天皇陛下 明治天皇に関するニュース

天皇陛下81歳のお誕生日でネットで多くの祝福ツイート寄せられる

秒刊SUNDAY / 2014年12月23日08時59分

我が国は天皇陛下を国家元首として、同じ民族が同じ土地で、2674年もの長い歴史をつむいできた世界最古の国なのです。我が国は古い歴史と優れた伝統を持つ素晴らしい国です。日本に生まれて本当によかったと思っています。— 田母神俊雄【次世代の党 副代表】 (@toshio_tamogami) 2014, 12月 22 天皇陛下、81歳であらせられるのですね! その [全文を読む]

まるで水戸黄門?全国を漫遊した明治天皇の北海道訪問記

TABIZINE / 2017年05月02日18時00分

明治天皇が諸国行脚に出られた経緯 今でこそ天皇陛下は日本各地を訪れて、記念行事に参加されたり震災の地を訪れて国民を慰めたり励ましたりされますが、かつて庶民は写真を見るのも畏れおおかったと言います。 時代が江戸から明治になると、天皇が名実共に国家元首になりました。明治新政府として、これは天皇を世に知らしめなければいかんということになりました。そうして若き明 [全文を読む]

EXILEに天皇が紛れ込んでいるとネットで話題に

秒刊SUNDAY / 2012年10月18日12時00分

EXILEに天皇陛下がいるとネットで話題になっている。天皇陛下というのは今の天皇陛下ではなく、明治時代の天皇、つまり明治天皇だ。もちろん崩御されているので存在するはずもないのだが、意外にも天皇陛下とEXILEの繋がりは深く、天皇陛下御即位20年記念式典にも呼ばれているほどだ。さて、EXILEの中の天皇とはどんなものなのか。(画像)Twitterよりなんと確 [全文を読む]

小林よしのり氏 天皇が能力評価と無縁なら竹田恒泰氏でいい

NEWSポストセブン / 2017年01月09日07時00分

天皇陛下の生前退位について、賛成、反対両陣営の“筆頭”である小林よしのり氏と八木秀次氏が150分の激論を交わした。 * * *八木秀次:ご公務の問題ですが、今の国民は、被災地訪問をはじめとする天皇陛下の精力的な活動を深く理解し、感謝の念を持っていますよね。そこに私は危うさを感じる。というのも、天皇陛下は全身全霊で公務を務めてこそ天皇だとお考えになっていて、 [全文を読む]

天皇陛下は「生前退位」のご意向など示していない…陛下に対し極めて不敬である

Business Journal / 2016年08月15日06時00分

8日の天皇陛下による「お気持ち」表明が波紋を呼んでいる。メディアは一斉に天皇陛下が「生前退位」への強いご意向をお示しになられたと報じているが、現行の憲法や皇室典範には生前退位に関する定めはなく、実現のためには新法制定や新たな制度設計が必要となる。 これを受け、安倍晋三首相は「重く受け止めている」「どのようなことができるのか、しっかりと考えていかなければなら [全文を読む]

テリー伊藤対談「竹田恒泰」(1)華原朋美さんとはラーメンが縁

アサ芸プラス / 2013年12月24日09時58分

竹田 テレビで見ていて、天皇陛下ってすごいなと思って、その時にいろんな本が出たので買い集めて読んで、あらためて明治天皇の玄孫であることの重みを感じました。 テリー 竹田さんは裕福なご家庭のご出身ですよね。 竹田 はい、どちらかと言えば。ただ旧皇族といっても、戦後の厳しい時代ですから、みんな寄ってたかって、旧宮家にいい話を持ち込んでですね、そのいい話に乗っ [全文を読む]

【書評】昭和天皇は昭和20年にどんな「日常生活」を送ったか

NEWSポストセブン / 2016年02月19日16時00分

【書評】『天皇陛下の私生活 1945年の昭和天皇』/米窪明美著/新潮社/本体1400円+税 米窪明美(よねくぼ・あけみ) 1964年東京都生まれ。学習院大学文学部卒業。学習院女子中・高等科非常勤講師。著書に『明治天皇の一日 皇室システムの伝統と現在』(新潮新書)、『明治宮殿のさんざめき』(文春文庫)、『島津家の戦争』(集英社インターナショナル)。【評者】鈴 [全文を読む]

