新潟県 佐渡島に関するニュース

【結婚相手紹介サービスのツヴァイ】日本海最大の島「佐渡島」男子と出会う!首都圏女性を招いて婚活ツアー開催

PR TIMES / 2016年10月21日17時15分

新潟県「あなたの婚活」応援プロジェクト×ミライカレッジ新潟 10/29(土)~10/30(日)ツアー開催イオングループの結婚相手紹介サービス、株式会社ツヴァイ(本社:東京都中央区 代表取締役社長:縣厚伸)は、新潟県の2016年度少子化対策事業「あなたの婚活応援プロジェクト」の事業者として、「ミライカレッジ新潟」のプロジェクト名で、婚活イベント・セミナーを展 [全文を読む]

新潟県ふるさと旅行券事業「うまさぎっしり新潟の旅」2月感謝キャンペーンの申込受付を1月8日から開始します!

PR TIMES / 2016年01月06日19時18分

新潟県では、2015年8月よりキャンペーン参加の新潟県内の宿泊施設にご宿泊される方を対象に宿泊料金が割引となる「新潟県ふるさと旅行券事業『うまさぎっしり新潟の旅』」を実施してきましたが、再追加キャンペーンとして、2016年1月8日より2月感謝キャンペーンの申込受付を開始します。 ※国の地域活性化・地域住民生活等緊急支援のための交付金を活用しています。 [画 [全文を読む]

ツヴァイ、新潟県発「町おこし×婚活」プロジェクト始動!

PR TIMES / 2015年09月03日12時50分

めざすのは、「町おこし感覚で自然な男女交流ができる」新しい婚活スタイルイオングループの株式会社ツヴァイ(結婚相手紹介サービス業)は、新潟県少子化対策事業『「あなたの婚活」応援プロジェクト』の補助事業者として採択されましたので、ご案内申し上げます。[画像1: http://prtimes.jp/i/7505/427/resize/d7505-427-5131 [全文を読む]

コシヒカリ生んだ福井県民 「新潟で生まれた」の誤解に怒り

NEWSポストセブン / 2015年07月09日16時00分

新潟県】〈県民すら見たことのない「朱鷺」に頼りすぎ〉 新潟では、佐渡島で繁殖研究を続ける特別天然記念物の「朱鷺」(トキ)を、イベントや施設の名称にやたらと組み込む。「朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター」「トキめき新潟国体」、「えちごトキめき鉄道」……。上越新幹線の車両も「Max とき」だ。しかし新潟県民でも朱鷺をバッチリ見たことがある人はそう多くな [全文を読む]

出刃・柳刃だけじゃない!日本各地の独特な「魚包丁」4種【にっぽん刃物イズム第3回】

サライ.jp / 2017年06月18日19時00分

■4:イカ割き(青森県弘前市、新潟県佐渡島)青森県弘前市と新潟県佐渡島では、「イカ割き」と命名されていた包丁を手に入れました。文字通りスルメイカを開くための刃物ですが、青森のほうはマキリとも呼ばれる海山兼用で使われているタイプで……、 [全文を読む]

圧巻!竹灯籠5,000基!復興への願いをこめて「光とことばのフェスティバル2016 ~つなぐ~」大正大学で9月21日(水)に開催

@Press / 2016年08月29日13時00分

そこで本学では復興への想いをこめ、熊本県で毎年行われている「熊本暮らし人まつり みずあかり」と新潟県佐渡岩首の「岩首 竹灯りの集い」を参考に竹灯籠を制作します。仏教と縁の深い○(まる)△(さんかく)□(しかく)を復興への想いを込めて竹灯りで表現します。 ■竹材について 竹材は、竹製品や竹の需要の激減、安い筍の輸入による影響で竹の伐採量が減量するなどの竹林の [全文を読む]

アンダーズ 東京、期間限定で佐渡の食材を使用した“至高のメニュー”をお届け

FASHION HEADLINE / 2016年01月28日12時00分

今回のコラボでは、1月29日、30日に、アンダーズ 東京の総料理長ゲハード・パスルガーと、東京・赤坂にあるレストラン・TAKAZAWAの高澤義明シェフによる、食材の宝庫として名高い新潟県佐渡ヶ島の海や大地の恵みを活かしたメニューを展開。ランチコース(6,000円※税サ別)では、佐渡島産のカリフラワーを使ったサラダや、佐渡島産牛蒡のフラン、佐渡島産の根菜を [全文を読む]

