孝明天皇 明治天皇に関するニュース

陰謀論の研究、日本を牛耳る田布施システムとは

NEWSポストセブン / 2017年01月06日07時00分

この説の基盤になっているのが『明治天皇替え玉説』で、明治天皇の即位の裏には、幕末に伊藤博文らによって孝明天皇が暗殺され、当時の周防国熊毛郡田布施村に住んでいた大室寅之祐という人物が替え玉になり明治天皇として即位したという話です。この田布施システムによって、現在の安倍首相も政権を維持しているというものです」 田布施システムが注目を集めたのは、昨夏の参院選だ [全文を読む]

切腹で死にきれず、はらわたを引きずり出すのは本当か!? “歴女医”が伊達政宗や黒田官兵衛ら戦国武将を診察!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年01月08日11時00分

今から149年前の慶応2年12月25日、孝明天皇が崩御した。明治天皇の父であり、江戸時代最後の天皇である孝明天皇は、天然痘による病死と記録されている。が、回復に向かっていたはずなのに容体が急変したことや、長州を嫌っていた孝明天皇の死によって岩倉具視ら親長州派が復権し明治維新が成ったことから、暗殺説も唱えられている。歴史上のミステリーのひとつだ。 なぜ、どの [全文を読む]

メディアの注目度もアップ中! ネトウヨのアイドル“竹田恒泰萌え”とは?

日刊サイゾー / 2013年10月15日09時00分

明治天皇から竹田家に贈られたというステンドグラスや、「皇室御用達」の籐椅子などをアピールしているが、ご自慢の「後陽成天皇真筆の掛軸」も人からもらったものだといい、お宝である『孝明天皇紀』もインターネットの古本屋サイトで購入したというから、「旧皇族」というよりも“皇室オタク”のようなノリである。 [全文を読む]

安倍政権、天皇の生前退位を是が非でも回避の「狡猾」な抵抗…「政権崩壊」という歴史的運命

Business Journal / 2016年11月22日06時00分

「まず、孝明天皇から明治天皇に替わった1868年に、江戸幕府から明治政府に替わっていますが、その明治天皇は1912年の夏に崩御され、元号は『大正』になります。そして、このとき第2次西園寺内閣は陸軍の二個師団増設問題により、総辞職に追い込まれています。この時代は桂太郎と西園寺公望が交代で政権を担当し『桂園時代』と呼ばれていますが、第2次西園寺内閣の後に組閣し [全文を読む]

華原朋美と竹田恒泰、交際騒動で大バッシング?話題づくり成功で華原に軍配?

Business Journal / 2014年03月13日01時00分

さらに、同書内で竹田氏のプライベートを公開するコーナーでは、皇室の掛け軸を人にもらったり、『孝明天皇紀』をネット上の古本屋で購入したりといったエピソードが紹介されており、これに対しては「皇室オタクのようなノリ」とのツッコミもある。 ツイッターでの発言や皇室に関する発言で話題を振りまく竹田氏と、数々のトラブルで世間を騒がす華原。今回の騒動でどちらが得をしたか [全文を読む]

ひなの国・九州全県より名品が集う百花繚乱ひなめぐり『百段雛まつり』~九州 ひな紀行~

@Press / 2013年11月21日13時00分

また、明治天皇の后(のちの昭憲皇太后)ゆかりの檜扇(ひおうぎ)や、孝明天皇から下賜された十二支の御所人形など、天皇家ゆかりの品々も登場。さらに、庶民が育んだ郷土玩具のお雛さまや、伝統工芸品の博多人形、有田焼で作られたお雛さまなど、九州の歴史・文化の厚みを物語る貴重な品々を一堂に展示。東京にいながら、九州全県の名雛に出逢うことの出来る、またとない機会です。■ [全文を読む]

フォーカス