昭和の日に考えたい、激動の時代を支えた昭和天皇の「直き心」

まぐまぐニュース! / 2017年04月24日21時00分

こういう主張をした人間が、昭和30年代に最高裁判所長官となり、最後は天皇陛下の前に出て勲一等を受けている。その過程では、東京中の古本屋を回って、『天皇制』の著書を買い集め、世に流布しないようにしたそうな。 横田氏の主張の是非はともかくとして、こういう姿勢に大多数の日本人は疑問を感じるだろう。最後まで「天皇制を廃止すべき」という信念を抱いていたのなら、天皇か [全文を読む]

籠池氏「一番バカを見たのが学園」「なんでハシゴを叩きつぶすのか」会見で恨み節炸裂

弁護士ドットコムニュース / 2017年03月23日22時30分

子どもたちに、教育勅語を教えていることについて籠池理事長は、「天皇陛下と教育勅語の関係はあまりない」とし、「教育勅語は道徳律。明治天皇陛下がお作りあそばされたが、今はすでに道徳律になっている。マスコミが言うような軍国主義に結びつくものではないと確信している」と述べた。 また、子どもたちに中国や韓国などに対する憎悪感情を植えつけているのではないかとの意見に [全文を読む]

ケーキから和菓子、せんべいまで【皇室御用達】和洋スイーツまとめ

TABIZINE / 2017年02月22日10時00分

宮内省御用達という制度が昭和29年に終わったとは先ほど書きましたが、 <それ以降、文明堂は天皇陛下をはじめ、皇室の方々に"献上"を行い、今日に至っています>(同ホームページより引用) との話。関係は今でも続いているのですね。 次は洋菓子です。 “宮内庁御用達”のスイーツ:洋菓子編 一方で洋菓子はどうなのでしょうか? (1)コロンバンのビスケットやチョコレ [全文を読む]

安倍政権、天皇の生前退位を是が非でも回避の「狡猾」な抵抗…「政権崩壊」という歴史的運命

Business Journal / 2016年11月22日06時00分

天皇陛下の生前退位をめぐる「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」(座長・今井敬経団連名誉会長)は、専門家からの意見聴取を始めた。対象は皇室制度や憲法、歴史分野の学者、ジャーナリストら計16人で、3回に分けて実施する。国事行為を代行する「摂政」設置や退位の是非、退位を恒久的に制度化する是非など8項目に関し意見を求め、来年初めに見込まれている論点整理に [全文を読む]

天皇陛下が生前退位のご意向 世界の国王を見てみると…

しらべぇ / 2016年07月13日21時00分

天皇陛下が、天皇の位を皇太子殿下に譲る意向を宮内庁関係者に伝えられていることをNHKなど、複数のメディアが報じた。天皇陛下は数年以内の譲位を望まれており、皇室制度を定めた「皇室典範」には譲位に関する規定がないため、今後、改正などの議論が進むと予想される。■「譲位」はおよそ200年前にさかのぼる日本の歴史で、最後に譲位が行われたのは江戸時代で、第119代の光 [全文を読む]

天皇皇后両陛下の「火葬検討」は費用抑えるためと専門家指摘

NEWSポストセブン / 2012年05月11日16時00分

※女性セブン2012年5月24日号 【関連ニュース】被災地の両陛下「自分達が履く訳には・・・」とスリッパ脱がれる宮内庁職員「皇太子殿下は3.11に被災地に赴いてもよかった」「死んだ方がマシ」と思っていた被災者 天皇陛下に救われる被災地訪問の両陛下 揺れるバスの中で立って手を振り続けた皇太子殿下 天皇陛下の宮中祭祀取組みを引き継ぐ決意との声 [全文を読む]