【島を歩く酒を造る 翼の佐渡島日記④】繊細な仕込み作業 後は杜氏と自然におまかせ

産経ニュース / 2017年09月11日10時02分

新潟県佐渡島で取り組んでいる産経新聞社のオリジナル酒造り企画。協力先の尾畑酒造(佐渡市)が運営する「学校蔵」で、新潟支局の松崎翼記者(24)が、「辛口産経」の仕込み作業を体験した。そこで分かったのは、水の量や温度、室温など微妙な調整が酒の出来を左右する繊細な仕事ということだった。米の目玉を見る 学校蔵で行われているのは全国的に主流の3段仕込み。仕込みタンク [全文を読む]

圧巻!5,000基を超える竹灯篭と竹ドーム!「光とことばのフェスティバル2017~ひらく~」大正大学で9月22日(金)に開催

@Press / 2017年07月21日09時30分

■竹材について 竹材は、竹製品や竹の需要の激減、安い筍の輸入による影響で竹の伐採量が減量するなどの竹林の荒廃問題を抱えている新潟県佐渡島岩首地区の竹を使用します。佐渡市は、大正大学と広域地域自治体連携(コンソーシアム)を結び、2016年度から地域創生学部の学生の地域実習も佐渡島で行われます。 【光とことばのフェスティバル2017~ひらく~】 日時 :20 [全文を読む]

長谷川博己、「獄門島」金田一耕助役への思いを語る!

Smartザテレビジョン / 2016年11月18日15時15分

――金田一耕助像を作り上げていく中で心掛けたことはありますか? 新潟県の佐渡島という特別なロケーションで演じていく中に何かキャラクターが生まれてくるかな、という気持ちで演じていました。また、佐渡島の清水寺(せいすいじ)でクライマックスのシーンを撮影でき、神聖な場所で芝居をするような“俳優の原点”に戻れた感じがします。それがどういうふうに映像に映っているの [全文を読む]

国内3分の1の能舞台ある佐渡島 能は生活の一部

NEWSポストセブン / 2016年06月24日16時00分

新潟県佐渡市竹田にある大膳神社の境内で薪に火が入り、現存する佐渡最古の能舞台が橙色に浮かび上がる。毎年5月から10月にかけて行なわれ、6月にピークを迎える各集落での「薪能」の始まりである。 室町時代に能の基本的な形を完成させ、観世流を確立した世阿弥が配流された佐渡島。かつて島内には200の能舞台があったとされ、今も30以上が残り、その数は国内の3分の1を占 [全文を読む]

妄想から現実へ 佐渡島の「循環型」島内生産

Forbes JAPAN / 2016年05月16日09時00分

尾畑酒造@新潟県佐渡市1892年創業「真野鶴」醸造元の老舗酒造。専務取締役の尾畑留美子は、大手映画配給会社を経て1995年に実家である尾畑酒造へ。2014年より廃校を再利用した「学校蔵プロジェクト」を創始。 [全文を読む]

【神楽坂】都内にいながら日本中の離島料理が食べられる「離島キッチン」

TABIZINE / 2016年01月19日13時00分

1月は新潟県の佐渡島で、焼きスケトウダラを加えて作るお煮しめが登場。全国的にも珍しいこのお煮しめ、さすが海に囲まれた島ならではのグルメですね。 このほか、ふぐの卵巣を2年以上漬けて作る絶品珍味「ふぐの子の粕漬け」や、佐渡島のブランド柿である「おけさ柿」で作った「おけさ干し柿」もいただけます。 (C) facebook/離島キッチン(写真:幸 秀和) ランチ [全文を読む]

「離島キッチン」が神楽坂にオープン。国内約40の島々から伝統料理や食器が集結

FASHION HEADLINE / 2015年10月08日12時00分

島根県・隠岐諸島のひとつ、海士町が09年にキッチンカーでの行商からスタートさせ、これまでに兵庫県の淡路島、新潟県の佐渡島、東京都の小笠原諸島、新島、鹿児島県の屋久島、奄美大島、沖縄県の石垣島など40を超える地域との交流を行っている。 今回オープンした「離島キッチン神楽坂店」は、神楽坂に元々あった一軒家を改装して造られ、まるで凛と佇む離島のような存在感と重 [全文を読む]

