京都 大徳寺に関するニュース

古都のグルメ。京都ツウが全力でオススメする「定番本場の味」10選

まぐまぐニュース! / 2016年05月20日10時00分

今回の無料メルマガ『おもしろい京都案内』では、著者の英 学さんが自ら食べ歩いて厳選した「京都の定番グルメ10選」が紹介されています。 必見!京都の定番グルメ 今回は京都グルメ特集です。とは言え、お店と言うより京都ならではの食べ物です。有名なものからありふれたものまでありますが、本場の味は格別です。みんな知っているようなものが、「これって京都のものだったの? [全文を読む]

モルガン財閥の大富豪に惚れられた「日本人女性」波乱の半生

まぐまぐニュース! / 2016年06月23日19時45分

京都の魅力を様々な切り口で届けてくださる無料メルマガ『おもしろい京都案内』。今回紹介されているのは、明治時代に「日本のシンデレラ」として世を賑わせた祇園の芸妓「モルガンお雪」の波乱に満ちた人生です。一芸妓がなぜアメリカの金融王と結婚することになったのか。そしてなぜ彼女が「京都を救った」と伝わるのか。興味深いストーリーが綴られています。 京都を救ったモルガン [全文を読む]

本能寺は「移転先」にあり。今も京都に残る信長由来の地を巡る

まぐまぐニュース! / 2017年06月02日23時12分

その本能寺は現在も京都に残っていますが、実は当時信長が討たれた本能寺とは場所が全く違うのだとか。今回の無料メルマガ『おもしろい京都案内』では著者・英学(はなぶさ がく)さんが、今も京都に残る信長由来の名所を紹介してくださっています。 織田信長を訪ねて 今回は京都に残る織田信長にまつわる場所をご紹介します。信長の足跡は比較的京都中心地からそれほど離れていない [全文を読む]

京都には、琵琶湖の水量に匹敵するほどの地下水が湛えられている

まぐまぐニュース! / 2017年02月24日04時30分

その地下に、実は琵琶湖の水量に匹敵する地下水を湛えているという京都。今回の無料メルマガ『おもしろい京都案内』では、古来より都を潤わし続け、独特の食文化を育んできた「京の三名水」が紹介されています。京都の発展に欠かせなかった名水をめぐる旅の始まりです。 京の三名水 三方を山に囲まれた京都盆地。鴨川・桂川などの河川が流れるその地下には、琵琶湖の水量に匹敵するほ [全文を読む]

新緑が目にしみる。旅慣れた人だけが集う、初夏の京都を堪能する

まぐまぐニュース! / 2017年04月26日18時00分

紅葉や桜と聞いて京都を思い浮かべる方は多いかと思いますが、新緑と聞いて京都を連想するという人はほとんどいないのではないでしょうか。今回の無料メルマガ『おもしろい京都案内』の著者・英学(はなぶさ がく)さんは、桜の季節がひと段落して街が落ち着きを取り戻したこの時期こそ京都を訪れるべきとし、新緑を堪能できるとっておきのスポットを紹介してくださっています。 新緑 [全文を読む]

400年の美。なぜ狩野派だけが、天下人の心を捉えたか?

まぐまぐニュース! / 2015年12月20日19時00分

何故、彼らは武将たちに愛され続けたのでしょうか? 無料メルマガ『おもしろい京都案内』では、歴史を振り返りながら、その組織の全容に迫ります。 画壇に君臨し続けた絵師集団「狩野派」とは 今年は琳派の祖・本阿弥光悦が徳川家康から与えられた洛北・鷹峯の地に芸術村を開いてから400年となる記念の年でした。 京都国立博物館でも琳派展が開催され俵屋宗達、尾形乾山、酒井抱 [全文を読む]

二度目はない。京都で限定公開中、千利休と狩野永徳「蜜月」の証

まぐまぐニュース! / 2017年01月12日20時00分

今回の無料メルマガ『おもしろい京都案内』で紹介されているのは、通常は非公開ながら、3月26日まで特別限定公開されている大徳寺聚光院(じゅこういん)。著者の英 学さんによる襖絵や庭にまつわるエピソードを一読してから訪れる聚光院への旅は、格別なものとなるはずです。 大徳寺聚光院 大徳寺は京都市北部紫野に広がる禅寺で、24もの塔頭(たっちゅう)を持つ大寺院です。 [全文を読む]

