博多 対馬に関するニュース

日本遺産に認定された、国境に浮かぶ日本の島々が美しすぎる

TABIZINE / 2016年03月31日11時30分

アクセスは博多港や佐賀県の唐津東港などからフェリーで往復ができます。小さな島ながら飛行場もあり、長崎空港から便が出ていますので、東京や大阪から長崎を経由して壱岐空港に向かう最速のルートもありますね。 (C) ながさき旅ネット この島は変化に富んだ海岸線の奇勝が多く、『魏志倭人伝』にも記されている原の辻遺跡など見どころもたくさんあります。壱岐市観光連盟から [全文を読む]

珍しい題材を扱った、歴史マンガの傑作!『アンゴルモア 元寇合戦記』第3巻発売

ダ・ヴィンチニュース / 2015年07月05日18時00分

舞台は壱岐や博多へと移っていくのか。安徳天皇は本当に生きているのか、物語にどう絡んでくるのか。史実に基づいているとはいえ、話がどう転がっていくのか予想がつかず、今後の展開が非常に気になるところだ。 文=村本篤信 [全文を読む]

安彦良和氏・幸村誠氏絶賛!!コミックス『アンゴルモア 元寇合戦記』発売直後の重版決定!

PR TIMES / 2015年02月20日16時45分

1274年、彼らは遂に日本にやって来た!博多への針路に浮かぶ対馬。流人である鎌倉武士・朽井迅三郎は、ここで元軍と対峙する!Comic Walkerの連載時では人気は常に上位を占め、デイリー、ウイークリー、マンスリーの各カテゴリーでいずれも1位を獲得になった、人気コンテンツだ!コミックス第1巻の帯では、『ヴィランド・サガ』・『プラテネス』の幸村誠氏が、3月1 [全文を読む]

くまモン、新宿伊勢丹の“おとな九州展”へ!地ビール、穴子、白熊等大充実

FASHION HEADLINE / 2014年08月04日18時00分

また、蔵元「杉能舎」(福岡)のペールエール(464円)のつまみには、「つまんでご卵」の卵と「味の兵四郎」のだしを使った玉子焼きの上に「博多うち川」の明太子が乗った、だし巻明太玉子(464円)を供する。 また、“おとなの氷菓子”も紹介。「天文館むじゃき」(鹿児島)からは、焼酎とワイン入りのかき氷、“大人の白熊 和洋2種セット”(1,400円)を販売(鹿児島で [全文を読む]

<Wコラム>康熙奉(カン・ヒボン)の「日韓が忘れてはいけない人」~日延(後編)

Wow!Korea / 2016年08月29日18時43分

その後の日延は、博多の法性寺に預けられた。 [全文を読む]

息を呑むほどみずみずしい絶品イカ!佐賀県・呼子の「イカの活きづくり」

TABIZINE / 2016年08月22日10時00分

イカの町として有名な、佐賀県の呼子 博多から電車とバスに乗って約2時間半の呼子町。佐賀県北部の玄界灘は対馬海流、黒潮育ちのおいしいイカを育てる好漁場として知られ、呼子港には集魚灯をつけた漁船が何隻も停泊しています。 海沿いのいたるところで、イカが天日干しされている風景に出会えます。ゆったりとした時間が流れる港町。 ■関連記事 【実は名品ぞろい!】佐賀よか [全文を読む]

惟政と徳川家康の会談が舞台に!演劇「二人の英雄」2月19日に韓国で開演

スポーツソウルメディアジャパン / 2016年01月26日15時52分

帰国する途中に、富士山、琵琶湖、大阪城、博多、熊本城、名護屋城、廣澤寺、厳原に寄り、釜山に戻る。熊本城で加藤清正と再会し、彼の案内で戦争の出陣地だった佐賀県名護屋城の内部を視察する(第12章、第13章)。廣澤寺では、僧侶となった豊臣秀吉の愛妾、廣澤を知り、戦で連行された沈堂吉と再開する(第14章)。二人の英雄は、終始東洋全体を観望しながら、松鶴野鷄の気質、 [全文を読む]

フォーカス