地域の未来価値をデザインする活動体「PROJECT DINING OUT」 世界のトップシェフが考案した新潟県・佐渡島幻のメニューの秘密を映像化 スペシャル動画「DINING OUT FILMS」として特別公開 ~2015年6月23日(火)よりDINING OUT公式サイトにて公開~

@Press / 2015年06月23日11時00分

2013年9月、新潟県佐渡市にて、2日間限りのプレミアムな野外レストラン「DINING OUT SADO 2013」を実施。料理を担当したのは、ASIA'S 50 BEST RESTAURANTSにも名を連ねる東京赤坂の「TAKAZAWA」のオーナー・シェフ、高澤義明。今回、その中で生み出された料理「佐渡島黒豚玄米カルボナーラ~循環農法をお皿の上で~」のテ [全文を読む]

離島ブームで移住者が求めるストイックな魅力。厳しいゆえに生きる力が強まる

週プレNEWS / 2015年04月05日06時00分

―島への移住者が増えているのは全国的な傾向ですか? 三木 統計はありませんが、佐渡島(新潟県)や対馬島(長崎県)、種子島(鹿児島県)など移住・定住支援に熱心な島ほど人口を増やしています。特に最近は、あえて厳しさを求めて移住する若者が増えているように感じます。 ―厳しさを求めて島へ? 三木 宝島(鹿児島県十島村)がいい例です。島にはコンビニはおろか、役場も [全文を読む]

映画『飛べ!ダコタ』で初主演・比嘉愛未「67年前の佐渡で起こった信じられないほど美しい実話です」

週プレNEWS / 2013年10月04日06時00分

太平洋戦争の終結からわずか5ヵ月後、新潟県・佐渡島に不時着したイギリス空軍機の乗組員と、佐渡の人々の国境を越えた友情を、実話に基き描いた映画『飛べ!ダコタ』。 物語の冒頭、遠巻きにイギリス兵を眺める村人を尻目に、片言の英語で彼らに話しかける勇敢なヒロインを演じたのが、女優の比嘉愛未(ひが・まなみ)さん(27)だ。本作品が映画初主演となる比嘉さんに聞いた。 [全文を読む]

日本海上空は通りたくない! 北朝鮮ミサイルで欧州路線に「異変」

J-CASTニュース / 2017年09月08日07時00分

AF293便「奥尻島の北西を通過後、10分も経たないうちにミサイルが落下した」 日本から欧州に向かう航空機は、仮に首都圏の空港を出発した場合、群馬県や新潟県上空を経て佐渡島の北端をかすめながら日本海を北上し、ロシアの沿海地方上空を経由してシベリアに入るルートが一般的だった。これが変化するきっかけになったのが、7月28日深夜の北朝鮮による大陸間弾道ミサイル [全文を読む]

もう1つの甲子園!?石垣で離島甲子園が開催

ベースボールキング / 2017年09月02日08時00分

新潟県の佐渡島や、東京の八丈島など全国の離島から選手が参加する『国土交通大臣杯 全国離島交流中学生野球大会』だ。 開会セレモニーが行われた21日から決勝戦が行われた24日まで、全国23自治体から24チームが参加して、トーナメント形式で離島ナンバーワンチームを決める熱戦を繰り広げた。優勝は、沖縄県の宮古島アララガマボーイズ。“アララガマ”は、不屈の精神を意味 [全文を読む]

佐渡の酒と肴 だっちゃ|佐渡の美味をたっぷり揃えています(居酒屋/浅草)

まとメシ / 2017年08月27日08時00分

メニューを見渡す限り、佐渡、佐渡、佐渡! 新潟県・佐渡島以上に佐渡の味がとことん楽しめる、稀有な店。佐渡の両津出身で唎酒師でもある店主のきたむらさんは、仕入れが難しい魚や野菜まで島からの産地直送にこだわる。佐渡の酒と肴 だっちゃ(最寄駅:浅草駅) 「品揃えが豊富なのは、佐渡出身のどんな方がいつ来ても『懐かしい』と思っていただきたくて」。島にある6つの酒蔵の [全文を読む]

フォーカス