私の秋は忙しくなる。「そうだ京都、行こう」歴代ロケ地で紅葉狩り

まぐまぐニュース! / 2015年11月16日08時26分

「そうだ 京都、行こう」シリーズで紹介された寺院で紅葉狩りを楽しみたい、と思ったことはありませんか。好評だった第一弾に続き、今回も無料メルマガ『おもしろい京都案内』を発行する、京都通の英学(はなぶさ がく)さんが、2000年から2007年までの中から10ヶ所のロケ地を厳選してご紹介します。庭の木々は、もう色づき始めています。(記事内、タイトル後の年号はCM [全文を読む]

狙い目は歴代ロケ地。「そうだ京都、行こう」シリーズを巡る紅葉狩り

まぐまぐニュース! / 2015年11月06日10時35分

「そうだ 京都、行こう」で紹介された寺院で紅葉狩りを楽しみたいと思う人は多いはず。でも実際行ってみるとものすごく混んでいるんですよね。そこでおすすめなのが、過去に紹介された「そうだ 京都、行こう」スポット。無料メルマガ『おもしろい京都案内』を発行する、京都通の英学(はなぶさ がく)さんが、歴代ロケ地を年代順にご案内します。今回は、放映が開始された1993年 [全文を読む]

【京都】歌舞伎発祥の地・宮川町「京おどり」で春爛漫の旅を満喫

まぐまぐニュース! / 2016年04月19日08時20分

前回「舞台に咲く京都の春。『都をどり』で日本の魅力を堪能する」で「都をどり」の魅力を存分にお伝えしましたが、今回の無料メルマガ『おもしろい京都案内』でご紹介する「京おどり」も負けてはいません。美しさに親しみやすさも加わった芸舞妓たちの舞に、あなたも虜になること間違いなしです。 宮川町「京おどり」 京おどりは宮川町歌舞練場で毎年4月第1土曜日~第3日曜日に開 [全文を読む]

春だけの最高の贅沢!今すぐ予約必須の豪華「お花見弁当」7選

Woman Insight / 2015年03月14日19時00分

◆春の弁当(京都・辻留) 右上を欠いた木箱のかたちは、曹洞宗で使われる折敷「八単(はったん)」からヒントを得たもの。 お弁当のおかずは、だし巻き卵やマスの幽庵焼、タケノコ旨煮空揚、花見団子、イカの雲丹焼、よもぎ麩旨煮、湯葉山椒焼など春を堪能する献立です。 また、お弁当にオリジナルひざ掛けがついているのも女性にはうれしい特典。 【店舗情報】 「辻留(つじと [全文を読む]

【京都】誰もがこの地に憧れた。ひとあじ違う、洛中を染める紅葉

まぐまぐニュース! / 2016年11月18日20時00分

「【京都案内】今年も古都に秋が来た。紅に染まる大原の里を往く」、「【京都案内】大人は洛北を目指す。古都で紅葉に息を飲む旅」、「【京都案内】夜も、また良し。古都一番の紅葉を思い出に加える旅」、「【京都】境内に広がる敷き紅葉を独り占め。哲学の道で思索に耽る」と4回にわたって皆さんに「京都の紅葉の名所」の見どころをお伝えしてきた無料メルマガ『おもしろい京都案内』 [全文を読む]

B12ch TwellV 『京・ごはんたべ』7月13日(日)よる8時30分オンエア 今回は鵜飼見物で楽しむ鮎料理「竹林」、地元の恵み 京野菜のイタリアン「アゼクラ」をご紹介!!

PR TIMES / 2014年07月11日13時38分

全国無料放送のBS12ch TwellVでは、京都にある名店の伝統の技に隠された味や文化に迫る情報番組 『京・ごはんたべ』 を、毎週日曜よる8時30分から放送しています。今回は、全国無料放送のBS12ch TwellVでは、京都にある名店の伝統の技に隠された味や文化に迫る情報番組 『京・ごはんたべ』 を、毎週日曜よる8時30分から放送しています。今回は、鵜 [全文を読む]

真珠庵の「唐納豆」 こだわりはフランスの塩!

