続テレビ小説『ごちそうさん』。 ヒロイン・め以子(杏・27才)が帝大生・西門悠太郎(東出昌大・25才)のもとに嫁ぎ、舞台を東京から大阪に移して物語はさらに白熱。特に気になるのが、め以子の義理の姉・和枝(キムラ緑子・52才)の圧倒的な存在感で、みそ汁の味付けに文句を言ったり、め [全文を読む]

『ごちそうさん』小姑役で注目のキムラ緑子の離婚と復縁再婚

NEWSポストセブン / 2013年11月22日07時00分

NHK連続テレビ小説『ごちそうさん』で、ヒロイン・め以子(杏)を強烈にいびる小姑・和枝役で注目度が高まっているのが、キムラ緑子(52才)だ。 兵庫県淡路島に生まれたキムラ。中学校時代はテニス部、高校時代は剣道部に入部するなど体育会系だったが、京都の大学に進み、2年生の時に演劇の世界に出合う。しかし、卒業後は再び淡路島へ。当時のことをキムラの母・芳子さんはこ [全文を読む]

榊原郁恵演じる料理研究家のリビングに置かれていた“ある本”に視聴者が釘付け

アサジョ / 2017年01月25日10時15分

「明るくて面倒見のいいタイプに見える榊原がいじめ役を務める一方で、13年下半期放送のNHK朝ドラ『ごちそうさん』でヒロインを演じる杏をいじめまくって一躍人気女優となったキムラ緑子が、心優しいお母さん役を演じていることに違和感を覚えている視聴者が多いようです。榊原が嫌味なことを言っても陰湿さは感じられないし、どこか体育会系なさっぱり感さえ漂ってきますからね。 [全文を読む]

金曜夜の“ドロキュン”ドラマに大谷亮平ら出演決定!

Smartザテレビジョン / 2016年12月08日05時00分

私生活ではよき母である榊原、連続テレビ小説「ごちそうさん」(NHK総合ほか)での小姑役などクセの強い女性を演じたら右に出る者はいないキムラが、その逆を行く役柄で放つ鮮烈な存在感に注目が集まる。また、光のことが好きだった過去を持つ上司・武田玄役には、幅広いキャラクターを自在に演じ分ける名バイプレーヤーの三宅弘城、表面上は光と仲良くしながらも、姑息な手を使って [全文を読む]

高齢化で登場の「中姑」 大姑と嫁に挟まれお手伝い状態

NEWSポストセブン / 2016年01月23日16時00分

嫁姑ものはNHK朝ドラの“お家芸”で、最近でも『ごちそうさん』のキムラ緑子(54才)、『マッサン』の泉ピン子(68才)、『あさが来た』の萬田久子(57才)など、見ていてこちらがつらくなるほどの名演技が話題になった。 そんなつらい嫁時代を過ごした女性たちも、50才、60才になって、息子に嫁ができて、やっともの申せる順番が回ってきたと思いきや、いざその立場に [全文を読む]

朝ドラの萬田久子 明治時代なのに爪がきれいすぎとの指摘

NEWSポストセブン / 2015年12月02日07時00分

ごちそうさん』ではキムラ緑子(54才)演じる小姑、『マッサン』では泉ピン子(68才)演じる姑──。朝ドラことNHK連続テレビ小説では、壮絶な嫁いびりが話題になり、視聴率を上向かせる。 今回の『あさが来た』では、強い女性ヒロインの生き様、姉妹の物語、優しすぎる夫…たくさんの見所があり、番組スタート以来視聴率20%超という記録を更新し続けている。そんななか話 [全文を読む]

【ウラ芸能】萬田久子、ネイル騒動より深刻な話

NewsCafe / 2015年12月01日15時00分

デスク「NHK朝ドラ『あさが来た』は好調だけど、ヒロイン・あさの姉・はつを演じる宮崎あおい(29)が、落ちぶれた家を支える姿がけなげだな」記者「家の再興を夢見る姑・菊役の萬田久子(57)にいびられる宮崎がかわいそうで…」デスク「そうそうって言いたいところだけど、萬田のいびりは、『ごちそうさん』でキムラ緑子(54)が演じた、義妹の杏(29)をいびり倒す小姑に [全文を読む]

フォーカス