マンション 流山市に関するニュース

「流山おおたかの森」駅徒歩2分。「マンション・ホール・ホテル」。流山市との共同による官民一体複合開発。駅とダイレクトで結ばれた、全241戸の免震レジデンス。「クオン流山おおたかの森」資料請求受付開始

PR TIMES / 2017年08月04日10時00分

「流山おおたかの森」駅前が、流山市との共同による官民一体複合開発(マンション・ホール・ホテル)で、飛躍的な進化を遂げます。スターツコーポレーション株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:磯崎 一雄)が代表企業を務める、千葉県流山市「流山おおたかの森」駅北口の約1ヘクタールの市有地において推進している複合開発プロジェクトにおいて、スターツデベロップメン [全文を読む]

住みたい町の「平均所得・若さ・人口増減」がわかる!住まい探しの新指標「スモランク」公開

@Press / 2016年10月20日15時00分

マンションリサーチ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:山田 敏碁)は、当社が運営する不動産ポータルサイト「Smoola(スモーラ)」内で、住まい探しの際に知っておきたい各エリアの特性を数値化し、S~Gまでの8段階にランク分けをした『スモランク』を公開いたしました。 「Smoola」: https://smoola.jp/ ■スモランク公開の背景 家 [全文を読む]

タワマンより豊か 名作ニュータウン3選

プレジデントオンライン / 2017年07月10日09時15分

■タワーマンションしか解決策はないのか? 近年、郊外の駅前の百貨店やファッションビルが、吉祥寺近鉄、吉祥寺伊勢丹、千葉三越、千葉パルコ、柏そごう、津田沼高島屋、多摩センター三越、厚木パルコなど、次々と撤退している。今後は松戸伊勢丹、伊勢丹府中、船橋西武、川口そごう、新所沢パルコなども撤退の可能性が一部でささやかれている(それにしてもパルコが3つも!)。近 [全文を読む]

東京に憧れる千葉 「トウガネーゼ」「東のニコタマ」とは?

NEWSポストセブン / 2016年09月26日11時00分

その象徴に、浦安市の高級マンションに暮らす主婦層を指す「マリナーゼ」という言葉がある。これは、高級住宅街の東京・白金に住む主婦「シロガネーゼ」を真似たものだ。 「最近は外房の東金市のマダムも“トウガネーゼ”と言い出すようになり、何でもアリになってきた」(千葉市・50代女性) ちなみに流山市は近年の再開発ぶりから「東のニコタマ(※注)」、閑静な住宅地が広がる [全文を読む]

道を挟んで天国と地獄? 鍵を握る自治体の選択[日本の不動産最前線 第3回]

Forbes JAPAN / 2016年07月14日12時00分

5年前は10分でも許容されていたが、いまやマンションデベロッパーも8分超えとなる用地に手を出すことには非常に慎重だ。国土交通省が2014年に公表した「国土のグランドデザイン2050」は、現在は人が住んでいる地域の60%以上で人口が半減もしくはそれ以下となり、20%は無居住化。多くの地域が消滅の危機にあると指摘する。【関連】ゴーストタウン化!? 日本都市の空 [全文を読む]

三井不動産グループ 「グッドデザイン賞」16 年連続受賞

@Press / 2015年09月29日16時00分

4. 【流山コソダツ計画】千葉県流山市(地域・コミュニティづくり/社会貢献活動部門受賞)行政×NPO×マンションの三位一体でつくる、足の長い子育て支援プログラム※事業主体:三井不動産レジデンシャル株式会社、特定非営利活動法人 放課後NPOアフタースクール5. 【Fujisawaサスティナブル・スマートタウン】神奈川県藤沢市(地域・コミュニティづくりスラッシ [全文を読む]

フォーカス