NHKテキストビュー / 2017年04月21日17時00分

京都・大徳寺内にある真珠庵(しんじゅあん)の和尚様が手塩にかけて作るのは、その名も「唐納豆(からなっとう)」。あの一休さんから脈々と受け継がれ、伝え続けられてきました。門前では大徳寺納豆として名物となっています。* * *宗峰妙超(しゅうほうみょうちょう)禅師が正和(しょうわ)4(1315)年、洛北に小堂をひらいたのが大徳寺の始まりと言われます。花園(はな [全文を読む]

【世界遺産】ふだんは見ることもできない、非公開の京都の寺院に泊まる旅5軒

TABIZINE / 2017年02月12日12時00分

世界の人々を魅了し続ける京都は、古き良き伝統、美しい趣を残した日本の素晴らしい財産。UNESCO世界遺産に選ばれた寺院も多くあります。その世界遺産「天龍寺」塔頭を含む5つの非公開の寺の宿坊が、門戸を開きました。 (C) PR Times/ ENYSi 寺で日本の礼節を学ぶ 原則「非公開」である世界遺産の寺などに、一棟一組限定で宿泊できます。歴史的な建造物 [全文を読む]

日本橋三越本店に100m2 の日本庭園が!?「Philosophy of ZEN ~日本庭園の美~」

PR TIMES / 2016年10月31日13時01分

11月9日(水)からの1週間、各階で「京都」をクローズアップいたします。本館7階催物会場では、第67回京名物 洛趣展:11月9日(水)~14日(月)、本館2階スペース#2では京都の舞妓さんにフォーカスしたMAICO WEEK:11月9日(水)~15日(火)を開催いたします。 [画像: http://prtimes.jp/i/8372/314/resize/ [全文を読む]

日本文化に精通する『和樂』が推薦する、今お取り寄せしたい”おもてなし銘菓”厳選9

Woman Insight / 2015年02月24日22時00分

◆干菓子【塩芳軒/京都】(写真上) 美しい日本のかたちを干菓子でつくり続ける京都・塩芳軒。春の野のつくしは有平糖製でニッキの味、すみれも有平糖、わらびは州浜、蝶は和三盆で、それぞれ丁寧に作られています。 干菓子 ¥100(税抜)~ 【店舗情報】 塩芳軒(しおよしけん) 住所:京都京都市上京区黒門通中立売上ル飛弾殿町180 電話:075-441-0803 [全文を読む]

関西初!JAS認定地産材フローリング「京の杉フローリング」11月13日(金)に販売開始

@Press / 2015年11月06日11時00分

京都府の木材業者・建材店・工務店から構成されるNPO法人京都くらし方研究会(所在地:京都市西京区御陵谷町38-6、理事長:波夛野 賢)は、京都初の府内産材JAS認定品フローリング「(みやこ板シリーズ)京の杉フローリング」を製作し、2015年11月13日(金)に販売を開始いたします。■本商品開発の背景北山杉の代表である京都産杉材は、古来、美しく良質とされ、桂 [全文を読む]

お坊さんに聞く! 睡眠時間が短くても幸せになれる、修行の極意とは?

Fuminners / 2015年04月09日11時00分

東京の実家を出て、京都の大徳寺の門を叩き、出家したのだそうです。当時の生活は、毎朝3時半に起床。4時半までお経をあげたあと、個室で師と問答する「参禅」。そして朝食をとり、掃除を行ったら、10時半頃まで京都市内で托鉢を行います。昼食後は夕方まで、畑仕事、庭や木々の剪定、薪割りなど、作務(さむ)という肉体労働。18時に夕食をとったら、21時まで坐禅。そのあとは [全文を読む]

国分寺マルイにて「京都フェア」期間限定開催!

PR TIMES / 2014年09月16日12時34分

株式会社丸井(本社:東京都中野区、取締役社長:中村正雄)の国分寺マルイは2014年9月17日(水)~10月1(水)の期間中、地下1階催事場・1階・2階・3階イベントスペースにて「京都フェア」を開催いたします。「食と雑貨」の銘店・老舗を集めた「京都フェア」にぜひお立ち寄りくださいませ。 また、3階イベントスペースでは9月27日(土)、28日(日)の2日間、「 [全文を読む]

フォーカス