美智子さまのように…と期待される雅子さまに「養蚕」の難問

NEWSポストセブン / 2017年05月19日16時00分

天皇陛下の生前退位に関する特別法案は今国会で成立の予定。そうなれば、2019年1月に皇太子さまが即位され、「雅子皇后」が誕生することとなる。雅子さまに、“美智子さまのような皇后としての務め”を期待する声は多い。だが、それは雅子さまにとって「難問」ともいえるものも少なくない。 その難問のひとつが、「養蚕(ようさん)」である。5月8日、美智子さまは皇居内にある [全文を読む]

釜本邦茂氏「『陛下は東京に長い出張中』が京都人の感覚」

NEWSポストセブン / 2017年02月22日16時00分

関西弁だったかはわかりませんが、そういう逸話が地元に広がるくらいですから、“天皇陛下は今、東京へのちょっと長い出張中”というのが京都の人たちの感覚です。首都・東京の歴史はたかだか150年、京の都は1000年の歴史がある。戻ってきていただければ、とても嬉しいことです」 天皇が行幸先から帰ることは「還幸」と表現される。“150年間の江戸行幸”からの還幸で、新時 [全文を読む]

安倍首相の「大喪の礼」への解釈に宮内庁関係者違和感

NEWSポストセブン / 2017年02月02日07時00分

1月23日に公表された論点整理を基に、議論が大詰めを迎えている天皇陛下の生前退位。陛下が皇室典範改正も含めた恒久的な制度設計を望まれている一方で、安倍晋三首相(62才)を中心とした官邸側は「1代限り」の方向で議論をリードしている。生前退位の方針が決まる特例法案の国会提出は5月上旬の見込みだ。猶予はわずか3か月弱。陛下の悲願は瀬戸際にある。 昨年末にはこんな [全文を読む]

日本の工業を米から守る。トヨタ自動車の創業者が胸に誓った決意

まぐまぐニュース! / 2017年01月22日11時00分

自動織機の発明で多くの国内外特許をとり、日本の紡織産業発展に貢献した豊田左吉は昭和2(1927)年11月に勲三等瑞宝章を授与され、天皇陛下への単独拝謁の栄に浴した。その帰宅後の内輪の宴会で、長男・喜一郎に語った言葉である。 左吉は米国を旅行した際に、多くの自動車が大衆の足として、また物資運搬の担い手として活躍している様を見て「これからは自動車の時代だ」「 [全文を読む]

気になる新元号。「明治」の時はクジで決まったという驚きの事実

まぐまぐニュース! / 2017年01月16日17時00分

天皇陛下の生前譲位に伴い、「新元号」についても様々な報道がなされています。たしかに気になる、平成に続く新元号ですが…、今回の無料メルマガ『1日1粒!「幸せのタネ」』、温故知新というわけではありませんが、「明治」という元号の由来と意味、そして少々意外とも言える「最終決定の方法」が紹介されています。 聖人南面す 聖人南面して天下に聴き、明に嚮(むか)ひて治むる [全文を読む]

職員も迷う皇居の吹上御苑 かつて9Hのゴルフ場が存在した

NEWSポストセブン / 2014年12月30日16時00分

吹上御苑には、ニュースで「天皇陛下の御田植」として報じられる水田がある。御田植は昭和天皇が1927年に始めたもので、収穫された米は伊勢神宮に送られ、新嘗祭(にいなめさい)にも使用される。 「現在も陛下自らがうるち米『ニホンマサリ』ともち米『マンゲツモチ』をそれぞれ100株ずつ栽培されています」(高森氏) ※週刊ポスト2015年1月1・9日号 [全文を読む]

「元AKBと熱愛報道」 竹田恒泰氏 「目立ちたがり屋」「皇室担当記者も寄りつかない...」 有名人と付き合う“裏の理由“とは?

tocana / 2014年04月22日09時00分

「竹田氏は皇族ではないし、ほかの皇族からも嫌われているから、取材の意味がない」 「そもそも自分の血筋を自分の営利に使っていることを、天皇陛下が喜ばれるはずがない。『国民と共』にと語っていらっしゃる陛下が、旧皇族という血筋を使って仕事をしている竹田氏を快く思っていらっしゃらないことは、皇室担当記者ならば誰でも知っています」 確かに、竹田氏の周辺には皇室担当 [全文を読む]

フォーカス