御製 明治天皇に関するニュース

日本の武士道に世界が感動。大戦中、敵兵を命がけで救った日本海軍

まぐまぐニュース! / 2016年04月11日10時00分

歴史および哲学教育の強化の一貫としては、鈴木自身が明治天皇御製についての訓話を行い、 四方の海皆はらからと思ふよになど波風に立ちさわぐらん の御製から、明治天皇の「四海同胞」の精神を称えている。工藤の敵兵救助も、この精神の表れであろう。 日本海軍の武士道 大東亜戦争開戦の2日後、昭和16(1941)年12月10日、日本海軍航空部隊は、英国東洋艦隊を攻撃し [全文を読む]

日本時代に帰りたい。台湾人女性が語る「美しき幸せな日々」

まぐまぐニュース! / 2017年02月28日04時30分

毎朝の朝会では明治天皇の御製(御歌)などを朗詠するので、楊さんたちも自然に覚えた。その中にはこういう御歌があった。 新高(にいたか)の山のふもとの民草も茂りまさると聞くぞうれしき 新高とは台湾の代名詞である。明治天皇が日本人と同様に、台湾の民をご自分の民として思って、その繁栄を喜ばれている事がよく分かった。 自分の国の兵隊さんは、こんなに素晴らしい 台南 [全文を読む]

なぜ日本人には虫の「声」が聞こえ、外国人には聞こえないのか?

まぐまぐニュース! / 2017年01月10日20時00分

夕月夜心もしのに白露の置くこの庭にこおろぎ鳴くも(万葉集、しのに:しっとりと濡れて、しみじみした気分で) 近世では、明治天皇の御製が心に残る。 ひとりしてしづかにきけば聞くままにしげくなりゆくむしのこゑかな 一人静かに耳を傾けると、虫の声がより一層繁く聞こえてくるという、いかにも精密な心理描写である。また虫の「声」という表現が、すでに虫の音も言語脳で聞く [全文を読む]

昭和の日に考えたい、激動の時代を支えた昭和天皇の「直き心」

まぐまぐニュース! / 2017年04月24日21時00分

マッカーサーの心を揺り動かした昭和天皇の「直き心」 よもの海みなはらからと思ふ世に 戦前の「精神のバブル」に抗する昭和天皇のもっとも悲痛なメッセージが、対米開戦を議する御前会議において、あくまで平和交渉を優先すべきとして、次の明治天皇の御製(お歌)「四海兄弟」を読み上げられたことであろう。 よもの海みなはらからと思ふ世になど波風のたちさわぐらむ (四方の [全文を読む]

ついに動き始めた悠仁様 「帝王教育」のカリキュラムを紹介

NEWSポストセブン / 2013年05月19日16時00分

明治天皇の御製(和歌)もよく引用されている。悠仁様もいずれ、宇多天皇が醍醐天皇への譲位に際して、天皇の心得を記して与えた『寛平御遺誡(かんぴょうのごゆかい)』や宮中の有職故実を順徳天皇自身が解説した『禁秘抄(きんぴしょう)』などの書物もしっかりと学ばれることになろう。 歌会始や月次(つきなみ)祭などでは和歌を詠まれるが、和歌をはじめ毛筆のため書道も欠かせ [全文を読む]

フォーカス